2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【政治】 "国民一人あたり648万円" 国の借金、過去最大の828兆円に★4

1 :☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★:2006/12/27(水) 23:13:16 ID:???0
★国の借金が過去最大の828兆円

・財務省は25日、国債と借入金、政府短期証券を合わせた国の債務(借金)残高が
 今年9月末時点で、過去最大の827兆9166億円になったと発表した。
 国民1人当たり約648万円の借金を抱えている計算になる。

 国の借金残高は3カ月ごとに公表しており、6月末時点に比べると1218億円の増加。
 新規国債の発行抑制に加え、今春から過去の国債を市場から買い入れて消却処理
 しており、6月末に続いて1兆円を割り込む小幅な伸びにとどまった。

 普通国債の残高は532兆7297億円で、6月末時点に比べ5兆8199億円増えた。

 一般会計や特別会計の借入金は、財政投融資の規模縮小などの影響で、2537億円減の
 58兆2742億円だった。一時的な資金不足を補う政府短期証券は94兆6918億円で、
 5兆7552億円減少した。
 http://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20061225-134969.html

※関連スレ
・【政治】 中国、日本のODAで好き勝手…北京空港「2度目の上場」
 http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1166780375/
・【国際】 日本の国連予算分担率、16.6%に低下…常任理事国入りの根拠、失うことに?
 http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1166820040/
※前:http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1167130567/

2 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:13:32 ID:RsfSxPzR0
3ゲロ

3 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:14:08 ID:eTj47Rdh0
だから国民から搾り取るのだ。
理にかなってる。

4 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:14:24 ID:tNwIzJov0
ゲロッパ

5 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:14:37 ID:Do++0lW40
1000だったら民主が政権奪取

6 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:14:45 ID:PpIRk1NY0
いつ破裂するんだろ

7 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:15:17 ID:I/vbFNd/O


TBS今日は最強電波です。実況祭です!!




8 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:15:42 ID:VxpAiQwJ0
債務の発散というのがどのような状況をさすのか知っていれば、この報道内容に
突っ込みの一つも入れる筈です。
先ず第一に、ゼロにする必要が無い。
第二に、額面で見た債務額など意味が無い。財政の実情を報道するのが
目的なら、「此処三年、GDP比の債務伸び率がイタリアやドイツ、イギリスと変わらない」
ということこそ報じるべき。
第三に、スタンスがちぐはぐ。「PB赤字は時期に解消。心配ない」と言う報道と、このような
危機を煽る報道。前者は自民を賛美し、後者は増税の必要性を説く。どこかの政党の意思が見え隠れ

9 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:18:02 ID:lRHl18Lt0
>>8
借金がいくらなんでも多すぎという意見はよく言われているが

10 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:18:17 ID:9fpb15870
リアルでサラ金で648万ぼ借金がある>>10よりは
まだ立ち直りようがある

11 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:18:27 ID:RBVlJtem0
漏れの年収の2年分… もあ駄目ポ

12 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:19:17 ID:SxqhhuDe0
じじいたちは年金もらって悠々死んでいくわけか

13 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:20:22 ID:+R5YKzSc0
1家庭あたりじゃなくて1人あたりなのがきついね
好景気が長期続くかハイパーインフレでも起きない限り無理なんじゃね?

14 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:20:53 ID:GslbkVbQ0

いい加減にしろ!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

15 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:21:46 ID:qXrQxK/10
もう相続を不可にしてしまえよ。贈与税も大幅アップ。
稼いだ分はその代で使い切れ。その分所得税と消費税減らせ。
一箇所に貯めさせるから金の巡りが滞る。

16 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:22:30 ID:OtH8fyxq0
公務員の人件費で税収40兆円が全部消えるのはおかしい 

 国会議員も人口が2倍のアメリカと同じだし 半分でいい

17 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:23:16 ID:x99szL1a0
そこで徳政令ですよ!

18 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:23:43 ID:cF2HpDwy0
せいぜい公務員のために喜んで納税してくだし

19 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:24:06 ID:+IBM/13e0
こないだまで700兆つってたのに、もう850兆かよ

150兆て、、、そんだけ使ったら国にどれだけの施設や住宅が
建てられると思ってんだよ。

利払い恐ろしすぎ。

20 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:25:17 ID:msC6Ojxz0
心配するな、ハイパーインフレでもーまんたいw。

21 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:26:05 ID:VxpAiQwJ0
>>19
GDP比の伸び率は此処3年、イギリスやドイツと変わらないよ

22 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:28:04 ID:TemGfaMR0
>>10
なんでサラ金利用したの?

23 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:28:16 ID:cgaF5fn/0
国の借金を「国民」「一人当たり」に換算してなんか意味あるの?国民
は債権者ではないのか?

24 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:29:24 ID:Jq9UbprgO
世界一借金大国日本 世界一国家公務員の給料が多い国日本 これが現実 物価の割には貧しさが 先進国の中で第七位で最下位日本 これが日本

25 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:30:54 ID:CiTynuc50
外国人移民を経団連自民公明が受け入れて、民主公明社民共産などがその在日外国人を手厚く保護する予定です。 ↓

「外国人労働者、もっと日本に来てもらわねば」「一種のタブーだが」…奥田経団連会長
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1141987797/
「あらゆる職種に外国人労働者を」 奥田経団連会長
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1142259759/
外国人労働者受け入れ拡大を促す提言…自民特別委
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1153258234/
小泉首相「外資導入、歓迎論へ転換を」…中川政調会長"外国人労働者受け入れ拡大"提案
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1139209976/
【国連】 日本には3200万人の移民が必要 【日本経団連】
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/news/1133422864/


外国人参政権法案の成立を=民主、公明
http://news2.2ch.net/newsplus/kako/1042/10421/1042190997.html
【人権擁護法案】国籍の制限設けない「民主党・独自案」、衆院に提出
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1123067094/
【民団】在日外国人を救済…無年金障害者、民主党が改正案
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1121248625/
【在日】制裁に反対する「緊急行動」 民主・社民の議員も支持−「歴史的に政府が在日の権益を保障するのは当然」
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1163861491/
民主党を応援し外国人地方参政権勝ち取ろう-民団
http://news17.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1088695789/
【政治】「密告社会作りに加担」 民主の指摘で、不法外国人通報HP見直し示唆
http://news5.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1079431583/
【政治】 日本へ入国する外国人の指紋採取、義務づけへ…民主幹部ら、人権上の問題指摘
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1139878931/
【社会】「使い捨てはやめろ」 外国人労働者が安定雇用求めデモ
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1110122673/
【社会】外国人労働者、日本人との同等の扱いや在留資格の新設要請
http://news2.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1047297465/

26 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:31:22 ID:msC6Ojxz0
>>24
句読点入れような。

27 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:31:51 ID:72QiNBVn0
とにかく、この国は無駄が多すぎ。
とりあえず、天下りは、一理あって、百害ありだから、
廃止すべき。後、医療とか無駄が多すぎ、とりあえず、都市の
診療報酬の大幅削減、無駄な箱物をつぶして、地方公務員の
天下り廃止、地方議員や国家議員1/4ほど削減すべし。
今、景気に悪影響が出ない形で、歳出削減進めて、
財政再建しないと、ほんと日本やばいよ。
ただでさえ、少子高齢化でおれだっていやだけど、外国人とか
うけいれないと今の生活水準でさえ保てそうにないし。

28 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:32:07 ID:Pwca+7Dd0
>>24
改行もしような。

29 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:32:08 ID:nBktnJ5i0




 国民の借金830兆円で
 国民の資産830兆円。
 プラマイゼロ。


 馬鹿なミスリード何十年もし続けるクソマスゴミいい加減死ねよ。





30 :ニートジャパン ◆oErA3z1dMw :2006/12/27(水) 23:33:34 ID:3R55PnU/0
単発IDに注目

31 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:33:46 ID:l3k7b53oO
>>10 サラ金の借金は無いのと同じだ。返すな。現金でのみ生活したらよい

32 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:33:51 ID:m4nVeETD0
国の借金を家計に喩えるのは無意味です
ぜんぜん日本は大丈夫です
まだまだ借金できます

33 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:34:12 ID:bL1ZbTV20
国債を発行しなきゃならない      ←     税収入における借金の比率と利子が上がる
      ↓                              ↑
天下り団体を作って買ってもらう   →     特別会計が肥大し税金の無駄遣いが増える


はいはい。国債は資産だとか言うんだよね?利息は誰が払ってるのかな?
はいはいPB黒字にすればいいんだよね?小渕国債と団塊公務員定年で
来年から一気に借金が増えますよ。いつからかな?
特別会計と日本の経済システムを追求した石井コウキはどうなったのかな?
自民党大好きネットウヨさん?



34 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:35:13 ID:S+oQwIWHO
>>29
お前こそ財務省のサイトで
国のバランスシート穴が開くまで見てから書けよw
頭悪すぎw

35 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:35:48 ID:39eON6Ia0
ちょっと俺はこの負担に応じられそうにも無いのだが・・・

36 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:36:00 ID:DJCaXjpr0
>>33
来年度の予算が発表された直後に「PB黒字目標年前倒し検討」のニュースが報道されたぞ

37 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:36:10 ID:cF2HpDwy0
はいはい、公務員のためにちゃんと納税しましょうね。

38 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:36:41 ID:CElZgecf0
このままだと日本破産。

39 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:37:15 ID:SGKiqyF60
「団塊世代とは」

こいつらは正真正銘日本の癌、日本にとって益となることを一切してこなかった本物の糞世代
ただ人数が多いだけの日本の中の最低最悪のクズ世代

経済こそ全てと金のことしか考えず家庭を崩壊させた糞世代
自分達が戦後日本を復興させ経済大国に押し上げたと信じ込む勘違い世代
日本を経済大国へと創り上げたのはお前らより一世代上の直接戦争を戦った世代だろーが!
団塊世代はそのレールに乗っただけで全く何も考えず
調子こいてバブルを引き起こしせっかく育った日本経済を大破綻させた大バカ世代
先人が苦労して創り上げた経済大国日本を破綻させた元凶世代の癖に
しっかり年金だけは若者からブン取り、日本の若者達を苦しめ続ける銭ゲバ世代

政治的には、バリバリの左巻き洗脳教育を受け、自己反芻能力もなく
常に「日本=悪」と考える自虐反日日本人集団
日本人でありながら反日である、その滑稽さに気づかないばかりでなく
サヨクに乗っ取られたマスゴミ野郎どもの言うことを全て鵜呑みにする思考能力ゼロ世代
パソコン恐怖症でネットなど全く使えず「メディアリテラシー?何ソレ?」の無知世代
こいつらは全ての日本人の中で最もテレビが好きで二言目には「テレビで言ってた」のアホ世代

戦争に行かず、戦争を語り、根性、根性と言いながら、日本の為に戦う根性などカケラも持たず
中国人、韓国人、朝鮮人の暴虐の前でヘラヘラ土下座して生きながらえようとする腰抜けフニャチン世代

おまえら団塊は日本に悪影響なだけでなく年金で若者達を苦しめ続ける実害にもなってるんだから
日本の将来を考えるなら、年金返上してさっさと首くくって死にヤガレ!
それがお前らに唯一残された日本に対する奉仕だ!糞団塊どもが!!!



40 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:37:31 ID:nBktnJ5i0
>>34
白痴が何言ってんだ?
経済学の初歩もしらんのか?
バランスシートだってよwww
国にバランスシートwww
お前の勤めてるカス会社と一緒にすんなwwwww



41 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:37:31 ID:692ktp3h0
十分危機的なのは認めるが、前スレの破綻論者の醜態見るに、どっちを信用していいのかわからん

42 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:38:23 ID:m/fFFGoJ0
これだけ借金が増えたなら、減らすことすら無理だということは
小学生でも分かるわな。
上にいる公務員どもは、自分らが生きている間は持ちこたえてくれれば
いいという考えなんだろ。
死んだ後のことは、どうなろうが知ったこっちゃねえ、だろうな。

43 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:38:51 ID:J6emzRi90
>>33
964 名前:名無しさん@七周年 投稿日:2006/12/26(火) 18:54:35 ID:aoNA7oWqO
金利支払が危険だとか言ってる奴はまさにバランスシートの片側しか見ていない
国債の債権者の大半が日本国民である以上、
政府の利子支払の増加は家計及び企業の利子所得の増加をもたらす
利子所得が増加するということは、可処分所得が増加するということだから
そのお金を消費もしくは貯蓄に回すだろう。

国内で消費に回せばそれは回りに回って最終的に税収となって戻ってくる
貯蓄に回せば企業への貸出に回りいろいろな生産・消費活動を経て税収となって戻ってくる
もしくはオーバーバンキング状態なので、国債への購入となって実質借り換えを行ったようなものになる

お金は使えば消えるものじゃないということを忘れずに

44 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:40:21 ID:0hov9adT0
>>42
536 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :2006/12/22(金) 23:52:58
>>531
極論だが、利息さえ払ってりゃどれだけ借金重ねても未来永劫破綻しないんだよ。
PB黒字が叫ばれてるのも似たような理由だよ。PBさえ黒字にすればGDP比の債務は
発散しない。つまり、借換え債の買い手に困りさえしなければ、破綻することは無い。
日本の場合、巨額の債務ばかりがクローズアップされ、一部、電波が破綻だ崩壊だと
馬鹿馬鹿しい破綻論を撒き散らしているが、日本の場合、国民の国に対する信用が
高いため、10年を超える超長期債などで上手い具合に償還期限を分散させているため
現在の国債市場の盛況ぶり等をかんがみても、デュレーションに由来する問題が
発生するとは考えにくい。その上、わが国は世界屈指の債権国家であり、経常黒字国
でもある。国の信用を決定する上で、財政は指標の一つでしかない。額面だけ見て
破綻破綻と喚いている輩は、自分が土俵にすら上がれていないということを自覚すべき。

45 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:41:12 ID:C3kOcyT/0
>>23
国家と我が家を比較して額の大きさを実感しろということだろう。
我が家は2人で国家の借金=1,300万円、実際我が家の借金
は住宅ローン5000万円、わぁい我が家の勝ち!
とか楽しめばそれでいい。

46 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:41:45 ID:3Xcfh/YP0


国が国民に対してしてる借金だろ?

つまり国民一人当たり648万円貰える。


こういう認識が正しい。あたかも国民が借金してるかのような
情報操作する国は汚い最悪。死ねや

47 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:42:01 ID:3e1QoW7p0
ここまできたら、もう借金が減る事は有り得ない。
それを許してきた国民がヴァカなのだから仕方がない。

48 :ニートジャパン ◆oErA3z1dMw :2006/12/27(水) 23:42:01 ID:3R55PnU/0
NIKKEI NETの報道はこんな感じ

「国の借金、国民1人当たり648万円・9月末」
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20061225AT3S2501S25122006.html
財投債などを除く普通国債の残高は6月末比5兆8199億円増の532兆7297億円だった。また、地方の長期債務は約200兆円あるため、国と地方の借金は重複分を除いても約1000兆円ある。

49 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:42:14 ID:cF2HpDwy0
夕張とおなじで破綻するまでバカさ加減に気づかない

50 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:42:33 ID:SsVCPgcC0
国は破産しないよ。
外国に対する借金は少ない、国民に対してがほとんど。
だから、潰れる前に国民から搾り取るから

現に今搾り取られてるのも気がついてないみたいだけど

51 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:43:49 ID:0hov9adT0
>>48
一方こんなことも言ってる
10月の出生数3.8%増、離婚は7カ月連続減
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20061221AT3S2101K21122006.html
外国人による中長期債の買越額、過去2番目の高水準
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20061221AT3S2100F21122006.html
10月の全産業活動指数、前月比1.7%上昇
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20061221AT3S2100M21122006.html
11月の貿易黒字、54.1%増の9159億円
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20061221NTE2IFK01515122006.html
07年中小企業景況見通しDI、2年連続改善・中小公庫
http://www.nikkei.co.jp/news/past/honbun.cfm?i=AT3L20062%2020122006&g=E3&d=20061220
税収伸び「改革型」継続、07年度予算財務省原案
http://www.nikkei.co.jp/news/past/honbun.cfm?i=AT3S20004%2020122006&g=E3&d=20061220
基礎的財政収支4年連続で改善・政府目標の前倒しも
http://www.nikkei.co.jp/news/past/honbun.cfm?i=AT3S1903I%2020122006&g=E3&d=20061220

52 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:44:11 ID:C3kOcyT/0
>>40
>国にバランスシートwww

いや、いや、そんなにバカにするものでないよ。
財務省のお役人がきちんと国家財政を企業会計ベースの
バランスシートにしてみているよ。
確かにこの方がわかりやすい。

53 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:44:20 ID:3ayz9tz70
あのさ、経済は素人だから良く分からんが、所謂エコノミストとか言われてテレビで
偉そうな事言う連中の話って当たったためしがないよね
ど素人がさぁ、なんとなく景気が悪くなってきたなぁー、ていう直感とあんまり変わらんジャン
オマエらヒトツバシ大とか出てるんだろ?もっとしっかりしろよ、アホ。

54 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:44:40 ID:p0w040e40
地元選出の自民党議員を一人一冊すると、
借金12年ぐらいで完済できると思う。

55 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:45:22 ID:S+oQwIWHO
いいからさ、

ぜ ん ぶ 出鱈目 で し た

ってさっさと認めちゃいなよ。
自分達だけ逃げ切れる、って本気で思ってんのかw

日本にゃ住めなくなるぞw
どっかの犬の売国奴よw
一生軽蔑の視線を浴びるだけで済めば良いがなw


56 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:46:00 ID:nBktnJ5i0


これで破綻ちたら全部の国がとっくに破綻してまちゅよ〜
IMFの資金だって日本が出してんだぞ。
韓国人はIMFの幹部白人に頭下げるより金出してる日本の一般庶民に頭下げやがれ。

ところでバランスシートとか言ってた白痴君、どこいったんでちゅか〜。


57 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:46:43 ID:Pwca+7Dd0
>>56
すぐ上にいるw

58 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:48:21 ID:m15oktPW0
中国へのODAはまだ続いてるの?
無駄な税金から省けばいいのに。

59 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:48:48 ID:vYi8R8R90
そのうち国の借金の利子を払えなくなるんじゃない?

60 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:49:31 ID:0hov9adT0
>>59
536 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :2006/12/22(金) 23:52:58
>>531
極論だが、利息さえ払ってりゃどれだけ借金重ねても未来永劫破綻しないんだよ。
PB黒字が叫ばれてるのも似たような理由だよ。PBさえ黒字にすればGDP比の債務は
発散しない。つまり、借換え債の買い手に困りさえしなければ、破綻することは無い。
日本の場合、巨額の債務ばかりがクローズアップされ、一部、電波が破綻だ崩壊だと
馬鹿馬鹿しい破綻論を撒き散らしているが、日本の場合、国民の国に対する信用が
高いため、10年を超える超長期債などで上手い具合に償還期限を分散させているため
現在の国債市場の盛況ぶり等をかんがみても、デュレーションに由来する問題が
発生するとは考えにくい。その上、わが国は世界屈指の債権国家であり、経常黒字国
でもある。国の信用を決定する上で、財政は指標の一つでしかない。額面だけ見て
破綻破綻と喚いている輩は、自分が土俵にすら上がれていないということを自覚すべき。

61 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:50:16 ID:RQu4xXj70
これ、先進国全体から見ても大した比率じゃないんでしょ?
そもそも、これを借金というのは無理があるんじゃないかと思うんだけど。
それに、金はなくなるものじゃなくて
必ずどこかにあるんだから、偏りが根本的な原因なんじゃないの?

62 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:50:46 ID:xJ8atHQV0
おまいらはやっぱり馬鹿だな。
新生児から、よぼよぼじじい、まで計算に組み込まれているのに・・・
そして、人口減少するなら、どうなるかな・・・。

63 :ニートジャパン ◆oErA3z1dMw :2006/12/27(水) 23:51:08 ID:3R55PnU/0
>>47
経済板住人から前スレで教わった。
国民は馬鹿じゃない。
もし、国民が馬鹿なら経済板住人がもっと馬鹿。

IDの無い経済板住人がIDをコロコロ変えてN即で日本国債が破綻しないことを一生懸命説明してくれた。
その経済板住人の説明によると、
国債残高が増えれば増えるほど日本はお金持ちになるので日本経済が破綻することは無い。
ということだった。

経済を勉強した経済板の住人が言うのだからそうなのだ!!
そしてこれに誰も反論できないと勝ち誇っていた。
経済板住人が勝ち誇るからそうなのだ!!

まちがいだったら経済板はN即より低脳になるので間違いなわけない!!!

64 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:52:19 ID:0Zkab8Kz0
自己破産してる俺の分も計算に入っているとは!!

65 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:52:52 ID:2Q0VKvmP0
日本の借金が増加しても、国債発行額が減っているから喜んでいる総理大臣

66 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:55:33 ID:S+oQwIWHO
>>60
だから

借換債の買い手がいる限り

ってのがおかしいだろw

いつまでも国内に買い手がいると思うなよw
日銀にこれ以上無理矢理買わせんのか?結果が楽しみだなw

67 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:56:03 ID:YgpOZZ9y0
一般会計、歳入の内訳見て絶望にするようになって何年目か。

68 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:56:14 ID:ITrJQwxd0
借金を団塊が作って
借金を団塊が取り立てる

そりゃ腑に落ちんわ

69 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:56:15 ID:RBVlJtem0
この国は終わってるな。世間が認めないだけ

70 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:56:59 ID:/Ci0HVW30

これが 



美しい国

\(^o^)/オワタ

71 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:58:22 ID:dZ7HZA4Z0
また出たよ
増税止む無しの風潮作り
詭弁につぐ詭弁

72 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 23:58:33 ID:8WKMipdq0
借金っていうか、国債は財産だろ

73 :ニートジャパン ◆oErA3z1dMw :2006/12/28(木) 00:00:08 ID:ZJdFd8Hu0
ほら、きたよ。 借金は財産て言う人が。

74 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:00:26 ID:OjffUu9O0
>>69
世間が認めても何にも解決できない。

75 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:01:26 ID:GAG4VnWC0
世間とか大衆って馬鹿の代名詞だろ。

76 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:01:33 ID:ISQO24CQ0
>>国債残高が増えれば増えるほど日本はお金持ちになるので

バブル時代に、土地も株もずっと上がり続けるとのたまってた能無しに似てる。

77 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:02:31 ID:O4olKxc40
>>日銀にこれ以上無理矢理買わせんのか?結果が楽しみだなw
他の国は外人にジャカスカ買わせても平然としてますが?

日銀が紙幣も刷れるってこと白痴君は知ってるの?
永遠に日銀が引き受けますよ。


78 :ニートジャパン ◆oErA3z1dMw :2006/12/28(木) 00:03:54 ID:ZJdFd8Hu0
>>76
それ経済板住人の破綻しない論でそれに反論できる人は居ない。
疑問を投げかけてみるとその理由が分かる。

79 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:05:26 ID:QaCaJY8j0
まだあと数年は続けられるだろうな。
本当にあぶないのは5〜10年後くらいだろうかね。
そこでダメなら落ち込みが加速しそうな感じだなー。

80 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:05:55 ID:dm4/WFxE0
世間が認めたら国債の増発は不可能
いま、世間は自分及び自分の子々孫々の借金である認識が薄い

81 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:06:00 ID:ISQO24CQ0
>>78
過去スレに反論してた人がいたけど。

82 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:08:08 ID:J4tcFOD8O
国家公務員借金大国日本シリーズ まだやってる 皆が次の選挙にいけば少し変わるのでは ここで講釈垂れは 選挙に行く勇気だけ だから増税はまた自由民主党!国家公務員借金大国日本

83 :ニートジャパン ◆oErA3z1dMw :2006/12/28(木) 00:08:15 ID:ZJdFd8Hu0
どういうわけか日本国債が破綻しない派は単発ID

84 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:08:24 ID:O4olKxc40


  この議論って絶望派と安心派に知識の差がありすぎて議論にならないよね。

  絶望派は高校の政経程度の知識で挑んでくるしなぁ。。。


  とりあえず、馬鹿が多いと借金は増えるから絶望派は勉強しなおせ。
  ほら〜勉強しないと借金が増えちゃいまちゅよ〜。
  怖いでちゅね〜。
  ゲラゲラ。
  勉強しないと、このスレの白痴君みたいになっちゃいまちゅよ〜。



85 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:08:57 ID:dm4/WFxE0
通貨の膨張をGDPの長期成長率以上にやれば、超過発行分は100%インフレで調整されけどね。
株価しかり、インフレ率しかり、歴史が証明済。

まあ、国債の平均金利が5%(歴史的には決して高くない)になれば、財政は100%破綻だ。

86 :ニートジャパン ◆oErA3z1dMw :2006/12/28(木) 00:10:15 ID:ZJdFd8Hu0
日本国債が破綻しない派からはどういうわけか加齢臭がキツイ

87 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:10:45 ID:1y9FxkIp0
ごちゃごちゃ言わずに働けやおっさんニート

88 :ニートジャパン ◆oErA3z1dMw :2006/12/28(木) 00:12:28 ID:ZJdFd8Hu0
ニートは働かなくとも国債が働いてくれる。
その利子で生活保護を受けられる。

89 :59:2006/12/28(木) 00:12:51 ID:rdcX70QQ0
>利息さえ払ってりゃどれだけ借金重ねても未来永劫破綻しないんだよ。
国の歳入より国の借金の利息が大きくなったら破綻するのではないでしょうか?


90 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:14:38 ID:dm4/WFxE0
そこで、政府は財政破綻を防ごうとインフレ経済に政策誘導を始める。
日本国民を貧乏国民にすることで政府の借金は実質激減される。
賭博は胴元が最後に絶対勝つ仕組みと同じ。

大英帝国が落ちぶれた歴史、これからパックスアメリカーナが終焉する課程。
そしてね日本も同じ運命をたどる。

またまた、財政の増額を始めた自民党政府には歴史観が無い。

91 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:16:24 ID:QaCaJY8j0
中国の台頭があるからな。
今の好景気は中国に日本の技術を売ってるからなんだよ。
それに少子高齢化が加わる。
金だけの問題じゃないんだよ。
知的財産の食いつぶしが終わった先に道がない。

92 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:17:12 ID:L6Kqy+tGO
>>77
日本国債なぞ外人は見向きもしませんが何か?
日銀にがっつり買わせる!?
そうなったら堅いクソ紙になるだろが、万札がよw


93 :84さんに一言:2006/12/28(木) 00:21:13 ID:J4tcFOD8O
確かに日本が破綻するのは今の所?だけどね、世界一借金大国日本は現実!国家公務員借金大国日本も現実!今老人が餓死している!もっと医療・福祉・老人の年金がどんどん少なくなっている。

94 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:22:54 ID:O4olKxc40
>>92
馬鹿はクソして寝ろ。
眠たいから馬鹿を諭すことめんどくさくなっちゃった。

95 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:24:20 ID:QVECEekf0
>46
オマエはバカか!
破綻したら債権もクソもねえだろ。

96 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:25:21 ID:dm4/WFxE0
まあ、政府がインフレ誘導を始める前に、国富を海外に売却する政策を始めるでしょうね。
既に、始めているが、外国人は余り興味を示さず旨く言っていないが。

それより、その対外開放政策(特極は東アジア共同体構想)またの名を国富売却政策の結果、
大量の特亜人が日本国内に入り込み、犯罪の増加、カネを稼いで母国へ送金、住み着き日本人
を雇い富を集積するような事態が発生して来ている。

まあ、外資を誘致するには、欧米諸国と比較すると国内法が穴だらけすぎ。

97 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:25:32 ID:L6Kqy+tGO
>>84
高校の政経程度の知識の白痴を論破できずに
レッテル貼りに逃げる自称高学歴安心厨ワロスwww

98 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:25:46 ID:peOJd9ds0

日銀は宇宙人から金を借りて

財務省に短期融資している。


99 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:26:25 ID:3DKC8L+Y0
まだ居たの、クソニート。
読解力の低いコイツは否定派のレスの内容すら理解していない。
国債が資産だといった覚えは無い。勿論減ったほうが望ましい、が
国債を買ってるのは国民、つまり、バカニートでもわかるように
簡単な構図に直すと

民→金貸す→国→調達した金をいろんな手段で民に流す→民は貸した金と国債の権利とオマケを手にする

つまり国内でグルグル回ってる状態。公務員だって金使う。土建屋だって金使う。
銀行などの債権者は利益が出れば投資を増やしたり、預金金利上げたりして顧客に還元する。

つまり、この「国民に負担押し付けておしまい」という記事は「金は使ったら
自然消滅する」と言っているようなもの。

バカニートはこれすら理解できない。あと単発が多いのは「お前ら極小派の破綻厨と
違ってスレに延々粘着してるヤツが殆ど居ないから」だろ。

100 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:27:51 ID:L3ftrHVK0
日本がおかしくなったのは在日朝鮮人のせい

101 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:28:11 ID:peOJd9ds0

1ユーロ=200円

1ポンド=400円

だが

1j=120円前後のまま



102 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:28:14 ID:J4tcFOD8O
税金の使われ方が国家公務員の為だ やっぱり学校の先生は正義では無いように正しい事が正義ではない囑ッ主主義国家を名乗った 完全国家公務員共産主義国家がもうすぐ完成される

103 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:28:32 ID:n1Bs9Ryn0
破綻しなければいいってものではない。

104 :復活Emilyにゃ:2006/12/28(木) 00:29:25 ID:sHuD+gNK0


ずいぶん前トヨタ、ソニー、任天堂は海外移住して


公務員だけの国にしよう、なんて書いた。


まさかそれらの会社が会社をケイマン諸島に移すと


脅してないだろうな?今?


政治と株視てるとなんだか...



105 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:29:45 ID:dm4/WFxE0
>>99
頭悪杉
民から借りたその国の資金の使い道が問題なんだよ。

>>101
ポンドは、昭和20年代 1500円なんて相場だった。
それが数年前は150円台w 今は少し戻して200円を超えたが。

106 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:29:54 ID:peOJd9ds0

少しは

ロシア
アルゼンチン
エクアドル

を見習いなさい


107 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:30:40 ID:O4olKxc40
>>84さんに一言
>>世界一借金大国日本は現実!
>>国家公務員借金大国日本も現実!
>>今老人が餓死している!
>>もっと医療・福祉・老人の年金がどんどん少なくなっている。



あのね。それほとんどの国がそうだから。
日本の国債額が他国に比べて高いってのも、他の国は自分とこの負債なんかを曖昧に発表してるだけなんです。






108 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:31:20 ID:QaCaJY8j0
金持ちはどんどんドルとかに変えてるけどね。
バブルの時と一緒だよな。一夜にして何兆ものカネが消えたってやつ。
ず〜っと盛り上げてきて円を売り払って終わり。
これがバブル崩壊じゃなかったかな。

109 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:34:02 ID:TiWawSyg0
払わないつってもサラリマンは増税で必ず搾り取られる。
払いたくなければ会社を作って自分の資産を守る知恵をつけないとな。

110 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:34:18 ID:Zg8dwziD0
>>107
紙幣流通量が上がる インフレになる 
国民の所得がHE法で減る
どうなる事やらw


>日本の国債額が他国に比べて高いってのも、他の国は自分とこの負債なんかを曖昧に発表してるだけなんです。
ソースは? まさか阿修羅とか言わないだろうねw

111 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:35:10 ID:24iM9Q/S0
解決策

・放置    ⇒ ドーマーの定理より、名目成長率>長期金利が維持されるなら良いが…
・財政政策 ⇒ これ以上支出増やせない…
・金融政策 ⇒ ずっとやってる、これ以上効果なさげ…
・緊縮財政 ⇒ 公務員と社会保障を減らしたいけど…
・増税    ⇒ 消費税20%?どうみても政権崩壊確実、実行不可…
・国債引受 ⇒ お札刷りまくりでハイパーインフレ…
・徳政令   ⇒ 銀行破綻で信用崩壊し、日本の金融システムが崩壊…

もう無理かな
小泉政権以前から崩壊してたし
よくがんばったよ

112 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:35:13 ID:AXrLkhyo0
いつも思うが、国民一人当たりとか言うな。
国の借金だろーが。

113 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:36:22 ID:9ce3nyg20
男女共同参画に年間10兆円・・・orz

114 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:36:33 ID:yciTr3qr0
>>105
読解力ゼロ?
使い道も何も、どう使おうと最終的に民に流れることに変わりは無い。

読解力が低いな。日本人か?

115 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:37:23 ID:L6Kqy+tGO
>>107
高学歴クンは根拠データも示さずに話すんだな。
さぞかし周りも高学歴なんだろうな、国家一種でも受かってんのかw
でもさ、高卒の白痴にゃわからんからきちんとデータも書いてくれよw

面倒とか言うと逃げてるみたいに見られちゃうゾw

116 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:38:18 ID:+06A1MBE0
>>111
536 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :2006/12/22(金) 23:52:58
>>531
極論だが、利息さえ払ってりゃどれだけ借金重ねても未来永劫破綻しないんだよ。
PB黒字が叫ばれてるのも似たような理由だよ。PBさえ黒字にすればGDP比の債務は
発散しない。つまり、借換え債の買い手に困りさえしなければ、破綻することは無い。
日本の場合、巨額の債務ばかりがクローズアップされ、一部、電波が破綻だ崩壊だと
馬鹿馬鹿しい破綻論を撒き散らしているが、日本の場合、国民の国に対する信用が
高いため、10年を超える超長期債などで上手い具合に償還期限を分散させているため
現在の国債市場の盛況ぶり等をかんがみても、デュレーションに由来する問題が
発生するとは考えにくい。その上、わが国は世界屈指の債権国家であり、経常黒字国
でもある。国の信用を決定する上で、財政は指標の一つでしかない。額面だけ見て
破綻破綻と喚いている輩は、自分が土俵にすら上がれていないということを自覚すべき。

117 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:39:46 ID:4hhT8lPC0
公務員の給与を国債で払えば解決

118 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:40:04 ID:QVECEekf0
>99
こういう屁理屈たれはさっさと消えてもらいたいものだ。
そんなこと小学生でもわかってるやろ。
ギリギリの自転車操業でやってるのがわからんのかい。
民がカネ貸さなくなったらそんなサイクルなんて成り立たないだろ。



119 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:41:01 ID:+06A1MBE0
>>118
反論できないならアンカー付けてまでレスするな。阿呆が。

120 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:41:08 ID:24iM9Q/S0
>>116
>利息さえ払ってりゃ
だから払えないって。労働人口減っていくんだよ

121 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:41:28 ID:Zg8dwziD0
>>114
サイクルのからくりをいうとだな、

自動車税→国土交通→各種特殊法人→・・・
          ↓       ↓  
        人件費     人件費
結構効率悪いよねw

公共工事発注→建築公債
             ↑
           上のサイクルで余ったお金で賄う

できるの?

122 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:42:45 ID:eHQUmRrb0
>>120
産業の能率化が進めば必要な労働人口は減っていく。産業機械だって進化してるんだから。

123 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:43:06 ID:43A5gWBY0
それよりも今いざなぎ景気を超える好景気だそうだが
そうだとすれば再び不景気に突入する日が近いってことだろ
終わりじゃんww

124 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:43:12 ID:L7hRsclV0

公務員の人件費

国の借金


の関係は?民間にも責任取らせるの?

なんで公務員ボーナス在るの?

事が起きたらわしどーするかな..

125 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:43:52 ID:peOJd9ds0

おまいら

生命保険に入るな

年金払うな

郵貯に預けるな

農協に貯金するな


そうすれば、破綻が目に見える。


126 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:44:07 ID:Zg8dwziD0
>>122
企業で働いた事が無い奴が言うなw
産業機械にも限界がある。 ロボットだって壊れるし、メンテナンスが必要。
コレがどういうことか分かるかね?

127 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:44:21 ID:brzfRsAM0
日銀が白痴のようにインフレを抑え込もうとするの辞めればそのうち何とかなるんじゃねーの。

128 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:44:22 ID:L6Kqy+tGO
>>117
すげえ名案!
換金するんじゃないぞ、金利が上がって国が潰れると失業だぞ公務員よw

129 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:44:38 ID:24iM9Q/S0
>>122
そんな無茶苦茶なw

130 :107さんへ:2006/12/28(木) 00:45:05 ID:J4tcFOD8O
ほとんどの国がそうなのはしょうがないよ。でもね、これが自分の家中だとしたら?隣の家はしょうがないと思うけど。問題点は税金の使われ方!公務員に使い過ぎ!もっと違う角度で見ていけば変われるよ。

131 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:46:10 ID:peOJd9ds0
>>127


既にコモディティバブル、株価バブル、通貨バブルを

引き起こしてますが何か?



132 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:47:15 ID:eHQUmRrb0
>>126
アホか。
そもそも機械化が進んだ理由は何だ?人手よりも勝手が良いからだろ。
今の産業機械と比べれば、産業革命当時の機械なんてガチャガチャのハズレ玩具なみに
チャチだが、生産量は飛躍的に上がった。

人間だって病気になるし、給料も休暇も必要。下手にこき使いまくったら
文句も言うし、くだらない失敗だってする。

133 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:47:16 ID:O4olKxc40


 んーつまりな、金って言うモノの本質は「信用」なんだわ。
 額面なんてコロコロ変わってもたいしたことないんだわ。
 日本が他国に比べて信用のあるうちは、
 国際社会という枠組みの中の日本財政破綻なんてあり得ないんだね。

 これで絶望派の人が意味分からなかったら、もうお手上げだよ俺ww
 説明の仕様がねえwwww
 あれ?君は、日本の国際的信用が将来なくなるかもって?心配しているのかい?
 
 他の国の馬鹿さ加減を学んでこいwwwwwwww



134 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:48:14 ID:pObmrcKd0


だから公務員だけ働かせて様子視よう


会社は海外行って




135 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:48:15 ID:QaCaJY8j0
中国が安かろう悪かろうの今なら売れるものがいっぱいあるからいいが
そこそこの値段でそこそこいいものを作れるようになってきたらやばいね。
単純に売れるものがなくなれば中国需要も減る。
次に不景気に突入する内容次第ではやばそうと見てる。

136 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:48:26 ID:umMSFCJ10
>>131
通貨バルブはいいんだけど、どうして株価バブルが起きてるのかが理解できない。

普通、株価が上がれば円高にならないか?


137 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:48:37 ID:n1Bs9Ryn0
>>114
それで得をするのは既得権益者。1000兆もバラまく際に、多くもらった人と
少なくもらった人いる。得をしたのは大企業の人間と公益法人などの理事や
公務員、ファミリー企業の人たち。定価の7倍とかの値段で国からむしりとってきた。
もちろん、そうした金も消費されて天下に回る。しかし、どっち道回るなら
自分らがもらいたいだろうし、富の再分配は敗者側にまわるべきだろう。
そして、借金は公平にみんなで返そうよ、と言い出す。非常に不公平な話だ。
1000兆の借金をこさえた際に、たっぷり国から利益を吸い取った人間が負担を
多くすべきだ。


138 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:49:04 ID:zfdCACF30
つうか日本は終了ですか
これじゃあ後先、ガタガタと日本の国家が潰れるね

139 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:49:19 ID:peOJd9ds0
>>135

本格的な

円安が進行するときが


バブル崩壊の前夜。


140 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:50:56 ID:peOJd9ds0
まあ


児痴銀くんは財務省様がいる限り


本格的な利上げはできないがね。


141 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:51:39 ID:Zg8dwziD0
>>132
もうちょっと現在の技術について勉強して置くように。
誤差やメンテナンスを舐めるなよw日本の製品の品質を保っているのは、
この人たち。皆この職種を嫌がり、別会社化するんだけど、なんでだろうねw

メンテナンスを必要としない機械は無いし、さらに言えば
複雑化するほど必要となる。さらに,すえつける人間も必要だしな。
機械の場合完全に壊れたら外さなければ成らない。

>人間だって病気になるし、給料も休暇も必要。下手にこき使いまくったら
>文句も言うし、くだらない失敗だってする。
コレは人間のローテーションを替えれば済む話だろ。 本当にお前は働いた事が無いだろ。

>産業革命当時の機械なんてガチャガチャのハズレ玩具なみに
コレは酷い比較。

142 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:52:00 ID:eHQUmRrb0
>>126
じゃあ聞くが、日本は何故発展した。人口が増えたから?違うな。戦時中だって
1億人近く居た。成長のメインは産業の能率化なんだよ。高度経済成長期、工場稼働率は
常に100%を超えていたが、先の不況では稼働率が80台まで落ちることもあった。が、
高度成長期よりもGDPは段違いに多い。つまり1つの機械あたりの生産量が技術の進歩により
飛躍的に増えたということだ。これから日本は安定期に入る。成熟した大国は、いっきに
ドバっと成長しない。つまり人口減少は技術の進歩に相殺され、かえって無駄な失業者を出さずにすむ。

143 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:53:10 ID:L6Kqy+tGO
>>133
国際的信用???
その前に日本の国民がドルとかユーロとか使い出すぞw
なんせ日銀に国債バカバカ買わせるんだからなw


144 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:53:19 ID:QVECEekf0
>119
オレに八つ当たりするな。
まあ、ここで議論している輩はアタマ悪そうだな。
99はだからなんなんだよって感じ。
この非常事態下でこんなバカがいると政府も助かるというものだ。


145 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:53:45 ID:XSJh8NUF0
>>117 まではまあ無理だろうけど、実際、ここまで借金が膨らんでいるのに公務員の給与の平均が民間より上ってのはどうかと思うね。
例えば、住民が暮らせなくなって故郷を捨てて逃げ出してる夕張市で、公務員だけ年収1000万以上もらっていたら、やっぱ皆、怒るでしょ。
少なくともサラリーマンの平均所得と同レベルまでは削減すべきだと思うな。

146 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:54:06 ID:MBd2SgZD0

1000兆円の借金は


公務員の給与の為?



