2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【社説】 「自閉などの障害児、全国で謎の急増。対策は緊急度が高い」…神奈川新聞

1 :☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★:2006/08/25(金) 14:49:52 ID:???0
・学校や療育施設などでの障害児の増加が全国的傾向にある。神奈川県内での急増ぶりは
 特に顕著で、ニーズに見合う施設整備のめどが立たず、人材養成も後手に回る状況が
 続いている。教育、福祉、医療などの関係機関が連携して、障害児の急増現象に即応
 できる抜本策を講じることが急務である。

 養護学校の場合、県教委設置の検討協議会が今年三月、急増に対応して今後十年間に
 十一校の新設が必要と提言した。県内の養護学校の在籍数の増加率は全国トップ。年間
 二百人のペースで増え続け、〇五年度には十年前の三割増となる約五千二百人に達した。
 養護学校一校の適正収容規模は百三十人とされてきた。増加ペースに対応して毎年一・五校
 ずつ新設しなければ、既存校の過密化が加速するのは必至である。しかし、県教委は「用地
 確保が難題」として、新設の見通しが立ったのは相模原市内に予定する一校にとどまっている。

 県内の公立小・中学校に開設された特殊学級(略称・特学)も増加の一途。〇五年度は
 十年前の二倍近い六千八百人余りが在籍し、専門性の高い教員の養成が追いつかず、
 障害特性に応じた指導のあり方が大きな課題になっている。

 普通学級に在籍する発達障害などの子どもは小中学校などに併設された通級指導教室で
 専門的指導を受けている。横浜市では、同教室に通う子どもは年々増え、十年前の約二倍の
 千二百人余になった。

 増えている障害児は自閉、多動性の強い子どもたち。県内では六、七年前から、従来の
 出現率では予測がつかない現象が顕著になってきた。子どもの“異変”を背景とした絶対数の
 増加なのか、医学の進歩を背景に障害児が顕在化したのか、専門家の間でも推測の域を出ない。
 しかし、原因がはっきりしないからといって、有効策を打ち出せないことの理由にはならない。
 少なくともこの数年、乳幼児健診などのあらゆるデータを基にすれば障害児がなおも増加する
 ことが予測できたからである。

 障害児の急増対策は緊急度が高い。関係行政機関は、従来の対策の延長線上では解決
 できない、との認識を持ってほしい。「財政難」という言い訳は聞き飽きた。(一部略)
 http://www.kanaloco.jp/editorial/entry/editorial33/

2 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 14:50:25 ID:O+ZzdDmBO
2ならオナニー公開

3 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 14:50:36 ID:3as3yejT0
家庭用ゲーム機が原因です。

4 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 14:50:45 ID:LqQodLvq0
>>2
うp

5 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 14:50:50 ID:C+tZVJzT0
4ならそれを見てオナニー

6 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 14:51:40 ID:NwRbviQn0
インターネットのせい



7 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 14:51:43 ID:NkmYX3SP0
晩婚の影響か?

8 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 14:51:46 ID:rkoGMaUMO
5ならオナニーしない

9 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 14:52:04 ID:mfRD8w7SO
病院の施設が悪いんだよ
ガラスケースに赤ん坊を入れておいても適度な接触があれば大丈夫なんて理論が間違ってる

10 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 14:52:15 ID:r2r40k9p0
なんでもPTSD

と同じ

11 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 14:52:28 ID:K2fT+rTp0
ダイオキシンのせい。

12 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 14:52:37 ID:w8jEaUMM0
>>3
ゲーム脳のおっさんがゲームで自閉症になるといって
ヒンシュク買ってたな

13 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 14:52:48 ID:NRTbxTHa0
ニートにも発達障害や軽度発達障害が多いし、
日本は、原因不明のまま「発達障害者大国」になりつつあるんだが
非常に危険な兆候
よく原因調査したほうがいいよ 

14 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 14:53:52 ID:U3kRuNlk0
小松左京の「沈黙の通路」って短編を思い出した。

15 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 14:54:12 ID:V089dTO60
子供の前に、親は健康なのか?

16 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 14:54:29 ID:njT5OhVU0
自閉症モード

17 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 14:54:59 ID:WKdEphi30
>神奈川県内
そうかそうか

18 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 14:55:17 ID:K2fT+rTp0
自閉症は神奈川の風土病。

19 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 14:55:19 ID:MJxY6ZN60
たくさんの因果関係が絡み合ってるだろうが、その一つに
「中国で生産された食べ物」があるのは間違いない。

20 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 14:55:28 ID:mFu6j3Yc0
特別養護学校の教師してる母ちゃんもここ10年くらいで自閉の生徒がかなり増えたっていってた
もちろんかつては自閉とわからず普通校に通ってる子が多かったてのもあるだろうけど
あと米国では歯科治療に使うアマルガムが自閉に関係あるという説が有力なんだって

21 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 14:55:42 ID:5JI/1WMt0
中国毒野菜のせいだな。

22 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 14:55:58 ID:DGlNnn8u0
謎の急増じゃ対策しようがないじゃん
まずは原因究明だろ?

23 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 14:57:18 ID:Bvs/I3Ow0
自閉症がマジョリティになればいい。

24 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 14:57:55 ID:UcIS6MHC0
愛子の「呪い」のせいだ・・・・・

25 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 14:58:27 ID:Pafg7lfY0
ニートが増えたのは過剰なヲタク叩きのせいだ!
byアニヲタ

26 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:00:16 ID:3as3yejT0
家庭用ゲーム機をプレイしていると発達障害、自閉症、アスペルガー、分裂症、多重人格、
放火魔、殺人鬼、性的倒錯者、テロリスト、対外協力者、カルト信者、等になります。

27 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:00:36 ID:JfShuY5E0
自閉症って先天性でしょ。後天性でなる病気じゃない

28 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:00:42 ID:VLnVNdM7O
化学物質とか電磁波で脳味噌うまく育たなくなってんじゃね?

29 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:00:43 ID:znWqz0P/O
中華街のせい?

30 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:01:17 ID:4nsMmRBt0
シナの壮大なバイオテロ
あれだけ日本に悪意を持つ国がまともなモノ輸出するわけがない。

31 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:01:32 ID:NRTbxTHa0
>>12
ああ、ニートも含めた発達障害児の急増時期と
ゲームの普及時期は合致してるわな。 もしかするとゲームも関係あるかもな

32 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:01:51 ID:SyNmlzTO0
高齢出産が増えたからじゃないのかね

33 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:02:26 ID:Or74s4w80
今まで身内に自閉症なんていなかったが親戚の子供も軽度の自閉症。
見てて思ったが表向きばかりを重視するO型A型に育てるのは絶対無理。
明らかに子供がストレスになってた。
大人になってから放棄し投げ出すくらいなら、小さいうちに捨てた方がええよ。
しかしなんで増えてるんだろ?

34 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:03:16 ID:8iKcvlZGO
"障害"とか"病" ってのは社会の側が無根拠に概念付けたもの。
一個体とした生物学的には、物理的な身体性(社会性を基底としない生)のポジティビティであるかネガティビイティであるかしか問題ではない。

その点がとても重要。

35 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:03:19 ID:Z2YQHrEM0
本当に増えてるなら
体外受精と保育器が原因なんて誰でもわかるだろうに。


36 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:03:27 ID:rZ1JT52d0
面倒くさいから何でもかんでも障害児ということにしているんでないの?

37 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:04:06 ID:Isad6Jku0
6.7年じゃないだろニートも発達障害って話もあるし
10〜20年以上前から異常に出現し始めたって事だろ

38 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:05:08 ID:THAM2HjF0
昔と比べて自閉症スペクトラムのくくりが広がって
診断基準がはっきりしたから統計上増えたように見えるだけちゃうのん
アスペなんて教育の便宜上問題児を区分するためにイギリスで「採用」された病気だし
一昔前にはかかる医者ごとに診断結果が違うといわれてたべ

39 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:05:30 ID:JfShuY5E0
自閉症の意味を理解できてない>>31は単なる脳障害?それとも発達生涯?

40 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:05:55 ID:mfRD8w7SO
>>34
国側からしたら社会性を重視するのは仕方ないと思うけど

41 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:06:16 ID:xJS1RgbE0
TVの見過ぎじゃないの?
昔と違いレベル最低だから影響でかい。

42 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:06:22 ID:k5uq3kDr0
純度の低いDHMOが原因だな

43 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:07:26 ID:PWR8/5SlO
>>31
ねーよ、後天的自閉症なんざ存在しない。

44 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:08:15 ID:3U1lP6e60
>>38
児童虐待と同じ構図だわな
「定義が新しくできた」「定義が拡大された」だけだろ

45 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:08:22 ID:J7Sw9sG70
やっぱ食い物か

46 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:08:23 ID:Sj2jNGGg0
あんまり表沙汰にならないけど、奇形児の堕胎も激増しているそうだ。
やっぱり、食品添加物や、環境汚染、排気ガス地獄の世界で、
異常児の増加が顕著化してきたんじゃねえかな。

47 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:09:12 ID:LrFMKeGb0
ラべリングの所為だな。
病名作りすぎ。

問題児を病人として特別扱いして治療の対象とするよりも、
普通に教育した方がなんぼかマシだと思うが

48 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:09:34 ID:pksVBppj0
>>38
俺もそう思う。
現在、こうした障碍児と接する機会のある生活を送っているが、軽度の自閉症の子供とかだと
普通の子供と変わらないように見える。

10年くらい前だったら、「ちょっと変わった所のある子供」として障碍扱いされてなかったんじゃないかな。

49 :もしかしてこれか?:2006/08/25(金) 15:10:07 ID:PERna5w70
http://www.lbv.jp/toxic_data.htm

50 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:10:08 ID:yJ0g0uML0
こりゃ絶対、食品添加物が一番の原因だろ。
まじで最近の食べ物は信用ならないもんばっか。

51 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:10:30 ID:3U1lP6e60
>>46
そんな問題は60年代〜70年代初めの方がよっぽどひどくて、今は大幅に改善されてんだよ
左翼教師の誤った現状認識に引きずられすぎ

52 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:10:34 ID:Or74s4w80
俺は支那産食品の増加が原因の気がする。
明らかに味に変な物があるが、ありゃなんなんだ?

53 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:10:35 ID:Y3icDZaJ0
養護学校の需要は増えているけど、盲学校、聾学校の需要は減ってる。

54 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:10:54 ID:PM9ZP63GO
31はゲーム脳を言い出した馬鹿教授の真似をしてるだけだろ。
奴も自閉症にトンチンカンな発言してたし。

55 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:11:00 ID:wrDkmCci0
自閉症って言葉は誤解を与えやすいから良くないよな。

56 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:11:12 ID:ohqWT9Bp0
親の食生活が影響大なんじゃないのけ?
神奈川って何食べてんの?

57 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:11:13 ID:lYQ6wpJK0
80年代に米国でも自閉症児の急激な増加が問題になって
水銀が主成分のアマルガムの歯科治療での使用禁止やなんかの対策がとられた
でもいまだに水銀と自閉症との間の明確な関係は確認されていないらしい

58 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:11:20 ID:THAM2HjF0
ああ、あと教師が無能になって普通学級から弾くようになったからじゃね
俺がガキの頃それっぽいのがいても席並べてたもんだ、よく教師に殴られてたがw
まあ神奈川の公務員勤め程度が書類上の人数だけみて、うまく予算つけたいから吹いてるだけだな

59 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:11:21 ID:1xNEwD330
自閉症ってひきこもりのことでしょ?

60 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:11:40 ID:qgKRsSy30
自閉症は「先天的」な「障害」です。
正常な人が何かのきっかけで自閉症になったり、
自閉症の人が治療で直るものではありません。

61 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:12:07 ID:MO1qf2gq0
で、これってどうにかして直るもんなの?

62 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:12:10 ID:iVl3Y1CP0
一因として核家族化もあるんでないの
いじってくれる人がいないとか

63 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:12:33 ID:NRTbxTHa0
>>43 >>39
ゲームの普及と発達障害の急増時期が一致してると言われたら脊椎反射してるようだが、
軽度発達障害というのはまだ原因わかってないんだよ。

先天的なものか後天的なものか、器質的なものか、とか、何もわかってない。

ニートを含めて、10〜20年前から急増してるのは軽度発達障害〜発達障害 くらいの
人間でしょう。


64 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:12:47 ID:Sj2jNGGg0
>>51
生物学的現象って、タイムラグがあるんだよ。
その異常環境で育ってきた人間がちょうど今親になってる世代だろ。

65 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:12:49 ID:3as3yejT0
自閉症が先天的なものだというのは家庭用ゲーム機業界が広めた嘘です。

66 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:12:50 ID:4ae+6d7H0
金属イオンが脳の発達障害に影響を与えている可能性は否定できない。
神奈川、特に横浜地域では古い鉛の水道管がいまだ使われており、
近年の酸性雨の影響や老朽化により金属イオンが溶出していることは
確認されている。が、国は因果関係は不明とし、判断を保留。

67 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:12:57 ID:srpOif2fO
>>38
全くもって同感

68 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:13:02 ID:nfiHijjo0
>>62
自閉症は先天的なものでしつけ等の家庭環境は関係ない

69 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:13:35 ID:N6SYIQNe0
脳の伝達物質の異常だろ?
食い物だと思う。

70 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:14:21 ID:wrDkmCci0
>>59
自閉症とはダウン症のことで、先天的な染色体異常のことです。

71 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:14:28 ID:ntFvfOyc0
アマルガムの危険性なんて初めて知った…orz
子は厳しいのかな…

72 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:14:39 ID:m8EyJT100
自閉症って文字からの印象で単なる後天性のワガママ病だと思ってたけれど、
実は先天性の脳の病気なんだよね。
友人の子供が自閉症で両親は目茶苦茶苦労している。
原因は何だろう。
先天性と言うことだから親の何かに問題があるんだろか。

今の環境ってやっぱり最悪なんだよね。
東京なんだけれど夏は年中光化学スモック注意報が出る。
ニュースにならない程当たり前になってる。
食い物だって添加物だらけだし、残留農薬も凄いし。

都会は既にそうだけれど、今までの生き物が生きられない様な環境に
人間がものすごいスピードで変えている。
人間って凄いね。




73 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:14:54 ID:7nGnJS7f0
虐待と愛情の無さのせいと言ってみるテスト

74 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:15:03 ID:xMhp5QGf0
このスレ見てたらポシティ部になれた

75 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:15:18 ID:uLSUkDPv0
自閉症、アスペルガー症候群の名前が頻繁にメディアに踊るように
なったのは、メンタルヘルスが表面化した時期とほぼ重なる
からなぁ。「あっちは、先天的な機能障害でヤンスよ。あなたのほうが
軽度!マシなんでゲス」って溜飲を下げさせるというエタヒニン
のような社会的な産物という部分はあるだろーな、否めない。
どっちもここ6、7年なんだわ。ここの管理人も当初はメンタルヘルス
って言葉ではなく、躁鬱板って名称をつけたぐらい。
6、7年前まで精神的な病と言ったら、ノイローゼ、躁鬱、分裂病
だったんだが、ネットでば〜、と人格障害やらいろんな言葉
が知られて、所謂メンタルヘルスオタクが登場した。ネットで
精神科医ごっこが増え、その需要にアスペルガー症候群という言葉はうまく
流れに乗った気がするね。私達よりかは下なんだ、と。
30年後ぐらいには全部今の仮定は否定されてると思われ

76 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:15:47 ID:+OooMCWY0
障害児が急増したんではなくて、
障害として扱う病名が増えただけじゃね?

77 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:15:55 ID:1KB7j4jq0
人間が滅んだほうが地球の為なんだな。

78 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:16:05 ID:nfiHijjo0
昭和40年代50年代生まれの人間は今よりはるかに食品添加物の規制がゆるかったから
そうとう有害なものをカラダに溜め込んできてるはず
それが次の世代に凝縮して継いじゃったらそりゃなんらかの障害でそうだわな

79 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:16:21 ID:S4oBGHiwO
うわ、なんかSFチックな話だな。もしこれが「何でも病気とか障害ってことにしちゃえ」
という昨今の風潮のせいで見かけ上の障害者が増えてるわけでないなら、
かつてないタイプのカタストロフィだな。小松左京とかマイクル・クライトンとか、
あるいはスティーヴン・キングあたりが書きそうな話。

いずれ健常者はどんどん貴重な存在になっていって、自閉症児の面倒を
他の障害者が見るようになったりするのかな。

80 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:17:13 ID:JfShuY5E0
>>63
ここ自閉症のスレだけどやっぱり脳障害?それとも発達障害?

81 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:17:43 ID:NRTbxTHa0
それから、
 
 自閉症 = すべて先天的
 
というアホウなことを言ってる人が多いが、先天的な脳の機能障害の場合が「多い」って
だけで、すべてが先天的であるというわけでもないんだよ
 しかも、「先天的な脳の機能障害と考えられている」というだけ。


82 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:18:19 ID:lLR/wiJn0
中国残留農薬の効果が出て来たか

83 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:19:02 ID:cqbqRPhaO
出産技術、周産期医療の進歩の副産物な気がする。日本は世界一だし。
つまり、自然界では、出産で淘汰される奇形が淘汰されてないせい。

84 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:19:34 ID:zhuna+XE0
子育てがうまくいってないのまで自閉症に入れてんじゃね?

85 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:19:35 ID:4nh0xTF50
胎児の超音波検査が当たり前になってから増加してるんじゃないのかな?

86 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:19:52 ID:geV1aapp0
妊娠自閉www

87 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:19:56 ID:LNlk2P3RO
内向的で引っ込み思案な人間の事を自閉症と呼ぶと思っているバカがたまにいる。

88 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:20:24 ID:JfShuY5E0
>>81
自閉症を理解できるまでロムってたら?w

89 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:20:31 ID:NRTbxTHa0
>>80
> ここ自閉症のスレだけど
 
>>1を見ると、自閉症に限った話ではないようだが。自閉的、多動性というのは
発達障害一般に見られること。


90 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:20:54 ID:nfiHijjo0
>>83
自閉症はそういった形での淘汰はされんよ
多くは3,4歳もっと大きくなって学齢期になってやっと自閉症と診断される子もいる

91 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:21:28 ID:mfRD8w7SO
「自閉症は先天的なもの」という説が「主流」なだけだよ
自閉症が発見された当事は育った環境、主に母親のせいだという説だったし。
今も環境説は根強く残っている。

92 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:21:28 ID:MJxY6ZN60
実際自閉症な人ってどんな感じなんだ?
見ただけでわかるん?

93 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:21:37 ID:wrDkmCci0
>>87
たぶん自閉症っていうネーミングのせいなんだろうな

94 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:21:49 ID:jDZ8M2+mO
単に昔はスルーしてた奴まで
認定してるからだろ

95 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:21:56 ID:nWF7kkZ90
そいや、最近心療内科も増加傾向?

96 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:22:04 ID:d+0oSVVCO
『何の利権が絡んでいるのかなぁ?』…医師会?製薬会社?
もう!医療点数を稼ぐ事しか考えていないんだから!
『介護保険』は期待した程の利潤を得られなかったかなぁ?

97 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:22:29 ID:IrtEPDYi0
昔は多動や自閉なガキは、迷子になったり事故にあったりで
淘汰されてたからじゃねーの?


98 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:22:49 ID:Sj2jNGGg0
>>83
少なくとも外面的な奇形が顕著ならば、99%そのまま死産扱いで
闇に葬られているよ。
日本はどの手の外面的に極端な人、滅多に見ないだろ。

99 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:23:06 ID:m8EyJT100
>>87
数年前までそう思ってた
だって自閉症ってネーミングがそういう意味に見えるし

>>90
そうなんだよね。
友人の子供がそうだった。



100 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:23:20 ID:wRXMAoTq0
中国産毒野菜が原因です

とか誰か言わないかな

101 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:23:25 ID:LZ87QAnQ0
昔は馬鹿でひとくくりに出来ていたのが、今は発達障害とか他動とかといった病名が付いたからでは?

102 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:23:33 ID:YBUyYz8h0
自閉症ってあれか
映画レインマンにでてくるダスティンホフマンみたいなの?

103 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:23:47 ID:SoaENxigO
【発達障害】高機能自閉症スレ
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1146652361/

104 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:23:52 ID:nfiHijjo0
>>98
そういやシャム双生児とかいないよね

105 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:24:01 ID:mnGAu+fa0
昔はIQが正常なら発達障害とはされなかったから。
IQが正常〜高い発達障害=軽度発達障害なんてのが認知されてきたのは最近の話。
今の20代〜上の世代では診断されてないだけ。
子供に障害があると診断されて、調べてみたら自分もそうだったってのはよくある話。

神奈川に自閉症児や、軽度発達障害児がたくさん集まるのは、
他県に比べて病院や施設などが整っているから。

106 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:24:21 ID:agAQN03s0
自閉症って障害なのか

107 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:24:30 ID:3F5tj6Mu0
子供のおやつも弁当も、冷凍食品に頼ってるからじゃ
あとガキの頃からゲームさせすぎなんだろ

108 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:24:34 ID:yFKXadvH0
昔より障害児認定の基準が低くなったんじゃないの?

109 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:25:39 ID:m8EyJT100
>>105 神奈川に自閉症児や、軽度発達障害児がたくさん集まるのは、
他県に比べて病院や施設などが整っているから。

これ説得力有るね。
ほんと?



110 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:25:53 ID:LZ87QAnQ0
>>102
それは自閉症の中でもサバン症候群といって、かなーりレアケースなんだが。

111 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:26:08 ID:JRI9uFAx0
>>98
俺は顔面奇形だけど成長してきてしまったわけか・・・

112 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:26:18 ID:sTlpV3q7O
ちゃんと規則正しい生活でバランスとれた食事で育てないからまともに育たないだけじゃないのか?
自閉症や落ち着かない子も、生活改善で大半は治ると聞いたが

113 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:26:48 ID:mIPDXqYT0
私も>>38辺りが真相と思う。
昔だったら「落ち着きのない子」「変わった子」「○○の成績だけは悪いのよね」で
済んでたのが「発達障害」「アスペルガー」「学習障害」になってる感じで。



114 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:27:50 ID:yFKXadvH0
鉄道オタクのほとんどは自閉的性格、または軽度の自閉症らしいぞw

115 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:28:09 ID:1ph72Oor0
>>7
後、食生活が悪い

116 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:28:26 ID:EerqyPrt0


こんなん母親の高齢化が背景に決まってるじゃん
やはりそういう話は無視ですか?



117 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:28:32 ID:Wy35VaohO
>>105に全面同意。


118 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:28:38 ID:hUIre3py0
なかなかいい仕事するね>神奈川新聞

119 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:28:46 ID:5CVnOSF90
>>70は釣りで>>81は少しかじった様子。正解じゃないけど、

>>92
電車の先頭車両で、ずっと車掌の真似してる子とか。
映画だと>>102

120 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:29:27 ID:JfShuY5E0
クラスに自閉症の子がいた。
しかし聞くところによると、家の中ではいたって普通らしい。
普通を通り越して大声で母親と喧嘩してる姿をみたといってる子もいた。
しかし、、、一歩外にでると、、、何故か暗くうつむいて、髪の毛で顔を隠して、、、
他人に何を話しかけられても、ただただ首を横か縦にふるだけ、、、。
まぁそれで虐められてるわけでもなかったけど。

121 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:29:35 ID:H5jq2mtA0
こういうのって増えるものなのか


122 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:29:38 ID:cqbqRPhaO
>>90
いや。間引くと言う意味の淘汰じゃない。出産に耐えることのできない個体は、体が弱いだけでなく、他にも遺伝的トラブルを抱えている確率か高いと思うから。まあ、かわりに天才も生まれやすくなっていると思うが

123 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:30:34 ID:C+Md0vH70
そりゃどんな薬使ってるかもわからねーような食い物ばかり摂取してりゃ
外見には表れない障害にもなるんじゃねーの?

124 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:30:47 ID:MAPYeekfO
>>106
実際には脳の伝達障害。
自閉症を根暗や閉じこもりと勘違いしといる人が多いのが現実。

125 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:30:55 ID:6Rozj2IW0
>>109
ほんとらしいよ 引っ越してくる人 多いし 有名な病院も多いらしい
と推測でしかいえないけど

126 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:31:00 ID:byhYUpf60
>>120
それ俺

127 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:31:37 ID:5fICCLrT0
日本人の生物としての衰退期。環境ホルモン?農薬?生活リズム?原因ありすぎて特定困難。
雄のDNAの劣化。
今後もますます障害児は増える。しかも主に雄。
ある種の生物が滅びるときはまず雄が異常を来しはじめる。

128 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:31:39 ID:yFKXadvH0
>>112
このスレにも何度も出てきてるけど自閉症は治らないよ
どこから自閉症かというのは難しくて重ければ障害、軽ければ変わった性格として扱われる

129 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:31:52 ID:aZb8GaEB0
>>120
それ自閉症じゃない

130 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:32:25 ID:UR/nFODD0
>>40
仕方ないでは済まされない。
三権分立で民主制が敷かれているこの国ではなおさら。
”社会”や”国”に主体があるのではなく、人々によって政治参画が行われる
のだから、いかなるマイリティをも排除出来る正当性は無いし、あってはならない。

それを否定するのであれば近代法治の否定ですよ。

131 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:32:32 ID:AZ7L3prn0
>>111
。゚・(ノД`)人(Д` )・゚。

132 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:33:26 ID:ODEiwP47O
閉じこもりたくなる
社会というか、時代というか、
世の中なのかもねー。
みんなが強い人間てわけでもないしね。
俺は面倒くさいと思いながらも、
一応働いて社会で暮らしているけど、
余分というか余計な人間関係は
できるだけ避けてる。

133 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:33:27 ID:ajX7ohL60
ヒント:中華街

134 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:33:30 ID:JfShuY5E0
>>129
自閉症だよ、自閉症って他人に対して心を開かないんだけど
まあ親や家族にも心開かない場合も多いけど

135 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:33:33 ID:CkRk5DIy0
どこぞの民族特有の精神病遺伝子が混じった子が多いんだろ。神奈川だし。

136 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:33:54 ID:rW7c5QDL0
まぁ高齢出産のせいだろうな

137 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:33:54 ID:MAPYeekfO
自閉症
ダウン
知障
トゥレット
AD
LD
と障害児ばかりだ

138 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:34:00 ID:8qI6j7vl0
>>121
昔は障害児がいても必死に隠してただけじゃねーの?

139 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:34:03 ID:q0Lb3Sam0
だから高齢出産が増えたからだと何度(ry

男女平等社会は破滅に向かうしかないんだよ

140 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:34:43 ID:yFKXadvH0
>>132
自閉症と引きこもりを勘違いしてる


141 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:35:01 ID:YBUyYz8h0
>>111>>131
生まれてきた時のおまいらはおまいらの両親にとっては天使だったんだよ

142 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:35:42 ID:Isad6Jku0
.>141
子供が天使でも親が悪魔じゃなw

143 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:36:18 ID:q0Lb3Sam0
引きこもりと自閉症を混同してるやつがこんないるなんてな
おまいらのがよっぽど池沼

144 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:36:34 ID:LKqPa3rx0
正常な染色体を持った人間が子どもを産まなくなったから

145 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:36:35 ID:ZRd7ETYe0
Autismを自閉症と呼ぶのは誤解を与えやすいな。

146 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:36:47 ID:ODEiwP47O
140
ひきこもりも自閉症も
似たようなもんじゃねーの?

147 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:37:03 ID:MAPYeekfO
高齢者出産は当たりだね
初産で
30越えたら黄色信号
34越えたらオレンジ
36〜37で赤
初産だけでも20代の内に

148 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:37:23 ID:GVMLPbdB0
障がい児 って書かないといけないんじゃなかったっけ。

149 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:37:34 ID:FZKAoFBgO
末っ子が障害って多くね?

150 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:37:42 ID:QPQ7GUff0
食いもんのせいだな。
早く原因物質を特定せんと非常にマズイ。

151 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:38:06 ID:mfRD8w7SO
>>130
所詮、国を作るのも社会を作るのも人ですから
まあ、確かに正当性はないかもね
だが、人は個人を基準にしか考えてはいけないのだろうか?
常識や社会を基準に考えなければ共同体としてやっていけないのではないだろうか?
悪いけどあなたの言ってることは綺麗すぎる理想にしか聞こえない。

152 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:38:19 ID:AOOFkMFXO
>>146
以下、脳内伝達物質による解説禁止

153 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:38:32 ID:CNJsueIT0
>>120
>何故か暗くうつむいて、髪の毛で顔を隠して、、、
>他人に何を話しかけられても、ただただ首を横か縦にふるだけ、、、。

あんまり自閉症っぽくないな。
むしろ適切な拒否の反応に見えるが。
まあ首の振り方にもよるけど。

154 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:38:54 ID:wrDkmCci0
ひと昔前は「出生前診断」っとのがずいぶん話題になったよな

155 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:39:00 ID:7zf/2sLSO
大丈夫だよ。やんごとなき方にも自閉症はいるから。

156 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:40:23 ID:WpA7rij50
自閉症って何だっけ?
自己-外界の境界障害の様な物だっけ?