147 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:54:58 ID:QRIUfqtE0
一人分648万円払ってやるからこれからの借金は俺抜きでやってくれよ

148 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:55:22 ID:T2ay1R570
・・・・・国の借金は国民の資産に化けたってえのが国の運営の考え方なのはよく分かりました。
しかし現在の債務高を見ると、この法則に胡座をかき日本の価値を実勢の2倍くらいにしてしまった
所謂インフレ状態と同じではないですか?日本の円の価値がインフレ極度額の範囲内のような
拮抗をしているから済んでますが、日本製品の価値が下がり始めたら途端にインフレ圧力が
圧し掛かってくるって事でしょ。
要するに土地価・所得額が日本は高すぎるから債務が膨らむんでしょ。

149 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:55:57 ID:OjffUu9O0
今のうちにユーロに換えた方がいいかな?

150 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:56:22 ID:Zg8dwziD0
>>142
現在の機械と、10年前の機械が何が変わったか行ってごらん?

やっていることが一緒なんだよ。
高速アームロボットは20年前に出来た物だし、
自動車なんて産業革命以前から(ry
効率化するって、何をやるというんだい?
ロボットの工場へ行った事あるけれど、人間が組み立てているんだよ。
何故だか分かるか?お前は勉強が足りない。

もうね、停滞の時期に来ているの。二足歩行ロボットだって、操作する人、修理する人が必要じゃない。

151 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:56:27 ID:eHQUmRrb0
>>141
早い話が・・・
機械は一日で何百台という車を製造できるが、人間が同じコトをやれば
一体何千何百人必要かってことだ。機械化が奨励されたのも、機械使って
作ったほうが大量に人間使って作るよりも安上がりで能率的だからだろ。
近代産業を真っ向から否定するような妄言はやめろよ。

152 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:58:11 ID:q9GUh1om0

今日も役所でゲタゲタ笑ってた公務員

153 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:58:13 ID:QaCaJY8j0
商品とはころころ変わるんですよね。
毎回機械化してたらそれこそいくらかかるか・・・。
人手のいいところは人間のやり方次第で細かなものに対応できるところ。
好調のトヨタだって人が減っていない。
それどころか膨れ上がった組織をどうするかが一番の敵といってるくらいだ。
ある程度までの機械化はしても、そこから先は今のところできないと思われる。

154 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:58:14 ID:XSJh8NUF0
>>146
そうは言わないが、一般企業なら投資に失敗して莫大な借金をかかえたら、自然と社員の給与も下がるってこと。
国は困ったら最後は一般家庭の税負担を増す事で補うから、公務員は給与を減らさなくてもなんとかなってるんだろうけど、少しは痛みを分かち合えよってことだよ。

155 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:58:15 ID:PZs2BCgQO
日本国債の信用度は、ボツワナと同じ。
日本も後150年もすりゃ人口3千500万人の発展途上国並の経済力と開発力しかないだろう。
ただ借金は世界の5本の指に入る最貧国へ


156 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:59:20 ID:Y7NZ4jwA0
結局、国の借金は減らすべきなの?
ほっといてもいいの?

157 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:59:29 ID:8iAPW4V50
官民含めて日本全国のおっさんどもが使いまくったから今があるんだろうな

@アメリカよりも安い税金で(国民所得に対する税率世界最低水準、社会福祉費も一律で若者不利)
A欧州並みの高い医療福祉制度をやり続けた
B政治家や公務員もお金を使いまくり、公共工事で地方の土建屋もやりたいほうだい
その結果借金1000兆

でも今は返すのは余裕なはず
@他の先進諸国なみに、せめて消費税10%くらいまで税率をあげる(40歳以上に勝ち逃げさせないため)
A医療福祉はあまりさわりたくない・・(税を上げれんなら、削られる)
B政治家や公務員をバシバシリストラ、公共工事もカットカットカット
欧米水準の税制度と公務員制度にすれば一瞬で返せるはず、今であれば

あまり先送りしすぎると、少子高齢化問題がかぶさってくる
医療費と社会保障費、そして借金の利子。これだけで負担が・・
今はともかく、将来はもう公務員全員首にしても足らない(実は公務員も10年前と比べてかなり減ってる)、マジで

158 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:59:40 ID:OjffUu9O0
ハイパーインフレが起きたら何が変わるのか簡単におしえてくれ

159 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:59:49 ID:O4olKxc40
130さんへ

>>問題点は税金の使われ方!公務員に使い過ぎ!
>>もっと違う角度で見ていけば変われるよ。

公務員に税金使われなさすぎなくらいですよ日本は。


160 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 00:59:49 ID:lnIgQH5y0
まだやってんのか。
内容的には★1が一番良かったのかな。
まあ、いいや。

>>148
インフレがどういう現象で、どういうメカニズムで起きるのか知ってて書いてますか?
日本製品の価値が下がる=デフレであって、デフレが起きるとインフレになるとかいう
支離滅裂な文章になってるんですが。

最後の一行なんて、どこからどういう脈絡でそういう1行が書けるのか理解不能です。

>>149
営業乙

161 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:00:10 ID:eHQUmRrb0
>>150
産業機械は月日が経っても改良されず、延々旧型を修理したり買い換えたりしながら
生産してる と。アームロボット?あぁ、原型はな。ただ、当時のアームロボットに
ミリ単位の誤差すらない、正確性があったかどうかということだ。今じゃ手術が出来るほど
進歩してるが?機械産業は産業の一つだろ。国の人口ってマクロな話題を話してるのに
そんなミクロの話題を持ち出されてもな。つーかあんな重機械が人手で製造されてるとは驚きだ。

162 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:00:16 ID:HymJWHHF0
>>121
まあ当然だよな。

サイクル厨は、あらゆる仕組みに損失が存在するところを意図的にスルーする
ところから始まるようだからな。

163 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:00:26 ID:YF2Tv2Mg0
公務員の財産で補填すべきだろ?
もちろん定年退職した税金泥棒も含めて。


164 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:00:38 ID:peOJd9ds0
>>158

ニンテンドーDSを買うように

日常品を買う。



165 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:00:50 ID:8UPOqFT+0
パチンコ屋から税金徴収すれば済むこと。
それなのに何故手を出せない?

在日優遇して北に金送り続けるために、日本人の労働者は骨身を削らなければなりません。
ということですな、アベちゃん。

166 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:01:02 ID:L6Kqy+tGO
>>151
その効率化が無限に進むとでも思ってんのかw
だれかこいつら今の現場に叩き込んできてくれ、
あまりにも実態知らなすぎw

167 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:01:15 ID:n1Bs9Ryn0
借金をすれば景気が良くなるということで、無節操にばら撒いてきた。
特殊法人なんかがいい例。道路公団は40兆、住宅公団16兆、雇用能力開発機構、
その他、あらゆる公益の団体が借金を積み重ねている。ファミリー企業に定価の
7倍とかの値段で大量に無駄に発注し、職員の半数以上が理事で、高額の報酬、
退職金、保養所などの福利厚生などをむさぼっている。公務員も手当てやら
退職金やらたくさんもらっている。借金を増やすのは問題ないにしても、
こんな使い方ではなくて、敗者のための教育や、福祉、医療、日本は資源もないので
エネルギー開発や宇宙事業、その他もう少し納得のいく借金の増やし方をしてもらわないと
肯定はできない。

168 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:01:33 ID:Zg8dwziD0
>>151
近代産業と 現代産業を ごっちゃにするのを止めてくれば
こちらも止めるがなw
俺は現代の話をしているわけ。過去なんて興味が無いねw

現代は既存品に付加価値や性能をアップさせる事を求めているだろう。
ビックヒットした洗剤だって、既存の石鹸に研磨剤を混ぜただけ。
カーナビが何故作られたかだって、アレも付属品。

お前は人間が組み立てなければ、誤差だってロボットに認識させるのが難しいからだっていうのが
分からない上に、そこに設計のノウハウがあるって言うのが分からないのかよ。
それが居なくなると、ラインも止まり、経済もそこでストップする。

結局労働者は必要なんだよ。

169 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:02:23 ID:lnIgQH5y0
>>154
景気が良いときは、公務員の給与の伸びより民間の給与の伸びの方が高いんだよ。

俺らが言わなければならないのは、

  「景気を良くしろ。そしたら、俺らの半分くらい給与あげてやる」

だよ。

>>156
単純な金額の話ではない。
ドーマー条件が成立している限り発散はしない。

170 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:02:44 ID:9M3egTtd0

なんで公務員ボーナス出るの?議員も。


171 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:03:25 ID:J4tcFOD8O
一ドル百二十円に来た! 五年前は ドル・ユーロ・ポンド・円 が何かしらの変動で上がっり下がりだった。今は余りにも円安!各銀行・証券会社・日銀も円を買うが中々?理想はやっぱり105円位から110円までらしい。

172 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:03:45 ID:7QkSg9UR0
在日の為に、日本人の血税が湯水のように使われている。
また、特定アジアへも金を無駄に使っている。

まず、借金が0になるまで、それら支出を0に!

173 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:04:18 ID:eHQUmRrb0
>>166
技術力に飽和点があるのか。100年以上前の蒸気機関は当時の最高技術だし
60年前のドイツのジェット機は900キロ程度しか出ず、航続時間も短かったが
当時としては最先端技術の結晶だ。アポロ11号のコンピュータだってファミコンていどの
性能しかなかったというぞ。

174 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:04:21 ID:OjffUu9O0
>>164
よく解らない例えだな。必要ない物を高値で買うって事?

175 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:05:22 ID:lnIgQH5y0
>>157
今の自分の境遇が悪い理由を、他人の責任にして、やっかみ嫉妬にまみれた解決策を
箇条書きでいかにもクリアに書くってのは、よっぽど精神が捻じ曲がっているんだな。

>>158
ハイパーインフレなんておきねーから、知ろうとする事すら無駄


176 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:05:59 ID:8iAPW4V50
>>156
今はかなり余裕があるので減らすべき(もしあなたが40歳以下なら、今減らさないと損をする)

海外諸国と見比べれば分かる、税制度が適正規模になってない
今の日本の社会福祉制度であれば、消費税10%が適正水準。足りない税金が1000兆の借金に
そして支出側の公務員や政治家土建屋も惨い、特に高齢層こいつらやりすぎ。。

急激にやるのも経済に悪影響を及ぼしそうだが、とにかくおっさんどもにも税金をおさめてもらわないと
世代間格差がありすぎ

177 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:06:23 ID:1D+cfFjs0

国民全員公務員にすれば解決


だれも文句言わない


178 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:06:50 ID:T2ay1R570
>>160
価値に対して金が多すぎでしょ。
あなたは価値ありきで見てるんでしょ?私は円の発行額より価値が落ちてると見てるんですが。
実際、債務額が膨らみすぎているのは価値に乗っかって膨らんでいるんですよね。
金融大国にシフトできず、物に頼っている日本の構造からすると実勢程の価値はないと
思います。この図式はアメリカも同じですが、連中は価値の種類が豊富ですわね。
要するに日本の経済構造は、思っているより脆弱な面があると私は見ていますから。

179 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:07:40 ID:eHQUmRrb0
>>168
いつの時代も同じだよ。ガンダムじゃあるまいし、昔だって一気に「二号機!」
なんて一気に進化したものが作られてたわけじゃない。付加機能を付けていき
どんどん進歩していって、気づいたらすごい性能上がってたって感じ。ケータイだって
毎年新機種出る割には大して昨日変わってないだろ。

180 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:08:09 ID:XSJh8NUF0
>>169
言いたいことは分かるし、それはそれで正しいんだろうが、
公務員の給与を決めるのは結局、公務員だからなぁ・・。(違うか?)
個人的には好景気の時に公務員の給与を増加するのは反対じゃない。
今は好景気とはとてもいえないけど、今は下げないで好景気になったら上げるってのは無しだよ。

181 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:08:33 ID:CPX/Tdhg0
>>166
世の中が、資本集約産業の、しかも習熟しきった業種ばかりだと思ってないか?


182 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:08:46 ID:lnIgQH5y0
>>166
無限に進む

ただし1000年単位、1万年単位で物事を考える想像力がいる。

>>167
汚職・利殖問題は、個別の問題。

何にも手当てをしないで、総額を絞ると、必要な事業ほど後回しにされて、利権にまみれた
仕事ばかりが優先的に行われるようになる。これは予想ではあるが、ほぼ確実に起きると断言
できる。

総額を絞るのではなく、チェック機構にお金をかけて、そのかけたお金の分以上に、利権を減らす
事で総額を絞る工夫が必要。

183 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:10:14 ID:OjffUu9O0
誰も教えてくれないからwikiで調べました。

184 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:10:25 ID:VE96dtjX0
>>173
いい例があるぞ。
T型フォードのマニュアルには

自動車の技術はこれ以上進歩しないと思われますから
このマニュアルは未来のドライバーにとっても
大変役立つことでしょう、

という記述があった。

(昔のリーダーズダイジェストから)

185 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:10:36 ID:n1Bs9Ryn0
>>148
国の借金は国民の資産に化けたって言うが、準公務員や公務員、一部の大企業社員、
官と癒着したファミリー企業の人間の資産に化けてしまった。もちろん、他へも波及するのだが、
逆もまた真なりで、庶民にたくさん与えても金は回る。

富の再分配というのは普通、競争で敗れた側に多く渡すものだと思うのだが、
政官業の癒着で競争で勝ったほうにさらに分配が多くなされている。
そして、借金が多くなりすぎたから、みんなで公平に負担しましょうと言うのは
さすがに納得できん。


186 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:11:30 ID:lnIgQH5y0
>>178
いまどき価値論なんて語るのはマルクス経済学だけですよ。

それから、申し訳ないが君の文章は、勝手に断定しているだけで、途中の思考プロセスがかけている。
そのため、何が言いたいのかぜんぜん理解できない。


187 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:11:35 ID:CPX/Tdhg0
>>182
別に垂直方向に無限に進ませる必要ないんだけどね。

機械化が進んでない分野なんて、まだ山ほどあるわけだから。

188 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:12:25 ID:Zg8dwziD0
>>179
だから言ってるだろw
付加価値をつけることによって段々効率化では出来ない事が増えてきてるってw
携帯だってガワの種類が沢山あるだろw
そこで、大量生産するのって大変だと何故思わないのか、私には不思議でならんがなw
だから組立工が居るし、

あとね、メンテナンス要員、据付要員、ティーチング要員
一つの機械に10人ぐらい必要だから。今の機械は。

後,現代と近代をごっちゃにするのを止めろw 馬鹿に見えるからw

189 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:12:36 ID:eHQUmRrb0
>>184

コーマンなヤツはいつの時代も居るもんだ

190 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:13:33 ID:n1Bs9Ryn0
>>182
総額を絞れなんて言ってない。あくまでも総額は同じということで頼む。

191 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:13:51 ID:V0TgOEZB0
国がいったい「誰」に借金してるんだ?

192 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:14:29 ID:uNkbvKVS0
         \ また自民に騙されたモナね?仕方ないよ/ 私、シャア・アズナブルは
          \       ∧_∧                 / ,イ      │去年自民に投票してしまいました!
ワハハハハー! \     ( ´∀`) だって貴方は. /  //,. -/r‐- 、| !
また自民に騙された!.    /,   つ  「B層」    /   /,/ ./ |  _」 ト、
怒りのカキコキボンヌ   \ (_(_, )  だから!/.    /.\`/  |二...-┘ ヽ
                \  しし'        /      i   ,.>、;/ー- 、    l
むやみやたらに          \          /        ! ∠.._;'____\   |
自民に投票するクセは    ∧∧∧∧∧         ,!イ く二>,.、 <二>`\.、ヽ.
何とかした方がいいな     <     自   >     /'´レ--‐'ノ. `ー---- 、 |\ ヽ、
                   <       民 >    \  `l  (!"      Jfヽ!  `''-;ゝ
        (・∀・)ニヤニヤ  < 予   に >.       `‐、jヽ ヾニニ>   ゙イ" }_,,. ‐''´
                  <      騙 >         `´\  ー   / ,ィ_}
 ――――――――――― < 感   さ >――――――――――――――――――
 また自民に騙されたんだね < ! . れ >          /ヽ       /ヽ
  ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ∧_∧<     た >          / ヽ      / ヽ
    ∧_∧     ( ´Д` ) ∨∨∨∨∨______/U ヽ___/  ヽ
    ( ´Д` )   /⌒    ⌒ヽ.  |  | ____ /   U    :::::::::::U:\
.   /,  /  /_/|     へ \|  | |       /○     ○   ::::::::::::::|
   (ぃ9  |  (ぃ9 ./    /   \ |  | |  派遣と | ├──┤    U :::::::::::::|
   /    /、    /    ./       |  | | フリーター|U |   |      ::::::U::::|
   /   ∧_二つ (    /     |  | | は氏ね  |  └―┘ U.....:::::::::::::::::::/


193 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:15:23 ID:eHQUmRrb0
>>188
昔の低性能機械で生糸なんか作ってた時代でも採算取れたのに
今じゃ人間使ったほうが効率的で利益が出るのか。へぇ〜。
じゃあ何のために産業機械は進歩してきたんだろうな。何で
どこの会社も機械使ってるんだろうな。日本はともかく中国なんかは
人海戦術は得意中の得意のはずだがw

何か君と話すの疲れてきたよ

194 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:15:33 ID:Zg8dwziD0
>>191
株屋、外人、銀行、保険屋、要は金融屋と老人と金持ち。

195 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:15:53 ID:T2ay1R570
>>186
お互いにスルーしてしまう内奥が違うだけですよw
現在の円の総発行額が日本の現状に則しているか否かには誰も答えないし。

196 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:16:17 ID:lnIgQH5y0
>>180
>今は好景気とはとてもいえないけど、今は下げないで好景気になったら上げるってのは無しだよ。

大丈夫だよ。すぐに民間が追い越すから。

公務員と民間、給与と失業リスクを考えてみるべし。
不景気の時は公務員型がもてはやされ、好景気の時は民間型がもてはやされる。
リスクとリターンは適当にバランスしていると思うよ。

公務員の給与下げろ!銀行員の給与下げろ!と騒いでいると、結局みんな貧乏になる。
誰かが物を買ってくれないと、メーカーも問屋も小売の大変だから。
輸出メーカーは海外依存しているから、あんまり関係ないかも。

で、公務員の雇用保障に対する嫉妬心をグッと抑えて、好景気にする事を要求するんだ。
そうすれば、民間型給与の方が有利になる。
同様に輸出メーカーは内需メーカーの給与の伸びに置いていかれることになる。

バブル期には、東大法学部卒で官僚になるようなやつが、こぞって民間企業に就職したものだった。


197 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:16:57 ID:CPX/Tdhg0
>>188
お前>>122の意味分かってねえだろ。

198 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:18:50 ID:lnIgQH5y0
>>185
言わんとする事には共感する。

それの是正策は、

1.税制改革
所得税の累進度アップ、消費税率の低減(あるいは生活必需品の非課税化)
と、法人税のアップで行うこと。

2.癒着を取り締まる仕組みの強化
大体、役人を性善説で管理しているのが日本だ。
性悪説でもって、相互チェックをかける仕組みをもっと強化しなければならん。
あと、厳罰化ね。

199 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:19:02 ID:O4olKxc40
ワシに言わせるとどっちも30度くらいずれてるんだが・・・。

ところで絶望派のお子様達は寝ちゃったのかな?

200 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:19:20 ID:Zg8dwziD0
>>193
うん。そうだよw 
結局機械を扱う人も居るし、調節する人だって居る。

中国人使った方が安いかもねw 後ね、再度言うけれど、現代と近代(問屋制手工業の時代)
とごっちゃにしないでねw

何故人間でやらないのかと言うと、人間じゃ出来ない部分があるから。(こういってもワカンネーだろうな)
後、効率化できる部分はもう既に効率化し尽くしているわけw
(20人でやる作業を 10人メンテナンス要員つけて、一つの機械でやらせる)

201 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:20:51 ID:lnIgQH5y0
>>188
>そこで、大量生産するのって大変だと何故思わないのか、私には不思議でならんがなw

余談だが、あれは大量生産しないと、コスト高で大変なんだよ。

20年ほど前に携帯電話の機能を持った製品を作ったら、1台につき100万円近くかかったと思うぞ。

202 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:20:56 ID:L6Kqy+tGO
>>183
まだわからんか、
効率よく大量に作れても、

売 れ な き ゃ 意 味 な し

在庫増やすだけだから現場は困ってんだろがw

203 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:22:02 ID:CPX/Tdhg0
>>200
だからなんで資本集約産業しか見えないのかと(ry

204 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:22:33 ID:eHQUmRrb0
>>200
説得力が無いね。
技術力に飽和点は無いって言ってるでしょ。
一つの機械に10人の人が必要なら一つの機械で作れる量を
増やせばいい。人手の話してるんじゃないんだよ。1台10人必要な
機械2つで作ってた量を1台で作れるようになっても人手が20人必要だったんじゃ
ザマないでしょ。

205 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:23:06 ID:lnIgQH5y0
>>194
君は、預金も生保も年金もやっていないの?

>>195
円の発行総額?
デフレだから不足しているのが明らかだろ。

つか、円の総発行額をちょっと説明してみてくれ。
この12月20日時点の発行額がどれくらいか統計資料のポインタで示すだけでもいいよ。

多分、君の素朴な理解は徹底的に間違っていると思うから。

206 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:23:10 ID:T2ay1R570
>>199
論理に振ると30度ズレるw 至言だね。立ち位置が違うからだろね。

207 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:23:49 ID:V0TgOEZB0
>>194
外人は別だがそいつらは国民だよなあ
国民から一人当たり648万借りてるってこと?
じゃあチャラだろw

208 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:25:29 ID:Zg8dwziD0
あと、そうだなw
メンテナンス要員が居なくなると、機械は壊れたままで、どうにも成りません。
>>201
現在では大量に余って、金型屋が死に体です。
IPodの鏡面仕上げも、人間が磨いています。どっかの雑誌でやっていたはずだが…
トヨタの車も、人間が磨いています。エンジンも人間が磨いています。
何故だか分かるかなーロボットに出来ないからデース

>>20年前
相当古いなw あと、20年前はそういうデジタルーアナログ変調ICが無かった時代だからでしょう。
で、10年後これからも進歩すると思いますか? 思わないでしょう。
やっていることが変わらないんだから。

209 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:26:09 ID:lnIgQH5y0
>>199
絶望派って、金貨屋と証拠金為替の業者の営業カキコが多いから、昼間に多いよ。

>>202
ポインタずれてない?

売れなきゃ意味ないって、売れているんじゃないの?
売れるまでケツ叩かれるのが辛いという愚痴なら、感覚的には理解してやっても良いぞw


210 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:26:10 ID:OjffUu9O0
>>202
そりゃ需要がないものを大量に作っても無駄でしょ


211 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:26:16 ID:KIAAtB1e0
>今の産業機械と比べれば、産業革命当時の機械なんてガチャガチャのハズレ玩具なみに
>チャチだが、生産量は飛躍的に上がった。
パソコンなんてどんどん品質落ちて、メーカーも保守で利益を上げる仕組みを作り上げてるけどね


212 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:27:03 ID:n1Bs9Ryn0
>>198
そうだね。性善説で役人を信用しすぎてはダメ。
税制と厳罰化は重要ですね。

213 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:29:09 ID:eHQUmRrb0
>>208
だから国の人口ってマクロな問題を語るのにそんな1業種みたいな
ミクロの話題を引き合いに出されても困りますってばw
>相当古いなw あと、20年前はそういうデジタルーアナログ変調ICが無かった時代だからでしょう。
>で、10年後これからも進歩すると思いますか? 思わないでしょう。
うわ!SFCドット絵綺麗!→うわ!PS3Dじゃん!→PS2凄い綺麗!→PS3ってCGじゃん!
技術に飽和点なんか無いんですってば。薄型テレビが人類に可能な最高の技術力ですか?
違うでしょw

214 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:30:20 ID:CPX/Tdhg0
>>208
お前がどこの組み立て工か知らないから何度も聞くが


産 業 は 製 造 業 だ け だ と 思 っ て な い か ?

215 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:30:36 ID:k2RzgJaU0
少し経済・金融をかじると国の債務は問題ではなく、むしろ有用、
国の債務はベース・マネーの裏づけになっているんだから、って言い始める。
無垢な人は、そもそもいつから紙幣の裏づけが(主に)国の債務になったんだろう?と疑問に思い調べる。
結論は単純で、結局の所、国の債務の増大が一般の納税者に益することはない。
破綻しようがしまいが納税者負担が増え、一握りの人に富が集中することになる。

216 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:31:16 ID:O4olKxc40

 とりあえず2人とも仲直りしなさい。



217 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:31:42 ID:L6Kqy+tGO
アンカ間違えたotz
>>202>>182へのレスです…
まあ、PS3がスーファミ並に売れると良いね、ってこった。

218 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:33:11 ID:lnIgQH5y0
>>208

>IPodの鏡面仕上げも、人間が磨いています。どっかの雑誌でやっていたはずだが…
>トヨタの車も、人間が磨いています。エンジンも人間が磨いています。

何が言いたいのかわからん。
機械ができないから、職人さんが必要なんだろ?
別にそれでかまわないと思うよ。

>で、10年後これからも進歩すると思いますか? 思わないでしょう。

10年だったら十分進歩するな。
10年前と比較してみな。

>あと、20年前はそういうデジタルーアナログ変調ICが無かった時代だからでしょう。

で、DACができた事で、100万円の携帯電話が0円(嘘)になったわけだ。
電子系はこれからはセンサーが面白いだろうな。
パーツがひとつできるだけで、結構でかい波及するんだよね。あの産業は。

あと、最近面白いのは無機化学だな。


219 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:33:20 ID:Zg8dwziD0
>>213
だからやっていることは変わらないんだってwwww
PS2が綺麗なのは、CPUもグラフィックに特化させ、メモリを大量に積んでいるだけで、
インベーダーゲームの時代とやっていることは変わらないw

何が限界かって言うと、ロボットが故障、PS3が故障、
後、高性能=高い値段だから。

労働者が居なくなると、壊れた物を修理する人間も、生産機械が壊れても…
というわけ。

効率化には限度があるんだよw

220 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:33:52 ID:/LISmA1Y0
悪を撃つ!

<VOICE>「借金16兆円!…なのに職員住宅は『豪華で格安』 都市再生
http://mbs.jp/voice/special/200607/24_3921.shtml
<VOICE>「追及!都市再生機構 天下り先企業は“超優良”」
http://www.mbs.jp/voice/special/200611/23_5779.shtml

独立行政法人 都市再生機構は、財投9000億円の債権放棄、
国や自治体から毎年1000億円の税金が注入されています。
http://image53.webshots.com/453/5/14/64/2067514640098716081UHKygt_fs.jpg
http://image59.webshots.com/159/3/93/12/2982393120098716081UIeZNZ_fs.jpg

221 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:36:26 ID:R6LgMVbfO
国の借金はその社員である公務員の給料・ボーナスでなんとかして下さい!官舎もいらない。薪代?僻地手当て?現在、何時代だと思ってるんですか!?  民間リーマンの大半の低層の暮らしわかんないんだろうなぁ・・・溜め息・はぁ〜

222 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:36:32 ID:Iova5+Wh0
>>219
論点がズレてるな

やってることが違う同じではなくて、
消費者がそれを新しく欲しいと思うかどうかの話だ

そして、進歩がなくなった産業はただのコスト競争と化す
例えば今の建設業なんかがそうだな
そうなったら産業の転換が必要なんだよ

同じ産業が10年後に進歩していなくても、新しい産業が出てきている可能性は非常に高い

223 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:36:55 ID:OjffUu9O0
通信事業が発達したから第三次産業を縮小して第一次産業の窓口を広げれば解決できそうな気がするけど

224 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:36:59 ID:eHQUmRrb0
>>219
>何が限界かって言うと、ロボットが故障、PS3が故障、
>後、高性能=高い値段だから。
昔と比べれば故障の頻度は減ってると思いますが。
高性能になれば高い値段・・・ですか。SFCって発売当初は
5万円位したでしょ。ソフトは1万以上とかザラでしたよ。
車だって所得費で見れば寧ろ安くなってるでしょ。それに、性能が
上がる=1台で作れる量が上がる ですよ。能率の向上が
コストに見合わないのなら開発者は全員解雇ですね。

225 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:37:36 ID:MtFKOR4P0
なんで>>220みたいな話をほかの局はとりあげないんだ

226 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:38:51 ID:1ZrB9VP90
ていうかみんな破綻するとどうなると思ってるわけ?

227 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:39:09 ID:aV6c+kNa0
NHKも毎度毎度の受信料横領でご苦労さんなこった。
同じ事で、権力の維持と蚕食が目的の糞どもを追放する気があるのかないのかっつー話だわな
拝金主義者の暴走も同じ。ありゃあ、手前んとこだけ良ければ他は知ったこっちゃないからな

信用?なるほど、確かに人間さまの社会は信用で動いてるが、腐臭漂う中で果たして、どこまで、その信用とやらを持続できるのやらね

228 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:39:19 ID:okx6CBoO0
もう引き返せないところまで来てるっていうのにいまさら借金がいくら増えようが関係ないだろ。
もっと景気のいい話しをしろよ、嘘でも良いから。

229 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:39:28 ID:P2AjR/WL0
この表現変えようぜ

「日本は公務員1人あたり5000万円、一般人1人あたり500万円の借金があります」
とかにしよう
 

230 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:39:53 ID:KIAAtB1e0
>>何が限界かって言うと、ロボットが故障、PS3が故障、
>昔と比べれば故障の頻度は減ってると思いますが。
昔は憧れのブランドだったソニーとタイマー内臓といわれる現在で
製品の故障の頻度が減ってると言えるの?


231 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:40:47 ID:eHQUmRrb0
>>229
そもそも国民に債務を分担させるような表現を使うことが間違い。
>>99

232 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:40:56 ID:dm4/WFxE0
>>221
その公務員の大半が事務職。公務員400万人に40兆円が投入されている。つまり1人平均1000万円w


警察官も犯罪の増加で増員されているが、警察署の中でPCの前に座る事務職ばかりが増員
され、町中で警察官をとんと見ない。まあ警察も会社になったわけだ。事務職だらけ。

公務員の自己増殖はとまらない。これでは、税金を有効に使っているとはとても言えない。
投資ではなく消費。教育も食いつぶしの消費中で日本人の質の低下も酷い。科学技術振興予算も中国より比率で劣る。

これでは、日本に未来は無い。

233 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:42:36 ID:Zg8dwziD0
>>218
携帯の変調方式について勉強するように。これ以上何をすれば良いんだ?って思うから。

>DACができた事で、100万円の携帯電話が0円(嘘)になったわけだ。
むかし10万円した回路が1000円でICになったのは、バイヤーが居たため。
DACだけじゃないよーGHZ周波数帯をデジタル的に変化させるするシンセサイザーとか、
10年前に出来て、当時は半端じゃなく高かった。
産業機械によって安くなったわけじゃない。買い手がついて、それを生産する機械が出来てから
変わったわけだ。一つ一つウェハーを合成する時代からね。
でも、労働者が居なくなったわけじゃなく、もう限界なんだよw

量子化誤差が無いカメラ、フィルム状の液晶、曲がっても電気信号で元に戻る構造用合金、
疲労変形がない金属etc..
がでてくれば変わるかな?

234 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:42:56 ID:T2ay1R570
>>215さん
>>216さん

多分、調べていくとそこに行き着くんだろうとは薄々感じてますw

>>218さんの言わんとしてる事も多分、正しいでしょう。ただ、それにしては
日本の構造的なものになんか納得できないっ!って思ってたら、>>218さんの
政策関連のカキコには全く禿同だったりするので、日本の現在の問題は
経済危機ではなくて政策危機なんだという事でしょうね。

235 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:43:07 ID:KmR4928k0

623 :名無しさん@5周年:2005/03/23(水) 22:52:45 ID:4+7oRT3O
貸してるのも国民。借りてるのも国民。

日本の国債は内国債だから国内で貸し借りしてるだけ。

42 :名無しさん :2006/01/01(日) 22:35:41
国の借金=国民の資産(貸金) でしょ?
国の借金を減らすのは、国民の資産を奪うこと。

244 :小泉信者は馬鹿ばっか :04/10/13 11:58
国の借金は国民の余剰貯蓄です。

603 :名無しさん@6周年:2006/09/18(月) 19:43:24 ID:TlhcHEk90
国の借金=金持ち企業や国民の貯蓄なんだよ。

107 :  :04/12/25 12:17:21 ID:oiLq1MhQ
国の借金=国民の貸し金
外から見ればただのジサクジエン


236 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:44:11 ID:z8RQEsfO0
>>229 公務員の雇用主は誰だ。おまいら住民一人一人だろ。
だったら雇用責任とやらもはっきりさせてもらおうか?

237 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:45:20 ID:89tkJdCZ0
この、得たいの知れない借金を作り出し始めたのは、
丁度バブル経済の頃で、同和やチョンと関係があった
橋本総理の時だったよな…

238 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:47:22 ID:dm4/WFxE0
違うよ。橋本は減らそうとして国債を減額したが、総需要不足下で更に需要を減らしたが
ミニ恐慌状態が発生し、その後小渕が1年間で50兆円なんて国債の乱発を始めたのさ。

まあ、その原因を作ったのは橋本だけどね。

239 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:47:41 ID:RFZRnrVgO
こんな借金あるのに在日には特権を与え続けてるんだよな。ふざけんなよ。

240 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:47:46 ID:Zg8dwziD0
なんちゅうか、労働者がいなくなるって言う書き込み自体 無茶苦茶すぎる。
世の中の事知らなさ過ぎる

241 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:48:19 ID:2fzTEGMp0
特殊法人とか公務員とかなんの生産性もなく
汗水たらして肉体酷使せず民から税金と称して
年貢貪り食ってる連中がいるから借金が増えるんだろが!!

242 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:49:33 ID:ZRXsHBml0
たまにドルかユーロにお金換金しとけって書き込みあるけどマジでそうしといたほうがいいんですかね


243 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:49:48 ID:dm4/WFxE0
まあ、国民年金を35年間払い続けた後、65歳からやっと受け取れる年金より
生活出来ませんと申請すれば貰える生活保護費の方が支給額が大きいって
大矛盾がある限り日本人過去持っていた勤勉さは復元しないだろうねえ。

244 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:49:56 ID:eHQUmRrb0
>>240
破綻厨が勝手に立てた仮定を元に議論してたら、当の本人が消えて
誰かさんと入れ替わってたんだな。

245 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:50:10 ID:KIAAtB1e0
>235 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:43:07 ID:KmR4928k0
>
> 107 :  :04/12/25 12:17:21 ID:oiLq1MhQ
> 国の借金=国民の貸し金
> 外から見ればただのジサクジエン
じゃぁ規模を小さくして、
会社が給料払えない→社内預金という名目で相殺→会社全体で動く金額は±0
で、その社員が社内預金を切り崩す時に払える現金あるのか?


246 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:50:10 ID:L6Kqy+tGO
>>235
国の借金を減らすこと=国民の資産を奪うこと、だあ??

ちゃんと返して減らせよwww
奪うってことは踏み倒すってことだぞw

247 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:50:25 ID:MtFKOR4P0
そりゃあ国民から幾らでも税金がわいてくると思ってるんだから、
使い切らないと損、無駄遣いしないと損って思うわな。

公務員の監督を強化しないことには話にならねえよ。

248 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:50:36 ID:KmR4928k0
434 :名無しさん@6周年:2006/08/21(月) 07:32:39 ID:+NCb0CC80
安定志向で貯蓄(≒国債)する人のおかげで、国は低利で資金調達して、
貧乏人向けのサービスを提供できる。

447 :名無しさん@6周年:2006/08/21(月) 07:53:16 ID:4NV4f1au0
個人や企業にとっての金と、政府にとっての金じゃ、根本的に意味が違う。
個人や企業が金を貯めれば将来の消費機会を得ることができるが、
政府にはそんな意味はない。
たとえば政府が10兆円の黒字を出したとしても、単に市中から10兆円が
消滅するというだけ。


249 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:51:40 ID:Iova5+Wh0
>>242
俺はそうは思わないけど
日本の金利も将来的には上がるだろうから

250 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:52:22 ID:U+qRMfAj0
法人税減税は頼むから止めて。
トヨタと創価学会から毎年1兆円ほど特別税を取っても良いくらいだ。

251 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:53:10 ID:dm4/WFxE0
事務をIT化しても当該職務に関わる公務員はまったく減らない。
また新しいルールを作ってその事務を複雑化して定数を確保する。

やってる仕事の成果は何も変わらずITコストだけが増え、更に公務員の高齢化で
年功序列で給与も増えてゆく。


公務員の本質を見抜けない政治家がいる限り駄目だろ。

252 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:54:03 ID:lnIgQH5y0
>>219
ニンテンドーDS&もっとお料理ナビ

これは革新的な製品だと思う。

明らかに家庭の主婦の労働力を効率化している。


253 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:55:04 ID:1ZrB9VP90
>>246
国民が貯金をすると、たいてい金融機関では国債を買います。

254 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:55:18 ID:U+qRMfAj0
>>251
それを一番見抜いてるのが菅直人
一番見抜いてないのが小泉純一郎

二人の厚生大臣在任中の行動を見れば一目瞭然

255 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:55:27 ID:Zg8dwziD0
>>244
お前だろうがw世間知らずな馬鹿はw破綻しないとでも思ってるのか?

金刷ればいい?
人件費と言うロスが有るサイクルで誤魔化せると思う?
天下りの官僚が海外旅行したコストを考えると、どう見てもマイナスなんだが。
アメリカに只で上げているお金もねw

>>252
単に料理を知らない主婦が増えただけだろう。

256 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:55:54 ID:gZp8QsIb0
借金時計って何種類かあるけど何で金額が違うんだろう
ttp://www.takarabe-hrj.co.jp/clock.htm
ttp://ueno.cool.ne.jp/gakuten/network/fin.html
ttp://www.team-nippon.com/

257 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:56:27 ID:Iova5+Wh0
>>255
じゃあ破綻すると思ってるの?

258 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:56:36 ID:T2ay1R570
公・官に無駄が付き物って体質が、この国が良くなっていかない元凶なんだろ。

259 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:57:48 ID:HymJWHHF0
>>238
金ばらまくのだけなのが最も無能な経済政策だけどな。

バケツの穴無視してとにかく水入れようとしてるんだから。
「効果はあるんだ!」を合い言葉としてw

そのバケツの穴に漏れる前に、水投入時点で飲んじゃってる香具師も居るしw

260 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:58:23 ID:lnIgQH5y0
>>230
ソニータイマーの歴史は古いぞ。

つか、個別企業の失敗事例を持ち出しても、意味無いよ。

>>233
>当時は半端じゃなく高かった

つまり、10年間で生産性はアップしたんでしょ。

あ、産業機械にこだわってるのか?
何で、そんなもんにこだわるんだ?
他にもいろいろあるだろ。

261 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:58:33 ID:Zg8dwziD0
>>257
アメリカに全部金を吸い取られて終了。

自殺者が増える→労働者人工が減る→効率化では支えられなくなり、ラインが止まる
→外人を雇う→全部ノウハウを奪われる→日本の既存産業のイニシアチブが無くなる

その後、日本円が思いっきり円安になり、日本終了。

262 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:58:47 ID:u3JrpnN/0
大手銀行6グループに過去の分も含めて法人税払わせろよ
血税で助けてもらったんだから、それぐらい当然だろ

263 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:59:06 ID:Iova5+Wh0
>>261
それではあなたの資産は今どうなってるのか教えてください

264 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 01:59:29 ID:KIAAtB1e0
>>251
例えば、各自治体の業務内容が同じはずなのに、自治体ごとに独自のシステムを
別々の業者に発注する。こんなものムダの極みだ。


265 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:01:50 ID:gZp8QsIb0
>>226
インフレ→金が紙くずに→ドッジライン→猛烈な不況

266 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:02:04 ID:Zg8dwziD0
>>260
ICの生産過程は複雑になったが、やってることはいっしょ。
画像処理を例にあげると画素が上がっただけ。でも、限界。

>何で、そんなもんにこだわるんだ?
>他にもいろいろあるだろ。

日本の産業を支えているのが生産機械だから。サムスンも日本のチップマウンタ等を使って
効率化しているがね。

267 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:02:09 ID:J4tcFOD8O
『世界一借金大国日本』 【世界一国家公務員の給料が多い国日本】 {世界一政治のレベルが低い国日本}先進国の中でコレはEUヨーロッパ諸国の見方です 《世界一お金を直ぐ出す国日本》コレが現実 何かいいたい人?