157 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:40:27 ID:MzgsSoaV0
>>101が一見ひどいこと言ってるようで核心をついてる希ガス

>>146
そういう誤解が蔓延しているこの日本
自閉症がどういう病気かを正確に言える人はほとんどいない
取り急ぎ自閉症と引きこもりは関係ありません
うつや発達障害と引きこもりはある程度関係ある

158 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:41:05 ID:tz5sgy2gO
>>146
無知は喋るなカス
自閉症の意味を調べてからカキコしろ

159 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:41:44 ID:mnGAu+fa0
>>109
自閉症児や軽度発達障害児を抱えている親御さん達は、ネットなんかで情報交換してるから、
そういうトコ覗けばすぐわかるよ。
特に行政というか学校が軽度発達障害に理解があるか、きちんとした対応がとれているかどうか
ってのは、親がもっとも心配する点で、その点神奈川のある地域は優秀らしい。



160 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:42:07 ID:ODEiwP47O
高齢出産は時代の流れ。
キャリア形成で重要な
20代の女を子育てに専念させるなんて
どう制度やら法律を整備しようが無理。
高齢出産を前提として、
問題解決をはかるしかない。

161 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:42:14 ID:7CTe+n4X0
魚貝類に含まれる水銀のせいかも
マグロ食いすぎ

162 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:42:32 ID:ZIoXs0r60
とりあえず中国産野菜と北米、南米の鶏肉、豚肉、牛肉を輸入禁止にして
10年くらい経過を見とけ

あと35歳以上の出産は禁止

163 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:43:21 ID:9lTzE4X20
世界的に増えてるって話有ったような気がする。

164 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:43:25 ID:Y4LDTz3z0
体外受精における障害の割合ってどれくらいなんだろう。
一般と変わらないのかな。

165 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:43:39 ID:dcoYsyV60
原産地中国の食べ物や割り箸
マーガリン

166 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:43:52 ID:q0Lb3Sam0
やんごとなき方にはそれなりの理由もあって頻発

167 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:44:20 ID:mnGAu+fa0
>>159
あ、優秀っても、他県に比べたら良いって意味ね。

168 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:44:47 ID:hEboH/4w0
長子の割合調べてみて欲しい

169 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:44:50 ID:v9Fa5qdr0
知り合いの「自称パニック障害」が鬱陶しい。

170 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:45:00 ID:ykj7Hw1d0
出産の技術が進歩して、
従来は死産になってしまった子供が、
生まれてきてるからではないの?

171 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:45:19 ID:PMveDgpuO
>>149
障害もったガキに手が掛かるからそれ以降が作れない

172 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:45:25 ID:YUJSg/aK0
人類に対するエイリアンの脳侵略が進んでいる証拠です。

173 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:45:48 ID:XenB9sNDO
>>146
自閉症は脳の機能障害。コミュニケーション能力が不足しているが引きこもってるわけではない。ていうか職業訓練受ける自閉症患者は山ほどおるがね。

ひきこもりは世間嫌い。雲泥の差だがや。

174 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:46:06 ID:qxlUXZWD0
自閉を何でもかんでも後天的なものだと思ってるから困る

175 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:46:36 ID:P37ovZT/0
>>166

>>155

あまりいい加減なこと言うとまずいのでは?

176 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:46:48 ID:gJIjR+R90
なんで神奈川だけなんだろ。三浦漁港の魚か?

177 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:47:14 ID:CNJsueIT0
>>171
酷い言い方をしているが、完璧な正解だと思う。

178 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:47:18 ID:0RR5gAzc0
親世代が小さいころ食べてたものとか
自らの子供に食べさせたベビーフードとか

179 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:47:24 ID:FFz5Z1X10
高齢出産は子の障害児になる可能性が高くなると聞いたが、
それが背景とは考えられないか?

180 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:47:32 ID:9lTzE4X20
これだな。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

急増する自閉症、出生時診断でふくらむ治療への期待

 世界中で自閉症の発生率が急激に増加しているが、なかでも著しいのがカリフォルニア州だ。

 同州の発達障害者サービス局によると、1987年から1998年までの間に、273%も発生率が
上がったという。世界全体では、自閉症や関連疾患を持つ子どもの割合が最大で250人に
1人の割合であるのに対し、カリフォルニア州では150人に1人の割合となっている。

http://hotwired.goo.ne.jp/news/technology/story/20021120308.html

181 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:47:34 ID:q0Lb3Sam0
>>171
激しく説得力

182 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:48:30 ID:yFKXadvH0
>>146
まったく違うよ
自閉症がどういう病気か正しく説明するのは難しいが
とりあえず親や周りの人間のせいで自閉症になるわけではない

183 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:48:33 ID:7VgUUZUl0
一人っ子が多いのと、馬鹿親、馬鹿爺婆が増えたからだな

184 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:48:34 ID:Iqe6x/0O0
自閉症多動症は増えていますよ。

原因として考えられるのは、昔より判断基準がはっきりして未診断だった層が診断されたこと。

前の方に書いている人がいるけれど、昔だったら、不注意な子供は成人する前に
不幸な事故でなくなっていたのが今は安全第一で生き残る確率が格段に上がった。

アスペルガーとかADHDは遺伝だと思うけれど、ある程度育て方で社会性を表面上
身に付けたり出来たが、今子育てをやっている親の年代は学校でも変な教育を
受けて(みんなで手をつないでかけっこのゴールとか)いて親が我慢もなにも
できない状態でそれに育てられた発達障害の子供は二次障害でどんどん変になる。

185 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:49:13 ID:w0QW7ZYw0
自閉症ってどういう検査で判明するの?

186 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:49:26 ID:ZIoXs0r60
乳児の一番母親とスキンシップをとらなきゃならない時期に託児所に預けて働いたり
大半を育児ビデオ見せるなどで抱かなかったりするから心的障害児が増える
胸が崩れるからと直接授乳させず哺乳瓶であげるのも悪影響があると思う

187 :ホワイト ◆KosbZRC5sc :2006/08/25(金) 15:49:36 ID:L8oz7JTI0


   高  齢  出  産   



 

188 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:50:06 ID:qRRqAg1c0
ニートも病気認定か。
なんでもかんでも病気認定してるから医療費がかさむんだよ。


189 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:50:12 ID:5CVnOSF90
>>162
それに加えて、年齢が一桁の子供は、
親同伴でも、深夜営業の店に入店禁止…とかやらなくては。

190 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:50:13 ID:MzgsSoaV0
注意しないといけないのは学習障害とか診断されたところで
その人自体はなんら変化はないということ
診断名ってのはあくまで治療のために用いるのであって
患者や家族のためのものではないわな

この記事もいまいち正確性にかけるし
地方紙だとこんなもんかな

191 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:51:26 ID:n+56L7PK0
>>1
これは、もう7〜8年位前から言われてたよ。
当時は自閉症に対しての理解が殆どなくて親は皆困ってた。
ネットが広まるにつれて、情報を集めたら、他県より比較的神奈川県の対応支援が
充実してたので、親の仕事の面や金銭面で融通の利く人たちが神奈川に集まっていったんだよ。
で、もともと神奈川にいた人は、今までのような充実した支援を受けられなくなるのは
困るけど、他県(支援が充実していない県)の親が、支援を求める気持も解るしって
悩ましげにしてたよ。
今は、当時に比べれば随分理解も進んでるような気もするけど、まだまだかな。
(支援と言っても、金をかけろとか優遇しろってんじゃなくて、自閉症と言う障害に対する
職員や障害児を扱う医者の知識としてのレベルね)


192 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:51:31 ID:CNJsueIT0
>>186
そういうのが自閉症の原因だと思われていた時期もあった。

193 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:52:21 ID:EooYQQV2O
胎児期に浴びる携帯等の電波が脳に与えた影響か。

194 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:52:35 ID:UR/nFODD0
>>151
>だが、人は個人を基準にしか考えてはいけないのだろうか?
>常識や社会を基準に考えなければ共同体としてやっていけないのではないだろうか?

おそらく、有史以来いまに至るまでに社会や国家レベル、いや共同体や地域レベルでも
個人を基準に考えられてきた事は、ほんとに数えられるほどしかない。
つまり僕が言いたいのは、だからこそ”いかなるマイノリティをも排除出来る正当性は無いし、あってはならない。”
という徹底した前提で、徹底した議論がされなければならないということ。

この自閉症児の問題以外にも、他のニート・ひきこもり=発達障害だとか、統合失調症とかの馬鹿げた定義付けが
あるけど、この国ではなぜかお上・政府・世間側からの前提が強い議論になってしまっている。

そこが僕の問題意識であり、強い危機感なんです。
長文失礼。

195 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:52:36 ID:Lq+WlnzI0
>>186
子供がADHDだけど幼児期は仕事休んで育ててましたが。

障害に対する認識不足の人が多く悩んでいます。

196 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:53:02 ID:Un2yvIrx0
カップ麺、ファーストフード、コンビニのせいだよ。

197 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:53:13 ID:YdCXn4350
塩素たっぷりの水道水
ホルモン剤打ちまくりで抗生剤入りの餌を与えた牛、豚、鶏
ホルマリン漬けの養殖魚
ダイオキシンたっぷりの近海魚
農薬たっぷりの米、野菜、果物
添加物たっぷりの菓子、パン、飲み物
排ガスで汚染された空気
オゾン層が破壊されて紫外線たっぷりの屋外
ゲーム、パソコン、テレビ、電気カーペットで電磁波浴びまくり

これだけあってまともに育つ方が特異体質じゃないかい?


198 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:53:22 ID:Isad6Jku0
>>193
いいえ、2chで多くの電波レスを浴びたからです

199 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:54:43 ID:MzgsSoaV0
>>182
自閉症でない人なら出来る思考パターンが
自閉症の人だと出来ないんだよね
結果対人関係がうまくいかないという症状が現れてくる。
それだけでは自閉症を言い尽くせてませんが

200 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:55:07 ID:kXtfzb8E0
ダウンのように出生前診断が出来るようになれば良いな。

201 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:55:33 ID:qJa/xqnX0
>>1


202 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:55:47 ID:tSZ7X+ju0
確か、一説では「自閉傾向のある子は、水銀などを体外に排出する機能が弱い」とか。
で、強制的に排出する薬とか飲ませたら、ちょっと変わった、って前にテレビでみたよ。
ただ、有益なビタミン類とかカルシウムとかも出て行っちゃうので、あまりお勧めできないらしい。
あと、言葉の遅れのある自閉児と知的には問題の無い(むしろ頭いい)アスペルガーとに分かれる訳だが、
大切なのは、然るべき療育を小さいうちにしっかりさせることだと思う。

203 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:55:57 ID:gJIjR+R90
>>134
自閉症=他人に心を開かない

じゃないよ。

むしろ軽度なら心開きっぱなしみたいな子が多いんじゃないだろうか。

204 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:56:09 ID:qgKRsSy30
>>185
専門医との面接。小さな子供の場合だと一緒に遊ぶ中に様々なテストを仕組んでおく。

205 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:56:59 ID:1WQrv4yv0
自閉症のことがまるでわかってない人が多いね。
先天的精神障害だよ。
根暗とか引き篭りとかとはまったく別もの。
治るというものではないよ。
確かに最近知り合いに増えている。
何か原因があるはずだが不気味だ。
知り合いの子供は菓子や果物を持たせても、
片手で一つだけ持つということができず、かならず両手が
ふさがってないとダメで、二個与えないとパニックになる。
ドブの蓋の上だけを歩くので、ドブのない道路は歩けない。
いつまでも立ったままだ。


206 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:57:30 ID:MzgsSoaV0
>>186,192
基本的に現時点では自閉症は先天的な脳の障害という説が
有力です。親の育て方が悪いのが原因ってのは現時点で支持する学者は
ほぼ全滅といえます

207 :ホワイト ◆KosbZRC5sc :2006/08/25(金) 15:57:31 ID:L8oz7JTI0
>>197
重金属(とくに水銀)が原因という説が有力。
高齢出産だとその分母体に毒が蓄積するから、胎児が体内で汚染されて自閉症になる。
水銀がうまく作用すると俺みたいな天災にもなる。

208 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:57:57 ID:ZIoXs0r60
>>197
建材からの放出科学物質で汚染された室内の空気も追加

209 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:58:24 ID:KYq4pdtX0
>>205
精神というか、脳の障害なんですが

210 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:58:39 ID:HS51f1UG0
支那畜の毒野菜のせいだな。

211 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:58:57 ID:eaVc6GfZ0
ニートやアニオタが増えたのもこのせいか

212 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:58:59 ID:CNJsueIT0
>>203
>むしろ軽度なら心開きっぱなしみたいな子が多いんじゃないだろうか。

思考が漏れてるようにしか見えない人もいるからなw

213 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:59:02 ID:uq8JpyvC0
妻はトムクルーズ法案関連で、
胎児超音波心音計による影響はないのか?と心配していました。


214 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:59:05 ID:6/3m1Rna0
素朴な疑問なんだが、自閉って障害児なの?
障害児は脳障害や身体障害を指す言葉で、いじめられて
ひこもっているような甘ったれと一緒にされても
困るとおもうんだけど。

「障害児」は「学校に通うために障害がある子」
という意味ではないはずなんだが。

しかも謎の急増て・・・神奈川新聞レベル低すぎ。
学校の掲示板レベルだぞ、これ。

215 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:59:25 ID:yFKXadvH0
>>199
2ちゃんでアスペルガーと診断された人が集まるスレがあったけど
「自分はよく他の人が言っている「寂しい」とか「悲しい」という感情を一度も持った事が無い。
だから知識としては知っているが理解できない」
とか書いてたね

216 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:59:35 ID:1uGtFH4Z0
自閉は障害ではないだろ

217 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:00:25 ID:KYq4pdtX0
>>207
天災



・・・・ハッ わざと誤植を・・・

218 :名無しさん@5周年:2006/08/25(金) 16:00:26 ID:PbUrTqUl0
ヘタレ牛ウイルスのせいかもな

219 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:00:30 ID:njMRwXqvO
野性のイルカと触れ合うと治るらしい

220 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:00:34 ID:LZ87QAnQ0
>>215
ターミネータのセリフみたいだな。

221 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:02:34 ID:tSZ7X+ju0
>>214
自閉をもっていても、フツーに生活できる人もいるよ。
ただ、大体が「自閉+なにかの障害」がセットでついてくる場合が多い。知的とか言語障害とか。

222 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:02:44 ID:IzAIoBK90
やっぱり高齢出産が増えたせいだと思う。
高齢出産は、ダウン症児の出生率が、かなり高くなるしね。
卵子は、女性が胎児の時すでに一生分の卵子がつくられ体内にストックされてるから、
常に新しくつくられる精子と違って年齢と共に劣化する。
劣化すると、卵子に染色体異常が起きやすくなるから、
高齢で生む場合、覚悟を決めておいた方がよいと思う。

223 :ホワイト ◆KosbZRC5sc :2006/08/25(金) 16:02:48 ID:L8oz7JTI0
水銀汚染の最大の原因は

・歯につめた銀歯(アマルガム)

あとは

・予防接種 と自閉症の関連も疑われてアメリカで訴訟になっている。

・魚介類に蓄積された水銀

日本は馬鹿な歯医者がアマルガムを詰めまくるから、子供の水銀汚染が世界最高レベル
それで自閉症、アトピー、アレルギーが増えまくり。

女は子供を産むと、重金属の多くを子供に受け渡すので、二児以降は水銀の汚染レベルが低下する
よって子供を産みまくれば母体は浄化され、後に生まれた子供ほど汚染のリスクは減る。

224 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:02:57 ID:KYq4pdtX0
>>214
自閉症とは
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E9%96%89%E7%97%87

引きこもり等とは全く違うので注意。

225 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:03:19 ID:yFKXadvH0
>>214
自閉症は脳の障害だよ

226 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:03:22 ID:PFPhUDPs0
>>196
親がスチロール容器入りのカップ麺ばっか食ってると、溶け出したスチレン・
ポリマーがある種の環境ホルモンとして作用し、遺伝子が欠損した子供ができる
==>脳機能が不完全で発達障害として現れる
という説は、否定しがたいものがある

227 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:03:54 ID:KxUpVJXQO
添加物漬けの弁当やら毒漬けファストフードやら
食いまくった親から生まれたらそりゃ…

228 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:04:20 ID:UyCl9mGo0
>>214
自閉症は先天的な脳の問題。

不登校・引きこもりや、イジメのターゲットにされる子には、発達障害の子が多いという
説もあるため、完全に障害が関係していないわけではない。
二次障害ね。

229 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:04:40 ID:CNJsueIT0
>>214
よく釣れたな。


230 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:04:57 ID:fClKblD/0
自分の実名を出さない2chも自閉空間だろ?


231 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:05:01 ID:6QsGYCsP0
ふさぎこまずに、気に入らないあいてをぼこぼこにしばけばカコイイ

232 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:05:08 ID:ZIoXs0r60
女性の卵細胞の元は女性が産まれた時から全て細胞が存在しており
成熟したものから1,2個ずつ放出して、残数ほぼ0で閉経となる
よって高齢になるほど長期熟成の卵が出てくるのだが、電磁波、X線などで
遺伝子に傷がついた卵の比率が多くなる。

故に高齢出産は奇形やダウンなどの障害児のリスクが高い

233 :熱湯浴@東亜の泉 ◆ulFuThP/U2 :2006/08/25(金) 16:05:08 ID:D60LRT460
これ、中国野菜の農薬が鯨飲だとなんどいったら。。。


安い野菜なんてもう食えない時代っだよ。


俺は、地産地消をすすめているが、結構急速に伸びているよ。

234 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:05:25 ID:tSZ7X+ju0
でも、こういうことはキチンとしとかないと。釣りだとしてもさ。

235 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:05:31 ID:N1Ytp4PxO
うちの子は軽度だけど自閉症。
今までいろんな施設や医療機関にいって検査や
これからに向けての対応をしてる。
3歳すぎてたまたま専門の人がみてそれがわかったワケで
それまで普通の子と思ってたから普通に育ててた。
高齢出産がって案がでてるがその子を産んだ時嫁は二十歳だったから
一概には言えないかも。

236 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:06:02 ID:5/TU7MG30
>>186 土壌汚染で、母乳からダイオキシン出たらやりたくてもやれん。
保育園に子供を預けるのも、どこぞが後押しした、女性の社会進出、
男女平等の煽りでの、男性の賃金の低下(平等は低いところで)

色んなしわ寄せが来ている所に、学術的研究は進むので、
国は、どんどん苦しくなる。 上手くして欲しいけど、その場しのぎが多いから。

237 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:06:03 ID:YXtP0kix0
>>214
神奈川なんて知事からして「ゲームで自閉症になる」発言で有名なトンデモ学者の
支持者だしな。レベル低いのは当たり前。

238 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:06:31 ID:HgF95Vax0
どう見ても男性軽視社会で自閉的なところがある男性まで変人扱いされて
社会から弾かれてるだけですね

239 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:06:50 ID:BgnX+qw30
僕は○○しい自閉症の〜 という歌があったね。
その頃に比べれば認知度が上がったんじゃないかなー

240 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:07:10 ID:hJXgZbXq0
火病じゃないの?

241 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:07:35 ID:KYq4pdtX0
>>222
高齢出産も一因。
卵巣機能が正常であるかどうかが結構な要因になるので
生理周期ががたがたな人も危険。
最近、若い人であまりに痩せすぎて生理が半年に一回とか、2ヶ月おきとかの人が増えている。
30歳で生理がきちんと来ている人と比べると
前者の方が危険らしい。<助産師の友人に聞いた。

242 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:07:47 ID:MO1qf2gq0
>>230
名前は出してませんが、人格は全開

243 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:08:25 ID:6G+l/nG50
高齢出産という話が出てるけど、

うちの嫁は23で長男(知的重度、自閉症)を産んでるし、
養護学校のお母さんたちはみんな若くてきれいだw

確かにダウン症の子は母親が高齢になると確率あがるが、
自閉の場合はそうではないと感じている。

もひとつ。うちの子は、誰にでも甘えていくタイプで、
「人嫌い」ではない。
自閉の定義の1つのコミュニケーション障害は、人嫌いとは意味が違う。

244 :ホワイト ◆KosbZRC5sc :2006/08/25(金) 16:08:25 ID:L8oz7JTI0
>>236
ダイオキシンなんか無視して、スキンシップを取りながら母乳をやったほうが
健全な子供に育つよ。
断乳とかしないで、二年くらい乳をやってもいいくらい。

245 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:09:13 ID:XT+nxvVN0
俺はリアルでアスペルガーだが未診断。
最近ネットで知って自分で調べて自覚したら楽になった。

俺は空読めないんだって自覚すると、それ以後の行動であんまり悩まなくなるよ。
空気が読めないって自覚すればそれなりの行動や言動にすればいい。
無口って言われるけど、それは性格ってことにしておくといい。
最も問題なのは自覚しないで人間関係に悩んで鬱状態になりやすいこと。

俺みたいに明らかに空気読む能力や無意識での心理表現が欠落状態な場合は
ネットとかで調べればすぐ自分がそうだって分かるけど
もっと多くの高機能自閉症の人の自覚を促すためには
国が国民の理解を広めることが必要。
高機能自閉症の場合は本人に殆どの場合は悪気はないし
自覚すれば健常者に害のないように行動するんだから社会的には非常に+になるはず。


246 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:09:39 ID:TUaqepVd0
産婦人科医が忙しいから、
薬で無理やり出すじゃん。都合が良いときに。

これのせいらしいよ。

247 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:10:51 ID:2q3qxYe60
中国から謎の有害物質が空気感染か、食品包装のアルミ泊食い過ぎか、ダイエットのしすぎかな?

248 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:10:55 ID:fClKblD/0
>>242
2chやP2Pに人格なんてあるのかよ?

249 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:10:59 ID:BgnX+qw30
未診断で思い込みは危ないよ。
心気症というか、何か病名がつけば安心と思ってるにすぎない。
占いみたいなもんで思い込んだことで楽になるならそれもありっちゃありだが

250 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:11:09 ID:qgKRsSy30
一口に自閉症と言っても出てくる症状や程度に大きな差が有るので難しい。
http://www.miyazaki-catv.ne.jp/~sei16/parent/autism.html
ここに有るような症状がほぼ全てにおいて激しく出てる人も居れば、
一部の症状が軽くしか現れない人もいる。それに症状は絡み合って
現れるし、その人の性格も絡んでくるので、「自閉症=こんな人」とか
「この時はこう対応」みたいなマニュアル化も困難と思われ。
とにかく俺達の好きな「結論」「決めつけ」が難しいジャンル。

251 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:11:36 ID:ZIoXs0r60
>>241
1960年頃から医療が進歩して以前なら死亡していた未熟児なども
問題なく成長する事ができるようになった。
しかし、未熟児で産まれた女性は妊娠後期で発達する卵巣や子宮が未熟のままのため
二次成長以降も機能不全として生理不順になるのですよ。


252 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:11:40 ID:hI2iPgk80
俺はリアルでアスペルガーだが未診断。
俺はリアルでアスペルガーだが未診断。
俺はリアルでアスペルガーだが未診断。
俺はリアルでアスペルガーだが未診断。
俺はリアルでアスペルガーだが未診断。
俺はリアルでアスペルガーだが未診断。
俺はリアルでアスペルガーだが未診断。
俺はリアルでアスペルガーだが未診断。
俺はリアルでアスペルガーだが未診断。
俺はリアルでアスペルガーだが未診断。

253 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:12:03 ID:TUaqepVd0
246に付け加えると、
陣痛時に忘却に関するホルモンがでて・・・

最近の子はそのホルモンが不足して・・・

よく覚えてないや!

254 :ホワイト ◆KosbZRC5sc :2006/08/25(金) 16:12:27 ID:L8oz7JTI0
>>249
自閉症は自分でもかなり正確に判断できるよ
おれも自閉症のテストをやったら42/50点でガチだった
IQ150以上あるからアスペルガーだが。

255 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:13:04 ID:ATH4GJos0
オレは判定テスト32点だったから大丈夫だな!( ´∀`)

256 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:13:40 ID:6G+l/nG50
>>254

高機能自閉症とは違うの?

257 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:14:04 ID:XT+nxvVN0
自分で言うと文句言われるから診断されて来る。これって重要だな。

258 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:14:34 ID:jaOFOL400
98年頃から永久歯が生えない子供とか、とにかく異常な状態
の子が急激に増えたと聞いたことあるよ。

259 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:14:47 ID:KYq4pdtX0
>>253
胎内記憶のある子ども達ね。

通常分娩だと、陣痛時に出るホルモンが
(母体に対してのホルモンなんだが、副作用的に)
胎児の脳に忘却作用を起こす。
難産だと、通常出るホルモンが出ないので
胎内記憶を持ったまま生まれてくる って奴。

260 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:14:54 ID:w0QW7ZYw0
41点だったが、ヒキなんでどうしようもないな。
ちゃんとしたいのにできないんだよね。

261 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:15:43 ID:R5cFK3y20
マジレス
母体がタバコ吸うから。

262 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:16:29 ID:U+giEKUf0
自閉症の名称がひきこもりを連想させる・・・ここにも勘違いしてる方がちらほら・・・
広汎性発達障害の一種なんだからこっちで書いたほうがいいんじゃなかろうか。

ただ単に認知度が上がってきて判定を受けるようになり認定数が増えたとかじゃないわけですかね?潜在的な数は一緒で。

263 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:16:54 ID:THAM2HjF0
>>200
「発達障害」だからある程度育たないとわからないよ
大きく5分類、程度はまさにスペクトラム(連続体)
中でもレット症の場合は女児しか生まれないといわれてたが、男児は出生時に100%死んでいたせいだとか
おまけに100をこえる合併症例があってどれがどう出るかも人による複雑多様な病態
原因も一つではなく複数の要因が絡むことでそうなると見込まれてる
染色体の特定の異常も一因子としてはあがってるが、そう単純ではない
発生率は親の地域・階層・年齢・人種によらないので環境との直接の因果関係も薄いと考えられる
この幅広さから「広範性発達障害」と呼ぶが、マスゴミは響きを好んで「自閉症」と呼び続けてる
つーか不安あおるならしっかりしたソース出せよ神奈川新聞

264 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:17:17 ID:cFANFbUW0
小学生や中学生にネットやらすな
いいことなんかひとつも無い

265 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:17:29 ID:80HRhxhI0
んなもん中国産の毒野菜のせいに決まってるじゃん
あれ食い続けて幼児が健康でいられるなら農薬規制なんて必要ねーよw

266 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:18:19 ID:bAqQ+cx+0
最近やっぱり遺伝的要素が原因だって言われてなかったっけ?
男児に多いとか理系に多いとか。

267 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:18:35 ID:tz5sgy2gO
「自閉症」と言う言葉は「情けは人の為ならず」と同じくらい誤解しやすいな
このスレを見ていてそう思った。

268 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:18:39 ID:XT+nxvVN0
複雑化した社会では様々な原因があるな。
どうやら環境や食べ物や食品添加物やタバコなどに原因がありそう。

269 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:18:41 ID:HgF95Vax0
大部分の男は元々軽い自閉症に当たるさ

270 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:19:24 ID:Wf8ifha00
理系に多いって言われると「電磁波か?」と思ってしまう

271 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:19:28 ID:hJXgZbXq0
たぶん自閉症の多くは、本当は先天的じゃないんだよ。
出産後の母親の接触が足りなすぎて、脳が部分的に未発達なんだ。
アメリカ人の真似して、赤ん坊を放置し過ぎなんだよ。

272 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:20:01 ID:w0QW7ZYw0
>>262
ヒキる原因になってるのはいるんじゃない?
病院に行けないから数には入ってないだろうけど。

273 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:20:23 ID:U+giEKUf0
>>271
その説はだいぶ少数派になってきましたが

274 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:20:26 ID:qsnP5Oe70
この際だから はっきり言う

シャンプー等化粧品類に含まれる 樹脂 が原因である (キッパリ

275 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:20:37 ID:jk0ubKYs0
環境ホルモンじゃね?