268 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:02:33 ID:KmR4928k0

149 :名無しさん :05/06/29 12:48
個人金融資産って、半分以上が既に財投や株価買い支えで
存在しないと言われている。
個人金融資産は単に名目上の数字を集めただけの砂上の楼閣。

153 :名無しさん :05/06/29 15:56
>>149
国民の金融資産が実体がないなら政府の借金がどうのこうの言うのは無意味なんだけど

154 :名無しさん :05/06/29 16:10
何で?そんなことないだろ(w

156 :名無しさん :05/06/29 16:35
>>154
国民の金融資産が実体がないなら政府の借金もないのと同じだからです。
逆に政府の借金を返さなきゃいけないからって心配するなら
借金を返される相手に資産が実体があることになります

269 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:02:43 ID:HymJWHHF0
>>251
>公務員の本質を見抜けない政治家がいる限り駄目だろ。

見抜いた上で共同戦線張ってるんだと思うが。
公務員および関係者にも選挙権があるからな。

ある意味票を金で買ってるようなものじゃね?

270 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:05:34 ID:Zg8dwziD0
>>263
バブル期に家を買った 大損。
税金は月10万円上がった。定年までに返す算段がつかなくなった。
(コレは親ね)
俺自身は、つい三年間で見た自殺者5人は居たな。
コレがどういうことか分かるかなー


そういうお前も教えろよなw

271 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:06:06 ID:lnIgQH5y0
>>234
賛同してくれてありがとう。

僕は「構造的」という言葉が大嫌いだ。

「構造」というと、何か説明した気になるが、実は「そうなってるんだよ!」と言っているだけで
何にも分析していない&問題探索もしてないからだ。

ここから先はちょっと勉強がいる。制度、法令、経済理論その他もろもろいろいろなことを
知らないと、自分がどういう問題をたてようとしているのかすらわからなくなる。いろいろな事
を学んでいくと、問題をより小さな問題の集合体に分解できるようになる。最終的に、
ひとつひとつが十分解決可能な問題になったら、ほぼ理解できたということかな。

というか、わからないのにいきなり答えに飛びつくのは、たいてい失敗の元になる。
これを理解すると、わかったつもりな視聴者に向けて、いきなり白か黒かの答えを提示する
似非評論家の胡散臭さが見えてくると思う。

272 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:06:42 ID:MtFKOR4P0
世界一公務員の給料が割高なのに、
世界一の借金大国ってのは不思議でしょうがないな。


273 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:07:48 ID:Iova5+Wh0
>>270
そんなこと聞いてませんが
外貨預金及び外債で運用しているのかどうか聞いてるだけです

破綻すると予想しているのならば、もちろんそうしますよね?
今市場の日本リスクプレミアムは非常に低いので、
破綻すれば大儲けできるわけですが

あなたが合理的な人間ならば今すぐ円を売って外貨に換えるでしょう

274 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:08:11 ID:Zg8dwziD0
>>271
アメリカの官僚に行ったお金がどうなってるか教えてください。
官僚の勉強代に付いて教えてください。

275 :名無しさん@6周年:2006/12/28(木) 02:08:26 ID:XBQ422aW0
何が、648万円だ!
アホ自民の議員から、毎月天引きにせんかい!

276 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:08:45 ID:lnIgQH5y0
>>238
それも微妙に違う。

バブル期という、明らかに需要が多すぎで、景気鎮静化すべき時に、
「税収増えたし、いろいろと作っても良かろう」と安易に、トンネルや橋
をガンガン作り始めたのが問題。

橋本総理はそれの火消しに失敗した。
小渕総理は橋本内閣の失敗を修復しようとして道半ばで倒れた。

でもって、債務を一番増やしたのは、小泉内閣。

277 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:09:21 ID:HymJWHHF0
>>272
むしろ公務員人件費が割高だから借金大国になったのだと(ry

278 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:11:26 ID:Zg8dwziD0
>>273
外債で運用しても、コレッポチのお金じゃ利子をつけても
全部株屋に取られる。 株屋はそれほど信頼されていないの。 なぜだかわかる?

>破綻しても大もうけ
しねーよ ばーか
持っていても価値自体が変わらないだろうw
ハイパーインフレで稼ぐ? そのころには日本がなくなっていて、製品は高くて買えないよーだ
ばーか

279 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:11:54 ID:lnIgQH5y0
>>242
為替証拠金取引の営業乙

>>246
利払いと償還が滞ったことはありませんが?

>>255
人件費を貰った人は、お金を使うか貯金しますよね。
お金を使えば、誰か別の人の所得になり、貯金すると企業が借りて投資するのか、国が借りて国債になる。

280 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:12:17 ID:L6Kqy+tGO
>>268
経済専門バカもここまで行くとすげえなw

国民が金返せって一斉に押し寄せたら、
「金庫に金がありません、ごめんネ!」
で済むと思ってんだなw

おまえらバカも程々にしろよ。

王 様 は 裸 なんだろ?ほんとはw

281 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:12:18 ID:NL8ljz8l0
>>257
通行人ですが、借金が無限に増え続ければいつか破綻しますよ。
現状維持ってゆう夢は論外です。増えるか減るかです。
>>268のようなファジーなものではなくて、お金はプラスかマイナスかです。
現状では夢を見ないで減らす努力が必要です。
奇跡的に借金が減ればいつか減税もありうると思います。

282 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:14:07 ID:Zg8dwziD0
>>279
札を擦っているからだろう。
儲かっているのは銀行だけ。

札を擦って、ばら撒いているだけ。(主に官僚にね)

公務員が給料安い? 寝言は寝て言えw

283 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:14:53 ID:lnIgQH5y0
>>266
なぜ、センサー系のネタを無視するの?

>>267
ヨーロッパにも馬鹿がたくさんいるんだね。

>>270
辛い境遇に負けるな。
人の足を引っ張っても良いことはないぞ。
芥川龍之介の「蜘蛛の糸」を読んでみろ。

284 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:15:21 ID:ng+K/FU50
自由競争や格差は構わないから、金をたくさん持ってる奴らからしっかり税金(年金含む)
たっぷり取って、底辺の保護をもっとしっかりやれ。>政府

盗りやすい庶民からばっかり搾り取りやがって。

285 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:15:43 ID:J4tcFOD8O
世界一借金大国日本・世界一国家公務員の給料が高い国日本・世界一借金大国日本・世界一国家公務員の給料が多い国日本・コレが現実です。あっそれと天下り日本・天下り日本・天下り日本 すいません 忘れてた

286 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:15:50 ID:Iova5+Wh0
>>278
あー君プットとかデリバティヴわからないのか・・・
それはすまなかった。話すだけ無駄だったな

287 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:16:26 ID:KmR4928k0
636 :名無しさん@6周年:2005/09/24(土) 21:40:04 ID:3I/rUb6v0
金を使うことが無駄使いかどうかは個人のレベルの話で、経済全体から見れば
無駄使いなんてことはありえない。へんな話、100億円分の牛丼注文すれば
吉野家の売り上げが100億上がって社員はボーナス出て、プラズマテレビでも買って
電気屋が儲かって電気屋はステーキでも食って、ステーキ屋が儲かって、と
連鎖していくのが経済。

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/04 22:14:15 ID:9V7IvdNq

企業の借金が減ってる分国の借金が増えてるだけで、
こんなもんは全部シーソーゲーム。

シーソーゲームで一喜一憂するアホ国民

国の借金が増えている分、企業の借金が減っている。
資金回転する主体が企業から国にシフトしているだけ。


444 :名無しさん@5周年:05/01/22 03:40:25 ID:rvQ99QIC
資金有り余ってますが・・・
企業がコスト節減や経営合理化で浮いた分をせっせと銀行に返してるから
貯蓄余り放題で、サバききれないのが現実。


288 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:16:35 ID:gZp8QsIb0
お金が足りないならどんどん刷ればいいじゃない

289 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:17:39 ID:Zg8dwziD0
>>283
センサーについて勉強するように。
レーダーは50年前の代物だし、
最近出たので、 デジタルコンパスなどに使われるMIセンサーかな?
アモルファス合金とか言う奴。 俺も使ってるけど、アレで誤差を減らすのは無理だね。

290 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:17:51 ID:HymJWHHF0
>>283
>人の足を引っ張っても良いことはないぞ。

税金食い荒らしてる害虫をマンセーしてもまったく良いことはないぞw

291 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:17:55 ID:lnIgQH5y0
>>274
何の質問がしたいのか理解できません。
日本語でお願いします。

>>281
つ ドーマー条件

減らす努力すると、みんな貧乏になるよ。
奇跡的に借金が減ることなんてなく、ますます増税ということになる。

経済成長前提では、ひたすら減税し続けることが可能。

>>282
君の銀行預金の金利はどこから出ているのか考えて頂戴。

292 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:18:01 ID:mdEcsmqs0
公務員はボーナスカットだな

293 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:19:01 ID:Iova5+Wh0
>>281
違うな
借金が無駄に無限に増えすぎたらではなくて、
債券を引き受けてくれる人がいなくなったらだ

極論を言えば、リスクプレミアム関係なしに国内で債券を引き受ける人間が常にいれば、
国債残高がいくら増えても破綻することはない

294 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:19:03 ID:L6Kqy+tGO
>>279
利払いも償還も、たしかに滞ったことはないだろw
戦争中のやつだって返したらしいからな、まったく誠実な国だよ。

家買えたはずの金がタバコ代になったらしいがなw

295 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:19:31 ID:1ZrB9VP90
>>288
そこからはじめるのか?
まあちょっとくらいはやってみてもいい時期に来ているのかもしれないが。

296 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:19:44 ID:IXyQlEbu0
ん?債務が増えても問題ないなら、ガンガン国債を発行すりゃいいじゃん。
なぜ減らそうとする?もっともっと借金しよう。経済がよくなる。


297 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:20:01 ID:lnIgQH5y0
>>289
なぜ、自分の手元の製品だけしか考えないの?

職人さんは専門馬鹿にならないといけないんだろうけど、
もうちょっと視野を広く持とうよ。

>>290
>税金食い荒らしてる害虫

ここでのレスを見ていると、君の事にしか見えない。

298 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:20:38 ID:HymJWHHF0
>>296
だろ。徴税やめて無税国家の誕生だなw

299 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:21:00 ID:HkNFdDyl0
マスゴミはこんなことより地上デジタルで個人の資産であるテレビを
一瞬で産業廃棄物に変えてしまう愚考を攻撃しろよ

300 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:21:51 ID:IXyQlEbu0
今の10倍借金しよう。公務員の給料を3倍に増やそう。


301 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:22:00 ID:HymJWHHF0
>>297
>ここでのレスを見ていると、君の事にしか見えない。

ついに涙目でレッテル張りですか。 (・∀・)ニヤニヤ

302 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:22:03 ID:XFOkiF+u0
一人当たりの借金なんて数字遊びに意味はない。
政府の債務は国民の債務ではない。

むしろ、一人当たり648万円の金融資産を有している
と捕らえるのが正しい。

303 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:22:09 ID:Zg8dwziD0
>>286
手数料で儲けるやつに何を言ってもワカンネーだろう。

プットとデリバティブ?外債じゃないだろうw 凄い曲げ方だなw
先物に手を出せと?
先物って言うのは、一般人に高く売り、安く買うんだよw

それが現実。やればやるほど損。
向こうが勝手に売り買いして、捕まった人間も居るから、二度と信用しない。

304 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:23:26 ID:HcWT93d60
借金が多いというのは
貸してる側が儲かってるということ
利息はもちろん税金だ
合法的に税金を搾取する都合の良い方法なのだ

305 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:23:36 ID:T2ay1R570
>>271
一つ一つ調べていきますw
経済シロートな一般ピープルなので、あなたが言われているパラドックスに嵌り易いのも
事実ですから。
最近は、経済板の人達に教わるつもりで率直に疑問をぶつけて知識をつけさせてもらった
おかげで、政府や経済学者・評論家の中の良識的な意見も分かるようになってきました。
叩きどころがどこなのかも、薄々ですが分かり始めてきました。
構造的な問題って言い方は、現在の日本の細分化したやり方を述べる時には不適切に
なったのかもしれませんね。調べ抜いていきながら、また経済板やここでわめき散らすかも
しれませんが御容赦くださいw 今日は、まだまだ仕事中なので落ちますノシ

306 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:24:16 ID:Zg8dwziD0
>>297
お前が何か作るわけじゃないのに エラソーだから。
中小メーカー勤務予定の 俺から言わせてもらおう。
下請けや負け組を馬鹿にする社会になると 日本は潰れる。

ソニー見ても分かるだろうにw

307 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:24:43 ID:HkNFdDyl0
俺が全借金を一人で引き受けたあと自己破産してやるよ

308 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:24:55 ID:J4tcFOD8O
286 お前なんかムカつく!わっきゃぁがんな〆お前死前かすぞ〆 ただの通行人より

309 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:25:03 ID:XFOkiF+u0
>>304
貸してるのは国民。

310 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:25:13 ID:Iova5+Wh0
>>303
債券先物は思いっきりデリバティヴの世界ですが

あと君の先物についての思い込みなんて聞いてないんだが
そこまで破綻すると確信しているならば、大儲けできるんだがな
君が無知だからそのやり方を知らないだけで

311 :酔ってるの:2006/12/28(木) 02:25:59 ID:NL8ljz8l0
>>291
>減らす努力すると、みんな貧乏になるよ。
豚が人にもどるだけじゃまいか。

>>293
>国内で債券を引き受ける人間が常にいれば、
原理原則をいっただけなんだけど
これは希望的観測にしか聞こえない、
住宅ローンに苦しむ立場から見ればな。
金利の恐ろしさを知らないんじゃないか?

312 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:26:42 ID:Zg8dwziD0
>>310
世の中確実なんていうものが無いのにね… コレだから経済やは困る。

1+1=2じゃない世界=ブラックマンデーの世界なんだって言う事を知らないから困る。
0にもマイナスにもなる。

313 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:27:02 ID:r3yHmVwAO
議員宿舎だっけ?一等地の高級マンションみたいなやつ。
あれをさ、あんな安値じゃなくて、せめて「収入に応じて変動する家賃の都営団地みたいなシステム」
にするだけでも、すこしは変わるんじゃないの?



314 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:28:12 ID:bspMU6uB0
日本は貿易黒字国なのに、何で国に借金があることになるの??
わけわからんです。
国じゃなくて、政府に借金があるの間違いじゃないのかね。

315 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:28:17 ID:Iova5+Wh0
>>312
いやいや、君は絶対破綻すると確信しているんだろ?
それがこの話の前提じゃないか

そう思ってないのならこの話自体無意味だ。悪かったな

316 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:29:27 ID:amZf8F/60
ま、国は赤字なんだし、毎年増えるわな

317 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:30:05 ID:Zg8dwziD0
>>315
確信はしていないけれど、
このまま行けばこうなるってねw

暴動起きるかもしれないし、犯罪者が大量に入国してくるかもしれないし、

そんなんわからへんわw お前は1か0でしか推論できない馬鹿だって言う事が分かったw

318 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:30:19 ID:lnIgQH5y0
>>305
遅くまでご苦労さんです。
がんばってねー

319 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:31:25 ID:KIAAtB1e0
279 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:11:54 ID:lnIgQH5y0
>>255
人件費を貰った人は、お金を使うか貯金しますよね。
お金を使えば、誰か別の人の所得になり、貯金すると企業が借りて投資するのか、国が借りて国債になる。

じゃあ銀行信用しないからって家の金庫に貯めこんだらどうすんの?
なんでそんな単純なフローしか思いつかないの?

320 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:31:36 ID:HymJWHHF0
>>315
>いやいや、君は絶対破綻すると確信しているんだろ?

312ではないが、レッテル張りだらけだな。

破綻せずとも悪化を懸念するのは当然だと思うが。
税率等に直接関わってくるしな。

321 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:32:33 ID:lnIgQH5y0
>>306
なんだ。元請けに対する不満をここでぶちまけてるだけなのか。

最初っからそう言えば、共感してあげたのに。

>>311
生活レベルが落ちるんですよ。
人がサルになるんです。

それから、金利をコントロールしているのは日銀。
日銀は国債を購入して金利をコントロールしている。

322 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:33:45 ID:Zg8dwziD0
>>320
ヒント:10年後の懸念とか言う事よりも1ヵ月後自社の製品が売れるかどうか のほうが心配

お客さんのノウハウが無くなったら、海外に安い機械しか売れなくなるw
あんた本当にビジネスマンか?

323 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:34:00 ID:Iova5+Wh0
>>317
結局確信してないということね
まあ、確信したらデリバティヴの勉強してみるといいよ

324 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:35:59 ID:HymJWHHF0
>>322
>お客さんのノウハウが無くなったら、海外に安い機械しか売れなくなるw
>あんた本当にビジネスマンか?

いったい誰にレスしてるんだ?

325 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:36:30 ID:Zg8dwziD0
>>321
>なんだ。元請けに対する不満をここでぶちまけてるだけなのか。
これもちがうっちゅうにw 日本語読めへん奴やなー

勝ち組偏重だとどうなるかを示しているだけやがな。
ラインが止まったとき、誰も支える人がいなくなるーっちゅうこっちゃ
生活レベルが下がると子供のレベルが下がるー馬鹿に成るー

こんなこともわからへんのか。

326 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:36:36 ID:KmR4928k0
46 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :05/07/13 23:43
あいかわらず馬鹿ばっかだな。ここ。
なんで、財政赤字が膨らんだのか?
それは簡単。 個人も民間法人も貯蓄しまくったから。
日本は、対外純資産国だから。
個人と法人が金を溜め込むから、そのかわりに政府
の借金がたまっただけ。
簿記とか貸借対照表とかが少しでも判れば
簡単な話。


327 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:37:40 ID:8YYI10tP0
マジな話、在日と宗教産業からきっちり税金を搾り取れば、
あっさりお釣りが来るんじゃないの?

328 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:38:20 ID:Iova5+Wh0
>>321
>それから、金利をコントロールしているのは日銀。

短期金利はな

長期金利は債券先物相場によって決まる
日銀はセカンダリーからじゃないと買えないし、
全体の取引量からすると日銀なんて微々たるもの

329 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:38:52 ID:IXyQlEbu0
もっと国債発行しろよ。

今の2倍発行しろ。公務員の給料あげてやれ。少ないだろ。


330 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:39:30 ID:Zg8dwziD0
>>324
ごめんw 俺がアホやった。ボケてごめんw

>>326
民間法人が貯金せざるを得なくなった理由知ってる?
ハゲタカ外資のせいやw
株式資本率を下げたいが一心でやったんやw
あんなもんに経営権渡したらろくなことにならんからなー

331 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:41:11 ID:HymJWHHF0
>>326
>それは簡単。 個人も民間法人も貯蓄しまくったから。

政府は楽だよな。
貯蓄しまくる状態は放置で、その金借りてして使えばいいんだもんな。

税制等の法制化でコントロールなんて難しいことはできなさそうだもんなw

332 :もう寝る:2006/12/28(木) 02:45:27 ID:NL8ljz8l0
>>321
人もサルもたいして変わらない霊長類だ。

>日銀は国債を購入して金利をコントロールしている。

たとえば低金利で3000万円借りても返済金額は最終4500万になるんだよね。
知恵で乗り切れる程度にも限界はあると思うのさ。
まだまだいけるものならそうなるだろうし、限界なら立ち止まるべきだと思うのよ。

おやすみなさいどす。

333 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:45:37 ID:KmR4928k0

財政赤字の7割はデフレ要因
ttp://group.dai-ichi-life.co.jp/dlri/rashinban/pdf/et03_11.pdf

271 :名無しさん :2005/07/20 19:23:35
国債残高は放漫財政のツケではなくて、デフレによる貯蓄超過の裏返しでしかない。

813 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :2005/08/29(月) 22:35:52
過剰な貯蓄と、投資の不足が財政赤字の原因。

237 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :05/10/23 18:54
借金というから誤解される。
「民間未消費金」「貯蓄過剰」と言い方をかえればよい。

914 :名無しさん@七周年:2006/10/20(金) 02:04:03 ID:hWgnVysY0
ゲラゲラ
そもそも、国の借金が30兆円増えればそれとほぼ同じだけ国民の資産が増えてるんだが


334 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:46:00 ID:KIAAtB1e0
326 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:36:36 ID:KmR4928k0
46 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :05/07/13 23:43
なんで、財政赤字が膨らんだのか?
それは簡単。 個人も民間法人も貯蓄しまくったから。
簿記とか貸借対照表とかが少しでも判れば
簡単な話。

その理論だけで行くと、
日本企業・国民の総収入を超える金額で国が海外から物を買いまくって、
国民が小遣いを海外で使い果たしても、問題無しなのか?

335 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:47:37 ID:HymJWHHF0
>そもそも、国の借金が30兆円増えればそれとほぼ同じだけ国民の資産が増えてるんだが

そうするとおかしいな。
増加した政府保有の海外債券はタダでゲトしたのかなw

336 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:49:02 ID:knRM3ulP0
>>330
全然違う。需給ギャップが存在していたから
株主資本比率下げるためにやるわけないだろ


337 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:49:20 ID:KmR4928k0

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/05 12:52:54 ID:mp4hCxBq
国民の貯蓄から借金したものはその年の財政でばらまいて
また貯蓄に戻っていくだけ。

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/05 13:20:43 ID:YG4zr82V
>>323
正解w
貯蓄→国債→貯蓄
公共工事の積み増しが出来ない今、この繰り返しをしているに過ぎない


338 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:50:27 ID:Zg8dwziD0
>>333
ハイコレもうそ↓の4ページ参照ねw
ttp://www.yamazaki-online.jp/kinyuron/pdf/20060313_keizai.pdf

現在貯蓄高が減ってきていますなー
6ページも参照ねw

339 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 02:52:31 ID:Zg8dwziD0
>>337
ttp://www.rieti.go.jp/jp/papers/journal/0412/bs01.html
これも読んでねw

良家の公務員はニートが多くて困りますなー

340 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 03:01:06 ID:knRM3ulP0
家計の貯蓄の減少以上に企業の貯蓄の増加が進んでいるという風に書いてあるだけだが
それが国債に流れているってのは間違いでもなんでもない

341 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 03:05:25 ID:L6Kqy+tGO
てか、国債が国民の資産、これは分かったよ。

問題はその国債を国民が一斉に金に換えたくなっても、
それだけの換金できる資産が国にはないんだろ?

そんときどうすんだ?教えてくれ大丈夫派の高学歴の人や。

342 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 03:07:34 ID:Qg62AHss0
ま、俺には関係ないけどな

343 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 03:12:44 ID:KmR4928k0

207 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 17:20:05 ID:/8tinlcT0
国債の利払いを払い続けるってのは債権者に金を払ってるってことで
それは消費に回されない限り貯蓄になる。
消費に回してくれればそれはそれで景気回復になって御の字だし、
貯蓄に回したら国債分だけ貯蓄は増える事になる。

558 :名無しさん@6周年:2005/09/24(土) 21:02:24 ID:xjUy4Vnq0
誰かの債務は誰かの資産である。誰かが貸し付けない限り債務は発生しない。
つまり必ず資産が発生しているわけで、債務が増えると同時に資産が増えることになる。
ここが借金を語る上で家庭と国の一番違うところ。

56 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 15:34:42 ID:DTnZNE2r0
個人金融資産1400兆円のうち、国への貸し付けが800兆円。
この単純な道理もわからぬ馬鹿マスコミ。
国の借金を無くせば、個人金融資産が600兆円になるだけ。


344 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 03:14:49 ID:HkNFdDyl0
>>341
また別に同額の国債を発行してその金で払う

345 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 03:18:11 ID:L6Kqy+tGO
>>344
その国債をだれが買うんだよw
国債をカネに換えたばかりの人間がまたすぐ国債買うとでも言うのかw

346 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 03:20:01 ID:akIgEU5t0
ガソリンにかわる燃料の開発にもっと金かけろ

347 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 03:24:18 ID:vvm5WSOk0
1000兆円の借金が公務員に分配されて
弱者に行かない
公務員だけで返してね

348 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 03:26:09 ID:KmR4928k0

はいはい、毎度やってくる「財政危機」広報のお時間です。
何度も言ってきましたが今の日本では、デフレ脱却こそ最優先でしょう。

大体この様な広報には、2つの理由があるように思います。
1)増税やむなしの雰囲気作り
2)さらなる「緊縮」が必要という雰囲気作り

財政赤字ハールマーゲドーーーーーン!!!!は、お腹がいっぱいでございます。

ttp://blog.livedoor.jp/buma_01/archives/cat_564885.html


349 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 03:27:34 ID:vvm5WSOk0

なにが国内に回すだ


公務員、議員に行ってるだけ




350 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 03:28:01 ID:u1qEKsUG0
>>345
マジレスすると国債は利率が良いし、
安心性も高いんで、
国債買う奴は結構いるよ。

351 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 03:28:35 ID:EcYQpjz20
国債で国債を買うという裏技。

352 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 03:30:03 ID:6UFAoC9x0
デフォルトまだー?

353 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 03:30:56 ID:22CGtKsP0
>>352
とりあえず対外債務が無いことにはデフォルトしようが無い

354 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 03:32:10 ID:0G/qkUmRO
うわ、どんぶり勘定なのかよ?自営業として考えるとだらしない経営者ってレッテル貼られる部類なんじゃないの?

355 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 03:34:11 ID:vvm5WSOk0


公務員の給与のための借金



356 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 03:35:17 ID:L6Kqy+tGO
>>350
だーかーらー
今まで国債買ってた人間が他のものに乗り換える事態だ、
っていう想定で言ってんの。
外国に比べて低金利マズーな日本の国債なぞ、
国への信用が落ちたら他に流れてもおかしくないだろ?

そのときの話だよ。こういうのを思考実験ていうのか?


357 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 03:37:04 ID:1ZrB9VP90
>>356
>他のものに乗り換える事態
他のものってなんだよw

358 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 03:39:45 ID:L6Kqy+tGO
>>356
なんだってあるだろw
ほかの国の国債でも株でも。

359 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 03:40:11 ID:vvm5WSOk0


国債売り売りって騒ぐとヤバイから


係りが張り付いてるの?


公務員で借金返せよ





360 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 03:41:51 ID:u1qEKsUG0
>>358
政治経済と確立統計の勉強してから来てください。
話はそれからだ。

361 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 03:42:46 ID:L6Kqy+tGO
またアンカ間違えたotz
寝るかな…

362 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 03:45:23 ID:L6Kqy+tGO
>>360
また逃げるのかよwww
答えられないのがバレバレwww

いいかげんに楽になんなよw

363 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 03:49:50 ID:1ZrB9VP90
>>362
他の国の国際ってお前、外国に借金している国の国債が本当に安定していると思うのか?
しかももし円高になったらこちら側からしたら元本割れだぞ。
そういうのは貯蓄ではなく、ギャンブルって言うんだよ。

364 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 03:52:22 ID:HymJWHHF0
>>363
するってぇと、米国債大量に持ってる日本政府は・・・((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

365 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 03:53:14 ID:22CGtKsP0
>>363
おちつけ、日本が輸出競争力も衰えて貿易赤字国になり
対外債務を抱えた状態を想定した”思考実験”なんだそうだぞ。

366 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 03:55:08 ID:L6Kqy+tGO
>>363
それならこの国もギャンブラーだな、アメリカの国債ばっかり買いやがってw
だれか止めてやれよw

367 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 03:59:56 ID:1ZrB9VP90
>>366
別に投資目的でも、返してもらうつもりでもないでしょう。政府間の債務って言うのは。

368 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 04:00:54 ID:L6Kqy+tGO
>>365
そんな小難しいこと言ってねえよw
そこいらのオバちゃんが、「銀行や国債よりこっちが良いらしいわよ」って感じで
アメリカ国債ブームになった、ってだけで十分だw


369 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 04:01:28 ID:UMj1e1NR0
国民一人当たりの借金とか言ってごまかしてるけど、
その借金のほとんどは国債という形で国民から借りている借金である。
で、国債を買っているのはもともとお金が余っている一部の個人か企業だから、
極端な話、突然借金をチャラにしてしまってもその他大勢の国民の大部分は困らない。
ただし、それをやると国際的な国の信用度ががた落ちになって後が続かなくなる。
だから、国は他の方法でチャラにできる時期を待っているわけ。

その借金をチャラにする他の方法とは、ハイパーインフレ。
インフレが進めば借金の返済には困らなくなる。
ただし、日本がインフレになると世界経済が共倒れにインフレになる。
それだとまずいので、どこかの先進国がインフレを起こしてくれるのが望ましい。
日本発のインフレでなければ良いわけ。
日本政府はどこかの先進国でインフレが起きるのをひたすら待ちつづけている。

そういうわけなので、政府というよりかは官僚は借金を増やすことをぜんぜん気にしていない。
国債をしこたま買い込んだ小金もちにはインフレで紙切れになった国債をつかませ、
その他大勢の国民にはインフレによる生活苦と重税に喘んでもらい、
自分達は親方日の丸の終身身分保障で具民どもの屍の上で左団扇の人生を送る。
それが役人どもが描いている日本の未来予想図なのだ。

370 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 04:01:40 ID:22CGtKsP0
>>366
対米貿易黒字をなくせば(あるいは赤字にすれば)米国債が減る道理だよ

371 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 04:03:55 ID:HymJWHHF0
>>370
減りはしないだろ。増えないだけ。

372 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 04:04:36 ID:1ZrB9VP90
>>369
>国債を買っているのはもともとお金が余っている一部の個人か企業だから
これちょっと違うね。
銀行は預金者から金を借りて大半を日本国債購入に当てている。
郵便局は100%国債購入。
だからチャラなんかにしたら、貯金帰ってこなくなるはずだよ。

373 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 04:11:31 ID:UMj1e1NR0
>>372
その目くらましがペイオフ制度。
政府はちゃくちゃくと準備してるのですよ。

374 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 04:14:14 ID:L6Kqy+tGO
結局>>341へのマトモなレスなしかよw

寄生虫を殺すにゃ刃物は要らぬ、
オバちゃんに儲け話を広めりゃいいんだなw


375 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 04:23:53 ID:1ZrB9VP90
>>341
国債は好き勝手引きおろすことはできません、期日が来るまで帰ってきません。

376 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 04:27:45 ID:tfetQ++30
意外と大したことねえな。
みんな協力して一括で返しちまおうぜ。

377 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 04:30:02 ID:UMj1e1NR0
身分制度復活させて、国債を買い取ってチャラにした人間には
国債買取額に応じた身分とその身分に応じた特権を与えるようにしようぜ。

378 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 04:32:50 ID:gSfxKzWS0
>>374
確かに今発行してる国債を一斉に現金化するとなると、国にもそんな資産は無い。
ただ、>>375が書いてるけど、国債には期限があって期限内は現金化は出来ない。
もし期限が来た国債が全て現金化されそうな場合は・・・その分新しい国債を発行する
そうしないと国庫が枯渇するので。

これぞ国が行う自転車操業。
実際に国債や地方債等にも利息が付いてるから、債務がどんどん増えてるので借金が一向に減る事も無くどんどん増える一方。
これをチャラにする必殺技は・・・お金をじゃんじゃん刷る。こんな事したらスーパーインフレ起こってとんでもないことになるけどね。

379 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 04:33:33 ID:I0WQgx++0
( ´・ω・)愛国債券ですか。ファシズムの時代に……

政府が精神論言い出したら末期。

380 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 04:42:04 ID:HymJWHHF0
>>378
ボロ株と同じにしか見えない・・・('A`)

金なくなったら株券発行の自転車操業。実質株券印刷業。
だが買ってくれる香具師が居る限り父さんはない。

中の人はいいけどな。給与も出るし。

381 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 04:54:11 ID:dTdlrIjt0
>>378
それはやる気満々、ほかに方法がないし。
後は時期だけ

382 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 04:59:47 ID:dTdlrIjt0
インフレ起こして国民の財産吸い取るのは規定路線だろ。
いつやるかの問題だけで。
北京オリンピック後になんか動きがあるかもしれんなあ。

383 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 05:01:45 ID:6UFAoC9x0
世もまつだな。

384 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 05:03:28 ID:UMj1e1NR0
>>381
> 後は時期だけ
なんだかんだ言って日本はまだ世界経済に対して影響力を失ってないから、
日本がインフレになれば世界経済に与える悪影響も無視できない。
そういうわけで簡単にはインフレに誘導できないし、させてもらえない。
だから、世界経済に影響力をもつほかの国がインフレを起こすのを待っている。
先進国は多かれ少なかれ似たような事情だから、あとは誰がババを引くかが問題。

385 :復活公安9課にゃ:2006/12/28(木) 06:17:53 ID:IgEUY5dS0


バブルの不始末もバレない様に


大量の借金


障害者の子を連れたホームレスを見るたびに、国は助けないのかと思う。


この国はゴキブリ、ダニ野郎しか居ないのか?






386 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 06:25:18 ID:BDZ1vePT0
公務員の退職金は50年先物国債で払え!!!

少しは真剣に考えるだろう


387 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 06:26:46 ID:xqwJ2aZE0
国債が借金であることは事実であるが、それは形式的な議論でのみ妥当
するのであり、国債とは本質的には、総支出(総需要)を調節するため
の手段でしかないのだ (ラーナー『雇用の経済学』第一章)
それはまた、庶民が想像するところの借金とは異なるものである。すな
わち日銀が国債をたとえば、500兆円買取って保有した場合に、その
利息収入は日銀の手にはいるが、その利益は政府に納めなければならず、
単なる帳簿上の債権債務となることから明らかである。
さらに明確に国債の本質をとらえるためには、政府の子会社である日銀
を、年末30日に政府に吸収合併するところを想像すれば良い。そうな
ると国債の債権者が政府となるのであり、債権債務が同一人格に帰属す
ることになり、民法における混同の法理により、債権債務が消滅するの
である。これを借金と呼称することには、いささかの無理があることが
分かるだろうと思う。

388 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 06:33:13 ID:xqwJ2aZE0
207 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 17:20:05 ID:/8tinlcT0
国債の利払いを払い続けるってのは債権者に金を払ってるってことで
それは消費に回されない限り貯蓄になる。
消費に回してくれればそれはそれで景気回復になって御の字だし、
貯蓄に回したら国債分だけ貯蓄は増える事になる。

558 :名無しさん@6周年:2005/09/24(土) 21:02:24 ID:xjUy4Vnq0
誰かの債務は誰かの資産である。誰かが貸し付けない限り債務は発生しない。
つまり必ず資産が発生しているわけで、債務が増えると同時に資産が増えることになる。
ここが借金を語る上で家庭と国の一番違うところ。

56 :名無しさん@6周年:2005/12/23(金) 15:34:42 ID:DTnZNE2r0
個人金融資産1400兆円のうち、国への貸し付けが800兆円。
この単純な道理もわからぬ馬鹿マスコミ。
国の借金を無くせば、個人金融資産が600兆円になるだけ。

389 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 06:36:16 ID:bXiGKQU50
>>385
国の借金に文句言う馬鹿に限ってホームレス等を税金で助けろと
矛盾することを言い自分はホームレスに対して一円も出さないで
自分はホームレス側の見方のようなフリをする・・・。

そういう人間ってホントにゴキブリ・ダニのようだな。

お前のことだよ。

390 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 06:37:14 ID:xqwJ2aZE0
46 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :05/07/13 23:43
あいかわらず馬鹿ばっかだな。ここ。
なんで、財政赤字が膨らんだのか?
それは簡単。 個人も民間法人も貯蓄しまくったから。
日本は、対外純資産国だから。
個人と法人が金を溜め込むから、そのかわりに政府
の借金がたまっただけ。
簿記とか貸借対照表とかが少しでも判れば
簡単な話。

391 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 06:40:00 ID:dUduUab00
確実なことは今後円安になることだけだな
あくまでインフレであってハイパー化はないがどこをどうやっても借金解消の結果はここに落ちる

392 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 06:41:36 ID:xqwJ2aZE0
破綻厨は「1+1が何で2になるか分かりません」
って言って授業を妨害している小学生みたいだなww

393 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 06:44:01 ID:xqwJ2aZE0
>391

日本は極度のデフレ状況なので
ある程度のインフレ政策は
望ましい政策

394 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 06:44:23 ID:2I9gLS5O0
>>392
「俺様がこれだけ3が好きなのに1+1が3にならないのはおかしい」
というレベルじゃね?

395 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 06:46:42 ID:dUduUab00
あと利子さえ払えれば破綻しないって話も変な話で
なんぼでも国が借金できるんなら税金なんぞとらないでそれで歳出全部済ませれば
無税国家になるはずなのでそんなわけ無いのは直ぐにわかる

利子だけ払えばって言ってもすなわち札刷って当てるわけで円の価値が下がるはず

国民が円の価値がこれで痛まないと考えるのなら何時までも札刷り放題だけど
いつかは限界に来る

それは国民が国債を買わなくなったときで、何が起こるかというと円の価値が下がる
結果インフレになる。金利は上がる。

ただ今現在は逆にインフレが怖くてお札刷らないことによるデフレだったんで、
逆にお札刷れば一発で状況がよくなるのにインフレが怖くてこれをしたがらない人が多い。

問題はデフレで困っているのにだ。
確かに円安になるのは間違いないが、ハイパー化は借金が国内だけならありえん。

396 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 06:46:46 ID:HymJWHHF0
>>393
スタグフレにでもするつもりか?

397 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 06:47:27 ID:d3KasjAE0
〔財政破綻のシミレーション・その1〕
日本国債の発行過多により、債券市場での日本国債への需要が飽和する。
つまり、売れなくなる。
国債が売れないから、金利を上げる。
金利を上げると国債の価格が下落するから、投売りが始まる。
で、売りが売りを呼んで、、、金利が急上昇・・・・

日銀は金利の暴走を避けるため、国債を買い取る。
そのため、裏付けもなく日本銀行券を刷りまくる。
結果、ハイパーインフレとなる。


〔財政破綻のシミレーション・その2〕
日本国債の発行過多により、債券市場での日本国債への需要が飽和する。
つまり、売れなくなる。
金利が急上昇を始めたため、政府は「取引停止」の命令を債券市場に発する。

次いで、、政府は金融機関に対し、「預金封鎖」の命令を発する。
国民が預貯金を引き出せないようにするわけ。

そして、、「新円」の発行を宣言する。
「旧一万円札と新百円玉の交換」を宣言する。
いわゆる、デノミだ。

いずれにしても、日本は終わり。。。。。。。。



398 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 06:48:39 ID:3q2Ke1K+0
貸してる相手のほとんどが日本人なんだろ?
そもそも借金とは違うような・・・。


399 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 06:49:31 ID:dUduUab00
つまり日銀はもっともっと金融緩和すべきってことだな

政府は借金なんぞもっと増やしてかまわんのでジャブジャブ金使ってよろしい

それで国民がこの国はやばい、とっとと円を手放そうと考え始めたら状況が解消されるわけだ

国民が、日本の将来は不安だ、だから金を貯めよう(なぜか円でw)
というアホな考えで居る限りはデフレから脱出せんわな

つまりもっと借金が大きくなっていいわけだ

400 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 06:51:02 ID:7+3kkxZV0
>>398

貸してる相手は日本人といっても金持ち、資産家に偏っているからね。

増税して返しましょう、という流れになると、またもや今大流行の、金持ちへの
資産集中、貧乏人のさらなる貧乏化政策ということに。

401 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 06:51:14 ID:dAteh7860
国と地方の借金は1000兆円を超えた。
日本の国民の総貯蓄高は約1400兆円。
この90%の額まで借金が膨れ上がると長期金利が上昇する。
債券市場で日本国債は投売りされ、円は売られ、株も売られる。
トリプル暴落である。
日本政府に許された国債・地方債の純増額は残り100〜150兆円である。

しかし、2008年には「小渕の呪い」「2008年問題」と称される大量の国債が償還される。
その借款債の額は何と135兆円。  新規国債を含めれば、180兆円に達する。
たった1年間の数字である。
本当に乗り越えることが出来るのか? 見込みはあるのか?  
消費税10%引き上げと、定率減税の廃止と、診療報酬の引下げと、公務員の削減だけで
大丈夫なのか?
仮に2008年を乗り超えられたとしても、2009年以降も国債の増発は避けられない。
国債が未達(売れ残り)になれば、その瞬間、日本の財政は破綻。
乞食国家となる。

食料自給率が僅か40%しかない我が国が、国家破綻すれば、たちまち北朝鮮なみの飢餓地獄が
訪れるではないか。  国家破綻した場合の食料対策を政府は講じているのか?  


402 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 06:55:19 ID:dUduUab00
つまり今現在はこうだ

政府の借金が凄いらしい、日本だめだ
→ 国民が将来不安で金を溜め込んで使わない
→ 消費が冷え込んでより税収が減る、国の借金が増える
→ 以下ループでデフレスパイラルに陥る

何が間違っているかというと、なぜか破綻したら紙切れになるはずの円で貯蓄するからで
これが国民の根本的な勘違い

もし日本の財政が破綻したら円が紙切れになるんだから、日本の将来に不安があるんなら
他の外貨に替えるなり土地その他に金を替えるべき。もっとインフレを煽る必要があるわけだ

ということで日銀はもっと国民が不安になるほどじゃぶじゃぶお札すって
政府ももっと国民が不安になるほど借金額を増やしてじゃぶじゃぶ使うべき

最後はちょっとしたインフレで無事解決します


403 :ニートジャパン ◆oErA3z1dMw :2006/12/28(木) 07:05:54 ID:V5q5bBHn0
中国が日本のように国債残高を膨らませた状態を想定しようぜ!