276 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:20:58 ID:3+6wbR8l0
>271
いい加減な意見だなぁ。
つーか、ググれ。

277 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:21:04 ID:OxAK+kzO0
朝鮮玉入れ依存症の大人をどうにかしてもらいたいです><

278 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:21:18 ID:EUhPgXip0
高齢出産とかは関係ある?


279 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:21:20 ID:bX0DgQ+q0
アホな新聞だなあ。
いままでも普通にいたけど障害とみなされなかったタイプの子どもが
発達障害者支援法の制定で新たに障害者とみなされるようになったから
見かけ上障害者が急増しただけの話でしょう。

昔なら問題児,しつけの悪い子,怠け者,単なる成績不良者だった子どもが
ぜんぶ障害者扱いになったんだから急増するわけだよ。
別に日本の子どもが変化したわけでもなんでもないよ。

280 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:21:28 ID:PFPhUDPs0
>>274
それも「環境ホルモン」にあたるのか?

281 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:21:35 ID:MzgsSoaV0
そもそも知的障害は医学的にそう認められる場合でも
病院に行かず障害者手帳も取得していないケースが相当あるらしいね
IQは正規分布すると仮定すると人口に対してある程度の知的障害者が
いるはずだが、手帳取得者はずっと少ないらしい
こういう人たちが最近病院で診断を受けるようになったって思うなあ
それだったらいいことなんだけどね

282 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:21:57 ID:Xt7SPFlAO
高齢出産

283 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:22:56 ID:bAqQ+cx+0
>>274シャンプーとか毛染めは有害物質が子宮に溜まってヤヴァイっていうね。
やっぱり環境ホルモンかなぁ。

284 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:23:25 ID:YUJSg/aK0
>>271
いまどきブルーノ・ベッテルハイムですか(´,_ゝ`)プッ

285 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:23:33 ID:+vHqqN1r0
>「財政難」という言い訳は聞き飽きた。

税金もっと上げろぉぉぉぉって事か??

286 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:24:39 ID:Or74s4w80
ニート障害スレは笑えるが
自閉症スレはマジで笑えねえ。
重度の親はさっさと捨てるか育児放棄して死なすのも仕方ない。
解かってる人ならだれも責めはせん。

287 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:24:44 ID:Z/VxGJ9NO
これで決まったな。

いつか人類は滅びる

288 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:25:40 ID:Y7s48w8lO
支那畜毒野菜のせいだろ

289 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:25:51 ID:XT+nxvVN0
空気を読めない子供は親を狂わせる事実。

290 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:26:33 ID:hJXgZbXq0
>>284
ヒキヲタは赤ん坊の世話をしたことがないのだな。
まあヒキヲタは子供つくらない方がいいよ。
ヒキの繰り返しになるからな。去勢した猫でも世話してろw

291 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:26:40 ID:C5t4vHuv0
この先10年くらい統計とってみないと
もともといた人が顕在化しただけなのか
本当に増えているのか分からないね。

292 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:27:04 ID:U+giEKUf0
>>286
確かに将来に不安があったり大変だったりはするようですが
その分人生が豊かになったと感じている親御さんは何人も知ってますよ。

293 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:27:56 ID:XT+nxvVN0
>292
ヒント 神様がくれたHIV

294 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:28:10 ID:+vHqqN1r0
>>286
言ってることはよく分かる・・・
でもマスコミがそれを許さないんだよなぁ・・・

295 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:28:25 ID:+4Byf0AS0
八景島シーパラダイスにちかいのにな…

296 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:29:27 ID:av4EQG78O
>>271
最近の育児雑誌や本を読めばそんな事は無い。
今は抱っこ・母乳マンセー育児時代だ。

297 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:29:48 ID:EUhPgXip0
>>292
その通り。
障害は個性ですからね。

僕はできればいりませんが。


298 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:30:48 ID:Or74s4w80
>>292
裕福な親ならそういう風に受け入れられるが全員が裕福な訳でもない。
貧困のまま歳をとり自閉症の子供が大人になったら絶望もする。
安易に希望を持たせるのもよくない。

299 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:30:47 ID:qP/F8sCzO
ニコ中の女は出産するな
摂取は合法だから、もちろん自由だが

300 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:30:56 ID:bAqQ+cx+0
こういう子が家族にいて本当に心配なのは性の問題なんだろうな。

301 :ホワイト ◆KosbZRC5sc :2006/08/25(金) 16:31:24 ID:L8oz7JTI0
>>270
自閉は理系に向いてるんだよ
自閉は極度の男性脳という説がある。
男の方が理系の能力はずっと高い。
歴史上の天才もアスペルガーっぽい人ばっかり。(モーツアルト、ニュートン、アインシュタイン、ミケランジェロ、ダビンチ・・・)
アスペルガーがほとんど男なのも、天才が全員男なのもこの理由による。
俺の説だと水銀と男性ホルモンが体内で影響しあって脳の形成に異常が起きて自閉症になる。
水銀の害で脳機能が破壊されると低機能自閉症になる。こういうやつは馬鹿なだけで何の役にもたたん。
1/300くらいの確率で水銀がうまく作用するとアスペルガーになる。
そのなかでも1万人に一人(つまり300万人に一人)くらいは奇跡的作用とその後の後天的環境によって天才になる。
18世紀前後のヨーロッパに天才が続出した一因は当時のヨーロッパの水銀汚染にある。
現代日本は水銀汚染が世界一のレベルだから天才が続々出てもよさそうだが、出る杭は打たれる
式の日本社会ではすべての才能は破壊される。

302 :名無しさん@6周年 :2006/08/25(金) 16:31:59 ID:515fepCl0
あれだ。
養殖うなぎの骨が曲がるのが急増してるのと同じ理由。

303 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:32:08 ID:+mkJB20F0
http://asyura2.com/0310/health6/msg/118.html

普通に暮らしているだけで神経障害は起きるのです。

304 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:32:14 ID:BJRFk7X+0
黒夢のせい

305 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:32:31 ID:DDPvynYT0
>>197
原因が多すぎて、もはや解決や予防は不可能に近いような気もします。
とくに重大なのは「鉛」と「水銀」のように思います。

http://ep.blog12.fc2.com/blog-entry-286.html
http://dental-mercury.cocolog-nifty.com/blog/cat923050/index.html


20 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 14:55:28 ID:mFu6j3Yc0
特別養護学校の教師してる母ちゃんもここ10年くらいで自閉の生徒がかなり増えたっていってた
もちろんかつては自閉とわからず普通校に通ってる子が多かったてのもあるだろうけど
あと米国では歯科治療に使うアマルガムが自閉に関係あるという説が有力なんだって

66 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 15:12:50 ID:4ae+6d7H0
金属イオンが脳の発達障害に影響を与えている可能性は否定できない。
神奈川、特に横浜地域では古い鉛の水道管がいまだ使われており、
近年の酸性雨の影響や老朽化により金属イオンが溶出していることは
確認されている。が、国は因果関係は不明とし、判断を保留。


306 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:33:21 ID:QlzaiVmTO
アスペルガーやら、高機能自閉症やら、学習障害やら、多動やら、注意欠陥やら
ずいぶん病名増えたもんなぁ。
昔からクラスに1人くらいはいた変わり者が障害認定されはじめたから
そりゃ増える罠。

307 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:33:21 ID:mJJa9Sl30
俺は兄弟の立場だけど
>>286>>292も両方分かる。
ただし、「豊かになったと感じるべき」とか主張する奴は芯でくれ。

308 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:33:50 ID:PUJs1lj+0
30過ぎてからアスペルガー(自閉症の一種)だと診断される大人もいるってね。

障害児が急に増えたというより、最近になってアスペや多動症に注目が集まるようになって、
親が診断させにいくパターンが増えただけかかも。

309 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:34:03 ID:zhuna+XE0
>>141
成長過程でブサイクになるのも稀にいるし。

310 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:34:37 ID:+mkJB20F0
>>301
自分は男のアニメ好きが自閉めいたものと関係があるのではないかと思っている。
現実の人物よりもある程度まで特徴を集約したもののほうが落ち着くのではと。
女はあまりアニメを好まない。

311 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:35:13 ID:oJPHZoTe0
>謎の急増

違うだろ。そういうカテゴリが増えただけであって昔も今も変わらんだろ。

312 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:35:47 ID:U+giEKUf0
>>298
私の知っている人たちは裕福ではないですが・・・
軽度だと作業所とかで働けるがかなりの重度だと厳しい、私たちが死んだ後どうなるんだろう、という不安は確かにあるようです。

313 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:35:48 ID:nQxh0G1M0
情けは人のためならず 巡り巡って我が身に返る



314 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:36:42 ID:Q9qd6ELS0
>>296
同じ病院で、5年前に長男が生まれたときは糖水とか与えてたんだけど、
今年生まれた次女の時は母乳一辺倒だった。
粉ミルクのサンプルもなし。


315 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:36:55 ID:ATH4GJos0
自閉という言葉が誤解を生む
オーティズムと呼びなさい

316 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:37:50 ID:YkAIgUcH0
俺は、脳内麻薬の過剰による機能障害だと思うけどな。
瞬間的な集中力だけは、けっこう自信があるぞ
格闘ゲームで1フレーム単位の攻防をする時くらいしか役に立たないけど。

317 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:38:05 ID:tb8wilB10
>>274さんの意見に納得。
以前近所に住んでた、自閉症児の母親も薄汚い茶髪だった。

318 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:38:52 ID:n+56L7PK0
>>279
>昔なら問題児,しつけの悪い子,怠け者,単なる成績不良者だった子どもが

こういう子も発達障害が原因なら、治りはしないけど早期から適切な育て方をすれば
改善できる事が多いってのが解ってきて、早期診断をするようになったのだけど
早期診断するだけで後のフォローが万全でないから、ただ単に篩いにかけただけって
状態になってるのかね。

319 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:39:15 ID:yFKXadvH0
>>310
最近多いアキバ特集を専門家が見るとそこに出てくるアニオタ等の何割かは
アスペルガーらしいね

320 :名無しさん@6周年 :2006/08/25(金) 16:39:41 ID:515fepCl0
食料品の質の低下
水や空気や土地の汚染
教科書漬けの授業
騒音公害
人間関係の希薄
動植物の減少
家庭内ゲーム機の普及

321 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:39:52 ID:dKxIcOxa0
知的障害児が増えてるわけじゃ無いんだろ。
入学まで、家庭の暴君の地位をほしいままにしてたのが、みんなに合わせる、先生の言うことを聞く、
あなたはあくまで30人の中の一人に過ぎないんだから。
なんて立場に急におかれたらパニックになる子供もいるだろう。

322 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:40:15 ID:U+giEKUf0
>>307
育児放棄やむなしって言うのに反応してしまいました。我が子である以上障害児だからって放棄OKってどうなん?っと思った次第です。
豊かになったと感じるべき、と言いたかった訳じゃありません(汗

323 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:40:23 ID:3pF6dNg50
>>281
叔父がそう
就職できなくなると困るって祖母は病院に連れていかないで
学校もずっと普通学級に通わせたって
バカバカって相当いじめられたらしい
中学卒業後は親戚のコネで地元の会社に入れて
仕事は全然出来ないのにそれなりの給料もらってる

324 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:41:18 ID:2+pBnxwJ0
まだ100%ではないらしいけど
自閉症は水銀が原因の可能性高いらしい
母親が食い物や水に気をつけるだけでもかなり違うはず

325 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:41:30 ID:zgAjtgRz0
在日のせい

326 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:41:36 ID:3dQOEA8/0
懲りずに二人も三人も自閉症こしらえる夫婦もあるね

327 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:41:38 ID:PZrCP5SO0
>>300
ある程度成長したら力も強くなるし、親が付き添っていても全然ダメ。
駅の改札で「女、女、女、女」と叫ぶヤヴァな男18歳くらいが
前を歩くお姉さんに飛びつこうとして失敗した。
怖いな〜と思っていたらくるりときびすを返し、今度は私に飛び掛ってきた。
超怖かったよ。飛び掛られて次に何をされるのかわからないけど、
そこそこ暴力的な事は確か。
息子より数段体の小さい母親が付き添ってたけど、阻止できないのかするつもりがないのか
ただ見てるだけで謝りもしない。
言いなりになってあてもなくスーパーの中を徘徊させて商品ニギニギさせてるわ
まるで犬の散歩をしているみたい。メスを見かけたら飛び掛るし。
こういう子って去勢とかできないんだろうかね。

328 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:42:32 ID:WFQujWQx0
自閉症かどうかと、平等に扱うかは別だよなぁ。

329 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:43:00 ID:CNJsueIT0
>>319
アスペルガーとは他のもっと大きな問題も抱えているように思うが。

330 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:44:09 ID:zgAjtgRz0
>>324
>自閉症は水銀が原因の可能性高いらしい

それなら冗談抜きで中国野菜のせいじゃね?
中国の畑は水銀ザクザク出てくるから
 


331 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:45:25 ID:1jokddpJ0
やっぱり高度成長期に毒入り食品たっぷり食べて
石油系の化粧品付漬けで育った世代が
高齢出産バンバンするようになったからじゃないのかねー

332 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:45:52 ID:HgF95Vax0
水銀と言ったら中国産うなぎ

333 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:45:54 ID:tz5sgy2gO
>>326
そうか
お前の子供もみんな自閉症になるよ
懲りたくないなら子供作らないでね

334 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:46:50 ID:dKxIcOxa0
>>319
アスペルガーテストとかHPなんかであるけど、あれアスペルガーに当て嵌まらない奴なんているのかな。
「本物の」ヒキコモリだけは、外れそうな気がするんだが。

高機能自閉症(アスペルガー)と低機能自閉症(知的障害)の割合は、2:8くらいじゃなかったか?

335 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:47:16 ID:zgAjtgRz0
>>332
中国うなぎは殺虫剤22倍

336 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:47:27 ID:LI7etq5k0
昔はこんなやつらは普通に性格が悪いとか言われてるだけだったよな

337 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:47:40 ID:2+pBnxwJ0
>>330
今少し詳しく思い出したが、
水銀を体外に排出できないのが原因だったかな。たしか。

自閉症の子に
水銀をカラダから出す薬を飲ませつづけたら症状がかなり良くなったらしいから
そのうちもっといい薬が出来るかもしれない

338 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:47:56 ID:3dQOEA8/0
>>327
俺だったら周囲に誰が居ようが、母親をその場で吊るし上げるがな

339 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:48:57 ID:1jokddpJ0
>>330
こういうのって数年ぐらいの体内蓄積じゃきかないと思うし、
中国毒野菜の影響は多分今の子供達が
成長して次世代を生む頃出てくると思う。
そうして生まれてきた子はアトピー持ちがデフォ、ぐらいになるんじゃないかな

340 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:49:33 ID:1PoFeFlGO
親に原因を見出だすなら薬物とテレビが悪いのか?

341 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:50:25 ID:eHmoslB00
原因は食品だろ。環境ホルモンのせいじゃねえの?

342 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:50:32 ID:p7X55K2cO
自閉症の内容が後天的ものなら単純に親が悪い
このご時世親が余りに馬鹿だ

343 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:50:47 ID:CNoJEaTv0
奇妙な化学物質を食品にぶち込む時代になってから育った親たちの子供だな。

344 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:50:51 ID:PFPhUDPs0
>>340
ん?おまいの親はヤク中なの??

345 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:50:53 ID:DMPi5PfcO
実際家族にいるとめちゃくちゃ大変だよ。
なんでこんな苦労が必要なのかと考える度に泣ける。

他の子と自分の子、他の親と自分。比べると鬱になりそう。
茶髪にタバコのあの人の子は健康で、うちの子は自閉症で。
苦労は同じ「子育て」でくくられて、育て方が下手なせいにされて。

自閉症児と居ると心が豊かになるとか、障害者はあなたを選んで生まれてきたのですよとか、嘘。
現状知ってたら言えないよ。

346 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:51:25 ID:bAqQ+cx+0
>>327
それは多分知的障害も抱えてるんだよ。
でも去勢は無理だろうね、だって人権(ry
それが本当に辛くて田舎に引っ越す家族もあるらしいよ。
知的に遅れがない、空気読めないくらいの軽度なのはジロジロみたり
握手しようとしたりして女に接触しようとしてくる。
性のことは障害に関係なく一人前だからね。

347 :ホワイト ◆KosbZRC5sc :2006/08/25(金) 16:51:49 ID:L8oz7JTI0
>>337
水銀などの重金属はもともとからだから排出されにくい
(脂肪にとけこんで体から抜けない)
水銀を体から出す薬っていうのは、この脂溶性の水銀を、水溶性に変えて
体から排出させる薬。

それによって体からミネラルを排出できるが、同時に有用ミネラルもなくなってしまうから
サプリメントでそれを摂取しなければならない

このキレート剤で死亡事故も起きてるからご利用は慎重に。(カネもすごいかかる)
歯のアマルガムを取り除いて、水を多く飲んで汗を大量にかくだけでも大分違う。

女なら出産をすれば体の水銀は半減する。その水銀は赤ん坊に行って、赤ん坊が犠牲になるが・・・

348 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:51:50 ID:F6R7fvG+0
原因は過保護

349 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:52:05 ID:q7QC3xj90
>>342 ばかは引っ込んでろ

350 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:52:20 ID:1WQrv4yv0
農薬だと思うぜ。
理由は言えないが、多分間違いない。
農薬って言うと中国産を連想するが、
俺は日本産が主原因だと思っている。
米、野菜、全て・・日本は既に土が農薬漬けになってしまっている。

351 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:52:21 ID:CNJsueIT0
>>338
そして新聞沙汰にw

352 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:52:22 ID:Zl7IsHyQ0
単に自閉症というものが認知されてきたこれだけのこと。
死因が老衰かガンかみないたものじゃないかねぇ

353 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:52:35 ID:av4EQG78O
水銀やダイオキシンって母乳として排出出来るんじゃなかったっけ?

354 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:53:16 ID:gsHGv77P0
たまにテレビで障害児童の家族のドキュメント観るけど、
あれって本音?
「生まれてきてくれてありがとう」とか。
正直、初期不良のガキが生まれてきたら、
「うわぁ〜、運悪ぃ〜、」ぐらい思いそうだけど。
不良品だった場合に親って子供に愛情を注げるもんなの?

355 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:53:20 ID:zfpagEfZO
やはり顕微受精の普及のせいかな。

356 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:53:28 ID:zgAjtgRz0
>>339
子供は大人より耐性が低いからわからんよ。

母親が外食や安い中国毒野菜ばかり食べてたら
かなり母体に蓄積されてそうだし。
中国からの輸入なんて随分前からだろ。
 


357 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:53:36 ID:PZrCP5SO0
>>338
もれなく息子がくっついてくる、もとい、飛び掛ってくるから
怖くて吊るし上げに行けないんだわ・・・。
駅員さんが飛んできたからよかったものの、多分、かなりの人数が被害にあっていると思う。

358 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:53:45 ID:DMPi5PfcO
後天的なら親としてはマシだ。自分を責められるからね。
残念ながら先天的。気付くのが早いか遅いかってだけ。

359 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:54:11 ID:olLa0VbHO
ウィキペディア見て来たけど自閉症の症例の範囲広すぎ

360 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:54:50 ID:yFKXadvH0
>>354
注げる人も注げない人もいる
注げない人の方が多いだろう

361 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:55:06 ID:1PoFeFlGO
>>344
書き方が悪かった orz

食物に含まれるものや妊娠中もしくは男が種付け前に飲んでいた薬…かな?

362 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:55:17 ID:1qiu/EqC0
シャドウの影響だなぁ。

363 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:56:15 ID:m6WZKOOC0
地域が偏ってるってのがちょっと気になるな。
環境汚染の可能性も考慮してきっちり調査した方がよさげだが。

364 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:56:20 ID:PFPhUDPs0
>>361
了解シマスタ.

365 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:56:26 ID:v9Fa5qdr0
結婚したてなのに一日一箱タバコ吸ってる同僚(女)
「赤ちゃんの事もあるし、タバコはやめた方が・・」と云っても全く
聞く耳なし。それどころか「妊娠してから止めりゃいいんじゃん!」と
無茶苦茶・・ このスレ読んで心配になったんだけど
ほっとくしかないかな・・

366 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:56:26 ID:P9A723ty0

中国や韓国から入ってくる毒菜なんか食べてるせいだよ



367 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:56:28 ID:DMPi5PfcO
>354
生まれてすぐにはわからない。自閉は。
因みに、感謝なんかできない。健常の子がうらやましいよ。

368 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:56:48 ID:FZKAoFBgO
>>354
責任感じてるんじゃね

369 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:57:24 ID:1jokddpJ0
>>350
農薬もそうだけどハムとかソーセージの加工食品の保存料、
禁止される前の食品用の有毒色素・・・・

昭和40年代以降からこういうのが
日本人の体内に蓄積されて、2世代目ぐらいで
それがどんどん表に出るようになってきてしまた。。。

370 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:57:36 ID:baS/93hY0
女のタバコか・・・

371 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:58:27 ID:Or74s4w80
支那産冷凍野菜のせいだよ。
冷凍ナス買ってみたんだが、ナスの味がまるでしないで
薬のような味がしたから1度食べただけで捨てた。
昔の農薬付け野菜など比較にならんぞ。
マジで徹底的に調べろよ。

372 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:58:56 ID:4IgrOAFG0
急増してるわけではなく気がついただけでは?
各メディアが一斉に今だけ頻発してるかの如く報道する、
医療事故やエレベーター事故、プール等と同じ感じで
前から常に一定数存在しているのに誰も言わないし知ってる人も少ないみたいな。

373 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:59:01 ID:DMPi5PfcO
>368
責任と嘆きを秤に掛けて、嘆きが重くなってきた。
自分も精神科掛かり時かな…

374 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:59:10 ID:FZKAoFBgO
>>365
ニコ中に何言っても無理

375 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:59:15 ID:PZrCP5SO0
>>346
そうなんだ・・・。
じゃあ女性ホルモン追加で相殺してもらいたい。
何度も遭遇するのでいざという時逃げられるよう、ハイヒールやめたよ。

ところで習い事の先生の姉の子が自閉らしい。そこんち聾唖とか複数人が障害者なんだけど
(先生自身も障害者手帳を貰うくらいの病気)なんかそういう家系ってあるのかな。

376 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 16:59:41 ID:m6WZKOOC0
>>358
医学での先天的/後天的ってのは人体実験が出来ない以上、
ある程度は話半分に聞いといた方がいいよ。
この先リスク要因たる遺伝子が見つかったとしても、なぜ発現する子と
そうでない子がいるのかには結局後天的な環境要因が関わってくる。

377 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 17:00:24 ID:qD2raoVr0
アスペは比喩が通じない
言われたことをそのままの意味で受け取るから本人もきついらしい
クソミソ一緒にすんななんていわれると意味がわかんなかったりとか
自分はクソと味噌を間違えないと必死で弁解したりとか

付き合ってる人がアスペなんでいつも這ってでも会社にこいとか
空気嫁とか言われて悩んでるのを
これはこういう意味だと通訳してあげてる

378 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 17:01:08 ID:CNJsueIT0
>>354
人間は製品とは違うよ。
自分の子をより優秀な子と交換してほしいとは思わんだろう。
そりゃ「運悪ぃ〜」ぐらいは最初思うだろうが。

379 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 17:01:17 ID:3as3yejT0
たとえ遺伝子に欠陥があったとしても発現する契機になったのは家庭用ゲーム機。

380 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 17:01:29 ID:PFPhUDPs0
>>376
プログラム(先天的)とスイッチ(後天的)って解釈か。

381 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 17:01:33 ID:FZKAoFBgO
>>373
おまえのせいじゃないとなるとあたりどころがないもんな
子の将来を考えると嘆くわな

382 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 17:02:55 ID:q7QC3xj90
薬、農薬、妊娠の高齢化・・・ようするに脳の矮小な畸形と推定されるから

383 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 17:03:59 ID:D2Z8mxy80
自閉症の患者って特殊能力をもった人が多いんでしょ?

ニュータイプ部隊(ry

X-Menの(ry




384 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 17:05:59 ID:YkAIgUcH0
環境に適応した進化なのかもしれない

385 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 17:06:35 ID:MO1qf2gq0
>>298
そういえば成長した娘殺した事件なかったっけ?

386 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 17:06:37 ID:DMPi5PfcO
タバコはやらんし伏流煙もないし、酒もやめてたし23で生んだし、もっさい黒髪だし。
それでもアスペ子は出て来ちゃったからな。
自分の生きてる限りは幸せにするが、先がなげ−(ノ∀`)

マジ空気読めないアスペには通訳要るんだよ。
這ってでもって言われたら這うよ。子供なら特に。

387 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 17:09:21 ID:bAqQ+cx+0
まあね、症状は似ていても性質は結構違うから。
自閉にも温厚なのもいれば、多動がきついのもいるし。
専門家より親でしょう。しっかりするのは。
きめ細やかに観察して対応に慣れてくれば育てにくい部分はカバーできるんじゃね?
親が死ぬ頃にはなんとか将来の目処も立ってるでしょう。
から嘆くな>>373

388 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 17:11:24 ID:DMPi5PfcO
70で死ぬとしてあと40年ちょい。

(ノ∀`)なげー

389 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 17:12:02 ID:gsHGv77P0
>>378
交換とまではいかなくても、公園で元気に遊んでる他人の子を
見て「うらやましぃ」とか「なんでうちの子だけ・・」
ぐらいはずっと思っていそう。
なんかくじ引きの気分ですね。はずれがきたらショック。

390 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 17:12:40 ID:eQKP1q3+0
結婚する予定のない俺はある意味勝ち組。
障害児に悩まされなくてすむ

391 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 17:12:44 ID:aZaZC1Ra0
やんごとなき娘さんも自閉だし、一般的になってきたんじゃ?

392 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 17:14:25 ID:rN3RCsJt0
睡眠のせいだろ。
あかちゃん〜幼児期は6、7時に寝るものだ。
居酒屋にあかちゃんとか幼児連れてるDQNは本当に多い。
睡眠の量ではなく時間で分泌するホルモンを脳に
取らせないと脳みそがきちんと成長しない。

393 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 17:14:46 ID:3dQOEA8/0
障害児の親は世間に迷惑をかけておきながら、口ごたえしてきそうだから厄介。
一度自尊心を粉々にしてやるべきだな。

394 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 17:15:11 ID:DMPi5PfcO
くじ引きとまでは言わんし取り替えたくはないが、うらやましい。
話が通じるってだけで、健常児の未来は輝かしく見える。

まぁ自分は対して輝かない人生だったから錯覚なんだろうが。

治せるなら自分の寿命半分にしてもいいな−。

395 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 17:15:45 ID:1jokddpJ0
>>384
プログラマーとかには合ってるらしいね

396 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 17:16:20 ID:MO1qf2gq0
自閉じゃなくで重度身体障害児の話で恐縮だが、
最近そういう子ばかりの病棟にほぼ毎日行っている。
長くいる子の親ほど冗舌でケタケタ笑ってる。
ま、人間ってそういうもんだ。

397 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 17:16:38 ID:FZKAoFBgO
>>388
でもお前んち夫婦仲いいだろ?

398 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 17:16:54 ID:U+giEKUf0
>>394
なんだか最後の一文にすごく親の愛情を感じる。

399 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 17:17:15 ID:LQFGYqMh0
食いもんが悪いとこうなる。

気をつけないと、やばいよ。


400 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 17:17:36 ID:JyHSW6T/0
スナック菓子ばっかり食ってるからだろw

401 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 17:17:45 ID:SjWKK+VZ0
>>393
お前の周りにはそのうち誰も居なくなりそうだな

402 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 17:17:50 ID:DMPi5PfcO
知的障害はぱっと見わかりやすいから自尊心でるかもだが
アスペ児はぱっと見まともで中身がアレなんで、どうにもなんない。
ごめんよ世間様。

403 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 17:18:35 ID:1jokddpJ0
>>399
サウナ好きの熱い温泉、長風呂にも注意
精子、卵子がヤバイ

404 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 17:18:48 ID:mnGAu+fa0
>>286
障害児を道連れにした心中事件を調べている市村大三弁護士(51)は
「普通の殺人が懲役10年なのに、障害児を殺した親は重くて懲役5年。執行猶予が付くこともある。
温情判決は命を軽んじている」と主張する。親に同情しての減刑嘆願運動にも批判的だ。
「障害児の親の気持ちが分かっていない」と批判されることもあるが、
「殺すくらいなら放り出せばいい。殺されるよりどれだけいいか」と反論する。
市村弁護士の長男(15)も自閉症だ。

http://www.h6.dion.ne.jp/~pannmari/stich'sroom/jiheisyoujitosonokazoku.htm

405 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 17:19:23 ID:LQFGYqMh0
>>400

スナック菓子じゃない。
もっと普通に見える食いもん。

マジヤバ

406 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 17:20:10 ID:HSVI5cUs0
電磁波の影響ですねw
急激に増えたものと言えば携帯電話でしょ?