404 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 07:12:49 ID:N15OEfVJO
労働力が減って、年寄り国家に。若者負担増。
出生率低下。
人口減。増税。貧富の差拡大。
中国が日本はあと二十年で亡くなると言うのも まんざらでもないな。
その頃は日本の中枢はゆとり教育世代。w

405 :ニートジャパン ◆oErA3z1dMw :2006/12/28(木) 07:20:05 ID:V5q5bBHn0
>>402
>→ 国民が将来不安で金を溜め込んで使わない

国民が貯め込んでいといっても国民の中の誰が貯めこんでいるのか?
これは貯めこんでいると思われる総額を国民一人国の借金あたり648万円のように
貯金を貯めていない人も貯金してると仮定して金を使わないと妄想しているように思える。

妄想ではなく現実には、フリーターや派遣労働者が増えてワーキングプアや結婚しない若者の増加になってる。
これらの増加は貯金があるからではなく、既に貯金が無く収入の見込みも薄いことが原因といわれている。

なので、
>→ 国民が将来不安で金を溜め込んで使わない
一行上のこれは、
→ 国民の中の庶民やサラリーマンが生活苦で金を使えない
となる。

406 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 07:21:20 ID:/jbpzLQi0
官僚が実際の国家運営者だから、その失敗は官僚が責任を負うべき。
見事な印象操作ですなー。官僚一人当たりで負担して、財政再建するべきでは?

407 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 07:21:47 ID:dUduUab00
貯蓄傾向が高いのと実際に貯蓄できるかは別だから

408 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 07:26:25 ID:RyJkvLj+0
特権階級のおこずかいに国債は使われ
その穴埋めが我等庶民

409 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 07:26:35 ID:HymJWHHF0
>>398
>貸してる相手のほとんどが日本人なんだろ?
>そもそも借金とは違うような・・・。

変わった考えをしてるな。他人の財布は他人のものだw

その思考の正しさを立証したいなら漏れに有り金全部貸してみれ!w

410 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 07:30:52 ID:7E5xHWGe0
>396

またトンチンカンなこと言う奴がでてきたなww

スタグフというのは石油ショックのように
原材料がの価格が急上昇するなどして
供給側に問題が起こらないとおこらない

お前には難しすぎたかな?

411 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 07:36:51 ID:OS8XGPSI0
もうどうせ日本が潰れたら世界経済がおかしくなっちゃうくらいの影響があるわけだから、
この際借りられるだけ借りてみればいいんだよな。
返せなくなったらそのときまた考えればいいんだよ。

412 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 07:40:11 ID:7E5xHWGe0
実際に無税国家に近い時代というのもあった。
明治の始めの頃に太政官札という政府紙幣を
発行して歳入の90%以上をまかない、
それでもインフレは起こらなかった。

413 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 07:41:38 ID:DlKSy42D0
いつも思うことだけど国民一人当たりの借金に換算する意味が分からない。
借金したのは国政府ですよ。
国民の借金云々を言うなら国民自身に予算の使い道を決めさせなければ
筋が通らないわな。

414 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 07:42:26 ID:V3q/UVC3O
誰もが返そうなんて考えちゃ居ないくせにwww
余っても他に回すだろ?議員さん。

415 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 07:44:53 ID:MoXRcGNi0
国際貢献は大事かもしれないけどもっと実情に合わせた政策してもらわんと本当に日本は墜落するぞ。

416 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 07:46:14 ID:HymJWHHF0
>>410
変な日本語で中途半端なところで改行するから縦読みかと思いきや
そうでもないという技の使い手だなw

で、為替世界情勢なんのその、今が永遠に続くというお花畑に住んでるんですか?

417 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 07:46:20 ID:OFfwNWF0O
国外脱出したいんだが…

418 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 07:48:04 ID:kzCCgJjZO
夕張市=日本

419 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 07:49:33 ID:KhxsmiODO
アメリカの国債がトンだから、これからはアメリカ国債の利子分が金で流れてくるんじゃなかったか?
それ(アメリカ国債の利子)が年間の国債増加量より多いから黒字になる、というのを聞いたことがある

420 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 07:56:58 ID:aV6c+kNa0
それにしてもYENに価値があるってのはすごいなwww
奴隷みたいなのがいっぱいいるんじゃ、どこまでもこのまま行けばいいか

421 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 08:05:04 ID:Rc8gbwxm0
603 :名無しさん@6周年:2006/09/18(月) 19:43:24 ID:TlhcHEk90
国の借金=金持ち企業や国民の貯蓄なんだよ。

2ちゃんでよく見るこの意見は何なのだろうか?
経済の教科書の1ページ目を理解して、有頂天の学生だろうか?




422 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 08:08:10 ID:HymJWHHF0
>>421
毎度同じコピペだから工作ネタなんじゃね?

423 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 08:15:28 ID:2Qrc5/1h0
国債を政府が好きなだけ発行して、国民に押しつけてるって
妄想があるのかねえ。国債だって売れ残る事態があること
知っているから、将来破綻すると、主張するくせに。

政府は、余剰金の最後の借り手、使い手というだけ。
企業と家計が余剰にした分は、それと同額を政府が借りて
使う。これを、1+1=2 っているのに。
金は経済の血液なんだから、タンスや金庫に留めて鬱血
させるわけにはいかんのよ。


424 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 08:16:49 ID:Rc8gbwxm0
>>422
じゃこのテは?
  46 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :05/07/13 23:43
  あいかわらず馬鹿ばっかだな。ここ。
  なんで、財政赤字が膨らんだのか?
  それは簡単。 個人も民間法人も貯蓄しまくったから。
  日本は、対外純資産国だから。
  個人と法人が金を溜め込むから、そのかわりに政府 の借金がたまっただけ。
  簿記とか貸借対照表とかが少しでも判れば 簡単な話。

みんな国が借金する事自体に反対してるんじゃなくて、
借金に値しないような(浪費としか言いようのない)使い方をするな、と言ってるだけだ。
仮に昭和30年の東海道新幹線が1兆円したとする。
そして今の熊道高速が1兆円とする。
彼らはどちらも1兆円だから、同じ価値だと思うのだろうか。



425 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 08:22:07 ID:2Qrc5/1h0
まあ、政府の使い方が気に入らなきゃ、郵貯や定期をおろして、
自分で使うか、政府より信用できる誰かに投資しろ。
ホリエモンや日興證券や近未来通信はやめとけよ。



426 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 08:25:10 ID:2Qrc5/1h0
ときに熊道路作ったりするけど、相対的に投資先として、
一番監視の目が行き届くようになっているのは、政府
なんだよ。だから国債の利率が一番低い。

427 :ニートジャパン ◆oErA3z1dMw :2006/12/28(木) 08:25:48 ID:V5q5bBHn0
>>423
経済板の住人がN即で教えてくれたよ。
国債=国の財産なので増えれば増えるほど国の財産が増える!⊂( ^ω^)⊃ッテwww
破綻してるとすると経済板住人が教えてくれたことが破綻してることになるのかな。(´・ω・`)ウーン・・・
でも、経済板住人はN即を低脳と言ってるし・・・。
良く分からないけど破綻してる思考を持ってるのは低脳の方だとは思うんだ。(´・ω・`)

国が借金をして税金が増えないならそれでいいじゃない。
国が借金をして税金を払えばもっといいじゃない。
国が借金して国がその借金で税金を払うとお金が大動脈を激しく循環するじゃん!(・∀・)キタ!

その後のことやそうなるとどうなるかは考えなくていんだお!⊂( ^ω^)⊃

428 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 08:27:25 ID:Rc8gbwxm0
そして極め付けがコレだ。
>極論だが、利息さえ払ってりゃどれだけ借金重ねても未来永劫破綻しないんだよ。

理屈が通ってることで議論が終わりなら、経済学なんていらんよ。
借金を重ねるほど利息が増える事実を除外するんじゃ立論にもならん。
今の日本の問題が、この「返しても返しても積みあがる国債残高と金利払い」という事態なんだから。
経済学の学生って、ほんとにこの程度なの?




429 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 08:33:18 ID:6/lD9wL9O
中国へのODA辞めろ

430 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 08:36:46 ID:VkUuQfnU0
公務員の給料下げろ!
どうせ夕張のような職員だらけなんだろうな

431 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 08:40:17 ID:HymJWHHF0
>>424
両陣営とも工作員くらいは居るんじゃね?
それぞれの思惑もあるだろうし。

漏れ的には、必死杉な香具師にろくなのは居ないから
国債マンセー陣営には恐くて着けないなw

432 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 08:45:50 ID:rJHARKotO
来年の2007年はこの問題、要注意。

433 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 08:45:57 ID:dUduUab00
だれも国債買わなくなりゃ金利上がるんだからいつまでも借金するわけにはいかんわな
つまりインフレになって円の価値が下がる

あっという間に貯蓄が他に移るわけだけど、何に代わろうがこれは消費になるから
未曾有の好景気になって税収青天井で借金なんて消えてなくなる

ということで早くインフレになーれ
もっともっとお札じゃんじゃん刷って
政府の借金ももっと国民があきらめるほど増えろ

828兆円なんてぬるいよ。1500兆円ぐらいにまでいかないと
そのためには政府もバンバン空母作るなりF-22買うなりすればいいw

434 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 08:53:44 ID:sCtnKibJO
経済学は、基本はお金の行き来や形態の変化に、なんだかんだ名前を付けて分類し、整理すること。
それだけなら数学と同じで、何も難しくはないが、そこで「だから政府はこうすべき」という部分で、数学から離れ、
その人間の信念、未来感、宗教観などが必ず問われる。
厳密な意味での科学では有り得ない。

破綻しない厨は、彼らが非難する破綻厨と同程度に、その人間性の部分でレベルが低い。
文章を見てたら、ルサンチマンが入りまくってるのはミエミエだ。
あれでは誰からも相手にされまい。
きっと、学校で習った教官が、世間で相手にされずヒネクレてる学者だったんだろう。

435 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 08:54:01 ID:hJTRoSuK0
http://www.youtube.com/watch?v=kuzmjLqR8rw
自民党=経団連 中曽根→小泉→安倍  労働政策は電通や自民党や財界の意向で報道されない現実
改革=規制緩和=新自由主義=市場原理主義=小さな政府=社会保障や貧困やワーキングプア は自己責任
消費税増税 閣議で外国人単純労働者の受け入れ禁止要綱削除
法人税減税 外資の献金認める 母子控除廃止 派遣の企業直接雇用要綱廃止  年金保険料毎年値上がり
定率減税廃止 ホワイトエグゼプション→残 業の概念廃止
一日8時間労働制崩壊 同一労働同一賃金の原則崩壊
何のために労働基準監督署が存在するかわからない状態
一昔前はフリーターが批判されていたが
今はすでに3人に1人が非正規雇用
美しい国の連呼 今年を一文字でたとえると 責任 一身上の都合13回連呼
西欧はサービス残業なし 休日も守られている
年金もかなりもらえるため貯蓄しないで消費に回せる
企業の労働者に対する犯罪は重罪
長年階級闘争の中で培われた労働者の権利をみんなが重要視している
日本は労働者の権利もGHQから与えられたため意識が低い
自民党が参議院で勝てば若者世代は死亡する
官僚はアジア諸国とヒトモノサービスを自由化するFTAを交渉中
労働力の再生産である日本人の結婚や出産は諦め大規模な移民政策をとる模様
なぜ急ぐかというと2007年から団塊の世代退職が始まるから
日本人と移民労働者の賃金格差も将来是正するため下がり続ける日本人の収入
まだネットをやらない日本人が多くいる
自分の身の回りにいる人間に教えてやれ 自民党は社会政策を放棄するつもりだと
残業の概念廃止は事実上1日8時間労働廃止だ
歴史的にどんなに苦労して労働者が手に入れた権利か知ってるのか?
1日十数時間も労働させられて結核などの病気にかかりながら資本家に
時間と労働力を提供してきたんだ 西欧の労働者は
だけどそれだけ労働者の権利を重要視して権利が侵されるとき投票やデモで
自分たちの意思をしっかり示す 日本人も見習おうぜ
全部自分に帰ってくるからな 今後の政策


436 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 09:13:03 ID:sCtnKibJO
破綻を債務不履行と捉えれば、利払いだけで収入がアップアップになった段階でも、
まだ為政者には、債務不履行宣言するかしないかの選択肢は残される。
だから、まだマージンが有るのは間違いないわな。

債務を将来的にインフレで解決していくつもりなら、個人に対しては、現金貯蓄に対して課税するのと、話は大して変わらない。
インフレも増税も、為政者が選ぶ政策の一つで、いずれも有権者から抵抗の強いものだから、その必要性の説明が大事だ。
「国債は親と子の借金」とか、訳の分からぬ比喩で誤魔化してて、誰が信じて賛同するか。

はっきり、消費に対して高すぎる賃金、溜まりまくった個人資産、それこそが敵なんだと言えばよかろう。
だからインフレで個人貯蓄を潰すのだが、我慢してくれと言うなら、ふに落ちる。
まるで痛みが伴わないかのようにグダグタ言うからペテンが見すかされる。

437 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 09:16:00 ID:HaOHoCN60
政府はアメリカの言いなりになって、
赤字国債の原因である過去の政策の失敗を先送りしているだけ。
原因を作った奴らは今頃ヒダリウチワだろ

過去の責任を取れ!コラ!

438 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 09:23:45 ID:udzdQm5P0
俺がいつ借金したんだよ

439 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 09:23:51 ID:24iM9Q/S0
賃金水準はフリーター並の時給をもとに計算
ホワイトカラー・エグゼンプションを導入
手当・ボーナスは10年国債で現物払い
退職金は50年国債で現物払い

全公務員にこれを適用すれば何とかなるよ

440 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 09:34:13 ID:SN5bo9fU0
>>436
>はっきり、消費に対して高すぎる賃金、溜まりまくった個人資産、それこそが敵なんだと言えばよかろう。

バカか。何が高すぎる賃金だよ。個人がどんな想いでなけなしの金を貯蓄してるか
全然解ってないな。政府の無策で老い先安心できないからじゃないか。
終身、国民年金で何不自由なく暮らせます、といった国民年金制度を作れ。
ひとり月6万円の給付でどうやって生活できるんだ?

441 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 09:36:03 ID:YATrh2OWO
日本が破綻して新しい国になります。

大日本帝国。

442 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 09:36:47 ID:KhxsmiODO
アメリカ国債が法で定める限度に達したから、いままでアメリカ国債の利息分でさらにアメリカ国債買ってたのが、国債でなく金で日本に入ってくる
で、アメリカ国債の利息が3.3%の33兆円で日本国債の年間増加量を越えるから、国債は黒字になる、というのを聞いたことがある

って前にも書いたけどスルーされたのよね…
人が言ってたのを流し聞いてただけだから詳しくはよくわからんが、どうなのよこれ

443 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 09:38:58 ID:sS5oGIp7O
やはり、戦争しか打開策は無いか?w

444 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 09:39:55 ID:UOK3vSr/0
>>443
つ新型インフルエンザ

445 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 09:45:33 ID:1O4kNSAw0
これって本当は問題ないんだろ。
小さな政府を目指す自民とかアメリカの劇場

446 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 09:58:21 ID:N15OEfVJO
>>440
貯蓄に回せるだけいい。
家計の赤字ってのは貯蓄すらできない。

447 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 10:01:41 ID:1O4kNSAw0
たとえたらこんな感じ?

地域での家賃相場が20万円の持ち家を持っているAさん
これを自分に賃貸していると仮定して
Aさんは、今からから20年後まで4800万円の負債があります。


報道で隠されている真実は、持ち家の家主のAさんは、
持ち家を賃貸しているAさんから20年で4800万円受け取れます。


俺の説明あってる?経済に詳しい人教えて。

448 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 10:15:14 ID:go4wKceh0
財政で借金をするって、いったい何を考えて初めはや
ったんだろう。
まさか、民間の会社と混同しているのかな。
民間は、破産はあるが、国家はないんだからという初歩的なな事も
わからなかったのか。会社の運営方法では財政では役に立たないんだが。

449 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 10:27:03 ID:sCtnKibJO
貯蓄がなく借金だけ、あと、取りあえず職業があるなら、インフレ政策に賛成するのが普通だろ。
貯蓄の取り崩しや年金だけで生活してたら反対するわな。
親の厚生年金で暮らしてるニートなら命がけで反対すると思うぞ。

俺は爪に火を灯して貯めた金は一応あるし、インフレしたら給料が増えそうな状況もあるから、立場としては中立なんだよ。
まずポジションの取り方は簡単に決まることだ。

俺みたいな中立に、どっちに期待させるかだろ。大資産持ちも大借金持ちも、どんな説得されても意見は不動に決まってる。
個人々々で立場は月とスッポンほども違うのに、国内で移転するだけなら同じという議論が妄想なのよ。

450 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 10:35:26 ID:QjgHDhfX0
>>448
財政法第4条では、赤字国債発行禁止ってことになってる。
戦後の大インフレからきちんと学んだんだな。当時の政治家や官僚は。

でも、昭和40年度に不況で税収が落ち込んだときに、
税収がないから景気対策のための予算が組めなかったのさ。
証券会社も潰れかけたり、結構やばい状態だったらしい。
で、「昭和四〇年度における財政処理の特別措置に関する法律」
ってのが出来て、赤字国債の発行が認められることとなった。

それ以来ほとんどの年度で「特別措置」として
特例法が組まれて赤字国債が発行されてる、んだとさ。
やれやれ。

451 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 10:35:37 ID:7lknA8R20
★★ コスプレ公務員 が仕事中にWii購入行列に並んでWiiゲット!? ★★
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/gamenews/1167105731/


452 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 10:49:54 ID:sCtnKibJO
いかに年金や社会保障制度を作ったって、それだけで安泰に暮らすのは難しい。
どんな制度だって、若い世代から集めた金を回すしかないのだから。
運用して益を出す方法もあろうが、年金なんか、今年の世界同時株安で二兆円も損を出したらしい。
昨年の儲けがまだあろうが、いずれにせよ国民全体を養う主力には心もとない。
インド政府は、他国の年金に対してはインド株式を積極的に推奨してるが、
自国の年金に対しては、インド株式を組み込むことを法律で禁止してるそうだ。
まあ株式投資なんて、所詮、ババ抜きゲームだからな。
ババ抜きゲームに自国の年金を注ぎ込ます訳にならんのだろう。

453 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 11:09:54 ID:HymJWHHF0
>>442
>アメリカ国債の利息が3.3%の33兆円で日本国債の年間増加量を越えるから

日本は米国債1000兆円分持ってるのか?

454 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 11:10:32 ID:oZ16B7UD0

お金が無いなら刷ればいいじゃない(´・ω・`)

455 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 11:11:18 ID:HymJWHHF0
>>454
希薄化させたいの?

456 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 11:13:50 ID:dUduUab00

お金の刷りが甘かっただけなんだよなw


457 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 11:49:02 ID:QjgHDhfX0
>>442
つ親分様のレポート見つけた。

1$=118円なら残高総額81兆円だな。民間も含んでるかも知れんが。
これ読むと、日本が米国債を売れない訳も良くわかる。

資料(日米間の依存関係の深化)
http://www.us.emb-japan.go.jp/j/html/usjapan.pdf
米国債:6,899億ドル(2004年12月時点の残高)☆ 日本は、最大のファイナンス国。☆
2004年の日本の米国債保有残高は6,899億ドル(シェアは36.6%)


458 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:00:00 ID:4hhT8lPC0
税収で国債の利払いができなくなった時点で破綻だと思うのですが

459 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:01:41 ID:LFYaY62f0
>>454
おまえは森永卓郎かよw

460 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:03:46 ID:DLm1Fh6E0
46 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :05/07/13 23:43
あいかわらず馬鹿ばっかだな。ここ。
なんで、財政赤字が膨らんだのか?
それは簡単。 個人も民間法人も貯蓄しまくったから。
日本は、対外純資産国だから。
個人と法人が金を溜め込むから、そのかわりに政府
の借金がたまっただけ。
簿記とか貸借対照表とかが少しでも判れば
簡単な話。

461 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:08:29 ID:w1EBzUhq0
マジで日本人って借金返す気無いでしょ?

462 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:09:41 ID:KKEfLFyd0
過去最大って、当たり前じゃん。


463 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:09:47 ID:DLm1Fh6E0
お金がなければ刷ればいいという答えは
現在のようなデフレ下においては正しい。

インフレとデフレの中立まで
マネーを増やさねばならない

464 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:12:36 ID:DLm1Fh6E0
増税と歳出削減をすると
財政赤字がふえる。

マクロが理解できる人間なら
分かるだろう。

465 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:12:52 ID:sCtnKibJO
お金を刷りまくったら、お金を持ってる人が怒るんだよ。
後進国では、ドル建て国債を海外に売りまくったが、国民は買わない。
為政者は貨幣価値が下がるのを気にする必要はない。
利払いが重くなればデフォルトするだけだ。有権者である国民は困らない。海外の投資家が困るだけ。

日本の場合は、有権者である国民に対して売ってしまった。
有権者は、貯金の形で国債を引き受けるほど、為政者に対して圧力を増す。

国債が国内で回ってるから問題ない、なんてのは、むしろ逆だな。
国内で回してるから、国民が破綻リスクに大して益々過敏になり、削除圧力を高めるんじゃないか。

466 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:15:44 ID:h1d0r26I0

今年の年末商戦はどうだったのだろう。
Xマス商戦に限ってみればどうも不発だったのでは、という気がするが。
してみると、年明けから2−3月は在庫処理の寒風が吹き荒び、ところに
よっては店舗縮小、人員整理もあるかも知れない。

春先、暖かくなって人々が活動的になるまで、アベ内閣の人気低迷は(経済
の面でも)続きそうな気がする。


467 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:16:29 ID:oZ16B7UD0
>>455
ハイパーインフレになるって?(´・ω・`)なったらなんか問題なの?賃金もハイパーインフレになればいいじゃない

468 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:16:45 ID:UPO0p2C+0

数年前からせっせとユーロとドルで定期預金している俺は勝ち組



469 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:18:53 ID:oZ16B7UD0
>>459
森永卓郎はもっと評価されていいと思う(´・ω・`)ビジュアルは評価しようがないけど

470 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:20:02 ID:HymJWHHF0
>>467
賃金の上昇が先行することはないけどな。

471 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:21:10 ID:UPO0p2C+0

インフレ下では賃金の上昇率が物価の上昇率に追いついたためしがないからせっせと外貨預金している俺は勝ち組。



472 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:21:21 ID:uIEO/ark0
マスゴミはまだ「国民ひとり当たり」とかいうわけのわからん数字のマジック使ってんのか。
おれは600万も借金した覚えはないぞW


473 :     :2006/12/28(木) 12:21:27 ID:W7aNR4dH0
税収が増えると財政再建ができる
という意味がわからないけどな。
真水部分なんぞ極微だし。

ダイエーとか日産とかお金のことで
与太こくと潰れるよなW

474 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:22:15 ID:quO27D/+O
なんで国民一人辺りで算出するのん?

475 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:23:29 ID:XG8xm++TO
テレビみろ。群馬県で巨大観覧車計画 住民と対立

476 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:24:04 ID:uIEO/ark0
経済学板ではとっくの昔に破綻厨は絶滅してんのに、ニュー速民は相変わらず低レヴェルだなぁ…。



477 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:24:08 ID:caQVUC/I0
ところで、その借金は誰にかえすの?

478 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:25:31 ID:UPO0p2C+0

日本経済が破綻するわけないじゃん。いざとなったら戦後みたいに預金封鎖すればいいんだから。簡単。



479 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:25:53 ID:KzfXicmP0
日本どうなってしまうん?

480 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:26:00 ID:sKVHAUWL0
その借金で土建屋が潤っているだけの話。
土建屋相手に仕事している人にもおこぼれが多少はいっているはず。

481 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:26:06 ID:oZ16B7UD0
>>470
賃金が上昇してないのに物価が上がって誰が買うの?買えるの?(´・ω・`)

ま、んじゃ、こうしよう(´・ω・`)

とりあえず828兆円分、諭吉マネーを刷る。んですっきりさっぱりあっさり借金返済する。
んで、そのままだとハイパーインフレになるっていうなら(別に実際たいした問題でもないと思うけど)
その後速攻で828兆円分増税する。これでハイパーインフレにもならない!(´・ω・`)な〜んだ簡単じゃん

482 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:27:28 ID:QjgHDhfX0
>>460
賃借対照表がわかるなら、前スレのこれについて説明しとくれ。

795 名無しさん@七周年 2006/12/27(水) 18:33:27 ID:X8dQSVpe0
>>781
たしかに、これじゃ情報不足。資産もワカランし他の負債もある。

で、以下が財務省発表の国のバランスシート(P15参照)。平成15年度のやつ。
一般会計だけでなく、特別会計との連結(一部は抜けているらしいが)のデータ。
http://www.mof.go.jp/singikai/zaiseseido/siryou/zaiseidg/170926a.pdf

これを見ると、資産695兆、負債941兆で、 日本は245兆の債務超過。

でも、これを真に受けちゃまだ甘い。国が債務保証していたりする様々な負債が計上されていない。

地方債      200兆
財投        100兆くらい?(3〜400兆の貸出しの貸倒れ引当て分 もっとあるかも)
年金        800兆(将来支払う予定の年金額 ただし今後政策が変われば変動)
などなど。

で、資産側にも落とし穴がある。
695兆は今行政サービスのために使っている 売却できない公共用財産・国有資産を含んだ金額。
それが、公共用財産だけ見ても、131兆円。
(ちなみに借金=資産説の人の資産の多くはこちら側に入る)

最悪の試算と割り切って、そこら辺の数字を足し引きすると、

資産 564兆   負債 2041兆 
差し引き         1477兆 の債務超過

これが現状と思ってないと、問題の核を見失う。


483 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:27:29 ID:hzqSGO0R0
なぁ、こんな借金を一度にじゃないにしてもどうやって返していくんだ?
経済に明るいようだから教えてくれ。

484 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:28:14 ID:UPO0p2C+0

国内で国債の買い手がつかなくなってるのも事実だが。
銀行シンジケートだけじゃもう手に負えなくなって個人国債に踏み出し、そしていまは外人に売ってる。



485 :復活公安9課にゃ:2006/12/28(木) 12:28:51 ID:tKqWOiM90


永久機関は存在するか?



486 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:29:10 ID:XG8xm++TO
10億円観覧車。群馬県伊勢崎市に立つ予定

487 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:30:33 ID:l6AU7b4g0
648万の借金なら返そうと思えば必死になって働けば返せるが
国の借金はそれを管理してる奴らが無能だから返せない
だから俺の借金じゃないので国民の借金とか言うな。


488 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:30:39 ID:uIEO/ark0
>>483
無理して返す必要ないんじゃないの?
債権者側も永久的に利子入った方が嬉しいじゃん。

489 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:31:28 ID:B0IOEDK5O
>>481
お前あたま…

A:いいな!
B:大丈夫か?

490 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:32:04 ID:UPO0p2C+0

>>481
おまえ頭悪!もう書き込むな。おまえ出入り禁止。

>>483
金利暴騰を抑えるには金利分だけなんとか返していければいいんだよ。



491 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:33:29 ID:3d1GCuvmO
>>486
テレ朝でやってるね
狂ってるとしか思えん

492 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:33:30 ID:sCtnKibJO
いや、物価が上がれば賃金も遅かれ早かれ上がるよ。
借金は目減りし、貯金も目減りする。
国民が債務者なら万々歳だが、説明によれば、国民は債権者らしい。

493 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:33:44 ID:QjgHDhfX0
>>463
問題はどの時点でその大量の資金を市中から引き上げるか、だな。

タイミングが早けりゃデフレ続行、遅けりゃ大インフレ。
流動性が大きければ大きいほど、二階から目薬並みの正確さが必要になるぞ。

>>471
日本国内での外貨預金は預金保険の対象外だ。
1000万すら保障されんぞ、銀行が潰れたら。

>>481
速攻で828兆増税って面白いな。GDPより多いぞ。



494 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:37:11 ID:UPO0p2C+0

>>492
賃金が上がらないと誰が言った?「遅かれ」しか上がらないということだ。「早かれ」はない。

>>493
外国の銀行なので安心。



495 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:39:54 ID:KKEfLFyd0
>>476
くわしく

496 :     :2006/12/28(木) 12:42:54 ID:W7aNR4dH0
安倍総理にお聞きします
コンピューターの初期設定を
英語でなんというでしょうか?

デフォルトですね。

と答えれば結構減るよな。
朝日ががんばってくれるからW

497 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:43:21 ID:L6Kqy+tGO
>>476
レッテル貼りw

498 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:44:17 ID:hgerq7Y00
国民の預貯金=対外資産+政府の借金+企業の借金



499 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:47:06 ID:hgerq7Y00
国債が借金であることは事実であるが、それは形式的な議論でのみ妥当
するのであり、国債とは本質的には、総支出(総需要)を調節するため
の手段でしかないのだ (ラーナー『雇用の経済学』第一章)
それはまた、庶民が想像するところの借金とは異なるものである。すな
わち日銀が国債をたとえば、500兆円買取って保有した場合に、その
利息収入は日銀の手にはいるが、その利益は政府に納めなければならず、
単なる帳簿上の債権債務となることから明らかである。
さらに明確に国債の本質をとらえるためには、政府の子会社である日銀
を、年末30日に政府に吸収合併するところを想像すれば良い。そうな
ると国債の債権者が政府となるのであり、債権債務が同一人格に帰属す
ることになり、民法における混同の法理により、債権債務が消滅するの
である。これを借金と呼称することには、いささかの無理があることが
分かるだろうと思う。

500 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:48:01 ID:sCtnKibJO
外人に売るのは全く問題なし。破綻リスクを、海外の成金投資家に押し付けられる。
熊道作るだけの土建事業が、彼らの目に将来有望だと見えるなら、
何百兆円でもドンドン買うだろうし、デフォルトしても国民の懐は全く痛まない。
しかし、既に1400兆も郵便貯金や銀行預金が注ぎ込まれてしまった。
外人に売った分だけ選択的にデフォルトするのは、戦争状態での資産没収でもせねば無理だろ。

501 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:51:33 ID:UPO0p2C+0

>>499
そもそもなんで中央銀行がその国の政府から独立してるかわかってるの?



502 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 12:54:13 ID:hgerq7Y00
そもそも中央銀行に独立性なんか必要なの?
このデフレ下に

503 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 13:01:56 ID:sCtnKibJO
ざっと経済板から来たという人々の書き込みを見てたが、破綻リスクの見積もりには参考になる点はある。

しかし、経済板で論破したってのは、明らかに嘘だろ。
おまえらブログのコピペして粘着してるだけじゃないか。
キモイ粘着が居る板は、普通に寂れて悪貨に駆逐されるんだよ。

そうぞうだが、経済板の粘着は、所得が低い借金持ちが多いのでは。
それはポジショントークと言って信用されないんだよ。

504 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 13:01:57 ID:UPO0p2C+0

>>502
効果はてきめんで円安でデフレは解消される一方実質増税になるがそれでもいいなら。
俺はせっせと外貨預金♪



505 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 13:06:29 ID:UPO0p2C+0

>>503
俺も経済学板でクルーグマン信者相手に熱くなってたのは4年位前だったかな。
懐かしい。
あの板での議論には飽きてせっせと自分の資産だけ守ることにした。



506 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 13:12:12 ID:rYnA0MDU0
>>502
デフレと中央銀行の独立性に何の関係があるんだこの中卒


507 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 13:16:06 ID:rYnA0MDU0
>>476
>>経済学板ではとっくの昔に破綻厨は絶滅してんのに、ニュー速民は相変わらず低レヴェルだなぁ…。

ああ、徳政令を出せばチャラになる、とかいう大ばか者はたしかに経済板にいたな。


508 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 13:23:29 ID:sCtnKibJO
しかし俺も国債は破綻しないと思う。
何故なら、政府は利払いで必要な事業が出来なくなって、
有権者に突き上げられ、政権がやばいという状態に至ってないから。

むしろ公務員給料の引き下げとか、公共事業の縮小とかの、痛みを伴う政策が、
有権者に受けて支持を得ている。まあ有権者が債権者でもあるなら当然だが。

これが、有権者が「国債発行して雇用を作れ」の大合唱になったら、それが危険信号になるだろう。
そうなったら、俺も貯金を全額プラチナにするよ。

509 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 13:26:25 ID:hbkVG5Hx0

ネットが普及してきたら、

わざわざ議員が代表しないで、

市民が直接参加するほうがいいんじゃね?

510 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 13:32:55 ID:/KmRZhSFO
夕張は破産したのに国は破産しないの??

511 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 13:34:17 ID:uIEO/ark0
破綻厨はどういう風に日本が破綻すると思ってるわけ?w
まず、それを具体的に説明してみてよ。
オレはどう考えても財政赤字が原因となる日本経済破綻のシナリオが描けないよ^^


512 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 13:41:07 ID:/KmRZhSFO
素人に聞き返すなよ。わからないからって

513 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 13:45:38 ID:oZ16B7UD0
>>490
なにか問題でも?(´・ω・`)頭の悪い漏れに理解できるように解説きぼん


514 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 13:46:07 ID:yhEkWaO20
プライマリーバランスを黒字化して名目金利を上回る
名目経済成長率をキープ出来れば大丈夫なんだよね。
でも、これから少子高齢化が進んで社会保障費が高騰
するから大変になりそう。
増税すると経済成長しなくなる可能性があるし、そもそも
増税しても税収が増えるとは限らないし。

515 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 13:47:15 ID:sCtnKibJO
中央銀行と政府の財務省が、国債減らし、利上げに向けて明らかに協調してるのに、
両者の独立性の問題に、何か論点でもあるのか?
独立性がなかったって結論は同じではないか。

政府が、国債をバンバン引き受けろと、日銀に対してお願いでもしたのかと。
阿倍ちゃんは国債減らしを公約にしてるぞ。

それは、政府が票稼ぎのため赤字国債をバラまきたがるという前提があってのことだろが。
政府が、国債減らしを票稼ぎの政策にしてるのだから、全く逆の話だ。

516 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 13:48:01 ID:hc495hiG0
相変わらずN即の破綻厨は経済板の連中以上に程度が低いな。

経済板では、債務の額面だけ見て破綻破綻と喚く、債務が国の信用を決める上では
指標の一つでしかないというコトを理解できないバカを額面厨と呼んでる。
デフォルト(破産)の可能性を語る上で、一番重要なのは債務の総額ではなく
単年度の償還額だ。500万円の借金を5年で返すのと、600万円の借金を
10年で返すのではまるで意味が違ってくる。日本国債は需要が高く、長期債などを
発行して償還期限を超長期に分散させているため、債務額の割には単年度の償還額が
低い。国債市場の盛況ぶりをかんがみても、デュレーションに由来する問題が
発生するとは考えにくい。

国の借金は全て国民の負担かのようにノタマうバカも多い。こういう連中は
本当に何を思って経済関連のスレに書き込んでいるのか理解できない。日本国債が
外需頼りならともかく、殆どを国内で消化し切れている状況でこんな事を言うということは
「カネは使ったら消滅する」と言っているようなものだ。国が民から調達したカネを
何に使うのか考えてみれば良い。別に国庫に収めてるわけじゃない。公共事業
公務員の給与、国債償還など、さまざまな手段で再び民に還元している。官と民という
単純な二極で考えるならば、民が官に100兆円貸せば、民は100兆円の金と
国債の権利+オマケを手にすることになる。公務員や土建社員だってカネ使うし
銀行は利益が増えれば投資を増やしたり、預金金利を上げたりして還元する。

そもそも借金をゼロにする必要性自体無いんだがな。

517 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 13:49:40 ID:oZ16B7UD0
>>507
漏れ、それもいいアイデアだと思ってるけど、なんで大バカなの?(´・ω・`)大バカな漏れにも理解できるように解説きぼん

518 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 13:49:58 ID:xYFOSfcf0
とてもじゃないけど648万も持ってない俺は、どうやって返せばいいの?
待ってもらえるの?

519 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 13:50:36 ID:1ZrB9VP90
>>510
いったい何のことを言っているの?

520 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 13:51:16 ID:hc495hiG0
>>516は過去の否定派の発言をまとめただけだが、読解力の低いバカが間違った解釈をしたのか
はたまたワザとなのかは知らんが、破綻厨側からロクな返答が返ってきたためしがない。
多分、誰も破綻厨からロクな返答が帰ってくるなんてハナから期待してなかったろうが。

521 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 13:55:04 ID:4cGYAEvp0
結局増税したいですってだけだろ



522 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 13:58:26 ID:QjgHDhfX0
>>515
相場を動かす一言 〜昨日の各国要人発言など〜
http://www.fxprime.com/4_market/member/speech.html

11/28 福井日銀総裁
「2%付近への成長鈍化でも、物価上昇率は目立たない形でたまっていく」
「インフレ目標は少し窮屈で、景気の振幅伴いがち」
「引き締めるのではなく、景気を長持ちさせるための金利調整は避けられない」
「不動産や為替などの資産価格の動き、念頭に置きながら金融政策を行う」

11/28 渡辺内閣府副大臣
「年内利上げの環境は整っていない。利上げをすれば契機の足を引っ張るのは必至」
「キャリートレードをけしからんと言って、利上げできるような状況ではない」

利上げしたい日銀、止めろという政府。
全然協調なんかしてないし。


523 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 13:59:02 ID:Tat+85g30
クソ団塊の数で割れよ

524 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 14:02:52 ID:uIEO/ark0
>>517
ハイパーインフレ→餓死。
過去徳政令出した時には必ずインフレになったろ?

525 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 14:02:55 ID:QjgHDhfX0
>>511

君がきちんと反論してくれる、っていうなら答えるよ。
破綻しない厨っていつも形勢が悪くなるとスルーするからさ。

526 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 14:05:33 ID:/KmRZhSFO
>519
夕張市の職員が減給で働いき、市民は苦しんでいるのに…
てな感じ

527 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 14:07:34 ID:lV/y1+j5O
誰に借金してるの?意味わからん。そんなに貸す金持ちが存在するのか?(´・ω・` )

528 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 14:09:28 ID:hc495hiG0
>>525
鏡見ていってんのか。

529 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 14:09:56 ID:LTFt48SK0
とにかく国に借金があるから増税という理論は成り立たないということだ


530 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 14:10:09 ID:sCtnKibJO
だから、破綻を債務不履行と捉えれば、夕張はまだ破綻していない。
夕張がやってたのが、利払いの為に公債を拡大して発行し続ける自転車操業。

あの状態を、破綻というなら、日本国債も、程度の差はあれ、既に破綻してる。
語の定義が曖昧なだけだ。

531 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 14:11:21 ID:DyOdL2AG0
来年度は7年ぶりに税収50兆円を回復するんだっけかw?
何がやりたいんだか良く分らんね。
単に米の言う通りに新自由主義改革やりたいだけ?

法人税率の推移
http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/siryou/houzin/hou03.htm
法人税率の国際比較
http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/siryou/084.htm
所得税率の推移
http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/siryou/033.htm
所得税率の国際比較
http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/siryou/234.htm
プライマリーバランス黒字化の為の試算
http://deztec.jp/design/05/08/23_reflation.html
名目成長率と税収
http://www.janjan.jp/government/0505/0505016511/1.php
http://www.janjan.jp/government/0504/0504276338/1.php
一般会計税収、歳出総額及び公債発行額の推移
http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/siryou/003.htm
 2000年度の税収の50.7兆円から、2001年度〜20
04年度のそれぞれの税収を引いた額を合計した数字です。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
   2001年度 50.7−47.9= 2.8兆円
   2002年度 50.7−44.1= 6.6兆円
   2003年度 50.7−41.8= 8.9兆円
   2004年度 50.7−45.5= 5.2兆円
   ―――――――――――――――――――――――
                    −23.5兆円

532 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 14:13:27 ID:1ZrB9VP90
>>527
銀行

533 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 14:14:18 ID:hc495hiG0
>>482
811 :名無しさん@七周年:2006/12/27(水) 18:58:37 ID:6MDrcPqn0
>>806
まず実際のデータを見ような

外資動向に関しては君の書いてることはほとんど思い込み
キャリトレードなんて全体から考えると微々たるもの

リスクが大きくなった?何を根拠にして?そんな話聞いたことないが
流通量絞るってM2+CDもベロシティーも全然過剰じゃないぞ

ちなみに反論がある場合は実証分析でもしてからレスしてくれな
>>525
ああ、「否定派の形勢が追い詰められたことが無い」って遠まわしに言ってるのか。

534 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 14:14:31 ID:aRtAUwGp0
>国民1人当たり約648万円の借金
公務員1人当たりで計算するといくらになるの?
彼らとその家族が海外で臓器や角膜を売ったら簡単に返せるんじゃないの?

535 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 14:14:31 ID:DyOdL2AG0
で、7兆円も税収が増えるってのはあまりにも希望的観測過ぎやしませんか?
定率減税の廃止や免税点の引き下げでそれだけ増えるの?
庶民増税やると個人消費はもっと落ち込むぜ?

【経済】 18年度成長率を下方修正…個人消費伸び悩み、設備投資も想定より低く
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1165952062/

>実質GDPの5割強を占める個人消費は0.9%減で、速報値の0.7%減から0.2ポイント低下。

>家計や企業の実感に近い名目成長率は前期比、年率ともにマイナス0.0%で速報値に比べ
>0.5ポイント(年率換算1.9ポイント)下方修正された。マイナスは04年4―6月期以来。

536 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 14:16:39 ID:gS2n7EMP0
一応はっとく。ブログだが・・

http://blog.goo.ne.jp/2005tora/d/20061227

537 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 14:17:08 ID:1ZrB9VP90
>>534
お前の会社は傾きかけたら従業員から金を巻き上げるのか?