407 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 17:20:56 ID:jr3OtQ0M0
ちゃんと障害者始末しないからじゃないの?
ノーマライゼーションとかいうオナニーやってっから
DNAが汚れちまったんだよ。


408 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 17:21:04 ID:1jokddpJ0
>>405
魚介類にもダイオキシンタプーリ ヤバス

409 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 17:21:45 ID:DMPi5PfcO
夫婦仲良くても二人目作る勇気なし。
スナックはうまいな。うまい棒もな。

まぁどうせならもっと増えたら理解者増えるとも言えるかな−。
とやんごとなきお子さまにも期待。

410 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 17:22:40 ID:bAqQ+cx+0
>>402睡眠しっかり取って体力つけろ。
で、子供の相手になってやれ。
自分の子が犯罪者でもないのに謝るなよ馬鹿。
子供に失礼だ。

411 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 17:23:00 ID:LCWXLIAU0
自閉症ご用達の某巨大掲示板ってどこなんですか?

412 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 17:23:59 ID:SjWKK+VZ0
子供は親のちょっとした事にも敏感に反応する
格差で働く母親のストレスをモロに感じて育つ子は自閉症等に悩まされる

413 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 17:24:13 ID:gsHGv77P0
障害者って損ですね。
ほんと五体満足に生まれてきて良かった。
街で障害者を見ると優越感を感じる。あと、ほんの少しだけ同情する。


414 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 17:24:35 ID:DMPi5PfcO
>410
Σ(´д`*)
早速寝るわ!おやすみ!

415 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 17:25:09 ID:ScjFhGwd0
>>72
親になる年齢までそう思っていた知的水準に驚いた。
これも何かの障害じゃないのか。

416 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 17:27:55 ID:bQewNmeP0
本当に自閉症なのか?兼業主婦の育児放棄が増えた結果だろ。

417 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 17:29:00 ID:bP5mEfdLO
・自閉症は先天性の障害である
・自閉症と水銀などの関係性は全く証明されていない(後ろには商売の匂い)
・自閉症は基本的に他傷行為はあまりしない

このスレでこれだけわかった

418 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 17:29:22 ID:nMe/sx860
高圧電線での電磁波の影響
農薬による食での影響
洗剤を筆頭に環境ホルモンの影響
排気ガス
原発からの微量な放射物質
オゾン層破壊で太陽からのフレア
ジャンクフード

・・・・・全てもろに受けたオレらの次世代がこういう形に現れた



419 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 17:32:58 ID:hm7BEWi30
神奈川と京都は自閉児の親に人気だね。
こないだボラした子はおとなしくて笑顔の多い子だった。
同じ自閉の子でも全く性格、性質が違うから
本当に難しい。

420 :事務局:2006/08/25(金) 17:33:30 ID:e1X7so+z0
ここのみなさんへ

       ニート(無職)、フリータ(将来の事を考えてください)
       特にニートの人、あなた一人にどれだけの税金が
       使われているか知っていますか?
       2ちゃんねる匿名廃止とニートのインターネット
       使用税を可決しましょう。
       ニートと自ら(みづから)認め、情けないと
       感じませんか?ニートにより、引きこもりで
       あれば、一生、恋愛も出会いもありえません。
       寂しい人生でよいのですか?
       食事も洗濯もすべて親にやらせて、
       電気、ガス、水道、携帯、パソコンも
       親に購入してもらい、情けないと感じませんか?
       親の扶養控除も廃止されます
       親は、大変に苦しんでいます
       なぜ、うちの子は、と、、
       正規社員でなくてもよいですから
       派遣社員、契約社員(軽作業、ライン作業等)
       にでもなれば、月に20万位は稼ぐ事が
       できるはずです。
       親を安心させてください
       それで、自立(家を出て独り暮らし
       ができるように、頑張ってください)    
       とにかく、外にでて世間を知り働いて
       ください。
       事務局より
       今、これからどうしたらよいか聞いて欲しい人は
       メールをください。                 
                          親の会


421 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 17:35:42 ID:VgWVlaZR0
マーガリンは食べられるかたちをしたプラスチック


http://asyura.com/0406/health9/msg/722.html

422 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 17:38:35 ID:eR3/tDAg0
おれら急増!!

423 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 17:40:14 ID:uG12cF7V0
明確な基準が出た事で、いままでボーダーだったのが一斉に認知されたからだろ

424 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 17:47:29 ID:oE5cFJQl0
>>14
それをいうなら、「静寂の通路」。
それじゃ、
レイチェル・カールソン「沈黙の春」と合体してます。

425 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 17:47:36 ID:JMM8ron50
ヘビースモーカーの男と結婚した友達。
妊婦なのにそばで煙むんむんらしい。 たまにあうと吸わないはずの
彼女の洋服がタバコ臭いくらい。さすがに心配になって「妊娠中だけでも
控えてもらうように頼めば?」と忠告したが
「彼の楽しみに文句はつけられない」とか妙な返事だったのでこりゃ駄目だと
思いこっちも沈黙。 数年後自閉症らしいことが分り、それを聞いた私は
ニコチンのせい?と思ったけど相変わらずタバコ吸いまくりの環境らしくって。
全然こりないで二人目を作ってる最中だって。


426 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 17:48:43 ID:THAM2HjF0
>>417
おそろしく的確に情報拾ってるな

427 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 17:48:45 ID:s3GHMXX80
>>424
ナツカシス

428 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 17:51:02 ID:wYBlirNB0
既出だろうが

今まで診断のつかなかった患者さんにも
自閉症と診断がつくようになったからだろ?

クソ新聞め。

429 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 17:51:07 ID:oFk7Ae+Y0
今日の朝、TVで知的障害者の施設を日本で広めた創設者の妻を題材にした
映画(途中から見たから、間違いはあるかも)製作の現場の映像が流れて
いたんだけど、知的障害児の施設の新参者(男の子)が、周りの子によって
たかって苛められるという場面で、一人だけ立ち上がらず黙々とご飯を食べて
いたダウン症の男の子に視点が流れたんだよね。
助監督?が、みんなと一緒になって立ち上がって新参者役の男の子を苛めるん
だよ、と促したら泣き出して、助監督?にやりたくないという感じで抱きついて
うったえてた。結局苛める演技ができなくて見ているだけだった。
その撮影が終わった後、そのダウン症の男の子は苛められていた役の男の子の
ところにとことこ行って、抱きついて、握手して、ひたむきに慰めようとしてた。
苛められ役の男の子は「泣いているみたいだったから。。ごめんね。ごめんね。」
と、ダウン症の男の子に言われて、可愛いと思ったし、とても優しかったと感想を
言ってた。(苛められ役の子は健常者)
演技だとわからなかったのか、わかっていても苛めるという行為が可哀想で
できなかったのかはわからないけど、あのダウン症の男の子にすごく癒された。

とりとめのない話を長々とごめん。。
あれを見た人、他にいないかな。見ているだけで幸せな気分になれた。

430 :熱湯浴@東亜の泉 ◆ulFuThP/U2 :2006/08/25(金) 17:51:16 ID:D60LRT460
みんなだまされてるぞ!


甘味料のアスパルテームは、依存性があり、


馬鹿にさせて、また採りたくなる。

ニコチンよりもヨコチンだ。

431 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 17:53:14 ID:wYBlirNB0
記事読んだけど、

神奈川県は自閉症児に手厚いという評判だから
他の地域から越してくるだけの話だろうよ。

クソ新聞め。


432 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 17:54:51 ID:BA2cjtLE0
これは、「進化」なんじゃね?

433 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 17:58:45 ID:AVvKl25NO
自閉症にせよなんにせよ非健常者は昔からいた。
豪農一家の長男が自閉症だかなんだか知らんが蔵に隔離されたりという話は祖父から聞いたりもした。

でも中国の毒物による影響は必ずあるだろうな。
中国の農村なんて奇形ばっかりじゃねぇのか?

434 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 18:01:13 ID:1jokddpJ0
>>432
マジレスすれば自立できない人間は進化とは
呼べないのでは・・・

たとえばこれからこういう子達がどんどん増えるとして、
人口の過半数がこういう人間で構成された社会って
どういう社会になるんだろう

435 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 18:05:08 ID:eI25zjhr0
馬鹿が多発してるのは、ゆとり教育とかとは関係なく
なんらかの脳障害負っているんじゃないか


436 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 18:07:06 ID:73LTngY00
馬鹿な母親が多いからへんな子供が生まれるのさ。

437 :アフロ少尉:2006/08/25(金) 18:08:09 ID:d9bhglLl0
>>434
自立!?w

お金さえあれば生きていける社会って危険な感じがするぉ♪


438 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 18:09:07 ID:vUc4+oyt0
自閉傾向や発達障害、ADHDの子供も増えたけど
メンヘルっぽい親も増えたような気がする。
知り合いに、現在鬱の人、かつて鬱で小康状態の人、空気読めずに
とんでもないこと言っちゃう人など見かけます。

439 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 18:09:55 ID:v9Fa5qdr0
20数年前、山口県下関のO末に近所の子供を鎌で脅かす基地外がいたが、
そいつも豪農の倅だったな。

440 :熱湯浴@東亜の泉 ◆ulFuThP/U2 :2006/08/25(金) 18:11:46 ID:D60LRT460
アスパルテームをビーグル犬に体重1キログラム当たり3グラム以上経口投与すると
、その半数が死亡する。ヒト推定致死量は、200〜300グラム。
アスパルテームで最も問題なのは、フェニルケント尿症(フェニルアラニンの代謝がうまくいかない体質)
の新生児が摂取すると、脳に障害が起きる可能性があすことだ。

厚生省は、フェニルケント尿症の新生児(
数万人に1人)は完全に掌握しているので問題はないとしているが、
誤って与えてしまうこともあり得る。
ビーグル犬に1日に体重1キログラム当たり、
2グラムと4グラムをえさとともに食べさせた実権では、
いずれの投与量でも、白内障が認められた例があり、
4グラム投与群では一部にフェニルケント尿症を起こした例があった。
しかし、いずれもアスパルテームが原因とは確認されていない




441 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 18:12:52 ID:73LTngY00
http://human5.2ch.net/test/read.cgi/ms/1155244735/

↑ 馬鹿母のオンパレードだよ、ここ。

442 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 18:13:54 ID:6gb7OkHl0
「小さく産む」せい
妊娠したときにちゃんと太っておかないから皺寄せが子供に来る
ご愁傷様

443 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 18:13:59 ID:vLWLWlOBO
ニートの精神異常も増えた。
子供の数が減ると
異常者が増えるからな?

444 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 18:14:08 ID:w0QW7ZYw0
病名認定はいいから、とりあえず安楽死の適用を拡大してほしい。


445 :熱湯浴@東亜の泉 ◆ulFuThP/U2 :2006/08/25(金) 18:15:39 ID:D60LRT460
アスパルテームは水に溶けると、ジケトピペラジンという物質に変化するが、
それをラットに1日に体重1キログラム当たり1グラムを2週間経口投与したところ、
体重の増え方が鈍り、食欲がなくなり、リンパ球数と心臓の重量低下がみられた。

妊娠ラットに体重1キログラム当たり、4.4グラムをえさに混ぜて食べさせたところ、
体重の増え方が極端に悪くなり、食欲もなくなった。

そして、生まれた子供の体重の増え方が悪く、生存率もやや低く、目の開くのが遅いものがいた。

446 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 18:24:20 ID:XW2v7/MH0
自閉症の子供数人を一月ほど世話したことあるが、
あれは本当に大変だった。
症例や一人一人の性格が全く違うし、専門性と愛情と強さを兼ね備えた人
でないと無理だな。


447 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 18:27:26 ID:Y27XjeE7O
>>70自閉症とダウン症は全く別物です。


448 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 18:30:58 ID:qsnP5Oe70
樹脂が頭皮に付着
    ↓
塩分と化合し硬化
    ↓
毛穴で針状に固まる  →      姿勢が悪いと身体の前部を通過
    ↓                        ↓
まわって前頭葉に到達            心臓に刺さる
    ↓                         ↓  
細胞を傷つける                   突然死
    ↓
理性を失い野生に戻る


449 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 18:31:53 ID:bH2kOJWE0
>>445
何と比較しての話?

450 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 18:35:46 ID:eXj0SrV10
幼児予防接種注射の水銀中毒だよ元凶は

451 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 18:37:58 ID:Vsm7IcnV0
>414
二人目作れ。早急に。絶対作れ。おまえ間違えかけてる

452 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 18:42:23 ID:XVJ/tVVt0
水銀が原因として、汚染された母体による第一子の犠牲は説明できるとして
歳の近い第二子目も自閉症の場合はどう説明するのかと
兄弟で自閉症という例も少なからず報告されているのに。

453 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 18:43:49 ID:PKW6UQBiO
なにを言ってるんだか(笑
支援学級の説明会では、
全児童の6%が支援が必要な障害児と説明していたじゃないか(続笑
つまり、行政もそれだけの障害児がいることを認識している。
突然障害児が増えたような書き方には反吐がでるな(爆笑
単に対応が遅れているだけなんだよね。

454 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 18:45:13 ID:/FvU4dDf0
もう人間が終わりに近付いてるんだよ

455 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 18:46:45 ID:6sWy2qrK0
この報道って、さる高貴な方のカミングアウトに向けた地ならし?