538 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 14:18:05 ID:LTFt48SK0
郵便局や銀行で国債をどんどん売る
ますます借金を増やしてどうするのか?
やってること、言ってる事が違うバカな国だ

539 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 14:19:18 ID:QjgHDhfX0
>>528>>533
じゃ君たちが答えてくれるのかな?
先に少しづつ外堀埋めとくかな。良かったら読んどいてね。

家計金融資産 1,400 兆円の分析
http://www.ndl.go.jp/jp/data/publication/issue/0491.pdf

>外資動向に関しては君の書いてることはほとんど思い込み
>キャリトレードなんて全体から考えると微々たるもの
>>522読んだ?なら何で政府高官がキャリートレードについて言及してんの?
影響がある、って見方を必死に打ち消してるように読めるんだが。


540 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 14:20:24 ID:/KmRZhSFO
いい案をおもいついた。
これだと借金返せます

541 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 14:20:49 ID:8FsQL7cN0
なんで国民で割るんだろうな。政治屋で割れよ。
100歩譲っても公務員までだろ。

542 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 14:23:49 ID:1ZrB9VP90
>>541
ばかだなぁ、その政治屋を選んだのは誰だ?
しかも公務員はその政治屋のレールの上を走っただけじゃないか?

543 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 14:25:15 ID:sCtnKibJO
キャリートレードの問題は、そろそろ海外から横槍が入るだろう。
欧州なんか露骨にインフレ警戒してるし、米国もジリジリし始めてる。

世界中の株も商品も高騰して、バブル崩壊の心配してるのに、
日本だけがデフレだとか言って超低金利を続けてる。
欧米のインフレ抑制には、彼らの中央銀行の既に高い金利をいじるより、
日銀の金利を上げさせる方が効率がよかろう。
外圧がかかったら、日本の政権なんか、すぐ平伏すると思うよ。
これはまあ素人の空想だけどね。

544 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 14:26:04 ID:+fZNO2JF0
国民一人あたり648万円って表現は問題だろ? 国民は税金を納める立場で
赤字を作った張本人でないし、まるで国民全体が借金を抱えて返済しないといけない
みたいだろ? これって借金を作っちまった公務員やら代議士の責任転換のプロパガンダだろ?
責任転換を回避するための刷り込みを報道して国民一人あたりって表現は止めろよ!
最低でも公務員一人あたりいくらで国民に換算するといくらですくらいの補足を
足して欲しい! メディアのプロパガンダはうんざりする。


545 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 14:27:47 ID:1ZrB9VP90
>>544
>借金を作っちまった公務員やら代議士
公務員は代議士の従業員に過ぎない。
では代議士を選んだのは?
自分たちの投票結果がけってきているだけだ。
日本は民主主義国家だぞ。

546 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 14:28:29 ID:LTFt48SK0
国民が一生懸命働いて郵便局に金を預け、国債を買う
それに比例して借金が増える
そして財務省のバカが大変だ大変だ、増税増税と騒ぐ
国債なんか中国人に売ってデフォルトしてしまえ

547 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 14:30:31 ID:iSWxmja/0
国の成長を止めてでも借金マイナスにしていくことって不可能なの?

548 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 14:30:43 ID:B0IOEDK5O
>>542
その理屈だと選挙に行かない奴が勝ち

549 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 14:33:27 ID:AN9ZClPf0
>>539
>資産
預金−債務のコト言ってるんだろうけどさ、その「債務」を受け取る権利は
誰にあるの?外人?違うでしょ。ローン、奨学金、サラ金でしょ。誰かの債務は
誰かの資産。>>516に書いてあるじゃん。
>なら何で政府高官がキャリートレードについて言及してんの?
>影響がある、って見方を必死に打ち消してるように読めるんだが。
聞こえなかった?
「ちなみに反論がある場合は実証分析でもしてからレスしてくれな」

550 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 14:33:29 ID:2e6ZKx/l0
財政破綻が革命の時!by赤い戦士

551 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 14:34:57 ID:X3RgI5Jy0
借金時計
http://kinyuguide.blog64.fc2.com/blog-category-21.html

552 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 14:36:04 ID:1ZrB9VP90
>>548
他のやつに責任を丸投げ下だけだろ?
『勝手に決めてくれ、任せた』
って言ってるのと同じだからな。

553 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 14:37:43 ID:2e6ZKx/l0
資本家は自分で吊るロープまで売ってやがるwby赤い戦士

554 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 14:39:15 ID:/KmRZhSFO
だからいい案あるってば

555 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 14:45:17 ID:lV/y1+j5O
>>532
銀行は大変だね。潰れるよ銀行(´・ω・` )
でもお金を沢山発行して返せばいいじゃん。

556 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 14:45:46 ID:QjgHDhfX0
>>539自己レス
しまった、>>533ってぜんぜん>>482への反論になってないじゃん。
脊髄反射しちゃった。おまけに>>528と同一ID だし。

それにしても、
なんで反論するよ、って言ってくれないんだろう???

>>549
なんで債権者と債務者をごっちゃにするんだよ。
破綻しない厨はこれを釣りでなくてマジで言ってるのか?
誰かの、でなくて具体的にAさん、Bさんとかで説明してくれよ。
一般人にも判りやすく説明できない奴は
外の世界では専門バカって言われて笑われるんだぞ。

実証分析??そんなもんはできん。君と違って学がなくてさ。
そして市場参加者も、必ずしもそんなものは求めんぞ。
分析するのはひとまず逃げてからだろ。
火のないところに煙は立たん、って思う人間も多いからな。

557 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 14:47:19 ID:osvT2FC70
破綻なんてするわけないだろう!!!
超円安で日本の上場企業の多くは中国資本に乗っ取られる
日本の優良不動産も中国人が買うだろう

また、地方には中国人労働者がいっぱいだ
日本人と違って年金も介護保険料も払わなくていいからな

これで日本全体の人口の減少は防げる
全体の50%が在日中国人になって彼らが税金払えばOKよw




558 :ニートジャパン ◆oErA3z1dMw :2006/12/28(木) 14:50:07 ID:V5q5bBHn0
>>552
無駄金で身内を肥やす政治屋やその無駄な仕事に加担した公務員に責任が無くて
その政治屋や公務員に公共事業を任せている国民に責任があるというなら、
国民には、政治家や政治家の考えた法案そして予算の使い道等にも投票する責任がある。

現状ではそうなっていない。
なので国の借金は政治家や政治家の支持で動く公務員に責任がある。
増税で国民に責任を取らせるのではなく
減税で国民に謝罪をして政治家や公務員は無給で働くべき。

責任を押し付けるのには可哀想な公務員が発見されれば
それはそれで定められた最低賃金でその公務員を養う優しさが国民には残っている。

これは日本が民主主義であった場合の話。

559 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 14:53:55 ID:AN9ZClPf0
>>556
全スレ>>806>>795だったんだよ
読解力低いね
>誰かの、でなくて具体的にAさん、Bさんとかで説明してくれよ
基地外だね。
Aさんを金貸し、Bさんは借り手としよう。Bさんは車が欲しくてたまらない。
でも残念ながら金が無い。ここで知り合いのAさんに金を借りることにした。
金持ちのAさんは快くBさんに金を貸してくれた。この時点でBさんには借金がある。
この借金を100万円と仮定しよう。Aさんの資産からは当然100万円減る。
変わりにBさんの持ち金(とあえて呼ぶ)は100万円増える。が、債務を差っぴく
計算だと、100万円Bさんの持ち金から引くため、厳密には資産と言えない。
これだと100万円この世から消えたことになるね。でも、BさんはAさんにいずれ
お金を返さねばならないから、Aさんの資産は100万円増える(厳密にはプラマイゼロ)。

560 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 14:56:19 ID:AN9ZClPf0
559の続き
サラ金や家のローンも同じね。借金持ちの借金分、金貸しはいずれ金を貰えるんだから
問題ない。要は借金持ちの講座から金貸しの講座へカネが移るってだけ。
これ以上分かりやすい説明は出来ないよ。

561 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 14:56:50 ID:1ZrB9VP90
>>558
>無駄な仕事に加担した公務員
公務員は政治屋に従う義務があります
政府の方針に従うためのこまです
以下に円滑に従えるかが能力です

>政治家や政治家の考えた法案そして予算の使い道等にも投票する責任がある。
政治家に対して投票しているではないか、任せているんだよ。
民間だと、投資した会社がつぶれたら、株主は全額お金を返してもらえるのですか?
株主は投資金額で責任を負っているじゃないですか、それと同じことです。

562 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 15:01:00 ID:AN9ZClPf0
>>558
昨日は何で逃げたの?

563 :ニートジャパン ◆oErA3z1dMw :2006/12/28(木) 15:02:30 ID:V5q5bBHn0
>>559
ところが現実には、
Bさんが買った車は新車なら購入後に半額で中古車の場合も相応に安くなる。
その話で生じた100万円は価値としてBさんが車を買った時点で目減りする。

しかしBさんが働いてAさんに100万円+αを返せばその話の中に登場する金額は増える。
ところがBさんが事故にあったりBさんの仕事先が倒産したりして100万円を返せなくなると
Bさんは破産宣告を出来る。
Bさんが破産宣告をするとその話の100万円は無かったことになる。

ちなみに全スレとは全部のスレを意味する。
前のスレなら前スレ。
アバウトな一面が経済面にも侵食していなければ興味深いレスをしていると思う。

564 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 15:02:57 ID:sCtnKibJO
俺のアイデアだけどね、銀行が国債を買うからいかんのだよ。
リスク投資を一切せず、ただ現金で持ってる銀行を作れば良い。
当然、利息もつかないし、それどころか年間、安からぬ口座維持料が要るが、
その代わり破綻リスクが皆無、ペイオフ心配なし。金持ち御用達。

名前は「タンス銀行」が良いでしょうな。「デフレ銀行」でも良いけど。

565 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 15:04:39 ID:E39ywsY10
AさんBさん、っつうより、国債発行による借金って、
親が子供のお年玉借りて買い物して、子供が大きくなったら利子付けて返してやる。

って感覚なんだけどずれてる?

566 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 15:04:45 ID:o8sKwtih0
>>564
ヒント: 当座

567 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 15:05:25 ID:1ZrB9VP90
>>564
よっ、社長兼オーナー!
早速慈悲で設立してくれ、そのシステムなら元ではほとんどいらないだろう。

568 :ニートジャパン ◆oErA3z1dMw :2006/12/28(木) 15:06:51 ID:V5q5bBHn0
>>562
時間の無駄だから。

今は国債が売りに出されてるし広告代理店もCMを請け負ってる時期と思う。
この時期に変な人達に絡まれるのはとても時間の無駄。
念仏は自分に唱えていればいい。
念仏で人に相手をしてもらえると思うな。

人は最低でも面白いと相手にしてもらえる。

569 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 15:08:08 ID:AN9ZClPf0
>>563
>Bさんが買った車は新車なら購入後に半額で中古車の場合も相応に安くなる。
>その話で生じた100万円は価値としてBさんが車を買った時点で目減りする。
お金の流れの問題だよ。読解力の低いバカだね。
Bさんが車を買えばそのお金も他人に流れる。流れた金は車屋の富となり
車屋が従業員に給与払ったり、車を取り寄せた際に、さらに他所に流れていく。
Bさんは車を買った時点でAさんに対する返済ということ意外では全ての流れから
隔離されるんだよ。
>しかしBさんが働いてAさんに100万円+αを返せばその話の中に登場する金額は増える。
>ところがBさんが事故にあったりBさんの仕事先が倒産したりして100万円を返せなくなると
>Bさんは破産宣告を出来る。
借金を返さないのであれば「持ち金」から債務額を差っぴく必要も無くなる。
債務額を資産から引くのは、いずれ借金を返すことによってお金が減ってしまうから。
もとより返すことが無いのであれば差っぴく必要が無い。

このバカニートは前々から面白いレスを繰り返すね。
こういうのを天性のエンターテイナーてのか

570 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 15:08:43 ID:0NpYNVXT0
子供を1人産むと、648万円の借金を背負うことになるのか
コレは、産んじゃダメだ。

571 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 15:09:38 ID:sCtnKibJO
当座預金は、ペイオフ対象外なの?
基本的なことを知らんかったっ!

しかしペイオフの心配するような金持ちが、当座預金に回すって話も聞かないが。

572 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 15:10:17 ID:AN9ZClPf0
>>568
時間の無駄なら何で論破した後もしつこく食い下がってきたの?
そもそも吹っかけたの君ジャン。ほんとオモロイやっちゃな

573 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 15:14:22 ID:AN9ZClPf0
>国債が売りに
家計の金融資産、2.7%増の1495兆円・9月末 (国債・信託は30パーセント増)
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20061218AT2C1800918122006.html

ニュースくらい見ろよ、バカニート
>時間の無駄
バカレスで荒らしまわってた時間を有意義に使えばよかったのに

574 :ニートジャパン ◆oErA3z1dMw :2006/12/28(木) 15:14:52 ID:V5q5bBHn0
>>572
えっと、破綻しない厨房の方と思いますが論破したの?

575 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 15:14:55 ID:aRtAUwGp0
>>561
>民間だと
ダイエーの中内一族は経営者責任を問われて銀行に私財の大半を差し押さえられたみたいだね。

576 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 15:16:32 ID:AN9ZClPf0
>>574
しましたよ。
あなた悔しさの余り前スレ末からこのスレ頭にかけて荒らしまわってたじゃない。
ロクに反論も出来ずに。

577 :ニートジャパン ◆oErA3z1dMw :2006/12/28(木) 15:18:36 ID:V5q5bBHn0
>>573
それ、小渕国債が清算された数年後になんであったかが分かる部分と思う。
とりあえずホッとするのは今のうちで本当にそのニュースで喜べるのは少なくとも5年後と思う。

経済板の住人はソースも疑わないからそれで必死に喜んでて良いと思う。

578 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 15:18:46 ID:AN9ZClPf0
ID:QjgHDhfX0とバカニートは俺のレスに反論しないのかな。
自分から求めてきたくせに(ちょっとイヤらしく聞こえる)。

579 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 15:19:00 ID:1ZrB9VP90
>>575
どうせ連帯保証人にでもなってたんじゃないの?

580 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 15:20:52 ID:AN9ZClPf0
>>577
動揺の余り文体メチャクチャになってるよ。

で、君のバカレスに反論したんだけど、異論無いんだね?

581 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 15:20:53 ID:88M3+fvc0
>>571

破綻すれば預金封鎖され、どっちにしても引き出しできなくなるから

582 :ニートジャパン ◆oErA3z1dMw :2006/12/28(木) 15:22:02 ID:V5q5bBHn0
>>576
あ、論破したんですか。
良かったね。 バイバイ。

経済板住人はオレみたいな馬鹿を見つけるとどのような活力を見つけて
どのような念仏を唱えるかこの状態から学習できるようになってると思う。(´・ω・`)

勿論今日もこの時間はお風呂に入る時間である。
それでは皆さん良い学習を。

583 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 15:23:02 ID:QjgHDhfX0
>>559
1、BさんがAさんから金を借りた。その時点での仕分け
Bさん  Aさんから返してもらうはずの債権 100万 =資産は100万 
Aさん  100万の現金&Bさんに帰す負債 100万 =資産はプラマイゼロ。

2、Bさんに金を返した時点での仕分け
Bさん  帰してもらった現金 100万          =資産は100万
Aさん  100万円の価値の車              =資産が100万(Bさんに返すために働いた労働分)

ってこと?

>これだと100万円この世から消えたことになるね。
>でも、BさんはAさんにいずれお金を返さねばならないから、
>Aさんの資産は100万円増える(厳密にはプラマイゼロ)。

Bさんの債権は数えないの?BさんのB/S上では資産増えないんだが。


584 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 15:23:10 ID:oZ16B7UD0
ねぇねぇ、
なんで福沢さんを刷りまくっちゃいけないの?
なんでハイパーインフレになっちゃいけないの?
なんでデフォルト、徳政令出しちゃいけないの?
なんで、こういうこと言うとバカだアホだ言うだけで誰もまともに反論してくれないの?(´・ω・`)反論できないから?バカだから?

585 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 15:24:02 ID:tmzEY2Gr0
俺が死ぬ前にさっさと648万円返せよ。

586 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 15:24:55 ID:1ZrB9VP90
>>585
残念だがお前はそんなに貸していない

587 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 15:28:01 ID:QjgHDhfX0
>>583
ごめんAとBが逆だ。以下修正(汗)

1、BさんがAさんから金を借りた。その時点での仕分け
Aさん  Bさんから返してもらうはずの債権 100万 =資産は100万 
Bさん  100万の現金&Aさんに帰す負債 100万 =資産はプラマイゼロ。

2、Bさんに金を返した時点での仕分け
Aさん  帰してもらった現金 100万          =資産は100万
Bさん  100万円の価値の車              =資産が100万(Bさんに返すために働いた労働分)

ってこと?

>これだと100万円この世から消えたことになるね。
>でも、BさんはAさんにいずれお金を返さねばならないから、
>Aさんの資産は100万円増える(厳密にはプラマイゼロ)。

Aさんの債権は数えないの?BさんのB/S上では資産増えないんだが。



588 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 15:28:12 ID:AN9ZClPf0
>>583
Aさん 持ち金1億100万円
Bさん 持ち金200万円

Bさん「電車が廃線になるから車が必要なんだ。悪いけど、貸してくれないかな?
ボーナス入る8月には返すから」
Aさん「良いよ」

Aさん 持ち金1億円
Bさん 持ち金300万円

Bさん「Aさんありがとう、これ、かりた分ね」
Aさん「ご苦労様」

Aさん 持ち金1億100万円
Bさん 0円プラス新車
車屋 300万円−新車取り寄せ費用

589 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 15:31:34 ID:AN9ZClPf0
訂正
>車屋 300万円−新車取り寄せ費用
新車取り寄せ費用はマイナスする必要は無いね。
取り寄せれば、その先が儲けるんだから。

額面で考えれば
Aさん プラマイゼロ
Bさん −300万円
車屋 +300万円

こっちのほうがわかりやすい

590 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 15:35:06 ID:sCtnKibJO
国債だろうが、サラ金だろうが、貸し借りは一対一の契約関係だから、
別に返そうが返すまいが、社会正義に関係ない。
ハイパーインフレにしてはいかんのは、たちまち俺の命より大切な預金がパアになるからだ。それだけだ。
逆に、借金抱えてるヤツには大歓迎だろう。
民主主義だから、人数が優勢な方に政策は決定される。それだけ。

591 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 15:35:23 ID:4hhT8lPC0
増税したいからに決まっているでしょう

592 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 15:36:51 ID:DJ3HzfEQO
すげえな
夕張市なんて目じゃねえよ

593 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 15:38:49 ID:QjgHDhfX0
>>587
直しきれてないし・・・あと2カ所B→Aに換えて読んで。

>>588>>589
額面で考えれば
Aさん プラマイゼロ
Bさん −300万円
車屋 +300万円

>>549で家計をBさんに例えてたなら、資産−債務でトータルは減ってるんじゃね?
てか話題が脱線しすぎじゃね俺ら?

594 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 15:39:25 ID:HymJWHHF0
>>590
ヒント:預金の金利はインフレに遅延するだろうが、借金の金利は(ry

595 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 15:40:33 ID:AN9ZClPf0
>>593
要するに債務者が返した分金貸しの金が増えるってコト。
コレが理解できたのならもう良いよ。
>脱線しすぎ
んなこたぁない

596 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 15:42:46 ID:d7LhMThN0
>>584
ブランコって知ってるでしょ。
あの公園にあるやつ。
物価っていうのはブランコみたいなものなの。
上がったり下がったりブーラブラブーラブラ。
インフレはブランコに勢いをつけてこいでいるようなかんじ。
ハイパーインフレになったら、目いっぱいこいでもう一回転しちゃいそうな勢いになってるような感じなの。
そうなっちゃったらスゲー怖いじゃん。
だから、適度にブラブラして遊んでいるのがみんな楽しくていいの。

597 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 15:47:10 ID:88M3+fvc0
>>596

>目いっぱいこいでもう一回転しちゃいそうな勢い

たのしそう(*´Д`*)

598 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 15:48:50 ID:Da42x87jO
税金騙し取ったりする基地害を駆除してから国民の借金とかほざけよ…



599 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 15:48:52 ID:/KmRZhSFO
石原さとみ、宮崎あおい、長澤まさみやらを大量に国が雇って金持ち相手に高値で接客やら………
みたいなことすれば20年で500腸炎は稼げる

600 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 15:50:40 ID:289xh8gp0
>>584
円が必要以上に暴落するから

601 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 15:51:29 ID:4hhT8lPC0
相続税率を99%ぐらいにすれば余裕で返済可

602 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 15:51:37 ID:QjgHDhfX0
>>595
その増えた金貸しの金は債務者が必死に働いてつくった金ってこと。
金の貸し借りの時点で生まれたんじゃない、その後の労働が生んだ価値。

だから、家計金融資産1400兆の話に戻ると、で、
250兆と言われる債務は無視していい、ってのはおかしいのよ。
この時点では未来の労働は計算に入らないんだから。

だから、家計金融資産は1150兆で話を進めるのが妥当、ってこと。

てか議論の土台つくるのにここまでかかるのかよ!

ID:hc495hiG0はいなくなっちゃったし、
君で良いから、破綻モデルの話でもしようよ。


603 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 15:55:53 ID:oZ16B7UD0
>>590

>ハイパーインフレにしてはいかんのは、たちまち俺の命より大切な預金がパアになるからだ。それだけだ。
>逆に、借金抱えてるヤツには大歓迎だろう。
なるほろw(´・ω・`)


>民主主義だから、人数が優勢な方に政策は決定される。それだけ。
とすると、648万以上の貯金があるヤシなんて現実(平均じゃなくて)むしろ少ないだろうし、
これからの社会情勢、雇用環境とかを考えればどんどん貯金のあるヤシなんて減ってくだろうし、
国民の多数派がハイパーインフレ(あるいはデフォルト)を望むようになってもおかしくないかもねw(´・ω・`)

つか、思うに、このままだらだら借金膨らませて、それ返済するために増税したり、
この膨大な国の借金が日本の経済発展の足かせになってることによる経済的な損失を考えたら
むしろハイパーインフレになろうが福沢サン刷りまくって借金返すなり、デフォルトするなりしちゃって
キレイさっぱりリセットしちゃったほうが、その先は税金だって今より安くなるだろうし、
日本経済も本当の意味での持続的安定的な内需主導の好景気になって、
むしろ、今以上の利益を得られるようになると思うんだけどなぁ(´・ω・`)そのほうが金持ちにとっても結局得じゃん?

604 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 15:56:53 ID:AN9ZClPf0
>>602
債務者が働けばその分さらに富が生まれまつ。働いた分給与が払われるわけだけど
その給与も誰かが自らのカネを使った結果。

まるで反論になってないよ。出直しな。

605 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 15:58:15 ID:PnpZmu+90
破綻しないなら、もっと仕事をつくろうぜ。
みんなはお仕事がなくて困ってるんだろ?

606 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:00:18 ID:oZ16B7UD0
>>596
一回転すれば元に戻るんだから別にいいじゃん?
つかずっとだらだらブラブラしてるより一回転だけしてあとはピタッと止まったほうが安心じゃん?(´・ω・`)

>>600
円が暴落してなんか問題があるの?(´・ω・`)むしろ経団連な輸出企業にとっては好都合ジャン?

607 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:02:14 ID:289xh8gp0
>>606
物を作るにしても原材料が必要だろ

608 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:09:17 ID:oZ16B7UD0
>>607
うん、原材料は輸入するよね(´・ω・`)円安だと困るよね
でも輸入するためのお金は大抵基軸通貨のドルを使うんだろうから
そのドルは輸出で稼げばいいじゃない(´・ω・`)


609 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:10:06 ID:QjgHDhfX0
>>604
なんで債務者と債権者をごっちゃにしたり、
時系列を混乱させたりして煙に巻いて、

あげくの果てに捨てゼリフで逃げちゃうんだろう(´・ω・`)

610 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:12:56 ID:AN9ZClPf0
>>609
君の読解力の問題だよ。
お金は使ったら消えるの?消えないでしょ。
借金も同じで、誰かが借金返せば、貸した人間の金が増える。
それだけ。

のらりくらりと誤魔化してるのは君のほうだよ。日本語不自由なの?

611 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:13:10 ID:iZBHvHmw0
>>606
ハイパーインフレってIMFの定義では1年間で
13,000%物価の価格が高くなることだろ。
それだけのインフレを起こすにはそれだけ世の中の通貨の量を
増やさなきゃいけないわけじゃん。
国家予算をいくら組めばいいわけ?
別にそこまでインフレにしなくとも、内需を増やせば
国民平均所得は十分増えて、景気回復すんじゃね?
よくわからんけど。

612 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:13:53 ID:tFwfMf0S0
公務員の給料や退職金を国債にする。→現金化したくて金券屋に持ち込む→安く買い叩かれる→市場を巡る内に価値がどんどん下がる→それを密かに国が買い戻す

613 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:16:45 ID:U2gEZY48O
だから税金をあげるのか!って話?バカか

614 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:18:12 ID:HymJWHHF0
>>612
売りたい香具師が増えると金利があがっちゃいます!><

615 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:18:27 ID:/KmRZhSFO
変にしくみをいじるからだめなんだよ。借金あるなら金を稼ぐしかないだろ、>599で


616 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:19:40 ID:AN9ZClPf0
516 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 13:48:01 ID:hc495hiG0
相変わらずN即の破綻厨は経済板の連中以上に程度が低いな。

経済板では、債務の額面だけ見て破綻破綻と喚く、債務が国の信用を決める上では
指標の一つでしかないというコトを理解できないバカを額面厨と呼んでる。
デフォルト(破産)の可能性を語る上で、一番重要なのは債務の総額ではなく
単年度の償還額だ。500万円の借金を5年で返すのと、600万円の借金を
10年で返すのではまるで意味が違ってくる。日本国債は需要が高く、長期債などを
発行して償還期限を超長期に分散させているため、債務額の割には単年度の償還額が
低い。国債市場の盛況ぶりをかんがみても、デュレーションに由来する問題が
発生するとは考えにくい。

国の借金は全て国民の負担かのようにノタマうバカも多い。こういう連中は
本当に何を思って経済関連のスレに書き込んでいるのか理解できない。日本国債が
外需頼りならともかく、殆どを国内で消化し切れている状況でこんな事を言うということは
「カネは使ったら消滅する」と言っているようなものだ。国が民から調達したカネを
何に使うのか考えてみれば良い。別に国庫に収めてるわけじゃない。公共事業
公務員の給与、国債償還など、さまざまな手段で再び民に還元している。官と民という
単純な二極で考えるならば、民が官に100兆円貸せば、民は100兆円の金と
国債の権利+オマケを手にすることになる。公務員や土建社員だってカネ使うし
銀行は利益が増えれば投資を増やしたり、預金金利を上げたりして還元する。

そもそも借金をゼロにする必要性自体無いんだがな。


617 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:21:33 ID:KOvdUq290
>>610
払えなくなったら破産して消えるけどな、貸した人間の金が消える、それだけ。

618 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:23:06 ID:AN9ZClPf0
>>617
借金を返さないのであれば「持ち金」から債務額を差っぴく必要も無くなる。
債務額を資産から引くのは、いずれ借金を返すことによってお金が減ってしまうから。
もとより返すことが無いのであれば差っぴく必要が無い。

619 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:23:49 ID:HymJWHHF0
>>616
>そもそも借金をゼロにする必要性自体無いんだがな。

まあデブの脂肪もゼロにする必要はないし、ゼロにするのは逆に不健康になったりするんだが
そのまま太り続けると健康を害したり餌代も余計にかかるし、もっとひどくなると大きくなり杉て
部屋のドアから出れなくなったりするから気をつけれ!

620 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:23:51 ID:oZ16B7UD0
>>611
そんな定義があるんだ(´・ω・`)知らなかったw
つか、国家予算を組むというか、サクっと福沢さん刷ればいいじゃないと(´・ω・`)828兆円分刷ればいいじゃない

>別にそこまでインフレにしなくとも、内需を増やせば
>国民平均所得は十分増えて、景気回復すんじゃね?

うん内需を増やすためにも福沢サンをもっと刷ればいいと思うよ
でも、今の政府は内需を増やしたり国民平均所得を上げたりするのとは逆の政策ばかり推し進めてる気がするよね(´・ω・`)



621 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:24:48 ID:7QUC8btt0
仮に600万円預貯金があっても借金背負ってることになるんだな
日本オワタ

622 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:26:24 ID:VkUuQfnU0
これだけ借金があるのにODAする必要なし

何か旨味でもあるのかね

623 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:26:32 ID:iZBHvHmw0
>>614
>>612には「→それを密かに国が買い戻す」とあるから
金利は上がらないんじゃないの?

624 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:27:06 ID:AN9ZClPf0
>>621
国の借金は全て国民の負担かのようにノタマうバカも多い。こういう連中は
本当に何を思って経済関連のスレに書き込んでいるのか理解できない。日本国債が
外需頼りならともかく、殆どを国内で消化し切れている状況でこんな事を言うということは
「カネは使ったら消滅する」と言っているようなものだ。国が民から調達したカネを
何に使うのか考えてみれば良い。別に国庫に収めてるわけじゃない。公共事業
公務員の給与、国債償還など、さまざまな手段で再び民に還元している。官と民という
単純な二極で考えるならば、民が官に100兆円貸せば、民は100兆円の金と
国債の権利+オマケを手にすることになる。公務員や土建社員だってカネ使うし
銀行は利益が増えれば投資を増やしたり、預金金利を上げたりして還元する。

そもそも借金をゼロにする必要性自体無いんだがな。

625 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:27:48 ID:HymJWHHF0
>>620
イタズラに通貨量増やしてインフレにしても何も変わらないよ。
仮に所得が2倍になっても物価も2倍になったら今と何も変わらない。

626 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:29:09 ID:oZ16B7UD0
>>612
それ、かなりグッドアイデアだね(´・ω・`)天才かも

627 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:29:32 ID:HymJWHHF0
>>623
買い戻す以前に国債新発しないといけないでしょ。

628 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:30:27 ID:wK+ZniOr0
要するにバカ国民がマクロ経済知らないのが悪いんだろw
それに便乗してるマスゴミも共犯だ。
とにかく増税で国債は自然に減っていくよ。

629 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:30:32 ID:QjgHDhfX0
>>610
じゃさ、家計金融資産1400兆、みんながすべて銀行に預けてると仮定しようか?
家計は銀行に対して1400万の債権、銀行は家計に1400万の負債を負ってる。
これは問題ない?

で、逆に銀行も家計に250兆金を貸してる、と。
そうしたら家計は銀行に250万の負債、銀行は家計に対して250万の債権を持ってる。

で、民法の原則では同種の債権は、
お互いに相殺できるでしょ。だから実質1150兆、って言ってるの。

>>610さんはもしかして、
未だに単式簿記現金会計の世界にいる人なのかな?


630 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:31:16 ID:oZ16B7UD0
>>625
うん、なにも変わらないから別に問題ないじゃない(´・ω・`)

ただ一点、国の借金はキレイさっぱり無くなるというすばらしい変化があるw(´・ω・`)

631 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:31:37 ID:1ZrB9VP90
>>619
みんながたんす預金しない限り確実に国債は必要である

632 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:31:43 ID:viAGg4zs0
>>541
税金で返すから、国民で割る

633 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:33:52 ID:HymJWHHF0
>>630
理論上より実際の方が資産目減ショックで物価の方がオーバーシュートするから
想定より悪化しそうだけどね。

そもそもそんなうまい話が転がってるわけないじゃんw

634 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:35:47 ID:J4tcFOD8O
福岡県北九州市の石原商事が潰れたって本当?

635 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:36:41 ID:iZBHvHmw0
>>620
828兆円のお金を刷って、借金を返すってことは
その時に国債を持ってる市場の人たちは現金を手にするわけだよね。
なんかハイパーにはならないしろ、市場が混乱しそうだなあ。

>うん内需を増やすためにも福沢サンをもっと刷ればいいと思うよ
>でも、今の政府は内需を増やしたり国民平均所得を上げたりするのとは逆の政策ばかり推し進めてる気がするよね(´・ω・`)

そうなんだよねえ…小泉さんてば構造改革が
どうゆう順序で景気回復に行き着くと思ってたんでしょね?
外需が弱まれば、税収UPも一時的にならんのか…

636 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:39:40 ID:AN9ZClPf0
>>629
だから、その貸した金はどこに消えちゃったの?
Aさん 持ち金1億100万円
Bさん 持ち金200万円

Bさん「電車が廃線になるから車が必要なんだ。悪いけど、貸してくれないかな?
ボーナス入る8月には返すから」
Aさん「良いよ」

Aさん 持ち金1億円
Bさん 持ち金300万円

Bさん「(結局使わなかったな・・・)」
Aさん「Bさん、今すぐ大金が必要なんだ。150万円貸してくれないかな?
あとで50万円返すから」

Aさん 持ち金1億150万円
Bさん 150万円

A「家を一括で買っちゃったよ」

Aさん −1億100万円
Bさん −50万円
建築 +1億150万円

637 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:39:43 ID:oZ16B7UD0
>>627
>>612のアイデアは結局、
過去レス読む限りキミが敵視してる公務員に実質強制的に国債を引き受けさせるってことなんだから無問題じゃん?(´・ω・`)

>>633
ショック受けないようにあらかじめ国民に説明しておけばいいんじゃない?(´・ω・`)

>そもそもそんなうまい話が転がってるわけないじゃんw
と思うのは、今までみんなそう思ってやらなかったからなだけじゃない?(´・ω・`)



638 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:41:21 ID:4rVhqemq0
「国民一人あたり」という表現はおかしい。

貸し手は国民であり、借金の側ではない。
朝日みたいなところが、こういった卑屈な洗脳するんだが、これ、誰が言い始めた?
借金も、殆ど国内からおこなっており、国が破綻するような国外に貸し出しているわけではない。


639 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:41:43 ID:AN9ZClPf0
Aさんが返済すれば
Aさん −1億150万円
Bさん プラマイゼロ
建築 +1億150万円
になるね。

640 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:43:11 ID:l6AU7b4g0
大体さー
自民党って中国韓国に対してキチンと何か対処したの?
中国には1兆円支払ったし、朝鮮にはビザ免除したしさ
やったのは自民党ですよ?
だけど自民信者は、民主党が政権とったら酷いことになる酷いことになる
ってそればっかり。
自民党が何か外交でまともなことやったのかよ。
こいつら内政もデタラメ。国民イジメと騙しと詐欺ばかりで
アメリカのいいなりになって、国民を騙すことばっかり考えて
中国韓国にもいいなりで貢いでばかり。
こんなダメでアホで役立たずで糞でむかつく存在をどうしていつまでも
放置してんのさ。
さっさと壊滅させろよ。選挙では自民党と層化党に絶対に入れない。
そうしなきゃこの糞で腐れな悪の存在はどうしようもないだろ

641 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:43:21 ID:iZBHvHmw0
>>627
国って日銀のことではないのか…

>>637
>ショック受けないようにあらかじめ国民に説明しておけばいいんじゃない?(´・ω・`)

おいらのなけなしの貯金が目減りするんだから、
絶対ショック受けるw

642 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:43:51 ID:viAGg4zs0
国債って、貸した金を業者にくれてやって、税金をとられて、自分らの
税金で元が帰ってくるだけの負債だろ。

643 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:45:00 ID:J4tcFOD8O
世界一借金大国日本シリーズですね 解決方法は 世界一国家公務員の所得が高い国日本シリーズを 今の民間人達と同じにして公共事業拡大をする さらに天下り政治経済を潰すのは難しいので今の三分の一ぐらいにしたら後12年でまたバブルがやって来る

644 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:46:29 ID:viAGg4zs0
国債発行1000兆→そのまま1000兆が利権団体へ→国民の税金で返済

早い話こうじゃないの?

645 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:46:51 ID:oZ16B7UD0
>>635
ま、実際には銀行口座の数字を変えればいいだけだし、大半の国債は銀行とか金融機関が買ってるわけだし
銀行にその辺混乱しないようにビシッと言い聞かせればいいw(´・ω・`)
一気に市中にお金があふれ出さないように銀行の貯金準備金率を引き上げたりすればいいかも(´・ω・`)

646 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:52:05 ID:viAGg4zs0
国債発行しても税収上がってないじゃん?上がっているのは増税分くらいで
本当に国債で経済効果があるのか?

647 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:52:13 ID:oZ16B7UD0
>>641
なけなしの貯金だったらなおさら、(いやなけなしじゃなくても)
国の借金が無くなることによってそれ以降税金が安くなったり、経済がより健全に回りだしたりして
それ以上のリターンが得られるよきっと(´・ω・`)って感じで国民に説明すればいい

648 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:54:45 ID:sCtnKibJO
ハイパーインフレが要請されるシチュエーションで言えば…

政府が、まるでワザとみたいに、将来の雇用も生まず、外貨も稼がない事業にばかり国債を投じている。
結局、沢山の債権と、乏しい雇用で、国民がナウルみたいにニート化する。
食料や燃料は輸入頼みになり、外資が稼げないから、貯蓄は長いことかけて段々と海外に流出。
個人資産が全て海外に出たら、有権者はこぞってハイパーインフレ期待。

だとしても、現在は優良企業が外貨をバンバン稼いでる状態だから、ハイパーインフレが期待されるのは、まだまだ未来だろう。

649 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:56:31 ID:z6X6/rQW0
昨年1年間の全国の自殺者は3万4427人

経済的な問題で命を絶った人(借金や生活苦、失業、事業不振など)で8,897人

※死亡診断書に「死因=自殺」と書かれた人数でカウントされた人数
※自殺だと思われるが遺書がなく死因が不明のもの(急性心不全などと書かれることが多い)

総務省の平成14年の統計では、ホームレスは推定336万7千人 (路上生活者7万5千人、車上生活者23万6千人、廃屋生活者5万6千人)

完全失業者 348万人、生活保護世帯数88万3千人、刑務所収容者数 8万2000人(収容率113%)、精神疾患387万人、という数字が出ている

650 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 16:59:01 ID:8jnCwHN9O
利息さえ払っていれば限度額はない?はぁ?
阿呆ばっかりみたいだから教えてやる。
国債を現実に引き受けているのがどこかしらんのか?銀行だろ?その銀行はどこから資金調達してる?
そう、預金からだよな?
つまり、日本人の総資産1200兆円より国債残高が上回ることは理論上不可能。
それが限度額なんだよ
ということはあと5年ほどで破産するわけだ
もちろん個人資産が国債になってるわけだからついでに個人の貯金なんかぜんぶパーだぞ。

651 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:02:00 ID:/KmRZhSFO
国はせこいことをせずに出費を押さえて金を稼ぎやがれ

652 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:02:35 ID:iZBHvHmw0
>>645
貯金準備率はたしか法律で限界が決まってるから、溢れた金で
銀行や金融機関がまた国債を買ったりするのではw

金が溢れるってことはインフレは確実におこるわけか…
ってことは、国債ショック前に借金して土地、株、為替を買っておけば
苦労なくお金持ちになれちゃう…?

やはり国債を日銀に引き受けさせて、
それを内需に当てるのが一番堅実だと思うなあ。

653 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:03:01 ID:AN9ZClPf0
516 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 13:48:01 ID:hc495hiG0
相変わらずN即の破綻厨は経済板の連中以上に程度が低いな。

経済板では、債務の額面だけ見て破綻破綻と喚く、債務が国の信用を決める上では
指標の一つでしかないというコトを理解できないバカを額面厨と呼んでる。
デフォルト(破産)の可能性を語る上で、一番重要なのは債務の総額ではなく
単年度の償還額だ。500万円の借金を5年で返すのと、600万円の借金を
10年で返すのではまるで意味が違ってくる。日本国債は需要が高く、長期債などを
発行して償還期限を超長期に分散させているため、債務額の割には単年度の償還額が
低い。国債市場の盛況ぶりをかんがみても、デュレーションに由来する問題が
発生するとは考えにくい。

国の借金は全て国民の負担かのようにノタマうバカも多い。こういう連中は
本当に何を思って経済関連のスレに書き込んでいるのか理解できない。日本国債が
外需頼りならともかく、殆どを国内で消化し切れている状況でこんな事を言うということは
「カネは使ったら消滅する」と言っているようなものだ。国が民から調達したカネを
何に使うのか考えてみれば良い。別に国庫に収めてるわけじゃない。公共事業
公務員の給与、国債償還など、さまざまな手段で再び民に還元している。官と民という
単純な二極で考えるならば、民が官に100兆円貸せば、民は100兆円の金と
国債の権利+オマケを手にすることになる。公務員や土建社員だってカネ使うし
銀行は利益が増えれば投資を増やしたり、預金金利を上げたりして還元する。
買い手についても同じ話。信用不安さえ起こらなければ買い手は永遠になくならない。

そもそも借金をゼロにする必要性自体無いんだがな。

654 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:03:13 ID:qS9npcHs0

 公務員天国

655 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:05:01 ID:oZ16B7UD0
>>648
なるほろ(´・ω・`)
国は意図的にハイパーインフレになるように国民がそれを自然と望むような政策を行ってたわけか!やるなw

つか
>>465のレスを見落としてた、
ナルホロ(´・ω・`)こんなわかりやすいちゃんとした反論レスはじめてみた
いや、それ以外のキミの過去レスもわかりやすくてすごい勉強になるよ(´・ω・`)なるほろなるほろ


656 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:06:29 ID:AN9ZClPf0
>>650
あぁ、不可能だな。
なんてったって国は国債で調達した金を再び市場に流してる。
つまり、民が100兆円国に貸せば、国から民へ100兆円のカネと
国債とオマケが帰ってくる ということ。理論上、国債発行額が
民間貯蓄に追いつくことは無い。お金は使えば消えるわけじゃない。

657 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:06:33 ID:N0z1Rlty0
誰か、収入別の人口比率の情報、もってない?
ぐぐっても見つからなかったんだ。

その比率を元に、
収入別の国の借金の負担額を出したいんだ。

658 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:06:54 ID:viAGg4zs0
国債なんて銀行がもとうが、個人が持とうが、ツケは国民でしょ?
国債発行1000兆→1000兆の大半は庶民以外のどこか→庶民が税金を取られ税金で返す→公共サービス悪化
→増税
高額所得者は税金を取られないし、庶民からの切捨てでまかなわれている。
国債で潤っているのは、高額所得者だろう。
税収にも増税分しか上がっていないし高額所得者が溜め込んでいる証拠じゃないのか?

659 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:07:54 ID:CfzhKjVA0
>>650
なんでその5年間で、資産だけは固定されてるんだよwwwwww

660 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:07:57 ID:U2gEZY48O
世界でぬれ煎餅売れ

661 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:08:17 ID:dxiM6E0S0
日銀が通貨を大量に発行してれば、景気がいいいって喜ぶのに、
政府が国債を大量に発行してると、財政破綻と騒ぎ立てるマスコミの知能は
猿以下。

662 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:09:25 ID:ucRJoMVW0
>国民1人当たり約648万円の借金を抱えている計算になる。

今の公務員が一生タダ働きすれば返せるんじゃね?


663 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:13:55 ID:sCtnKibJO
公務員の給料を公債で払うのは良いアイデアではあるが、連中は新規の投資的事業は一切しなくなるよ。
何しろ自分のフトコロに直結するから。
そして公営企業が民業圧迫して稼ぎまくるだろう。

こないだ北海道のニュース見てたら、某市の公営企業が、民間の旅行代理店の横で、より安く旅行代理店をやりはじめ、
民間の旅行代理店は、止めてくれと何回も陳情した挙句、自殺したそうだ。

一旦、肥大化した公務員組織は、状況が厳しくなると、生き残りのため民を食う。
内需や雇用の拡大を公務員組織を使う気のやつは、それがいずれ、
自分を食って生き残ろうとすることを忘れたらだめだ。

664 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:16:45 ID:289xh8gp0
>>662
毎年40兆円の経済効果なくなるじゃん
公務員だって飯は食うしTVは見るし医者にだって行くよ
まあ1〜2割の削減は必要かもしれんけどね

665 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:18:12 ID:oZ16B7UD0
>>650
銀行は信用創造で何倍にも貸出金を増やせるんだから無問題じゃない?(´・ω・`)

666 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:18:57 ID:qS9npcHs0

  





 公務員天国 → 増税 



  

667 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:19:35 ID:289xh8gp0
>>650
なんで総資産だけ増えない計算にするんだよ
経済活動してるんだから総資産も毎年増えるだろ

668 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:20:05 ID:YvrhlyA7O
国民一人一匹づつマグロを釣り上げたら借金はチャラだな

669 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:20:35 ID:dM3ruhT70
国債が借金であることは事実であるが、それは形式的な議論でのみ妥当
するのであり、国債とは本質的には、総支出(総需要)を調節するため
の手段でしかないのだ (ラーナー『雇用の経済学』第一章)
それはまた、庶民が想像するところの借金とは異なるものである。すな
わち日銀が国債をたとえば、500兆円買取って保有した場合に、その
利息収入は日銀の手にはいるが、その利益は政府に納めなければならず、
単なる帳簿上の債権債務となることから明らかである。
さらに明確に国債の本質をとらえるためには、政府の子会社である日銀
を、年末30日に政府に吸収合併するところを想像すれば良い。そうな
ると国債の債権者が政府となるのであり、債権債務が同一人格に帰属す
ることになり、民法における混同の法理により、債権債務が消滅するの
である。これを借金と呼称することには、いささかの無理があることが
分かるだろうと思う。

670 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:21:06 ID:aRtAUwGp0
>公務員天国
貧乏人が増えて治安が悪化したら、公務員が犯罪のターゲットにされる予感。

671 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:21:25 ID:QjgHDhfX0
>>636, >>639
なんか場違いなやりとりで申し訳なくなってきた・・・もうやめようぜ。
そもそもこれってどれが国でどれが家計でどれが銀行の例えなんだ?

Aさん 現金資産1億100万               純資産1億100万(資産−負債) 
Bさん 現金資産   200万               純資産  200万
↓AさんがBさんに100万貸した!
Aさん 現金資産    1億 Bへの債権100万   純資産1億100万 
Bさん 現金資産   300万 Aへの負債100万   純資産  200万
↓BさんがAさんに150万貸した!
Aさん 現金資産1億150万 Bへの負債 50万   純資産1億100万   
Bさん 現金資産   150万 Aへの債権 50万   純資産  200万
↓Aさん1億100万の家買った!
Aさん 現金資産   50万 Bへの負債 50万   固定資産1億100万(家)
建築へ負債 1億100万 純資産  0(金融資産は-1億100万))  
Bさん 現金資産   150万 Aへの債権 50万   純資産  200万
建築  現金資産-1億100万 Aへの債権1億100万 純資産  0(金融資産もプラマイゼロ) 
     (建築費実費)
↓AさんBさんに50万返した!
Aさん 現金資産     0 建築へ負債 1億100万 固定資産1億100万(家)
                                純資産  0(金融資産は-1億100万))  
Bさん 現金資産   200万               純資産  200万
建築  現金資産-1億100万 Aへの債権1億100万 純資産  0(金融資産もプラマイゼロ) 
     (建築費実費)

正確にはこうじゃないの?なんで現金のやり取りしか見ないの?
貸した金が消えるってどれのこと?君の言いたいことがわからないよ(´・ω・`)

はやく国民金融資産の額を確定させたいのに・・・

672 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:24:14 ID:1ZrB9VP90
>>651
それ以前の問題として、今年は予定より税収が多かったみたいじゃないか?
それで返すなり、来年度にまわすなりして国債発行をしないとかするなりやればいいんだよ。

673 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:24:20 ID:qS9npcHs0





       公務員天国 → 増税 



  


674 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:25:56 ID:289xh8gp0
こんな事で増税されたんじゃ日本国民はカモネギだって世界に知らしめるようなもんだぞwww

675 :名無しさん@七周年 :2006/12/28(木) 17:26:46 ID:c4DqhpsN0
>>669
じゃ、調整せずに今までずっーとこのままにしてきている理由はなに?
格付けまで評価されて。

676 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:27:11 ID:AN9ZClPf0
>>671
君と話すのが疲れてきました。
国語教諭の経験はありません。とりあえず議論が行えるだけの
国語力を自力で身につけてきてください。お得意の破綻論に対する反論なら
いつでも書いてあげますよ。あなたが満足な国語力を身につけることが出来たら
の話だけど。

677 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:33:47 ID:dxiM6E0S0
>>675
横レスだけど、格付けってもんは、市場で決定される金利で示されるリスク要因を、
しばしば、後付で認定してるようなもん。
日本の国債の利回りからして、格付け会社が赤恥をかいただけだったんだが。

678 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:33:48 ID:JhnSYBta0
>>668
ワロタw確かに同じくらいの金額だ

679 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:35:41 ID:oZ16B7UD0
>>652
>貯金準備率はたしか法律で限界が決まってるから、溢れた金で
>銀行や金融機関がまた国債を買ったりするのではw

だったら法律変えればいいんじゃない?w(´・ω・`)

>ってことは、国債ショック前に借金して土地、株、為替を買っておけば
>苦労なくお金持ちになれちゃう…?
買い時売り時のタイミングを間違わなければなれるかもねw(´・ω・`)

>やはり国債を日銀に引き受けさせて、
>それを内需に当てるのが一番堅実だと思うなあ。
それも結局、インフレになるじゃんw(´・ω・`)漏れは別にインフレになってもいいと思ってるけどw

つか、国民の金融資産1200兆円以上には国債発行できないって言ってるヤシもいるけど、
日銀に引き受けてもらえばいくらでも国債発行できるじゃんね(´・ω・`)

680 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:38:18 ID:2eFuWgff0
>675

日銀や財務省には構造改革論者というのがたくさんいる。
その人達は日本の経済が良くなったら構造改革が
できなくなると思っている。
つまり、構造改革でアメリカ型の格差社会を
作りたいから総需要の調整をしないで日本を
不況にしているの。

681 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:38:58 ID:dxiM6E0S0
>>668
鮪の価格はその希少性によって維持されているのであると同時に、鮪は、食用に供されるもので、
価格の下落が需要により劇的に増大する見込みも乏しい。
したがって、国民一人当たり一匹の鮪をつりあげたとしても、鮪の価格が大幅に下落するだけで、
借金返済の見込みは限りなく低い。


682 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:39:40 ID:QjgHDhfX0
>>676
「貸した金が消える」ってのがわからないから聞いただけなのに・・・

わざわざ君が作ったモデルに乗っかって、その前提は違うんじゃね?ってレスしたのに、
どうしてどこが違うのか指摘することが出来ないんだろう(´・ω・`)
コピペ+3行ぐらいですむはずじゃん。バカ認定で終わりか。

いいよもう答えてくれなくても。場違いレス恥ずかしいし。

683 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:41:33 ID:/KmRZhSFO
だから人気女優やアイドルを駆使しろと何度(略

684 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:41:34 ID:2eFuWgff0
その証拠に構造改革の象徴であった小泉前首相は
企業の倒産が増えていることを「構造改革が
進んでいる」と言ったでしょう

685 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:43:48 ID:19coPiOQ0
官舎2512戸に違反居住、職員転勤後も家族が使用

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061228-00000003-yom-soci


686 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:43:54 ID:GWqtIBASO
国が松坂クラスを

1万3000人ポスティングすればOK



687 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:44:51 ID:2eFuWgff0
日銀、財務省、内閣府、金融庁はわざと
総需要の調整をやらないんだよ。


688 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:52:41 ID:sCtnKibJO
俺も、現時点でのハイパーインフレに必ずしも反対する訳ではない。
但し、一つだけ条件がある。

一日前に、俺にだけは教えてくれることだ。
俺は他の誰にも言わないから。

虫が良い話に聞こえるが、政策決定者は、そのXデイを事前に知ることとなる。
たとえ、それを私益に使わないと宣誓してても疑われる。
福井総裁が、ほんの僅か金利を上げた時さえ、村上ファンドとの関係を疑われ、大騒ぎだった。

ハイパーインフレなんかしたら、自衛隊の青年将校が、昭和維新の歌を演奏しながら、
政府首脳を皆殺しに行くだろう。

人間の疑心暗鬼は克服できない。
民意が相当に強く要求しない政策転換なんか、恐くて誰にも決断できやせん。
まして他人を厨扱いして喜んでる連中の意見どおりになんか、政策を選ぶ訳がない。
為政者にとって何の得もない。

689 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:53:20 ID:mf+wpTUiO
>>681
それ以前に国民全員が鮪を釣り上げたら誰が買うんだ?

690 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:55:28 ID:CfzhKjVA0
>>689
|`ハ´)

691 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:57:09 ID:z6X6/rQW0
景気が良い時(実際はわからないが)に、借金が減らないのに、国の借金が減るわけが無い

692 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 17:59:32 ID:UwEpLuvC0
516 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 13:48:01 ID:hc495hiG0
相変わらずN即の破綻厨は経済板の連中以上に程度が低いな。

経済板では、債務の額面だけ見て破綻破綻と喚く、債務が国の信用を決める上では
指標の一つでしかないというコトを理解できないバカを額面厨と呼んでる。
デフォルト(破産)の可能性を語る上で、一番重要なのは債務の総額ではなく
単年度の償還額だ。500万円の借金を5年で返すのと、600万円の借金を
10年で返すのではまるで意味が違ってくる。日本国債は需要が高く、長期債などを
発行して償還期限を超長期に分散させているため、債務額の割には単年度の償還額が
低い。国債市場の盛況ぶりをかんがみても、デュレーションに由来する問題が
発生するとは考えにくい。

国の借金は全て国民の負担かのようにノタマうバカも多い。こういう連中は
本当に何を思って経済関連のスレに書き込んでいるのか理解できない。日本国債が
外需頼りならともかく、殆どを国内で消化し切れている状況でこんな事を言うということは
「カネは使ったら消滅する」と言っているようなものだ。国が民から調達したカネを
何に使うのか考えてみれば良い。別に国庫に収めてるわけじゃない。公共事業
公務員の給与、国債償還など、さまざまな手段で再び民に還元している。官と民という
単純な二極で考えるならば、民が官に100兆円貸せば、民は100兆円の金と
国債の権利+オマケを手にすることになる。公務員や土建社員だってカネ使うし
銀行は利益が増えれば投資を増やしたり、預金金利を上げたりして還元する。
買い手についても同じ話。信用不安さえ起こらなければ買い手は永遠になくならない。

693 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:05:09 ID:HymJWHHF0
>>692
>民が官に100兆円貸せば、民は100兆円の金と
>国債の権利+オマケを手にすることになる。公務員や土建社員だってカネ使うし
>銀行は利益が増えれば投資を増やしたり、預金金利を上げたりして還元する。

そりゃいい。ってことは、国民全員が官になれば全員幸せ?

694 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:07:34 ID:JSxyPbbK0

問題なのは、物に残らない1000兆円の借金状態は


公務員給与が原因の大半だろ?


695 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:09:52 ID:A0gzhLqd0
これ何なのよ。

【社会】旧朝銀破綻処理、公的資金41億円追加投入へ…パチンコ店経営男性の架空名義預金を払い戻す最高裁判決で
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1167271067/l50


696 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:12:37 ID:289xh8gp0
公務員も飯食ったり車乗ったり風俗行ったりして金使ってるだろうが
民間とか公務員とか関係ないんだよ

問題があるのは労働力と対価のバランスが悪いだけだろ

697 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:13:37 ID:GWqtIBASO
アイフルに立て替えてもらえ

698 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:14:01 ID:qS9npcHs0




    公務員天国 → 増税 



  



699 :ニートジャパン ◆oErA3z1dMw :2006/12/28(木) 18:16:21 ID:Jrx2OSY50
>>682
その人頭が固くて視野が狭いから破綻しない厨で
そうだね、すごいねって慰めると「ロンパした!(・∀・)」って元気になる。
で、そだね、すごいねって言わないと馬鹿認定される。(´・ω・`)

破綻しない厨房がどんな人なのかこのスレのROMには伝わってると思うので
暫くは粘着のみで相手して欲しがると思うからスルーして大丈夫と思う。

700 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:16:33 ID:oZ16B7UD0
>>688
>一日前に、俺にだけは教えてくれることだ。
>俺は他の誰にも言わないから。

ワロタw(´・ω・`)

>虫が良い話に聞こえるが、政策決定者は、そのXデイを事前に知ることとなる。
んじゃXデーはみんなで決めればいいんじゃない?(´・ω・`)選挙で民意を問えばいい
来年からハイパーインフレにしようと思いますがどうですか?ってw

701 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:17:10 ID:oCFIINbL0
666兆円超えたのって2年前だっけ?
2年で200兆円増えたの?

もうだめじゃん。


702 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:19:23 ID:LB5H3lO40
>>692
詭弁だよ。子孫にツケ回してるだけじゃん。
だいたい赤字国債も建設国債も償還期限60年って何よw

703 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:20:28 ID:/vvNbtJt0
>>692
2行以上のマジレスは、どんなに簡単な内容でも理解できないのがN速+住人

704 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:22:14 ID:QjgHDhfX0
>>676 スルーでもいいんだけど面白くないし・・・

お土産にたたき台の破綻シナリオふたつ置いていくよ。好きなように料理して。
ちなみに↓は実際にあったこと。
今はこれに懲りて国が銀行を管理下において国債を買わせてるけど。国債管理政策、ってやつ。

2002年9月20日、日銀総裁は記者会見において、10年利付国債の応募額が入札額に満たない
いわゆる「未達」が発生したことを明らかにし、これを受けて、債券市場では一時な暴落が発生し、
前日比0.13%高の1.31%までに利回りが上昇(価格は下落)した。
http://www1.ubc.ne.jp/~jichisoken/movement/2002/move200209.htm

本題。国外に円建て日本国債は売れない、って前提で進める。あくまでも国内循環だけ。

1、国債発行額増加と、国民金融資産がそれに比例して増えないことによる国債の買い手の減少
   ↓
2、国債の市場消化が不可能になる事態(未達)もしくはそれが予測できる状況
   ↓
3-A、日銀引き受け枠の撤廃、事実上の無制限国債引受け
   ↓
4-A、インフレによる円の価値の毀損、それに伴う実質負債額の低下(国債償還可能なレベルまで続く)


3-B、国債市場金利上昇による、国家予算における利払い費の増加
   ↓
4-B、予算の硬直、景気悪化による歳入欠陥をカバーするための赤字国債の発行
   ↓
3-Bへループ、国の人件費削減、増税や支給年金額削減、資産課税の検討
   ↓
5-B、国民の海外脱出、縮小再生産、最終的にデフォルト

国債の残債総額とかは触れないよ、あくまでも単年度の償還だけに注目します。
じゃみなさまご意見よろしくね。

705 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:22:57 ID:GUg4kycq0
>>699
最後まで反論できず、途中で議論放棄して荒らしに終始したら
論破認定されても文句言えないだろ>阿呆ニート

706 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:23:07 ID:wK+ZniOr0
国民が買った国債は増税で回収されるだけのことじゃないの。

707 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:25:45 ID:viAGg4zs0
>>706
税金で元本と利子が返ってくるんじゃないの?

708 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:26:09 ID:y5Vrr5NB0


全部悪いのは旧社会党。

こいつらが公務員優遇を主導した結果、今の公務員天国ができあがった。

現在の民主党の半分は社会党の名前が変わったもの。


民主党が力を持つって事は、日本全体が夕張市になるってこと

待っているのは天国の公務員と 地獄の民間人。

民主党が導くものは 破滅という名の公務員天国です





709 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:28:09 ID:sS5oGIp7O
夕張のために借金を増やすのだろう?w

710 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:28:11 ID:kkPi2xvX0
円売りで勝手に儲かる

711 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:28:19 ID:yXdq26du0
国の水増し借金を理由に増税することに腹が立つ。
間接税と直接税の比率を変えるだけなら、問題無いけど。

712 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:30:00 ID:GUg4kycq0
>>704
>1、国債発行額増加と、国民金融資産がそれに比例して増えないことによる国債の買い手の減少
間違い一。カネは使われても消滅するわけじゃありませんから。国は、国民から調達した金を
公共事業や公務員の給与、国債の償還など、さまざまな手段で国民に還元します。ですから、理論上
国民貯蓄が国の債務に追い越されることなど有り得ません。関連:波及効果

段階形式なので一番上に反論したら終わっちゃうね。

516 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 13:48:01 ID:hc495hiG0
相変わらずN即の破綻厨は経済板の連中以上に程度が低いな。

経済板では、債務の額面だけ見て破綻破綻と喚く、債務が国の信用を決める上では
指標の一つでしかないというコトを理解できないバカを額面厨と呼んでる。
デフォルト(破産)の可能性を語る上で、一番重要なのは債務の総額ではなく
単年度の償還額だ。500万円の借金を5年で返すのと、600万円の借金を
10年で返すのではまるで意味が違ってくる。日本国債は需要が高く、長期債などを
発行して償還期限を超長期に分散させているため、債務額の割には単年度の償還額が
低い。国債市場の盛況ぶりをかんがみても、デュレーションに由来する問題が
発生するとは考えにくい。

国の借金は全て国民の負担かのようにノタマうバカも多い。こういう連中は
本当に何を思って経済関連のスレに書き込んでいるのか理解できない。日本国債が
外需頼りならともかく、殆どを国内で消化し切れている状況でこんな事を言うということは
「カネは使ったら消滅する」と言っているようなものだ。国が民から調達したカネを
何に使うのか考えてみれば良い。別に国庫に収めてるわけじゃない。公共事業
公務員の給与、国債償還など、さまざまな手段で再び民に還元している。官と民という
単純な二極で考えるならば、民が官に100兆円貸せば、民は100兆円の金と
国債の権利+オマケを手にすることになる。公務員や土建社員だってカネ使うし
銀行は利益が増えれば投資を増やしたり、預金金利を上げたりして還元する。
買い手についても同じ話。信用不安さえ起こらなければ買い手は永遠になくならない。

713 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:31:28 ID:ssL3oW4J0
>>708
最近の政策をよく見てみろ

政治家の高級宿舎にはじまり
政治献金規制緩和法案(政治家のお給料アップ、お給料の代わりとして外資系企業に国を売る)
議員年金は全く手付かず
族議員の地方への「公共事業」ばら撒き維持(地方活性化政策ではなく、地方のこと何も考えない公共事業)
政治家の人数を削減する案もでず(先進国でもっとも多い議員数。こんなにニートジジーばっかいらんって・・・)


議員様だけぶくぶくぶくぶく肥え太っております
借金作っても勝ち逃げできる60才以上のジジーばっか、借金1000兆も作りやがって、、、、、
諸悪の根源だろ

714 :復活公安9課にゃ:2006/12/28(木) 18:31:31 ID:HqhbWQIW0

ほんとに働けない人や、上手く生きれない人を

きちんと助けな。


どうみても、支配者システムだけ美味しそうだ。



715 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:32:03 ID:+6mOk8DE0
よく、この借金は国民借りてる金だから返す必要ないとか、そういう話を聞くけど
もし返さなかったら国債買ってる人=郵貯に貯金してる人?は貯金がゼロになるってこと?

716 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:33:33 ID:oZ16B7UD0
>>708
旧社会党が政権与党だった時代て村山内閣以外にあったっけ?(´・ω・`)

717 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:35:48 ID:KmR4928k0
財務省の増税キャンペーン 「危機」の偽装と演出
財務省の増税キャンペーン 「危機」の偽装と演出
財務省の増税キャンペーン 「危機」の偽装と演出
財務省の増税キャンペーン 「危機」の偽装と演出
財務省の増税キャンペーン 「危機」の偽装と演出
財務省の増税キャンペーン 「危機」の偽装と演出
財務省の増税キャンペーン 「危機」の偽装と演出
財務省の増税キャンペーン 「危機」の偽装と演出
財務省の増税キャンペーン 「危機」の偽装と演出
財務省の増税キャンペーン 「危機」の偽装と演出
財務省の増税キャンペーン 「危機」の偽装と演出
財務省の増税キャンペーン 「危機」の偽装と演出
財務省の増税キャンペーン 「危機」の偽装と演出
財務省の増税キャンペーン 「危機」の偽装と演出
財務省の増税キャンペーン 「危機」の偽装と演出


718 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:36:06 ID:+6mOk8DE0
>>716
なんかさ、最近ああいうモロ自民党の工作員っぽい奴がすごい浮いてるよね
自民党に不利なスレだとなぜか民主やソースを貶めるコピペ張ったり、まあ浮いてるってこと気づいてないんだろうけど

719 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:36:10 ID:wK+ZniOr0
国債買い戻す金は増税してつくるんでしょう。
軽くインフレ誘導の金融政策で…。
もともと借金じゃなくてマネーサプライの調整だしw

720 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:36:45 ID:8jnCwHN9O
>>656
国が借金した分は還流するってのはあくまでフローの話しだろ。
現に流通している資産なんか上っ面でしかないわな。60年間この国が個人資産食いつぶしてきた分はもう「ない」んだよ。
>>659
に対しての質問もこれで理解できるだろ?
だから最近になって伸び率が加速してるんだよ。総個人資産の伸び率は加速しているか?

721 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:38:03 ID:GUg4kycq0
>>720によると、お金は使ったら消滅するんだそうです

722 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:40:15 ID:3DKC8L+Y0
964 名前:名無しさん@七周年 投稿日:2006/12/26(火) 18:54:35 ID:aoNA7oWqO
金利支払が危険だとか言ってる奴はまさにバランスシートの片側しか見ていない
国債の債権者の大半が日本国民である以上、
政府の利子支払の増加は家計及び企業の利子所得の増加をもたらす
利子所得が増加するということは、可処分所得が増加するということだから
そのお金を消費もしくは貯蓄に回すだろう。

国内で消費に回せばそれは回りに回って最終的に税収となって戻ってくる
貯蓄に回せば企業への貸出に回りいろいろな生産・消費活動を経て税収となって戻ってくる
もしくはオーバーバンキング状態なので、国債への購入となって実質借り換えを行ったようなものになる

お金は使えば消えるものじゃないということを忘れずに

723 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:40:40 ID:dxiM6E0S0
日常の感覚とから、単純なアナロジーを当てはめて、借金が多くて大変なんて考えがちだけど、
マクロ経済って、感覚とは違って、日銀が通貨を大量に発行しても実質経済成長率を大きく
上回らない(インフレにならない)限り、全く問題ないのと同様に、国債の発行残高が多いこと自体に
問題があるわけじゃない。

金融当局がまともな運営をしていたら、このように、国債の発行残高が積み上がることもなければ、
10年以上も不景気が続くことも無かった。
なにせ、「通貨の価値が下がることは許せん(デフレ容認)」、「金利は高いほど良い(金融政策の放棄)」
の原理主義者たちだから。彼らは、日本の国富を奪い、一部の人の生命すら危険に晒している。

724 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:41:40 ID:KmR4928k0
財務省の増税キャンペーン 「借金」という言葉を巧みに利用した「破綻」詐欺
財務省の増税キャンペーン 「借金」という言葉を巧みに利用した「破綻」詐欺
財務省の増税キャンペーン 「借金」という言葉を巧みに利用した「破綻」詐欺
財務省の増税キャンペーン 「借金」という言葉を巧みに利用した「破綻」詐欺
財務省の増税キャンペーン 「借金」という言葉を巧みに利用した「破綻」詐欺
財務省の増税キャンペーン 「借金」という言葉を巧みに利用した「破綻」詐欺
財務省の増税キャンペーン 「借金」という言葉を巧みに利用した「破綻」詐欺
財務省の増税キャンペーン 「借金」という言葉を巧みに利用した「破綻」詐欺
財務省の増税キャンペーン 「借金」という言葉を巧みに利用した「破綻」詐欺
財務省の増税キャンペーン 「借金」という言葉を巧みに利用した「破綻」詐欺
財務省の増税キャンペーン 「借金」という言葉を巧みに利用した「破綻」詐欺
財務省の増税キャンペーン 「借金」という言葉を巧みに利用した「破綻」詐欺
財務省の増税キャンペーン 「借金」という言葉を巧みに利用した「破綻」詐欺
財務省の増税キャンペーン 「借金」という言葉を巧みに利用した「破綻」詐欺


725 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:42:30 ID:yRsfQIpo0
>>720
そのカネは異空間に投げ込まれたのか?

726 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:43:27 ID:5QLvY9vK0
年収400万円で8300万円の借金と同じだな。
支出ゼロにしても20年以上かかる計算。利子だけで年収に近い額になっているし。

もうだめぽ。IMF占領統治まだー?

727 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:46:00 ID:wK+ZniOr0
>>726
あぁ、でもその借金の相手が親だったりするわけでw


728 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:47:19 ID:/KmRZhSFO
だからこそ>599

729 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:47:59 ID:3+D2ED7hO
一言でいえばヤバイってことですよね?

730 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:48:14 ID:yRsfQIpo0
516 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 13:48:01 ID:hc495hiG0
相変わらずN即の破綻厨は経済板の連中以上に程度が低いな。

経済板では、債務の額面だけ見て破綻破綻と喚く、債務が国の信用を決める上では
指標の一つでしかないというコトを理解できないバカを額面厨と呼んでる。
デフォルト(破産)の可能性を語る上で、一番重要なのは債務の総額ではなく
単年度の償還額だ。500万円の借金を5年で返すのと、600万円の借金を
10年で返すのではまるで意味が違ってくる。日本国債は需要が高く、長期債などを
発行して償還期限を超長期に分散させているため、債務額の割には単年度の償還額が
低い。国債市場の盛況ぶりをかんがみても、デュレーションに由来する問題が
発生するとは考えにくい。

国の借金は全て国民の負担かのようにノタマうバカも多い。こういう連中は
本当に何を思って経済関連のスレに書き込んでいるのか理解できない。日本国債が
外需頼りならともかく、殆どを国内で消化し切れている状況でこんな事を言うということは
「カネは使ったら消滅する」と言っているようなものだ。国が民から調達したカネを
何に使うのか考えてみれば良い。別に国庫に収めてるわけじゃない。公共事業
公務員の給与、国債償還など、さまざまな手段で再び民に還元している。官と民という
単純な二極で考えるならば、民が官に100兆円貸せば、民は100兆円の金と
国債の権利+オマケを手にすることになる。公務員や土建社員だってカネ使うし
銀行は利益が増えれば投資を増やしたり、預金金利を上げたりして還元する。
買い手についても同じ話。信用不安さえ起こらなければ買い手は永遠になくならない。

731 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:49:20 ID:qS9npcHs0




    公務員天国 → 増税 



  



732 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:49:29 ID:5QLvY9vK0
国民の財産で借金返そうなんてする,私有財産を否定するような政府はいりません。
社会契約論によれば,今の政府なんて国民が契約した政治屋の代理店にすぎません。

だめな代理店は契約解除して,社員全部解雇してまた新しい代理店作るだけです。


733 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:49:34 ID:KmR4928k0
財務省の増税キャンペーン 大衆の無知につけこむ「借金」偽装と「振り込め」詐欺
財務省の増税キャンペーン 大衆の無知につけこむ「借金」偽装と「振り込め」詐欺
財務省の増税キャンペーン 大衆の無知につけこむ「借金」偽装と「振り込め」詐欺
財務省の増税キャンペーン 大衆の無知につけこむ「借金」偽装と「振り込め」詐欺
財務省の増税キャンペーン 大衆の無知につけこむ「借金」偽装と「振り込め」詐欺
財務省の増税キャンペーン 大衆の無知につけこむ「借金」偽装と「振り込め」詐欺
財務省の増税キャンペーン 大衆の無知につけこむ「借金」偽装と「振り込め」詐欺
財務省の増税キャンペーン 大衆の無知につけこむ「借金」偽装と「振り込め」詐欺
財務省の増税キャンペーン 大衆の無知につけこむ「借金」偽装と「振り込め」詐欺
財務省の増税キャンペーン 大衆の無知につけこむ「借金」偽装と「振り込め」詐欺
財務省の増税キャンペーン 大衆の無知につけこむ「借金」偽装と「振り込め」詐欺
財務省の増税キャンペーン 大衆の無知につけこむ「借金」偽装と「振り込め」詐欺
財務省の増税キャンペーン 大衆の無知につけこむ「借金」偽装と「振り込め」詐欺
財務省の増税キャンペーン 大衆の無知につけこむ「借金」偽装と「振り込め」詐欺
財務省の増税キャンペーン 大衆の無知につけこむ「借金」偽装と「振り込め」詐欺
財務省の増税キャンペーン 大衆の無知につけこむ「借金」偽装と「振り込め」詐欺
財務省の増税キャンペーン 大衆の無知につけこむ「借金」偽装と「振り込め」詐欺
財務省の増税キャンペーン 大衆の無知につけこむ「借金」偽装と「振り込め」詐欺
財務省の増税キャンペーン 大衆の無知につけこむ「借金」偽装と「振り込め」詐欺
財務省の増税キャンペーン 大衆の無知につけこむ「借金」偽装と「振り込め」詐欺
財務省の増税キャンペーン 大衆の無知につけこむ「借金」偽装と「振り込め」詐欺


734 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:49:59 ID:wK+ZniOr0
当然増税がくるからヤバイ人はヤバイ。
でも国は全然平気じゃない?
だから内需に頼らない企業を支援してるのかもなw

735 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:52:10 ID:zMGowMjM0
07年度予算 : ここ数年と比べれば“借金の伸び”は減少
11年度予算 : “借金の伸び”をゼロにするのが目標
12年度以降 : 積み重なった借金を少しずつ返していく予定

2009年の衆院選で自民が勝ったら、消費税UPを実行。
それまでは「家計より経済発展重視」「歳出削減」路線を徹底して
「もうこれ以上は削れないから増税しかないよね」って形にしたいんかなぁ?

歳入と歳出だけで見れば異常なまでの「借金漬け」だけど、
国の資産を鑑みると、実質的には、それ程でもないんじゃないかな?
なんかこう、「財政危機!増税やむなし!」の雰囲気が喧伝されてる感がある。

736 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:53:21 ID:dgXbBHb1O
勝手に税金使いまくっといてフザケンナ!テメエラがこさえた借金だろ!
テメエラが金作って返せ!
国民ひとりいくらとかざけんな!

737 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:53:32 ID:2e6ZKx/l0
立て万国の労働者♪
革命♪
革命♪
革命♪
財政破綻したら革命だ♪
いよいよ共産党の時代だ♪

738 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:54:24 ID:9Ua/Z6LB0
あーやっと分かった
国債って目に見えない増税なんだ
買った奴負担の
金が余ってる奴ほど負担が大きい
それはそれで健全だな

739 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 18:56:23 ID:dxiM6E0S0
>>715
日銀が買い取る。すでに、大量に買い取った。最近の景気回復もそのせい。

>>726
その IMF てのは、日本がかなり金出してるんだが。

>>732
所有権は重要な権利だが、徴税権を否定することもできない。
増税より、金融政策をまともにする方が、先決だけどね。

>>735
今年ですら、税収がだいぶ上がったからね。
本格的に景気回復すれば、一気にプライマリバランスはプラスになりそう。
日銀も財務省も好まないようだけど。

740 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:00:35 ID:5QLvY9vK0
国内TOP保険会社の運用担当の友達いるが,
「おまえの会社いっぱい国債持ってるけど,国債残高によって日本破綻したらどうすんの?」
って聞いたら

「考えないようにしてる。その場合,日本終わりだし俺らがどうこうしてもしょうがない」
としか言わなかったな。数十年計画で会員の保険を運用してる会社ですらこれだし。


741 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:03:26 ID:MIPgcJeA0
もうなかった事にしよーぜ

742 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:04:51 ID:ssL3oW4J0
>>740
調べたけどマジで今の日本財政は余裕だわ破綻は無い(官僚が特別会計で隠して無けりゃね)
調べてみて一応経済大国だったんだなと思ったよ
ただ高齢層が徹底的に楽してる勝ち逃げ社会、勝ち逃げしようとしてる政治家官僚死ねって思うよ・・

財政破綻は無い
だけど今の日本政府は「少子高齢化」には全く対応してない
こっちのが深刻、世代間格差ありすぎ

743 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:06:39 ID:wK+ZniOr0
国の借金とかいってビビッてるヤツはマジでマクロ経済を勉強したほうがいいと思うよw


744 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:08:55 ID:GVQzmewM0
独身なら648万円だけど、奥さんと子供3人居たら3240万円
ちょっとした家一件分の借金だな

745 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:08:59 ID:oefsD5sx0
マージャンでも誰かの負け分が、他の人の勝ち分に移転してるだけ。

・・・・てならないよな。
箱点になったらゲームは、そこで終了だし、負け分帳消しにしてくれるわけ
でもないし。

746 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:09:39 ID:XvE4/T5F0
子供らの未来は明るいのだろうか。
泥舟は徐々に沈んでいく・・・

747 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:10:15 ID:jt0WFjow0
徳政令使って物件売りまくれば、ボンビーついてても余裕でトップ取れる

748 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:10:56 ID:IeX/9suv0
>>742
そういうの勉強できる本とかない?

749 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:11:19 ID:LTFt48SK0
財務省の蟻地獄システム

1、郵便局で国債を買いましょうキャンペーン

国が保証してくれます安全です、と年寄りに嵌め込む


2、国の借金残高が大変ですと騒ぐ、増税キャンペーン
  
日本の消費税は世界と比較して低いですと

3、また国債発行、残高増加の繰り返し


750 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:11:25 ID:GVQzmewM0
結局解消するには札束増刷してインフレにするか、
徳政令で帳消しにするか、
増税で国民の身包み剥がすか
しかないよな

751 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:11:50 ID:yRsfQIpo0
>>745
嫁と夫が賭け事してるの

752 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:11:59 ID:KmR4928k0
 _______________
  |                    |
  | 財務省の危機詐欺にはNO!  |
  | 国民の無知にツケこみ      |
  | 国民が背負ってる借金のごとく |   
  | 誤った記述をバラまいて洗脳する|
  | 詐欺師財務省は何様のつもりか|
  |__n_________n__|
   ( ( )            ( ) )
    |  |     / ̄ ̄||     |  |
    |_|   / ̄ ̄\||\   |_|
   (._ノ\/         \/\_.)
    \  \.   ⌒  ⌒ |  /  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      \___)   (・)  (・) |/   /大企業や銀行には減税を続けて、庶民へは毎年の負担強化!
      (6-------◯⌒つ |  < 企業の余剰金を活用しないから金の糞づまりの不景気づくし!!
        |   /_||||||||| |    \ 地方をわざと破綻させて財務省の天下りを拡張&地方を乗っ取り!
       \    \_//      \______________________
       /⌒)     /\
      /  / \_/\   \
     (.\/        \/.)
     | ̄)           ( ̄|
    __|  |             |  |__
   .(__)            (__)


753 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:13:32 ID:/KmRZhSFO
>743
国が、もうむりぽ。破産します。と宣言

実現したら国民はどうなるん??階層・職種別に教えてくれぃ

754 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:14:10 ID:oefsD5sx0
>>751

 今日び夫婦の借金でも返さないと殺人起こるかもよw

755 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:15:51 ID:yRsfQIpo0
>>754
そりゃ返すけどさ。
要は家庭内のやり取りなのよ。わかる?

756 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:16:32 ID:fZFl+BTU0
もうすぐ自民党政治の終焉
これからは共産党政治
財政破綻はせたやつ等は粛清。
一族諸共粛清あるのみ

757 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:17:46 ID:zMGowMjM0
>>739
でもさぁ、このまま景気回復すると思う?
定率減税廃止なんかで家計を圧迫した上に、所得税と地方税の財源&配分修正で
所得税ベースの住宅ローン控除は減るわ、地方税ベースの健康保険掛け金は上がるわ、
その上ホワイトカラーなんちゃらで労働単価まで下げようとするわ、もう個人消費は死に体ですよ。
福井総裁ですら利上げを躊躇するほどに個人消費が弱い。この路線じゃ近いうちに失速するだろ。

消費税1%で2兆円の歳入だべ?
さっさと消費税13%(国10・地方3)ぐらいにして、現行比16兆円の歳入増にすりゃイイのに。
もう、これ以上小手先の対策は要らんです。消費税で等しく徴税しましょ。
このままじゃ、企業の過剰優遇と現役世代の負担増で、サラリーマンが死んじゃいますですよ。

てか、その前に国の資産を整理しろや。米国債は売れないだろうが、土地とかあるべ?

758 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:17:54 ID:LTFt48SK0
財務省の蟻地獄システム

1、郵便局で国債を買いましょうキャンペーン

国が保証してくれます安全です、と年寄りに嵌め込む


2、国の借金残高が大変ですと騒ぐ、増税キャンペーン
  
日本の消費税は世界と比較して低いですと

3、また国債発行、残高増加の繰り返し

借金造った張本人は財務省(旧大蔵)の連中と族議員

759 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:17:54 ID:ADk3lmjT0
なんで収入の半分くらいの額を平気で借金(国債)するのか、さっぱりわからん。

760 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:19:21 ID:GVQzmewM0
国債の保有者ってほぼ大手銀行なんだっけ?
国の借金踏み倒しなら、銀行が軒並み倒産で
借金返済するなら、重税で国民の資産が巻き上げられて
銀行の所有に変わるって事?

761 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:19:52 ID:WktQmRI70
この爆弾は1000兆円超えで爆発する仕組みになっています

762 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:20:36 ID:yRsfQIpo0
516 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 13:48:01 ID:hc495hiG0
相変わらずN即の破綻厨は経済板の連中以上に程度が低いな。

経済板では、債務の額面だけ見て破綻破綻と喚く、債務が国の信用を決める上では
指標の一つでしかないというコトを理解できないバカを額面厨と呼んでる。
デフォルト(破産)の可能性を語る上で、一番重要なのは債務の総額ではなく
単年度の償還額だ。500万円の借金を5年で返すのと、600万円の借金を
10年で返すのではまるで意味が違ってくる。日本国債は需要が高く、長期債などを
発行して償還期限を超長期に分散させているため、債務額の割には単年度の償還額が
低い。国債市場の盛況ぶりをかんがみても、デュレーションに由来する問題が
発生するとは考えにくい。

国の借金は全て国民の負担かのようにノタマうバカも多い。こういう連中は
本当に何を思って経済関連のスレに書き込んでいるのか理解できない。日本国債が
外需頼りならともかく、殆どを国内で消化し切れている状況でこんな事を言うということは
「カネは使ったら消滅する」と言っているようなものだ。国が民から調達したカネを
何に使うのか考えてみれば良い。別に国庫に収めてるわけじゃない。公共事業
公務員の給与、国債償還など、さまざまな手段で再び民に還元している。官と民という
単純な二極で考えるならば、民が官に100兆円貸せば、民は100兆円の金と
国債の権利+オマケを手にすることになる。公務員や土建社員だってカネ使うし
銀行は利益が増えれば投資を増やしたり、預金金利を上げたりして還元する。
買い手についても同じ話。信用不安さえ起こらなければ買い手は永遠になくならない。

763 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:20:52 ID:oefsD5sx0
>>755 
 どう考えても返せそうにない(≒ゲームのルールの破綻)
 だから深刻なんだろw

764 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:21:22 ID:Uqs5RtuR0
これからは人口減るわけだから、今までより速いスピードで一人当たりの負担が増えていくんじゃないか

765 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:21:51 ID:fZFl+BTU0
自民党自爆w

766 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:22:09 ID:/xYtdOPw0
>>763
>>762

767 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:22:46 ID:zMGowMjM0
>>750
日本は多額の債務を抱えると同時に、多額の債権も保有している。
海外にガンガン貸してるわけだ。
それを回収すればよい・・・のだが、それやっちゃうと外交あぼ〜ん。

まずは、国内の資産売却とかじゃねーかな。
極論を言えば、霞ヶ関に広大な官庁街を展開しておく必要は無い。
足立区だって構わないし、多摩だって八王子だって埼玉だって構わんじゃないか。
あの一等地売って、地価がタダ同然の町に移転すれば数兆円の歳入が・・・
ま、極論だけどね。

768 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:23:33 ID:jUHouioV0
中国とか他の国へODAやるのやめろよ。ばかやろう。
絶対払えん。

769 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:23:34 ID:rw7daQ650
>>762
国税って国民の金を奪って、一生懸命に役人や土建屋に配ってあげてるシステムなのかい?

770 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:23:38 ID:cKPevAoY0
信用不安がおこったらヤヴァイってことか

771 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:23:59 ID:iZBHvHmw0
>>679
インフレを起こすのはもう前提でしょ?デフレがいいの?
よーするに日銀が市場に金を流して株価とか上げるより
政府予算で組んで実需を増やしたほうがいいんでないのってこと。
年金支給額を増やしたり、もしくは年金の徴収額を減らしてその分に当てるとか。
少子化対策の予算を増やしてもいいし、フリータ対策でもいい。
わざわざ法律変える必要もないし、なんでもできるじゃん?

772 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:26:50 ID:5QLvY9vK0
破産するかどうかは長期国債の利率見れば一目瞭然だな。
利率が1%上がると,年間の借金返済が8兆円ずつ増加するわけだ。
5%あがるとそれだけで年間予算40兆円が利子だけに消える。(注意※利子なんていくら払っても1つも借金自体は減らない)

破綻は長期金利みてれば分かりますよ。

773 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:27:53 ID:AAeggFh60
要するに、国は破綻しない
破綻するのは、一部の勝ち組を除いた一般市民なんだよプギャー
でFA?

774 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:29:09 ID:/xYtdOPw0
>>773
国の借金は全て国民の負担かのようにノタマうバカも多い。こういう連中は
本当に何を思って経済関連のスレに書き込んでいるのか理解できない。日本国債が
外需頼りならともかく、殆どを国内で消化し切れている状況でこんな事を言うということは
「カネは使ったら消滅する」と言っているようなものだ。国が民から調達したカネを
何に使うのか考えてみれば良い。別に国庫に収めてるわけじゃない。公共事業
公務員の給与、国債償還など、さまざまな手段で再び民に還元している。官と民という
単純な二極で考えるならば、民が官に100兆円貸せば、民は100兆円の金と
国債の権利+オマケを手にすることになる。公務員や土建社員だってカネ使うし
銀行は利益が増えれば投資を増やしたり、預金金利を上げたりして還元する。
買い手についても同じ話。信用不安さえ起こらなければ買い手は永遠になくならない

775 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:29:55 ID:ssL3oW4J0
>>757
若年層にとってはそっちのほうがいい気がする
そして公務員の削減をもっと徹底的にすすめて、議員を今の半分に

政府は借金の返済に60年償還ルールってのを導入してるみたいだから
ちょうど導入し始めてから60年後だから2040年ころに問題になる、つーことはこれが明るみにでるのが2020年くらいと予想できる
そしてそのころには、今のジジーどもは天に召されて勝ち逃げしてるるわけだな

どう考えても政治家様には今までの失政の責任とってもらって
極貧生活してもらわなきゃならないんじゃないか?

776 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:30:15 ID:WnaN9Vsr0
>>772
年間の償還する元本+利子じゃない?
>>769
国債で一般人に配ってませんもの
ただで特権階級にばらまいて
税金で返すんです

777 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:30:37 ID:749bLQXX0
ゲンゼーしろゲンゼー

778 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:31:16 ID:yOVIPHlo0
test

779 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:33:47 ID:exeldR990
>>767
資産価格が落ち込んでる今売ったらあほでしょ。
景気良くして資産価格高騰してから売る方が得じゃん。
塩漬け株みたいなもんだけど、国は個人と違って、
比較にならない程の信用があるんだから慌てて売る必要ないでしょ。

780 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:35:46 ID:1+mrUkCx0
>>775
問題は旗振りを誰がやるかです
派手にやれば週刊誌に不祥事を乗せられてクビとなります
200年かかってやるしかないでしょう

781 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:36:23 ID:ssL3oW4J0
絶望するレベルでもないし、あせる必要は無いが
若年世代に負担を押し付けないようにきっちり返還していくべき

あと政治家、官僚は責任とれ
明らかに失策だよ。どーみたって借金政策しなてもらくらく国政運営できてたはず

782 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:37:35 ID:jeZy4kxr0
よくスレタイのような言い回しを聞くけど、所謂「借金」とは全くの別物だろ
無駄に誤解を招いていらぬ不安を煽る表現じゃないのか

783 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:38:12 ID:K8hLuJre0
だれも責任とらないで逃げながら
雪だるまのように借金がふえているように見える。
責任とらないで逃げればいいから、あまり本気で減らそうともしない。



784 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:38:27 ID:ES2y6AwIO
今年の年金運用は9兆円の黒字だってさ


785 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:38:40 ID:WnaN9Vsr0
>>782
借金だよ。

786 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:39:48 ID:zMGowMjM0
>>775
よし、まずは小渕を・・・もう死んでるじゃねーかw

>>779
この国は、喉元過ぎれば熱さを忘れると言うか・・・
 景気よくなる→税収増→資産価値上がったけど売る必要ねぇや
という構図になるのが目に浮かぶようだ。


まぁ、とにかくコレは「財政危機だ!歳出削減・税収upが必要!」ってキャンペーンだべ?
それはそれで構わないが、やるんだったら消費税にして欲しいものだ。
勤労者を狙い撃ちにするのは勘弁願いたい。これ以上は払えん。払えるけど払わん。


787 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:41:09 ID:AAeggFh60
国の仕事が多すぎるのかもな。それと必要以上に人が居過ぎる
もっと人を減らして、必要分だけの仕事をして浪費を無くせば
立ち直るはず

このままばら撒き政策を拡大させてけば、借金は増えても減る事はない

788 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:41:24 ID:KmR4928k0
財務省の増税キャンペーン「危機危機サギ」にNOを! 
財務省の増税キャンペーン「危機危機サギ」にNOを! 
財務省の増税キャンペーン「危機危機サギ」にNOを! 
財務省の増税キャンペーン「危機危機サギ」にNOを! 
財務省の増税キャンペーン「危機危機サギ」にNOを! 
財務省の増税キャンペーン「危機危機サギ」にNOを! 
財務省の増税キャンペーン「危機危機サギ」にNOを! 
財務省の増税キャンペーン「危機危機サギ」にNOを! 
財務省の増税キャンペーン「危機危機サギ」にNOを! 
財務省の増税キャンペーン「危機危機サギ」にNOを! 
財務省の増税キャンペーン「危機危機サギ」にNOを! 
財務省の増税キャンペーン「危機危機サギ」にNOを!

789 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:41:52 ID:JAfwQXy40
なんでこんなに借金あるのに大丈夫なの?

790 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:42:46 ID:5TMPbnnT0
こんなもん調査の度に過去最大になるだけじゃねーかw

791 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:45:04 ID:ssL3oW4J0
>>787
この10年で結構減ってるっぽいんだが、同じだけ借金の利子が膨らんでるみたい
そして次は「少子高齢化」の問題もかぶさってくる。この後回し後回してきな削減もいずれ限界きそうだ、20年も続けりゃ公務員がゼロ人になっちまう

あまりにヘタクソな政治運営した政治家と官僚は、ホントに責任とれ・・

792 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:46:28 ID:1F6bmEPw0
>>789
お前は、右のポケットの10万円を左のポケットに移して、
右のポケットの金が少なくなった! 不安だ!!
とか思うか?
それと一緒だよ。

793 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:46:50 ID:QUuZQh0r0
東京都って借金もう返済済みなんだっけ?

794 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:47:29 ID:NPDroFcc0
アメリカの国債っていくらぐらい持ってんだ?
とっとと売払って借金少しでも返せバカ

795 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:48:02 ID:stChw+1X0
人口減で将来税収が減っても借金と利払いだけは膨れ上がる。しかし誰もそれに触れたがらないw
成長前提の愚策の頂点。

796 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:48:55 ID:zMGowMjM0
>>793
17兆ぐらい抱えてます。
歳入の三倍ぐらいだから、国に比べれば遥かにマシだが。
美濃部が悪いんだ、美濃部が。

797 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:49:51 ID:1F6bmEPw0
>>794
そんなことをしたら、世界経済が大混乱になります。

798 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:50:38 ID:ssL3oW4J0
政治家、官僚のこれまでの愚策のせいで
「政治に対する国民の信頼がゼロ」だからな、本当の問題はコレ。財政破綻は問題じゃない

「政治への信頼がゼロ、少子高齢化」この二つがセットなんでやばい

799 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:50:39 ID:/xYtdOPw0
>>795
年40万人程度の人口減でどの程度の影響が?w

800 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:51:58 ID:zMGowMjM0
>>794
それはお前、ジェンガの一番下のパーツを抜き取るようなものだw
米国債の利回りが日本国債よりも高ければ、差額で儲かる・・・ハズ・・・・なのだが・・・・


801 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:52:09 ID:WnaN9Vsr0
>>792
いや違うよ。
自分Aのポケットから、他人Bのポケットにいって
さらに自分Aが働いて得た金を取られる


802 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:52:54 ID:bspMU6uB0
>>795
債権者であるごく少数の富裕層に、金利という名の年貢を、
一般庶民が、税金として払う、封建国家が完成するかもね。

行き着く先は国の私有化かな。

803 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:53:24 ID:/xYtdOPw0
>>801
ヘソクリがヨメに見付かったって言ったほうが正しい

804 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:53:57 ID:U2gEZY48O
だから国からカネなんて借りてねぇよ

805 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:54:20 ID:1F6bmEPw0
>>799
勤労者がヘって、高齢者が増えるという意味で、長期的には
税収に打撃があるだろうね。
>>801
俺は、>>789を受けて国家としての話をしている。
個々人の問題を取り上げれば、もちろん各種の不公平はあるが、
ここで論じる問題でもないだろ。

806 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:56:32 ID:9DnDa0N80
経団連が言うには、国の借金は平等な物だから
消費税で補うのが良いとか。

807 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:57:07 ID:WnaN9Vsr0
つーか日本の国債は海外へどれくらい流れているのか?

>>803
Aの貯金100万で国債を買って、100万が利権団体へただで配られる。
Aが働いて、数年間分の税金を取られて、ようやく100万+微々たる利子が返ってくる。

808 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:57:35 ID:qS9npcHs0



    公務員天国 → 増税 



  

809 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 19:59:39 ID:5QLvY9vK0
シムシティだと,借金しまくったら増税すれば一気に解決するが
人口が減りまくるな。

810 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:00:05 ID:zMGowMjM0
そんなコトより、専ブラで無い人間は「おすすめ2ちゃんねる」を見れ。


このスレを見ている人はこんなスレも見ています。(ver 0.20)
【韓国】 満期1年以内の短期外債が1000億ドル突破…昨年末に比べ65%増 過去最高 [12/28] [東アジアnews+]
五輪金メダリストが水死 [芸スポ速報+]
【韓国】 韓国史能力試験、半分が不合格〜歴史教育見直す必要指摘[12/27] [東アジアnews+]

美人ニューハーフの勃起したチンコの画像を見てたら勃起しちゃったんだけど俺ってホモなのかな??? [ニュース実況+]


811 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:02:18 ID:U2gEZY48O
民間の会社は経費を抑えるが、公務員は経費を使いまくる。それも借金してまで・・・。これをやめさせて

812 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:03:54 ID:KmR4928k0

「国民一人当たりの借金」=「国民一人当たりの貸し金」

「国民一人あたり借金」詐欺レトリックで洗脳する財務省の増税キャンペーンにNOを! 
「国民一人あたり借金」詐欺レトリックで洗脳する財務省の増税キャンペーンにNOを! 
「国民一人あたり借金」詐欺レトリックで洗脳する財務省の増税キャンペーンにNOを! 
「国民一人あたり借金」詐欺レトリックで洗脳する財務省の増税キャンペーンにNOを! 
「国民一人あたり借金」詐欺レトリックで洗脳する財務省の増税キャンペーンにNOを! 
「国民一人あたり借金」詐欺レトリックで洗脳する財務省の増税キャンペーンにNOを! 
「国民一人あたり借金」詐欺レトリックで洗脳する財務省の増税キャンペーンにNOを! 
「国民一人あたり借金」詐欺レトリックで洗脳する財務省の増税キャンペーンにNOを! 


813 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:03:58 ID:hR/h7hAI0
ゆとり教育の成果?で理系減ってるんだってねぇ。
資源の無い日本が世界で通用するには技術
技術大国日本であり続けなきゃなんないのに理系減ってる
日本オワタ
自民党政治オワタ
共産党の時代がもうすぐそこに

814 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:05:36 ID:1F6bmEPw0
>>813
まあ、お前もまず先端技術を開発しろよ。

815 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:09:48 ID:oCFIINbL0
>>814
開発なんかしたら逮捕されちゃうだろ。

現実問題、技術者が朝鮮に技術供与しなかったら同僚からリンチされて海に流される。
実際体験したし。


816 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:11:42 ID:zMGowMjM0
>>815
ttp://blogimg.goo.ne.jp/user_image/42/11/d6d2cfdecffb731a2bc1adc5293f0e6c.jpg

817 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:12:38 ID:1ZrB9VP90
そうだ!
税金のかかっているインフラを一切使わない1年デモを行えばいいんだ!

818 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:13:32 ID:oCFIINbL0
江戸川だっけ?
あのでっかい川。

あの橋の真ん中あたりから下ろされてリンチされて流されかけたけど、
110番通報中で全部筒抜けだったから首謀者が逃げた。
そしたら配下たちも責任逃れしようとついていった。
とりあえず記憶喪失にはなった僕は上って車を止めようとしたが
止まってくれた運転者から人間のくずだのテロリストだの罵声を浴びせられ、
1kmくらいの橋を歩いて渡った。


819 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:13:59 ID:1F6bmEPw0
>>816
ごめん。
マジで意味が分かんない。
日本語で書くとどういうこと?

820 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:15:53 ID:zMGowMjM0
>>817
道路上で?

>>818
>江戸川だっけ?
>あのでっかい川。

知らねぇよw


821 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:16:34 ID:U2gEZY48O
不正受給の生活保護者・母子家庭は重罪。これを徹底的に取り締まる。軽く兆はいくだろう

822 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:16:53 ID:1F6bmEPw0
ごめん。
>>816じゃなくて>>815だった。
本当にすまん。許してくれ。間違った。

>>818
早く警察にいけよ。

823 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:17:22 ID:1ZrB9VP90
>>820
公海上あたりが適切だと思われ

824 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:18:37 ID:oCFIINbL0
>>819
理解したかったらまず在日の身分を捨てろ。

>>822
いや、警察から電話かかってきたんですよ。
「被害届けを出してください」って
でも記憶ないから「でっち上げの被害届けを出せといってるんだろう」と思って拒否した。

なんか、「被害届けを出してくれないと殺されてしまう」って、警官はおびえてた。


825 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:20:19 ID:zMGowMjM0
>>824
在日が嫌いなのはわかった。朝鮮が嫌いなのもわかった。
俺も連中は嫌いだ。

でもまぁ、このスレは、そーゆー場じゃないので空気嫁。


826 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:20:21 ID:1F6bmEPw0
>>821
生活保護費は国家予算の中で2兆円くらいじゃなかったっけ。
そんなに不正受給はいるのか?

827 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:21:54 ID:WXPXpL6B0
えー今後も借金は増え続ける&増税に歯止めが利かないことが判明しました。

老後を真剣に考えてる方は、移住しましょう。
オーストラリアあたりがお勧め。

828 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:22:35 ID:2fDr9Xwo0
日本の停滞の原因は
社会システムが機能していないってことが原因。
だから、
借金が増え、自殺者ばかり増える。

抽象的だけど、
日本はあれだ。
社会は厳しい、それはいい。だけど、
挑戦する機会すら人々に与えられていない、
その辺が問題。

すべてが揃っていながら希望だけは無い。

では、どうすればいいか?
テロでも起こして社会システムを変えるか?
そんなん馬鹿げているよな。単純に異常に低い選挙率を
欧米の先進国なみの80%ぐらいになれば、
政権交代なんかが起こるようになり、日本は漸近的に変化していくはず。

結局、今の日本の現状を惹起している最大の原因は、政治に参加しない、
具体的にいえば「選挙に行かない国民の責任」だといえ、
国民の自業自得なんだよね。

829 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:23:15 ID:oCFIINbL0
>なんか、「被害届けを出してくれないと殺されてしまう」って、警官はおびえてた。

だから、「殺されればいいやん。」って返事した。

>>825
頭悪くね?

借金を返す→そのために技術を身につける→そのために身を守る必要がある→そのために朝鮮がらみから逃げなければならない→そのためには朝鮮に技術供与するか技術を捨てるしかない→結局日本に金は入らない。


830 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:24:02 ID:8jnCwHN9O
>>774
内需に還流するのはフローだけってのが理解できんのかな?「フロー」っちゅー言葉が分からんのかな?
まぁそうやって巧妙に世の中にばらまかれた"日本が破綻しない説"を信じてその時になって後悔すればいい
賢い俺は破綻しなければ現状維持、破綻すれば逆に資産100倍の両バリしてるからむしろ破綻してほしいんだが^^

831 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:25:11 ID:qS9npcHs0



    公務員天国 → 増税 



  

832 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:26:07 ID:1F6bmEPw0
>>829
君の考えはよく分かった。
君は頭がいいんだね。

ということで、メンヘル板あたりにいって、深く語り合ってくるといいよ。

833 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:27:38 ID:zMGowMjM0
>>826
うん、多いね。
つーか、他スレでも話題に上がってるけど、そもそも額がオカシイのよ。
例えば東京都の最低賃金は711円/h。毎日8時間・一ヶ月22日で\125,136。
ここからモロモロ差っ引いた手取りは\107,000だ。
この枠内で、家賃と食費と公共料金と・・・・
対する生活保護は、最も基本形(オプションをつけない形)である生活扶助+住宅扶助だけで
毎月\142,300もの支給額だったりするワケだ。単身者で、この金額。
さらに国民年金保険上下水道NHK受信料が免除。公共の交通機関も割引。

なんで働いてる人間より生活保護がイイ暮らししてんねん、という疑問は残る。


という事で、やっぱ消費税ですよ、消費税。
所得に掛けるのではなく、消費した分だけ等しく徴収。

834 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:27:48 ID:oCFIINbL0
>>832
>君は頭がいいんだね。

うん。いいよ?
だから朝鮮系が寄ってきたんだし。
君みたいないてもいなくても何も変わらない人はいいよね。毎日平和で。


835 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:31:38 ID:nmEEfGII0

ニート・フリーター・無職は生産活動へのかかわりを最小限化することで、
地球の環境破壊に加担しない、地球にやさしい生き方なのです。

しかも、消費税すら最小限しか支払わない、まさに自民・創価悪政に対する有効な抗議方法であるといえましょう。


836 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:33:11 ID:1F6bmEPw0
>>833
いや、>>821を見て「軽く兆はいく」こともねえだろ、と思っただけさ。
ちなみに、所得税より消費税という結論が少し唐突だと思った。

いや、俺は消費税でいいと思うけどさ。
あ、あと国民年金の基礎年金は国庫負担がいいな。消費税をその分上げる前提で。
まあ、このスレッドの趣旨とは結構ずれているから、流れを戻した方がいいかも。

>>834
ごめん、俺が悪かった。
君みたいな頭のよくて、朝鮮系がよってくるような人間に口出しして。

837 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:33:55 ID:L6Kqy+tGO
>>830
インフレリスクと天秤に掛けたら、外貨の為替リスクなんて微々たるもんだしな。
すこしぐらい円高になったって、円転しなきゃいいんだし。
債券なら金利もつくし、資産があるなら外貨との分散が基本だろうな、
最悪の事態になっても後悔しない為には。60年前とちがって逃げ道があるのが良いな。

838 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:34:32 ID:NPDroFcc0
>>833
生活保護ってどうして働けないんだろうね?
障害者なら障害者年金もらってるはずだし
生活保護を全面取りやめにすればいいのに

839 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:37:10 ID:wOwwPwpE0
・三十代後半の事務系男性職員は十一月下旬、市職員労組がつくった新賃金の表計算
 ソフトで、来年度からの自分の給与を試算してみた。妻と小学生以下の子供三人との
 五人暮らし。期末手当や家族手当を計算に入れても住宅ローン、保育料などを差し引くと
 平均月額十九万円そこそことなる。
 男性が仕事を辞めて生活保護を受給した場合、一家の受給額は月額約二十五万円に
 なる。医療費や保育料、住民税は無料で、自宅を引き払った場合、アパートなどの住居費
 補助も別途加算される計算だ。

 男性は妻と話し合い、本年度限りでの退職を決めた。市職員は雇用保険に加入して
 いないため、三月末までに次の仕事を探す必要がある。住宅ローンはまだ二十年近く
 残っている。それでも「子供たちの進学など将来を考えると、生活保護は受けたくない。
 妻が『新しい仕事で頑張ろう』と言ってくれたのが救いです」と、声を詰まらせた。
 男性の同僚は「生活保護費は、国が定めた『最低限度の生活』を守る基準のはず。
 市職員給与がそれを下回るなんて」と憤る。

 夕張市は、職員数の大幅削減や給与の30%カット、退職金の段階的引き下げ方針を
 打ち出している。市職員労組の厚谷司委員長は「基準が複雑で一概に言えないが、
 『就学後の子供二人を含む四人家族』などの場合、来年度からの市職員月額給与が
 生活保護費を下回る例はある」と指摘。「街を再建する人材確保という点で、(市の人件費
 削減案が)妥当かどうかは疑問だ」という。

 道は「現時点で夕張市からそうした報告を受けてはいないが、実際に仕事をしている職員の
 給与が生活する上での最低基準を下回り、生活保護費より低くなるのであれば、制度上
 問題だ」(市町村課)と話している。(一部略)
 http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20061228&j=0022&k=200612275719

※元ニューススレ
・【社会】 「死刑宣告だ!」 "倒産"夕張市、ボーナス半減支給…43歳モデルで42万円★5
 http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1167237777/
※前:http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1167270567/


840 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:38:07 ID:nmEEfGII0
>>833

どうせ無職・ニート・フリーターは全部生活保護になるんだから、みんな安心して申請しようぜ。

政府は労働力の流動化を促進するために、正社員制度を否定してきたんだから、
その”成果”として、自由化した労働力が老後、どれだけ国庫に負担をかけることになるか知らしめる必要がある。

また、
外国労働者を労働力として導入しようとするバカにも、連中が日本で子供を作って不法に住み着いた場合、
どれだけ国庫に負担を掛けるか、教える必要がある。その負担は外国労働者を雇った企業に負担させるべきだしな。


841 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:39:43 ID:zMGowMjM0
>>836
ああ、言葉足らず失礼。
要するに「働かんヤツからも税金取れ!」って話。
世代間の不均衡も大きいし、勤労者の過負担感がある現行制度は、何だかなぁ・・・と。
まぁ、これは「徴税手法」の話であって、財政とは直接リンクしないけど。



842 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:41:22 ID:L6Kqy+tGO
>>794
このスレの前の方で読んだな。
日本保有の米国債は80兆くらいだったか?

843 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:44:37 ID:5QLvY9vK0
IMF占領時の政策試案,ネバダレポートの実行まだー?

ネバダレポート 主な政策=これくらいしないと借金償還無理といわれている
@ 公務員の総数の30%カット、及び給料30%のカット、ボーナス全てカット
A 公務員の退職金は100%すべてカット
B 年金は一律30%カット、
C 国債の利払いは、5〜10年間停止
D 消費税を20%に引き上げ
E 所得税の課税最低限を年収100万円まで引き下げ
F 資産税を導入して不動産には公示価格の5%を課税、債権・社債については5〜15%の課税、株式は取得金額の1%を 課税。
G 預金は一律1000万以上のペイオフを実施し、第2段階として預金額を30%〜40%財産税として没収する。

公務員はボーナスゼロ,給料30%カット,退職金5000万円も0円ですよ。
この政策の実現は時間の問題,政府がやるか,IMFがやるかの問題。(黒船と同じく,自分らではどうせ何もできんだろうが)

IMF占領まだー?

844 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:46:50 ID:1ZrB9VP90
>>794
あれって売れるの?

845 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:48:22 ID:zMGowMjM0
>>844
売れない。


846 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:50:02 ID:hR/h7hAI0
革命万歳!
共産党万歳!


847 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:50:16 ID:oCFIINbL0
今思えばあのアメリカ国際は北朝鮮産偽ドル札を作ったお詫び


848 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:51:15 ID:1ZrB9VP90
>>843
対外的な借金なんてほとんどしてないのに何でIFMが介入して来るんだよ?

849 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:52:04 ID:tEAk1K0D0
★旧朝銀破綻処理、公的資金41億円追加投入へ
 在日朝鮮人系の金融機関だった朝銀東京信用組合の破綻(はたん)処理をめぐり、預金保険
機構は、41億8000万円余の公的資金を28日に追加投入する方針を決めた。ある男性が架空
名義で預金した脱税資金を払い戻す必要が生じたことが原因。脱税行為は7年以上前ですでに
時効が成立しており、今秋、払い戻しを命ずる判決が最高裁で確定した。

訴訟記録によると、東京都内でパチンコ店を経営する男性(81)は、長年にわたり飲食店や
パチンコ店の収入の一部を裏金にして脱税し、朝銀東京に設けた架空名義の口座に預金。その
残高は50億円を超えた。

朝日新聞 2006年12月28日08時00分
http://www.asahi.com/national/update/1227/TKY200612270371.html

多額の税金投入して朝鮮人の脱税を擁護・・・・オワタマジオワタ・・・・・

850 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:54:12 ID:NPDroFcc0
>>844->>845
売れないってどういうことだよ?
価値の無い紙きれを日本は買わされてんのかよw

851 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:54:20 ID:zMGowMjM0
>>848
このレポートの信憑性は疑問視されてます。
主張内容は、荒療治ながらも割と的を射ていますが。

852 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:55:48 ID:nmEEfGII0
>>849
なんで朝鮮銀行を与野党一致で救ったかというと、

朝鮮銀行には架空名義でヤヴァイ口座が山ほどあったからなんだよね。ばらされたら日本の政界が破綻しちゃうw
だから救済に対して誰も反対しなかった。
マスコミはもとより朝鮮さま礼賛だからだれもその事実を報道しない。

853 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:56:58 ID:dm4/WFxE0
>>852
だから最中が真っ先に率先垂範して公金注入したわけか。ナルホド

854 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 20:59:03 ID:GtSQCJlb0
>>850
何を今更

855 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 21:00:49 ID:zMGowMjM0
>>850
いちおう、期限が来たら利子つけて償還されますです。
で、また新たに購入www

構図としては、こんな感じ。
米国債を誰も買わない→国債金利上げる→米経済失速→日本も輸出産業にダメージ
米国債を日本が買う→国債金利低いまま→円高防止+米経済好調→輸出産業もウマー

でも、そろそろ我慢の限界だわな。

856 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 21:01:12 ID:nmEEfGII0
>>854
問題は、そんな事実を日本政府は外交力として利用してないって事だろ。

日本が米国債を処分し始めたらアメリカは破綻する。
それを利用して日本の外交力を高めるべきなんだが、日本はアメリカに歯向かえないって読まれてるからねぇ。

857 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 21:03:40 ID:P1gDvbDd0
516 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 13:48:01 ID:hc495hiG0
相変わらずN即の破綻厨は経済板の連中以上に程度が低いな。

経済板では、債務の額面だけ見て破綻破綻と喚く、債務が国の信用を決める上では
指標の一つでしかないというコトを理解できないバカを額面厨と呼んでる。
デフォルト(破産)の可能性を語る上で、一番重要なのは債務の総額ではなく
単年度の償還額だ。500万円の借金を5年で返すのと、600万円の借金を
10年で返すのではまるで意味が違ってくる。日本国債は需要が高く、長期債などを
発行して償還期限を超長期に分散させているため、債務額の割には単年度の償還額が
低い。国債市場の盛況ぶりをかんがみても、デュレーションに由来する問題が
発生するとは考えにくい。

国の借金は全て国民の負担かのようにノタマうバカも多い。こういう連中は
本当に何を思って経済関連のスレに書き込んでいるのか理解できない。日本国債が
外需頼りならともかく、殆どを国内で消化し切れている状況でこんな事を言うということは
「カネは使ったら消滅する」と言っているようなものだ。国が民から調達したカネを
何に使うのか考えてみれば良い。別に国庫に収めてるわけじゃない。公共事業
公務員の給与、国債償還など、さまざまな手段で再び民に還元している。官と民という
単純な二極で考えるならば、民が官に100兆円貸せば、民は100兆円の金と
国債の権利+オマケを手にすることになる。公務員や土建社員だってカネ使うし
銀行は利益が増えれば投資を増やしたり、預金金利を上げたりして還元する。
買い手についても同じ話。信用不安さえ起こらなければ買い手は永遠になくならない。

858 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 21:04:08 ID:xkE9HKuZ0
共産党国会議員数が増えれば株価下げる→不況→革命機運高まる→益々株価下げる→益々不況→革命→共産党政権誕生→過激派含めた反動分子の粛清→日本共産党安定政権確立

859 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 21:04:33 ID:tycWW+he0

★旧朝銀破綻処理、公的資金41億円追加投入へ

 在日朝鮮人系の金融機関だった朝銀東京信用組合の破綻(はたん)処理をめぐり、預金保険
機構は、41億8000万円余の公的資金を28日に追加投入する方針を決めた。ある男性が架空
名義で預金した脱税資金を払い戻す必要が生じたことが原因。脱税行為は7年以上前ですでに
時効が成立しており、今秋、払い戻しを命ずる判決が最高裁で確定した。

 訴訟記録によると、東京都内でパチンコ店を経営する男性(81)は、長年にわたり飲食店や
パチンコ店の収入の一部を裏金にして脱税し、朝銀東京に設けた架空名義の口座に預金。その
残高は50億円を超えた。

 朝銀東京は99年に経営破綻し、預金の一部を男性に払い戻したが、02年4月以降は架空名義
だったことを理由に男性への払い戻しを拒否。同年12月、架空名義預金は整理回収機構に引き
継がれた。

 これに対し男性は03年12月、34億円余の払い戻しを求め、整理回収機構を提訴。預保機構は
「脱税資金を貴重な公的資金で払い戻すのは正義に反する」と反論したが、今年9月、最高裁で
原告の勝訴が確定した。

 整理回収機構は、二審判決のあった今年5月に、遅延損害金6億7000万円を含む41億円を
男性に仮払いした。これに訴訟費用などをあわせた41億8400万円を補填(ほてん)するよう
今月21日に預金保険機構に申請した。朝銀東京の損失穴埋めにはこれまでに公的資金2060億円
が投入されたが、申請が通れば、2102億円に膨らむ。
ttp://www.asahi.com/national/update/1227/TKY200612270371.html

【社会】旧朝銀破綻処理、公的資金41億円追加投入へ…パチンコ店経営男性の架空名義預金を払い戻す最高裁判決で
ttp://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1167271067/l50

860 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 21:04:55 ID:ML1sWO9h0
>>856
橋龍がちらっとそれ言って潰されました。

861 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 21:06:15 ID:nmEEfGII0
>>857 国債市場の盛況ぶりをかんがみても

金融機関だけでなく国民にも国債を販売しないといけなくなったって事情について(略



862 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 21:07:36 ID:1ZrB9VP90
スーパー301条の国にけんか売るなら、第一段階として防衛省の予算を10倍くらいにしないと。

863 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 21:07:50 ID:NPDroFcc0
米国債を世界で一番持ってるのは中国じゃなかったっけ?

864 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 21:08:02 ID:jt0WFjow0
かあちゃんに家買わされて、
ローン返済のために身をすり減らして働く中年親父の気分

865 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 21:08:51 ID:P1gDvbDd0
国債が借金であることは事実であるが、それは形式的な議論でのみ妥当
するのであり、国債とは本質的には、総支出(総需要)を調節するため
の手段でしかないのだ (ラーナー『雇用の経済学』第一章)
それはまた、庶民が想像するところの借金とは異なるものである。すな
わち日銀が国債をたとえば、500兆円買取って保有した場合に、その
利息収入は日銀の手にはいるが、その利益は政府に納めなければならず、
単なる帳簿上の債権債務となることから明らかである。
さらに明確に国債の本質をとらえるためには、政府の子会社である日銀
を、年末30日に政府に吸収合併するところを想像すれば良い。そうな
ると国債の債権者が政府となるのであり、債権債務が同一人格に帰属す
ることになり、民法における混同の法理により、債権債務が消滅するの
である。これを借金と呼称することには、いささかの無理があることが
分かるだろうと思う。

866 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 21:12:11 ID:nmEEfGII0

日本の国債は国内債だから安心、とかいうバカ、

借金が増えれば財政が硬直化するつー問題を素通りしすぎだぞ。
国が金を使うおうが、国民が金を使おうが同じってんなら、政府なんていらねーじゃねーか。バカかおまえら。


867 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 21:14:09 ID:XTfaCTXw0
>>861
個人だけじゃなく、海外にも売るってポーズとってるよ。
全く相手にされないで困った困った、とポーズとってるけどねw

それでも日本はなーーんにも困ってない。困ってるポーズはとってるけどね。

はっきりいって、くだらないポーズは増税のため。

これほどの国債残高でも、その利子が余裕で払える日本。
破綻する兆しすら見えない。わかるやつはわかる。日本最強だよ。

868 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 21:15:35 ID:SN5bo9fU0
国民年金受給者が25年以上掛け金せっせと払ってもらえる額が
生活保護費より少ないのもおかしいね。
国民年金と生活保護費は一元化して一律の国民基礎年金とすべきだろう。

869 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 21:17:10 ID:P1gDvbDd0
>866

まったく反論になっていない

870 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 21:17:36 ID:zMGowMjM0
>>862
国債もケンカも売らない方向で。

>>865
何を判りきったことクドクド書いてるのか。
では、個人向け国債は?ってな話だ。
日本人が日本政府発行の国債を買えば国内完結。だが、個人の財布と国の財布は別物だ。
人口が微減している中、毎度毎度国債を購入し続けられるほど日本国民の財力は豊富なんやろか?

要は「破綻するほどヤバくはないが、このままで良いってワケでもない」。
若干景気浮揚してるし、少しは公共投資を減らしても大丈夫。
それと同時に、好景気による税収増。さらには消費税(12〜14%が限界だろうが)でバッチリ。
あとは、少子高齢化と世代間格差・若年層過負担の構図に取り組む事と、
個人消費に目を向けて、「企業から家計へ」の賃金還元を励行することだ。

871 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 21:19:02 ID:4hhT8lPC0
売れない債権を買うってどういうことよ。
それじゃあ買わなければいいのでは?

872 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 21:19:48 ID:P1gDvbDd0
政府でも国民でも誰でもいいから金を
じゃぶじゃぶ使って需要を増加させること
それが重要

873 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 21:20:51 ID:Ws0f7b440
なんで国民一人あたりなんだよ。国民が作った借金じゃないだろ。
公務員一匹あたりの数値に直して、公務員・官僚・政治家に全額弁済させろや。


874 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 21:22:58 ID:tFwfMf0S0
夕張市はどう説明されるの?

875 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 21:23:42 ID:P1gDvbDd0
国債の残高と貧富の格差が広がっていることは
密接な関係がある

その点に関しては深刻な問題

876 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 21:25:24 ID:zMGowMjM0
>>871
買わないとアメリカの財政が破綻する。
アメリカは国債の利回りを上げてでも買い手を捜す(高い金利で借金相手を探す)。
アメリカは政策金利を上昇させざるを得ない。
金利上昇によりアメリカ経済は減速する。
ドル安が発生し、米国の購買力が落ち、不景気に突入する。
円高ドル安、おまけに購買力の無い米国市場。日本企業はどうなる?

と言うのが、表向きの理由。

実際は「アイツら、すぐキレるからな〜、付き合いで買っとくかぁ・・・」

877 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 21:25:52 ID:tFwfMf0S0
夕張市の公務員が莫大な資産を持っているか、
あるいは豪快に浪費しちゃって市外に金が流れていったとか?

878 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 21:25:57 ID:/xYtdOPw0
>>830
だから反論になってませんってばw
メインは国の支出によって生み出される「富」。公共事業によるインフラなどは
副産物なんですよ。今や市民の生活を便利にするという意味合いよりも
景気対策としての意味合いのほうが大きい>公共事業
熊しか通らず維持費にクソみたいな金がかかる道路なども、結局その維持費は
誰かの富になってるわけで、熊道路が良いとは言いませんが、結局は国債なんて
国内で富が循環しているに過ぎないんですよ。君らバカがどういう屁理屈をこね回そうが
君らは「金は使えば消える!」といっているに過ぎないんですよw

879 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 21:26:17 ID:nmEEfGII0
>>873
つーか、結局政府の借金は国民が払わされることになるから問題なんだと思う。
税務署もヤクザや朝鮮人からは取り立てない。税金は取りやすいところから盗る。これが徴税の基本ですw


880 :夕張:2006/12/28(木) 21:28:08 ID:tFwfMf0S0
国の公務員はフランスのワインを何千本と買って金を浪費したり。
あ、日本食認定とか言って海外食べ歩きツアーで金を浪費したりするのか?

881 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 21:30:33 ID:P1gDvbDd0
>874

再建団体とは破綻と言うことではなく
単に国が関与して債務を返済するということ

882 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 21:30:34 ID:zMGowMjM0
>>874
夕張の場合、人口の激減と行政サービスの維持が両立できず、
産業も死んだ上に、下手に足掻いて三セクが破綻しまくった、という形。

「ハハハハハハ、借金しても5年後には返すさ。5年後に再び借りるけどな」と言ってたのに
5年後になってみたら、人口が半分に・・・税収も半分に・・・で、返せなくなった。
日本の人口が6000万人になった上に産業が死滅して、公務員だけ多かったら、そりゃつらいわな。

883 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 21:30:45 ID:/xYtdOPw0
>>830
>賢い俺は破綻しなければ現状維持、破綻すれば逆に資産100倍の両バリしてるからむしろ破綻してほしいんだが^^
以前、破綻厨は
「人生真っ暗、他力本願で世間にあわせて自分が変わろうとせず、世間がわかりやすく変わってくれ、尚且つ
負け組と勝ち組が同じスタートラインに立てるという財政破綻を切望する負け組」
「国家破綻商法詐欺師にカモられ、得体の知れない金融商品をつかまされ、引くに引けないバカ」
「本気で財政破綻を信じてる大バカ」
この3つに分かれていると言う人がいました。
あなたは2番ですね

884 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 21:31:05 ID:DgO0I7Pz0
バグか何かしらないが、このスレ1000越えても書き込みが…
http://food6.2ch.net/test/read.cgi/sake/1167054783/

885 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 21:31:07 ID:1F6bmEPw0
>>866
ごめん。意味が分からない。

886 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 21:34:29 ID:nmEEfGII0

もしかしてさあ。国債増えても大丈夫な連中って、徴税が公平に行われてるって信じてるのか??
国の借金が増えればその返済の原資となるのは、確実に補足されている一般労働者なんだが。あと、消費税くらいか。

一番経済活動をしている大企業・在日外国人自営業の連中が対象外となることで、負担が不公正になるのは馬鹿でもわかること。

887 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 21:35:59 ID:zMGowMjM0
>>881
それは言葉尻の問題でさ、事実上「破綻認定」だべw
地方自治体にとって中央に管理されるのは、国がIMFに管理されるのと同じ。

まぁ、自治体の場合は「仕事が無いから他の町へ行く→人口減」が起きやすいが、
国家の場合は、そんなシンプルな構図でもないので、ちと違うけどね。
実際、夕張市よりも財務状況の悪い自治体なんて腐るほどあるんだろうけど、
「比率としては債務まみれだが、絶対額が大きくない」
「人口60人の村でも1000万人の大都市でもないからモデルケースになりやすい」
という意味で、“再建団体のテストケース”として扱われてるような気が。
これが上手く行ったら、日本中の自治体で似たような再建策が取られると思う。
財務省だか自治省系総務省だかから官僚が派遣されて統制経済、みたいな。

888 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 21:37:34 ID:R7Zzwfv/0
仮に国民一人あたり648万円払って国の借金とやらをチャラにしたら
どうなるって言うんだ?別に何も変わらんだろ

889 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 21:38:30 ID:1ZrB9VP90
>>882
行政の癖に生産性を求めたのが原因だなw

890 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 21:39:16 ID:1F6bmEPw0
>>888
国民が現金をそんな風に使ったら、経済が大混乱すると思う。

891 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 21:42:06 ID:L6Kqy+tGO
>>878
>>774で、国から民間に還流したカネがまた国債購入に充てられる、って仮定が引っ掛かるな。
チーム施工がいるかぎり信用不安なんて起こさせません、てことか?

てか昨日今日だけで長期金利0.1%上がってんぞ。まだ大丈夫なレベルだが油断できない動きだな。

892 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 21:43:07 ID:1ZrB9VP90
>>888
銀行・郵便局が融資先を失って、貯金すると多額の手数料を引かれるようになるんじゃないか?

893 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 21:46:00 ID:uF+TrwuV0
>>891
1日レベルの短期で見れば2パーセント超とかザラにあるよ。重要なのは上昇基調か否か

894 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 21:46:00 ID:dm4/WFxE0
債務の名義が異なるだけで、日本の国富は不変。要するに返せない以上破綻するしかない。
日本国民自身が。通貨がペーパーマネーになって以降、信用を失った時点で国家国民は
貧民になる。それが嫌なら、外国を通貨を持って外国の銀行かなんかに資産を持つべき。

但し、その外国が破綻する可能性もある。 まあ、大国の興亡 と 富の興亡。

895 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 21:48:35 ID:E9Jr4t5n0
>887

夕張市債を保有している者には
全額保証される
これがどうして破綻なの?

バカにこれ以上説明するのは
疲れてきた。

896 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 21:48:49 ID:uF+TrwuV0
>>894
経済板では、債務の額面だけ見て破綻破綻と喚く、債務が国の信用を決める上では
指標の一つでしかないというコトを理解できないバカを額面厨と呼んでる。
デフォルト(破産)の可能性を語る上で、一番重要なのは債務の総額ではなく
単年度の償還額だ。500万円の借金を5年で返すのと、600万円の借金を
10年で返すのではまるで意味が違ってくる。日本国債は需要が高く、長期債などを
発行して償還期限を超長期に分散させているため、債務額の割には単年度の償還額が
低い。国債市場の盛況ぶりをかんがみても、デュレーションに由来する問題が
発生するとは考えにくい。

897 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 21:48:49 ID:1ZrB9VP90
>>894
>信用を失った時点で国家国民は貧民になる。
自国の通貨で信用ねぇ・・・

898 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 21:49:45 ID:WnaN9Vsr0
>>873
国債の利子も元本も税金からだからじゃない?


899 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 21:50:27 ID:R7Zzwfv/0
>>890
どう混乱するのかが書かれてなくてよく分からんが
やるとしても帳簿上のやり取りだけで、日本銀行が札束であふれる訳じゃないし
金の放出で生活に困る人間には政府が援助すればいいし(借金チャラだしそれくらいできるだろ)
それ以外の連中には減税とかで少しずつ還元すればたいして混乱はしないと思うがな

900 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 21:52:18 ID:zMGowMjM0
>>895
中央「おいこら、お前、もう払えんだろ」
夕張「たしかにムリです」
中央「んじゃ、俺が何とかしてやる。その代わり、お前に権限ナシ!」
夕張「予算設定とかダメですか」
中央「ダメ。債権保有者への返済は俺が保障するから、夕張の財政は俺が仕切る」

IMFやん。

901 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 21:53:27 ID:WnaN9Vsr0
銀行とかが保有してるんなら、意地でも庶民の大増税で穴埋めさせそうだ。

国債発行で内需っていうけど、1000万以下の所得の人の所得は上がっているのか?
上がってないから内需などの効果はないんだろう。
利権団体にそのままいってるんじゃないの?

902 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 21:53:45 ID:1ZrB9VP90
>>873
自分らで頭勝手に決めておいて、責任放棄ですか、ああそうですか。
そんなに政治の結果に責任もてないなら、民主主義やめれば?

903 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 21:55:42 ID:WnaN9Vsr0
夕張の市債は夕張市民の税金で返さないといけないが
もう無理なんだよな。
夕張市民が市債を持っても自分らの納める税金で
返すんだからだれがもとうが借金

904 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 21:57:10 ID:dm4/WFxE0
>>896
wara

905 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 21:57:16 ID:TNldulSLO
平民たった一人が止めを宣言したぐらいで民主主義は崩せるのかね?

906 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 21:59:22 ID:zMGowMjM0
>>901
ドカタの雇用とかに役立ってます。
歳出はGDP考慮した引き算で考慮される面もあるから・・・
だから、単純に「歳出増は悪だ」ってコトもないんだけど、使われ方の是非に関しては
国債発行額云々とは違う次元での議論が必要だわな。

債務と債権、国の保有資産(不動産含む)と景気浮揚による税収増、あとは消費税中心の増税。
まだ日本国は破綻するってレベルじゃないが、労働人口減少も加味すると
なるべく早いうちに手を打っておいた方が良いのは言うまでも無い。

907 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 22:00:04 ID:l5lTylU50
国債が借金であることは事実であるが、それは形式的な議論でのみ妥当
するのであり、国債とは本質的には、総支出(総需要)を調節するため
の手段でしかないのだ (ラーナー『雇用の経済学』第一章)
それはまた、庶民が想像するところの借金とは異なるものである。すな
わち日銀が国債をたとえば、500兆円買取って保有した場合に、その
利息収入は日銀の手にはいるが、その利益は政府に納めなければならず、
単なる帳簿上の債権債務となることから明らかである。
さらに明確に国債の本質をとらえるためには、政府の子会社である日銀
を、年末30日に政府に吸収合併するところを想像すれば良い。そうな
ると国債の債権者が政府となるのであり、債権債務が同一人格に帰属す
ることになり、民法における混同の法理により、債権債務が消滅するの
である。これを借金と呼称することには、いささかの無理があることが
分かるだろうと思う。

908 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 22:00:05 ID:PNRosUYc0
>>904
反論できないの?

909 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 22:00:15 ID:bvSpSnh60
>>878
>君らは「金は使えば消える!」といっているに過ぎないんですよw

破綻厨に共通するのは、「お金は使ったら消える」という錯覚を持っているということだ。
よく「お金をドブに捨てる」なんて言い方をするけども、それも同じ錯覚が原因だね。
確かに自分がお金を使えば、自分のお金は消えるけど、お金そのものが消えるわけじゃない。
個人的な体験と、客観的な事実が脳内でごっちゃになってるんだろうね。

910 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 22:01:48 ID:WnaN9Vsr0
>>906
ドカタなんて社会保障なし、低賃金、日雇いで悲惨なもんだ。
そんな人たちが経済は給及ぼすほど、消費するかね?

911 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 22:02:18 ID:dm4/WFxE0
まあ、金繰りと受信の違いを理解しない奴が多すぎ。これ金貸しの常識。

912 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 22:03:31 ID:tnO6a8zdO
元から税金納めるつもりなどないニートやフリーターにはあまり関係ない話。
苦しくなったら生活保護申請するだけ。

913 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 22:03:47 ID:ks1lSLtX0
>>871
ドルを円に替えたら円高になって日本企業が困るでしょ
だからドルをドルのまま米国債(=世界一安全な投資先)にして運用してるってだけ

914 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 22:04:58 ID:l5lTylU50
金は使えば使うほど増えるんだよ。
社会全体においてはね。

915 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 22:06:13 ID:dm4/WFxE0
>>913
違う。FRBと日銀で市場外で通貨スワップやれば、円相場にまったく影響与えず全ての
外貨準備を円に戻せるだろ。ただそれを日ホン政府は絶対にやらない。

9千億ドルの日本政府の外貨準備はいずれ米軍に差し上げる安全保障
予約金みたいなもの。

916 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 22:08:10 ID:jUIiI3F70
>896
 なんで、国際の需要が高いのだろう?
 これだけ、金利が低く、 日本円を借りて金利の高い海外債権などを購入する投資家さえいるのに。
最近の円安はこの影響なんでしょ?


917 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 22:09:10 ID:zMGowMjM0
>>908
労働人口の減少と高齢者の増加で、歳入減と歳出増が進むんではないかと危惧しております。
国債を買おうにも国内の購買力が・・・海外でも買い手が見つからないし・・・
となった時点で限界なワケで、その水準に到るのは2030年とかまで猶予はあると思いますが、
「国債なんぞナンボ発行しても大丈夫!」とは思わんです。

918 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 22:10:15 ID:l5lTylU50
>896

いろいろ理由はあるが
民間の資金需要がないことが大きな原因だね。

919 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 22:10:15 ID:jUIiI3F70
>915
 スワップのための円をFRBは用意できるの?


920 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 22:10:40 ID:WnaN9Vsr0
>>917
銀行に買わせるんだろうな

921 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 22:10:40 ID:91BZbV3J0
>>917
労働人口=産業の能率化で必要な労働力は減少する
人口=年40万人程度の人口減で経済はさほど痛手を受けない

922 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 22:15:41 ID:pK2I7i+n0
650万くらい俺みたいにすぐだせねーのかよ?
下級市民乙w

923 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 22:16:15 ID:zMGowMjM0
>>921
それは、ちょっとバラ色の未来を描き過ぎだと思うんだが・・・
労働人口が半分になったとしようや。賃金は二倍になるのか?
そうならないと、購買力は落ちるべ。
高齢者への負担は二倍以上(労働人口1/2&高齢者2倍なら4倍)になるんだし。
(まぁ、企業の内部留保金を吐き出させるって方法もあるが)

924 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 22:17:00 ID:jUIiI3F70
わたしは、悲観的なので、預金の8割以上を外貨と金の延べ棒に変えて保有しています。
たぶん、3年以内に私のやり方が正しいことが証明されるでしょう。
つまり、近々 インフレ率が10%を越え、1ユーロが200円を突破するのは確実でしょう。
たぶん、1ユーロ300円くらいまでは確実に5年以内になると思います。
早いこと資産をどうするか考えておいたほうが良いです。


925 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 22:17:21 ID:1F6bmEPw0
>>922
さっさと出せよ。

926 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 22:17:51 ID:O7nDPTpa0
国民一人あたり648万円" 国の借金

うーんこれは平均貯蓄より上だろ?ダメな国じゃん。しょんぼりしちゃうな。
国会議員とかほんと口ばっかで役立たずってことだな。

927 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 22:19:25 ID:91BZbV3J0
>>923
50年後の人口は9000万人〜1億1000万人だそうな。
半分になるのは恐らく80〜100年後くらいでしょうな。
流石に自分が生きてるかどうかわからないほどの未来まで責任もてません。

928 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 22:20:57 ID:zMGowMjM0
>>924
悲観的過ぎるぞw
ユーロを持っとくのは悪くないが。

ただ、日本経済があぼんしたら、外貨預金なんぞ封鎖されるだろ。
華僑やユダヤのように「手元に純金」って方法しかないよw


>>926
でも、日本国は対外債権と資産も持ってるからね。
それを考慮すると、まぁ、そんなに悲観する必要も無い。
楽観するのもアレだが、破綻はしないよ。

929 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 22:24:26 ID:1F6bmEPw0
俺は、現在はドルは4万ドルくらい、
金は200万円分くらい持っている。
まあ、他は円で、不動産とかはゼロだ。

今後は、円で貯めようと思っている。ユーロは一部買ってもいいかな。
日本経済が破綻するとかは思ってない。
単に分散しているだけ。

930 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 22:29:12 ID:cptODFXB0
>>287のコピペの

636 :名無しさん@6周年:2005/09/24(土) 21:40:04 ID:3I/rUb6v0
金を使うことが無駄使いかどうかは個人のレベルの話で、経済全体から見れば
無駄使いなんてことはありえない。へんな話、100億円分の牛丼注文すれば
吉野家の売り上げが100億上がって社員はボーナス出て、プラズマテレビでも買って
電気屋が儲かって電気屋はステーキでも食って、ステーキ屋が儲かって、と
連鎖していくのが経済。

に笑ったw
吉野家が100億儲けても、そこから設備投資に回すだろうし(国内だけならいいけど、海外もあるだろうし)、
役員があまった儲けを多くとり、社員がちょっとしかもらえないって事になるのが、今の風潮だと思う。

儲け→儲けって連鎖が続いたのはバブルの時の話じゃん

931 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 22:29:16 ID:1ZrB9VP90
>>916
企業に金を貸すのはギャンブルです。
外国債購入はギャンブルです。
日本国債購入は貯蓄です。

932 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 22:39:15 ID:ammThyz60
一人当たり648万ってのは、国に648万払えって事?国から648万もらえるって事?

933 :ニートジャパン ◆oErA3z1dMw :2006/12/28(木) 22:41:11 ID:Bh1wC56v0
>>932
貰ってるはずだよ税金で返してって事

934 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 22:41:32 ID:1F6bmEPw0
>>932
どっちでもないってこと。

935 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 22:42:57 ID:mHJuU63N0
>>930
設備投資は誰かの儲けじゃん
皿買えば皿屋の
冷蔵庫新調すればメーカーの
新規出店すれば土建やら内装屋やらの儲けじゃん

936 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 22:43:03 ID:L6Kqy+tGO
>>931
その3者の差はなんだ?
「信用」じゃないのか?
それは不変のものか?相対的で流動的なものだぞ。
逆もまた真なり、って事態もありうる。

937 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 22:43:56 ID:WnaN9Vsr0
>>932
国に払えってこと。税金で国債は償還されるんで。
>>1の記事も資産なんて書いてないよ

938 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 22:45:42 ID:1ZrB9VP90
>>932
一人当たり648万って事は、一人当たり640万くらい国に貸してるって事だ。
とはいってもこの中のほとんどは個人ではなく会社が貸しているのものだがな。

939 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 22:47:43 ID:WnaN9Vsr0
>>938
税金から返すんだし、個人でも会社でも
国民のふさいだよ

940 :ニートジャパン ◆oErA3z1dMw :2006/12/28(木) 22:48:04 ID:Bh1wC56v0
>>935
で、その企業の株を外国人が買って
「凄いじゃん!日本国債効果ありまくりじゃん!」なんていって
あれ〜?って
あれだけ国債で盛り上げた日経平均どっかに行っちゃったなんつって
ゴールドマンサックスが「日本おもすれ〜!」なんつっちゃってんの

941 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 22:49:03 ID:j3HjE9TE0
>>939
受益者も国民

942 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 22:51:38 ID:WnaN9Vsr0
国債で景気がよくなる割りに、現実は格差社会
派遣だらけの日本
>>941
自分の貯蓄を自分の税金で穴埋めしているだけで負債

国に貸して、国に返してもらうように言うと、国が金をくれといい、
その金で支払ってもらう、僅かな利子とともに。利子も自分の金

943 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 23:17:42 ID:qy8M0q8u0
いま思ったんだけど、政府の指導で業績の良い大企業に資産として
アメリカ国債を買わせてるっていう事はない?

944 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 23:20:10 ID:aeIUS2YT0
↑名前、国籍が自由自在で脱税し生活保護不正受給リッチの在日が斜め上から目線で一言

945 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 23:25:20 ID:qy8M0q8u0
或いは日本国債を買わせて下支えを担わせているとか。

946 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 23:25:23 ID:C98lSlds0
国債の金利を国債で返す不健全な状態、負の連鎖はまさにバブルである。
これは公務員が作った借金なのだから、公務員が責任を取って大幅な給与削減
をすべきだ。

947 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 23:27:58 ID:1ZrB9VP90
>>946
公務員が作った?
馬鹿じゃないの?
予算を立てるのは代議士だよ。
代議士を選んだのは国民だ。
わかる?

948 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 23:34:26 ID:yXdq26du0
特定財源を一般財源化するまで増税は許されない。


949 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 23:42:52 ID:cyOiRwyd0
>>946
代議士って衆議院議員の敬称なんだよ。
知ってた?
それに国会議員も公務員だよ。
わかる?

950 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 23:43:42 ID:1ZrB9VP90
>>949
で、国会議員を選んだのは誰?

951 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 23:44:44 ID:C98lSlds0
>>947
実際は役人の抵抗があり国会議員だけじゃ決められないはずだが。
公務員とは広い意味で議員も入るんだが。

952 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 23:46:17 ID:1ZrB9VP90
>>951
役人の抵抗があって遅れることはあっても、結局は国会議員が決めるんですよ。
国会で役人が採決に加わるとでもおっしゃるのですか?

953 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 23:47:21 ID:L6Kqy+tGO
>>943
てか日本の大企業ってこの数年で外資に株を買われまくったからなあ。
りそなショックの暴落の時に。

キャノンとか、外資が半分株もってるから事実上は外資系だしな。
だから直接米国債買ってなくても、何らかの影響は受けてるだろね。

954 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 23:48:52 ID:rPeFlAF80
1000万も稼いで20%も税金とられない国は

この地球上に日本だけです

955 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 23:49:52 ID:4hhT8lPC0
公務員の給与を国債で支払えば解決

956 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 23:50:16 ID:NPDroFcc0
国家予算が30兆なのに800兆なんて返せるわけねーじゃん
おまえらの大切な貯金が紙クズになる日は近いぞw

957 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 23:51:17 ID:FyUDmg290
持家の連中は得だな。
こんだけ借金したら日銀で引き受けしか
ないからインフレだもんなあ。

958 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 23:51:28 ID:8jnCwHN9O
>>883
俺は650にも書いてるけど、5年後って予想してんのよ。具体的な時期予想できてんのに今張る訳ないだろ?アホカ
それに金融商品だとは一言も言ってないわな。
外国に資金避難するってだれもが考えるようなことするわけないおちんちんゞ

959 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 23:51:50 ID:KmR4928k0

「国民一人当たりの借金」=「国民一人当たりの貸し金」 (どちらも国民)

「国民一人あたり借金」詐欺レトリック 財務省の増税キャンペーンにNOを! 
「国民一人あたり借金」詐欺レトリック 財務省の増税キャンペーンにNOを! 
「国民一人あたり借金」詐欺レトリック 財務省の増税キャンペーンにNOを! 
「国民一人あたり借金」詐欺レトリック 財務省の増税キャンペーンにNOを! 
「国民一人あたり借金」詐欺レトリック 財務省の増税キャンペーンにNOを! 
「国民一人あたり借金」詐欺レトリック 財務省の増税キャンペーンにNOを! 
「国民一人あたり借金」詐欺レトリック 財務省の増税キャンペーンにNOを! 
「国民一人あたり借金」詐欺レトリック 財務省の増税キャンペーンにNOを! 
「国民一人あたり借金」詐欺レトリック 財務省の増税キャンペーンにNOを! 
「国民一人あたり借金」詐欺レトリック 財務省の増税キャンペーンにNOを! 
「国民一人あたり借金」詐欺レトリック 財務省の増税キャンペーンにNOを! 
「国民一人あたり借金」詐欺レトリック 財務省の増税キャンペーンにNOを! 
「国民一人あたり借金」詐欺レトリック 財務省の増税キャンペーンにNOを! 
「国民一人あたり借金」詐欺レトリック 財務省の増税キャンペーンにNOを! 


960 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 23:53:27 ID:rPeFlAF80
日本の税金は安すぎる

世界一の税金天国日本
企業も金持ちも居心地が良過ぎて出て行かない

961 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 23:54:56 ID:xOFC7e4B0
国の借金て国債のことだろ。日本国債は95%以上が国内で買われてる。
少なくとも対外債務ではない。国の破産には程遠い状況。
国民1人当たりって考え方自体いかれてる。デフォルトすりゃいいじゃん。
損するのは国債買ってる国内の金持ち層だけだよ。ほとんどの国民は誰も困らない。

962 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 23:55:37 ID:1ZrB9VP90
昔は最高税率93%とかの時代も有ったけど、
あれは金持ちが投資せざる終えない状況に追い込み、
結果経済を支えていたんだよな。

963 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 23:55:39 ID:91BZbV3J0
>>958
レスのメインに反論出来んのにアンカー付けんなよw

964 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 23:56:15 ID:WnaN9Vsr0
>>961
国債は税金で返すから国民一人当たりであってる

965 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 23:57:44 ID:1ZrB9VP90
>>691
>損するのは国債買ってる国内の金持ち層だけだよ。
銀行の預金はほとんど国債に回されています。
実際貯金が少しでもある人は、みんな間接的に国債を買っているのです。

966 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 23:58:09 ID:FyUDmg290
俺が学生時代のときの教授(経済系)は
破綻はもうすぐだといって、2003年に破綻するという本を
俺に読ませた。
俺は「国内の借金だし、日銀で引き受けできますよ」
っていったら「いや、破綻する」としか言っていなかった。
あれから5年以上たつが、まだ破綻してないな。

経済学者で破綻を煽る奴って、増税したいだけでしょ。
日本も馬鹿だな。1500兆刷っちまえば、年金問題も医療問題も
解決だし、インフレで借金は減額、Bやz利権も実質減だろ。
土地は含み益。いいことずくしじゃねーかよ。

967 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 23:58:46 ID:KmR4928k0

「国民一人当たりの借金」=「国民一人当たりの貸し金」 (どちらも国民)

「国民一人あたり借金」詐欺レトリック 真実を歪曲する財務省の増税キャンペーンにNOを! 
「国民一人あたり借金」詐欺レトリック 真実を歪曲する財務省の増税キャンペーンにNOを! 
「国民一人あたり借金」詐欺レトリック 真実を歪曲する財務省の増税キャンペーンにNOを! 
「国民一人あたり借金」詐欺レトリック 真実を歪曲する財務省の増税キャンペーンにNOを! 
「国民一人あたり借金」詐欺レトリック 真実を歪曲する財務省の増税キャンペーンにNOを! 
「国民一人あたり借金」詐欺レトリック 真実を歪曲する財務省の増税キャンペーンにNOを! 
「国民一人あたり借金」詐欺レトリック 真実を歪曲する財務省の増税キャンペーンにNOを! 
「国民一人あたり借金」詐欺レトリック 真実を歪曲する財務省の増税キャンペーンにNOを! 
「国民一人あたり借金」詐欺レトリック 真実を歪曲する財務省の増税キャンペーンにNOを! 
「国民一人あたり借金」詐欺レトリック 真実を歪曲する財務省の増税キャンペーンにNOを! 
「国民一人あたり借金」詐欺レトリック 真実を歪曲する財務省の増税キャンペーンにNOを! 
「国民一人あたり借金」詐欺レトリック 真実を歪曲する財務省の増税キャンペーンにNOを! 


968 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 23:59:00 ID:WnaN9Vsr0
>>965
国民が買わないなら、こっそり預金から買わせてるんだよね

969 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 23:59:58 ID:oFwwZ4JY0
>>958
「金は使ったら消滅する」だのノタマってるバカの根拠の無い予測がどの程度信用できるのかは甚だ疑問だがな。

970 :名無しさん@七周年:2006/12/29(金) 00:02:11 ID:wDJ605d40
>>968
銀行側からしても、確実に帰ってくる安定した財源で預金を確保したいんだよ。
会社はつぶれるし、外資は為替相場で変動するからね。
その点国債は、円と一蓮托生だから安心。国債がだめ担ったら結局円もだめだし。

971 :名無しさん@七周年:2006/12/29(金) 00:02:52 ID:Ul/PQdZ20
>>958
自信の割にはロクに反論すら出来てねぇじゃん

972 :名無しさん@七周年:2006/12/29(金) 00:05:03 ID:zRLXh3u+0
UNこくさいレス

973 :名無しさん@七周年:2006/12/29(金) 00:06:17 ID:JDd+K2RP0

昭和50年から本格的に特例国債を発行してるんだよ。

31年前から、日本の財政は不健全になってる。

だから・・・昭和53年に消費税を入れようとしたのに、馬鹿な国民は「大反対!!!」

夕張市民と同じ。  国民が無知で我が侭で馬鹿だったってことw

今さら大騒ぎしても遅いわw

http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/siryou/004.htm







974 :名無しさん@七周年:2006/12/29(金) 00:06:31 ID:It5oa06qO
>>966
食糧自給率40%で大インフレ&円安になってみろ。
いったいどうなると思う?
ちなみに60年前は自給率100%だったぞ。

975 :破綻厨は毎年大忙がし:2006/12/29(金) 00:08:43 ID:6Fpyf5590
(1994年)
  −=≡   _ _∩
 −=≡   ( ゚∀゚)彡  日本の借金は300兆が限界!
−=≡   ⊂ ⊂彡       

(1999年)
          ピュー
   ∩_ _ ≡=−
   ミ(゚∀゚ ) ≡=− 日本の借金は500兆が限界!
    ミ⊃ ⊃   ≡=−   

(2005年)
  −=≡   _ _∩
 −=≡   ( ゚∀゚)彡  日本の借金は1000兆が限界!
−=≡   ⊂ ⊂彡       

(2010年)
          ピュー
   ∩_ _ ≡=−
   ミ(゚∀゚ ) ≡=− 日本の借金は2000兆が限界!
    ミ⊃ ⊃   ≡=−   

   閃光のように走り抜ける破綻厨

976 :名無しさん@七周年:2006/12/29(金) 00:09:25 ID:q08WjJ0L0
国民1人当たり678万円はいいとしよう。
ただ、これは借金と同時に国への貸し金でもあるわけだよな?
国債のほとんどを国内消費している現状においては。
結局、国民から金を借りて公共事業を通じて経済を回してるだけでしょ。

少なくとも現状の850兆円の借金と、純粋な対外債務100兆円の借金だったら
後者の方が国にとっては深刻だよ。

977 :名無しさん@七周年:2006/12/29(金) 00:12:03 ID:OOywYEOF0
>>976

後者の方が深刻には違いないが前者も深刻なのには違いないのです。
ちなみに全て外債で賄ってたら名目GDPの100%に達する前にとっくに破綻しています。

978 :名無しさん@七周年:2006/12/29(金) 00:13:52 ID:JDd+K2RP0
>>976

国債だけで財政を賄えるなら、税金を徴収しなくても良いわなw

経済音痴は黙ってろ!w





979 :名無しさん@七周年:2006/12/29(金) 00:17:26 ID:DRyRWNKg0
>>886
プライマリーバランスがマイナスってことは、税金の支払いを猶予されている
ことは事実だが、将来、誰にとって有利かは一概に言えない。

>>909
お金をドブに捨てると、日銀の債務が免除されるお。

>>966
それは、金融上がりのデムパ系の人じゃ?アカデミックな訓練受けてない香具師おおいからな。
経済学者とやらは。

980 :名無しさん@七周年:2006/12/29(金) 00:19:41 ID:6Fpyf5590

日本が破綻したらどうしよう

  :/\___/ヽ .
..:/''''''   '''''':::::::\:
:.| (◯),   、(◯)、..::|:
:.| " ,,ノ(、_, )ヽ、,,""..:::|: ああああああああああああ
:.|   ´,rェェェ、` .:::::::::|:
:.\  |,r-r-|  .:::::/…
:/  ヾ`ニニ´ / ̄"''''ヽ:

     破綻厨ズームアップ

981 :名無しさん@七周年:2006/12/29(金) 00:21:15 ID:BoKoA1m/0

WE施行、定率減税廃止、消費税率上昇、社会保険料上昇。
こうやってストレートをジャブのようにボコボコ入れ続けて、
内需が下落する2年後は、もう終りだよ。

実質成長率がマイナスになって、国債金利を維持できなくなる。
あとは夕張コース。

夕張と違うのは、誰も支えてくれるところがないということ。
ユダヤと中国に買われて、価値のあるもの全部持っていかれて、
残った国民は捨てられてはいおしまい。

本当にそうなるよ。


982 :名無しさん@七周年:2006/12/29(金) 00:23:30 ID:8g7bO0E50
>>966
政府系研究機関で統計学専門の御用学者。
先日もその人の論文をバックボーンに○○機構という天下り組織が
設立され、本人に会った「社会の役に立った」とご満悦だったw。

ちなみに分野の違う素人の俺が読んでも、その論文には「結論ありき」
で穴があったwww。
官僚は結論に真っ先に飛びつくと思ったがそのとおりだったよ。

983 :名無しさん@七周年:2006/12/29(金) 00:24:46 ID:JDd+K2RP0
国の財政破綻ってのは、その国の中央銀行券が消滅するわけではない。
日本の場合は「日本銀行券」だが、こんなもん紙だから無くなれば刷れば良い。

要するに財政破綻ってのは、中央銀行券の価値が無くなる or 無価値に等しくなるということだ。
国債ってのは、中央銀行券と、ほぼ同じ価値だ。
刷れば刷るほど価値が希薄になる。

最後は、国債の金利が上がって、価格が下落・・・で、破綻するんよw

「個人向け国債」 財政破綻したロシアもアルゼンチンも財政破綻する数年前から
発行してたけど、日本も数年前から発行してるから・・・「個人向け国債」

ほら!  イチローがCMに出てるやつwwwwwwwwwwwwwwwwww



日本は、その一歩手前の状態。




984 :名無しさん@七周年:2006/12/29(金) 00:25:04 ID:dPWQcfxK0
>>953
外資の金が入る事で総資本を上げて実際の規模より大きくする。
同一の会社の中に別の会社が何社も並存してるような感じだね。
金が目的だったのか、ネットワークなのか。常識をあまりにも超えている。

985 :名無しさん@七周年:2006/12/29(金) 00:26:45 ID:PiZn0R1t0
>>983
フランスとかも個人向け国債発行していましたが、何か?

986 :名無しさん@七周年:2006/12/29(金) 00:28:05 ID:8g7bO0E50
>>974
健康になるだろうよ。

987 :名無しさん@七周年:2006/12/29(金) 00:28:33 ID:4cl42BrQO
借金なんか国が大量に紙幣を作れば済む話じゃん


……自分の貯金が紙切れになる前に金や$と交換するタイミングがちと読みにくい

988 :名無しさん@七周年:2006/12/29(金) 00:29:43 ID:1Vz5dv0P0
国債残高の多寡は問題なしという借金中毒患者の繰言に惑わされてはいけない。
問題は行き過ぎた国債発行がマネーサプライの膨張を生んでいること。
日本の場合、年間500兆円の付加価値(GDP)を生むのに必要な
マネーサプライは420兆円である。しかし実際のマネーサプライは
それを1000兆円上回っている。国の借金がGDPでなく高い地価に
反映し余剰マネーサプライを生んでいる。

資本あたりの利益をROEといい、この指標をみると企業の体質が
よくわかる。ROEが高いと効率的な資本運営がされており、
労働の価値が高く、人材登用や新規事業のモチベーションが高い。
ROEが低いと、社内に余分なプロセスが多く、労働の価値が低く、
人材登用や新規事業は敬遠される。
ROEの高低は企業それぞれのカラーなので、それをもってことの良し悪し
を断ずるべきでないが、一個の社会全体がROEの低さを強制されるとなると
話が違ってくる。現在の日本が正しくそれであり、
高い地価と余剰マネーサプライによる低ROEが社会全体に強制されている。

989 :名無しさん@七周年:2006/12/29(金) 00:30:00 ID:cguvEg6K0
国民から集めた税金のほとんどが、
「特別会計」という、何に使ったか問われない予算にまわされる。
つまり、議員や官僚や役人たちが自由に使えるお金になる。

実際に予算分けしてるのは「一般会計」と言われ、ほんの4分の1程度。

今年の「特別会計」の予算は、700兆円!!
これが分配されると、議員たちがそれにむらがり、
議員を応援してきた地元建築屋や先生などにばらまかれる。

税金のほとんどを議員や官僚の贅沢のために使われ、
国民には「金がない」といって増税、負担を増やす。

今の政治家たちは腐ってる。

990 :名無しさん@七周年:2006/12/29(金) 00:30:44 ID:6Fpyf5590

「国民一人当たりの借金」=「国民一人当たりの貸し金」 (どちらも国民)

「国民一人あたり借金」詐欺レトリック 悪質な財務省の増税工作 批判しない御用マスコミにNO! 
「国民一人あたり借金」詐欺レトリック 悪質な財務省の増税工作 批判しない御用マスコミにNO! 
「国民一人あたり借金」詐欺レトリック 悪質な財務省の増税工作 批判しない御用マスコミにNO! 
「国民一人あたり借金」詐欺レトリック 悪質な財務省の増税工作 批判しない御用マスコミにNO! 
「国民一人あたり借金」詐欺レトリック 悪質な財務省の増税工作 批判しない御用マスコミにNO! 
「国民一人あたり借金」詐欺レトリック 悪質な財務省の増税工作 批判しない御用マスコミにNO! 
「国民一人あたり借金」詐欺レトリック 悪質な財務省の増税工作 批判しない御用マスコミにNO! 
「国民一人あたり借金」詐欺レトリック 悪質な財務省の増税工作 批判しない御用マスコミにNO! 
「国民一人あたり借金」詐欺レトリック 悪質な財務省の増税工作 批判しない御用マスコミにNO! 
「国民一人あたり借金」詐欺レトリック 悪質な財務省の増税工作 批判しない御用マスコミにNO! 
「国民一人あたり借金」詐欺レトリック 悪質な財務省の増税工作 批判しない御用マスコミにNO! 
「国民一人あたり借金」詐欺レトリック 悪質な財務省の増税工作 批判しない御用マスコミにNO! 
「国民一人あたり借金」詐欺レトリック 悪質な財務省の増税工作 批判しない御用マスコミにNO! 
「国民一人あたり借金」詐欺レトリック 悪質な財務省の増税工作 批判しない御用マスコミにNO! 
「国民一人あたり借金」詐欺レトリック 悪質な財務省の増税工作 批判しない御用マスコミにNO! 
「国民一人あたり借金」詐欺レトリック 悪質な財務省の増税工作 批判しない御用マスコミにNO! 
「国民一人あたり借金」詐欺レトリック 悪質な財務省の増税工作 批判しない御用マスコミにNO! 
「国民一人あたり借金」詐欺レトリック 悪質な財務省の増税工作 批判しない御用マスコミにNO! 
「国民一人あたり借金」詐欺レトリック 悪質な財務省の増税工作 批判しない御用マスコミにNO! 
「国民一人あたり借金」詐欺レトリック 悪質な財務省の増税工作 批判しない御用マスコミにNO! 


991 :名無しさん@七周年:2006/12/29(金) 00:32:22 ID:UZMjqGVW0
>>989
今時、土建屋に金をばら撒いてるなんて言ってたら笑われますよw
もう次の利権に移動してますよ

992 :名無しさん@七周年:2006/12/29(金) 00:32:27 ID:It5oa06qO
>>980
破綻厨ですが。
むしろ積極的に破綻を望んでおります。
でも、災害や他国の経済崩壊の影響で逝くのでは困ります。

風船を膨らませた人間の責任が曖昧になっては、また次の世代が同じ過ちを犯すかも知れません。
どうせいつか破綻するのなら、あのころの国家運営はこんなに愚かだった、という教訓が欲しいのです。


993 :名無しさん@七周年:2006/12/29(金) 00:32:50 ID:PiZn0R1t0
536 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :2006/12/22(金) 23:52:58
>>531
極論だが、利息さえ払ってりゃどれだけ借金重ねても未来永劫破綻しないんだよ。
PB黒字が叫ばれてるのも似たような理由だよ。PBさえ黒字にすればGDP比の債務は
発散しない。つまり、借換え債の買い手に困りさえしなければ、破綻することは無い。
日本の場合、巨額の債務ばかりがクローズアップされ、一部、電波が破綻だ崩壊だと
馬鹿馬鹿しい破綻論を撒き散らしているが、日本の場合、国民の国に対する信用が
高いため、10年を超える超長期債などで上手い具合に償還期限を分散させているため
現在の国債市場の盛況ぶり等をかんがみても、デュレーションに由来する問題が
発生するとは考えにくい。その上、わが国は世界屈指の債権国家であり、経常黒字国
でもある。国の信用を決定する上で、財政は指標の一つでしかない。額面だけ見て
破綻破綻と喚いている輩は、自分が土俵にすら上がれていないということを自覚すべき。

994 :名無しさん@七周年:2006/12/29(金) 00:34:01 ID:hccXvxho0
>>992
883 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 21:30:45 ID:/xYtdOPw0
>>830
>賢い俺は破綻しなければ現状維持、破綻すれば逆に資産100倍の両バリしてるからむしろ破綻してほしいんだが^^
以前、破綻厨は
「人生真っ暗、他力本願で世間にあわせて自分が変わろうとせず、世間がわかりやすく変わってくれ、尚且つ
負け組と勝ち組が同じスタートラインに立てるという財政破綻を切望する負け組」
「国家破綻商法詐欺師にカモられ、得体の知れない金融商品をつかまされ、引くに引けないバカ」
「本気で財政破綻を信じてる大バカ」
この3つに分かれていると言う人がいました。

995 :名無しさん@七周年:2006/12/29(金) 00:34:14 ID:JDd+K2RP0

だ〜か〜ら、人を殺したり、強盗したり、ひったくりしたり、詐欺したり・・・・・

必死になって「いわゆるお金」のために日本人は、日本銀行券を手に入れようとしてるでしょ?

でもね。  あれは、所詮は紙なのよw

価値が無くなれば、「紙くず」なのよw

あと、数年で日本銀行券は「紙くず」になります。

「ハイパーインフレ」に襲われます。




996 :名無しさん@七周年:2006/12/29(金) 00:34:44 ID:1Vz5dv0P0
国が経済にどこまで介入するかは政治・政策の問題であるが、
経済的適正額の3倍以上のマネーサプライを発生させ、社会全体に低ROEを
強制しているのは、政策というより経済原理を無視した無策というべきであろう。
今の日本に必要なのは余剰マネーサプライ1000兆円と国の借金を相殺し
かつ地価を下げる思い切った政策である。

例えば民間の土地所有権(時価1200兆円)を50年の定期借地権に
組み替え、土地所有権は国が法定地価(1000兆円)で民間に再販し、
売却代金1000兆円を国債償還の原資にすると考えてみる。
これで国の借金と余剰マネーサプライが相殺される。
法定地代(年間20兆円)は50年間はPER50(法定地価1000兆円)、
50年以降はPER20(市場地価400兆円、現在の1/3)である。

ただし土地所有権(時価1200兆円)を失う民間のバランスシートが
急激に痛まないよう50年間は国が地代を補填する。
(土地所有権が年々減価償却するかたちをとる。節税にもなる。)
この費用は年間24兆円(PER50)だが、この政策で金利が上昇し
国債との金利差が発生すれば実質さらに低くなる。(金利差2.4%でちゃら。)
現在持ち家の人は50年間は地代ただのうえ年間4兆円の恩給が出る計算になる。

997 :名無しさん@七周年:2006/12/29(金) 00:35:29 ID:ysLRtLdb0
まだこのスレ続いてんのか。

結論を言ってやろう。
財政云々はともかく今のままじゃ日本は終わり。
スラム街があちこちに出現する日も近いだろうよ。

998 :名無しさん@七周年:2006/12/29(金) 00:35:31 ID:MKJe1xMc0
516 :名無しさん@七周年:2006/12/28(木) 13:48:01 ID:hc495hiG0
相変わらずN即の破綻厨は経済板の連中以上に程度が低いな。

経済板では、債務の額面だけ見て破綻破綻と喚く、債務が国の信用を決める上では
指標の一つでしかないというコトを理解できないバカを額面厨と呼んでる。
デフォルト(破産)の可能性を語る上で、一番重要なのは債務の総額ではなく
単年度の償還額だ。500万円の借金を5年で返すのと、600万円の借金を
10年で返すのではまるで意味が違ってくる。日本国債は需要が高く、長期債などを
発行して償還期限を超長期に分散させているため、債務額の割には単年度の償還額が
低い。国債市場の盛況ぶりをかんがみても、デュレーションに由来する問題が
発生するとは考えにくい。

国の借金は全て国民の負担かのようにノタマうバカも多い。こういう連中は
本当に何を思って経済関連のスレに書き込んでいるのか理解できない。日本国債が
外需頼りならともかく、殆どを国内で消化し切れている状況でこんな事を言うということは
「カネは使ったら消滅する」と言っているようなものだ。国が民から調達したカネを
何に使うのか考えてみれば良い。別に国庫に収めてるわけじゃない。公共事業
公務員の給与、国債償還など、さまざまな手段で再び民に還元している。官と民という
単純な二極で考えるならば、民が官に100兆円貸せば、民は100兆円の金と
国債の権利+オマケを手にすることになる。公務員や土建社員だってカネ使うし
銀行は利益が増えれば投資を増やしたり、預金金利を上げたりして還元する。
買い手についても同じ話。信用不安さえ起こらなければ買い手は永遠になくならない。

999 :名無しさん@七周年:2006/12/29(金) 00:36:05 ID:3LXbu9ol0
1000なら破綻厨死亡

1000 :名無しさん@七周年:2006/12/29(金) 00:36:23 ID:j5kAYLeB0
1000!

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

354 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)