456 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 18:50:39 ID:9z0DSmAq0
自閉症の水銀原因説は、確か 1998年に論文が出たが、その後の研究で
「関連性は見られない」と否定された。

それにも関わらず、TBSが2004年に報道特集で自閉症水銀原因説を
報道したものだから、騒ぎになり、日本自閉症教会がTBSに、「いいかげんな
番組を報道するな」と抗議している↓

http://www.autism.jp/sibu/0204_ryh.shtml

457 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 18:51:00 ID:Gmupyj7uO
なんかの本で読んだ事がある。
種の寿命は3000年。宇宙人がいないのは、種の寿命が短すぎて、広大な宇宙でめぐり会う機会がないからだって。
スレ違いですね。スマソ

458 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 18:52:02 ID:Vsm7IcnV0
白鳳に
星がついたよ
うれしいな

あの歳でこの句をお詠みになる愛子様は大丈夫です
紀子のガキは危ないけどな

459 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 18:52:14 ID:Tx1l52f90
少子化なのに障害児の割合がUP?日本ヤバいんじゃないの?


460 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 18:53:00 ID:QUlZ8hqr0
昔は
ちょっと変わった子だけど
叔父さんもそうだしおじいさんの従弟なんかもっと
と言われれば納得していたケース


461 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 18:53:28 ID:Vsm7IcnV0
おおそうか、少子化も含めて考えないと。
障害者出生率はどんくらいふえてんだろ?

462 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 18:54:39 ID:9z0DSmAq0
自閉症や多動性症候群の子供の増大は、世界的に問題になっています。

自閉症と水銀に関連が無いという説は、現在の医学界では常識となっています。

463 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 18:58:07 ID:N1Ytp4PxO
子供が自閉症って言われた時はショックだったけど、
今は当たり前だけどできる事はしてあげようと思ってる。
それに自閉症だからと子供への愛情がかわるはずもない。
特別扱いも極力しない。
うちの嫁はタバコ吸わないし俺は吸うけど嫁子供の前では吸わない。
高齢出産もうちは関係ないし何が原因なのか
ってのはまだ解明されてないんでしょ?
下の子は普通の子だし親の環境とか関係あんのかなー?

464 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 18:58:43 ID:vmaPCxmc0
>>457
宇宙に存在するであろう、知的生命体の数を計算する有名な公式のことだね
かなりの数が存在する答えが導き出されるのだが、
それらが通信などで出会う可能性は恐ろしく少ないんだよな

宇宙間の通信技術のように高度な文明が発達した生命体は、
同時に種の寿命が間近に迫ったことを表すんだったっけ
人類ヤバイ、超ヤバイw

465 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 18:58:47 ID:kdgLmRmB0
プログラマなどの職業に自閉症(アスペ)が多いってのもガセだからな
wikiに書いてあるからって真実と思わないようにw

466 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 19:00:33 ID:gnjdjFdR0
>>465
鉄ヲタには多いよ

467 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 19:08:49 ID:JcchqYX90
自閉症の子は乗り物酔いもしないし、添加物大好きだし
数字やコンピュータ大得意だし
進化した人間って気がする。ニュータイプか。

自閉症同士だとすごくお互いが理解しあえるから楽だって言うし、
非自閉が大多数の現在は共生が難しいけど
数が逆転したらそれはそれでうまくいくんじゃ内科と思う

468 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 19:09:38 ID:+mkJB20F0
>>466
何で鉄道がすきなんだろうね、自閉症の子って。
機械とかがすきらしいけど。

469 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 19:10:02 ID:HgF95Vax0
まぁ水銀とか食べ物のせいなら男ばかり自閉傾向が強いのはおかしいなw

470 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 19:12:24 ID:Vbbw4ESp0
これは児童公園で遊ぶ子供の姿がないのだから
当然でしょう。医者ならわかってるよね・・・
でも治療として薬売りたいが先に来ちゃうのだろ?

脳に傷って言う表現は、医者はわかりやすく例えてる
つもりだろうけれど、余計誤解を招くよ

471 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 19:14:16 ID:r86iDlr4O
晩婚化が原因だよ。
女が30過ぎで子供産むと、
害児になりやすい。
ソースは自分でググれ。

472 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 19:15:11 ID:JecmwONq0
アトピーと喘息と自閉と色弱が一気に出てるよ@うちの息子
男は弱くて昔は死にまくってたってのも解る話だ。

473 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 19:16:04 ID:99dYGU8k0
自閉症児がこわくてますます少子化すすみそうだな。

474 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 19:17:17 ID:JecmwONq0
んで、ここで上がるような所謂「悪い」って言われる事は何にもないんだよな、うちは。
でも、駄目なもんは駄目。
まぁ、アレルギー関係と色弱は遺伝だから、自閉系ももしかしたらそうなのかもね。
とは思うけど、家系を洗って自閉リストアップは両家の軋轢を生む罠。

475 :熱湯浴@東亜の泉 ◆ulFuThP/U2 :2006/08/25(金) 19:17:33 ID:D60LRT460
アトピーなどのハウスシックや過敏性には、確実に科学物質か、添加物への

防御反応。


防虫剤とかの使用を控え、自然と戯れる環境に子供をつれて遊ばせて見るといいよ。

476 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 19:18:29 ID:+mkJB20F0
>>472
生まれる前後に新築物件にでも引っ越したんじゃないのか?
化学物質揮発しまくりの。リフォームでもなるけど。

>>469
女の子の自閉症でも鉄道とか好きなの?

>>471
子ども生むと体の毒が全部胎児に移行して、
母親自体はリフレッシュするらしいね。
擬似妊娠でデトックスとかできそうw

477 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 19:20:06 ID:mDvsHz3j0
少子化なのに障害児の絶対数は増加か。
これは!
明らかに、「複合汚染」の影響が今になって出てきたのだ。
有吉佐和子の危惧は正しかった!

みんなウヨサヨいわずに日経サイエンスの7月号を読め。

微量では安全な化学物質も、複合して採取すれば奇形が増えるのだ。


478 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 19:22:30 ID:9PnL/uIr0
農薬の単位当たり使用量なんて日本はスエーデンの25倍

479 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 19:23:25 ID:jgC0OqFiO

未熟児が死ななくなったからさ。
遺伝的「不具合」を有する個体が
生き延びる確率を高めているんだから当然の帰結だ。

わざわざ、日本人が劣化する方向の
進化に誘導しているんだからな…


480 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 19:23:54 ID:JecmwONq0
>476
引越はしたけど、80のバーちゃんが大家やってる奇天烈ボロアパートだった。
ロシア人と80と84とかのババァ(姉妹)と我が家が和やかに住んでた。

因みにうちはアスペで、一見全然普通。他人も大好き人見知りゼロ。
だけど空気読めないから、大きくなってきたら引かれるようになってきたw

481 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 19:25:32 ID:9z0DSmAq0
>>476
知り合いに鉄ちゃんもいるけど鉄子もいる。
どちらもオタク体質だけど、知的能力は高く、高学歴。
妊娠による母体のデトックスは確か眉唾ではなかったか?

アトピーなどのアレルギーに関しては寄生虫との関連がかなり具体的に議論されているね。

482 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 19:30:53 ID:8Pn2V/DM0
>>467
> 自閉症の子は乗り物酔いもしないし、添加物大好きだし
> 数字やコンピュータ大得意だし
> 進化した人間って気がする。ニュータイプか。

うちのアスペ(女)は車酔いひどいよ。
あんまり関係ないんじゃない?
偏食はある。いくら止めても、親に隠れてでもやたらにタバスコかける。

> 自閉症同士だとすごくお互いが理解しあえるから楽だって言うし、

メンヘル板言ってごらん。自閉同士で全然話し合いになってないのが
わかるから。

483 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 19:32:00 ID:1jokddpJ0
とりあえず女性は早めに子供産んで、
そのあと大学院なりキャリアなりに戻れる
柔軟なシステムにしたほうがいいかも

そうしないと早く子供産むのはDQNばかりで
マトモな女性は高齢出産で子供ヤバス、のコンボで
日本の国力ますます低下

484 :熱湯浴@東亜の泉 ◆ulFuThP/U2 :2006/08/25(金) 19:34:21 ID:D60LRT460
アトピーになる 開発途上国の人間は少ないからな。

過剰な清潔志向がよくない。


体は一定のはんいで、攻撃し続けているからな。

白血球やES細胞が

485 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 19:34:29 ID:99dYGU8k0
20代前半で産んでも自閉症多いの知らない馬鹿がいるな。

486 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 19:36:34 ID:m3kD+Yxco
もうさ、ガキ=自閉、他動 がデフォになりつつあるんだからさ、
ガキは外に連れ出すなよ。

電車も外食も禁止な。

487 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 19:37:41 ID:cIKga4300
最近は高齢出産妊娠時には検査するやつが多い。
自閉はわからんが、ダウンなどはわかる。
だからダウン症の母親って意外と若い母親が多いんだよ。
若いと検査しないからね。病院でも検査リスクのこともあるから、すすめないし。

488 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 19:38:18 ID:vUc4+oyt0
>>452
姉弟2人とも自閉の友達がいます。
姉は自閉傾向ありでわりとゆっくりした感じ、弟は高機能かと。
1人目が自閉だと、2人目も自閉の可能性はやや高くなるそうです。
それでも、健常児の可能性の方がはるかに高いのですが、弟さんも2才の時に
専門医の診察を受けたところ、自閉との診断でした。
両親は高学歴です。何かで高学歴の親同士からの方が自閉症児は生まれやすい
傾向ありと読みましたが、実際他の自閉症児の親も高学歴の方が多いです。

489 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 19:39:19 ID:1jokddpJ0
>>485
まあ体内化学毒物蓄積率が影響してるんなら
今の若い女性ほど前の世代よりかは
蓄積されてるだろうからなー

もう卵子の新鮮さだけでは太刀打ちできないか

490 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 19:40:43 ID:ZadgRu6n0
母子関係からくる後天性の発達障害だと思うのだが。

「チャウシェスクの子供たち」見たいな状態じゃないの?
ネグレクトが原因だと思う(´・ω・`)

491 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 19:42:03 ID:JecmwONq0
思うのは勝手だけど口には出さない方がいいかも
あ、新しい学説とか読まないおじいさんとかとは話が合うかも知れないけど

492 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 19:44:28 ID:nUc3ev//O
障害なのか、躾がなってないのか、よく判らないけど
最近の子は奇声発してる事多いね。

493 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 19:44:32 ID:r86iDlr4O
高齢(30歳以上)出産はマズいぞ。

494 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 19:44:54 ID:ym9IzEfu0
また発達障害か!

495 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 19:45:11 ID:1jokddpJ0
>>488
俺の知ってるとこもそう。
両親ともに高学歴で子供が3人、
真ん中だけ優秀な建築家。
上が知的障害、下が統失。

496 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 19:47:17 ID:3pDWC/8V0
>>96
臨床心理士と精神科の利権ラスイ。特に臨床心理士は制度の生みの親の河合隼雄が
死にそうだしな。

497 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 19:47:47 ID:9z0DSmAq0
双生児での自閉症の発病の一致率は、二卵性双生児では数%にすぎないのに対して、
一卵性双生児では40-90%に達するらしい。

最近、自閉症が増えているとのニュースから自閉症の環境要因の影響を想像したが、
それでもやはり遺伝的影響(複数の遺伝的原因+αが偶然重なった場合)の方が大きいのかもね。

498 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 19:48:50 ID:JecmwONq0
躾がなってない。子育てが出来ていない、私達の時代はこのぐらいの子供はたくさんいた。
育てられないのは最近の若者が親として自立できていない所為。

そんな事を言われて悩んでいた時代が私にもありました。

アスペだと自分が判るだけで楽にはなったよ。それを盾にしないようにはしてるけど。
まぁ、診断されたらされたで「障害児生んじゃったのね」と責めてくる姑はいるけど。
もしかしたらお宅の息子様からの遺伝かも知れないじゃないですか、とは言えないしなー。


499 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 19:50:02 ID:9z0DSmAq0
統失や自閉の両親が高学歴の割合が高いというのは、よく言われますね。
「天才と分裂病の進化論」という本はなかなか面白かった。

500 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 19:57:33 ID:oQkgHAhH0
神の見えざる手ってやつじゃないの?
どうしたいのかよくわからんけど。

501 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 20:04:44 ID:HOWuJehj0
携帯の電磁波

502 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 20:08:18 ID:tSrwLjF30
>>490
それはとうに否定されてるから

503 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 20:11:01 ID:IfRhzzUFO
案外これが進化だったりして。

504 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 20:11:43 ID:lPpsfmnhO
俺も自閉症
仕事と彼女と遊ぶ以外は
暑いから外には出ない

505 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 20:16:38 ID:aSpiCElqO
>>504みたいに自閉症の意味を勘違いしてる奴が多いから、
名前変えた方がよくね?

506 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 20:18:48 ID:1jokddpJ0
>>505
先天性対人的脳機能障害 とか?
なんか既にありそうな名前だけど

507 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 20:21:19 ID:tCZITK1q0
問題ある子供につかれきった主婦は
2chで子供なしの人間を執拗に叩いて憂さ晴らしするそうです。気の毒に。

508 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 20:25:27 ID:+mkJB20F0
>>480
ベニヤ板とか。ベニヤ板とか。ベニヤ板とか。

>>481
妊娠による母体のデトックスは水俣病で観察されている。
重症胎児水俣病の子どもを産んだ母親は水俣病にならない。
(それはそれで母親としては辛いことらしい)

マグロは食うなということだな。
厚生省はキンメダイを食うなと言っているが、
消費量はマグロのほうが多いだろう。
(マグロを食うなと言わないのは、マグロの消費量が少ないから、らしいw)

509 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 20:32:25 ID:xSN9vKR00

>>503
勿論、進化だよ。
進化の定義は「集団中の遺伝子頻度が時間とともに変化すること」。
(長谷川寿一・真理子著、「進化と人間行動」東京大学出版会。)

新生児死亡率は昔から極めて高かったが、近年の医学の進歩で急速に「改善」した。
遺伝的に問題のある新生児は、そうでない新生児に比して、死亡率が高いと考えられるから、
新生児死亡率の「改善」は、遺伝的に問題のある個体が生き延びる確率を高めているはず。
即ち、先進国の国民は自ら、種として劣化する方向に進化していると言える。


510 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 20:36:49 ID:PyPWq4vk0
高齢出産ほどダウン症が生まれやすいからねぇ

511 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 20:48:25 ID:oQw9mLVg0
重い自閉症の子は見ていてもつらいが
ある程度までの自閉症の子は単にひんまがった性格としか見えない場合がある
それだってほとんどが障害なんだろうが
一部の子は、ある程度の障害はあるとしても、周りの対応の甘さからくるわがままの方が大きいのではないかと
思ってしまう悲しい自分がいる

512 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 20:53:36 ID:tCZITK1q0
自閉症の障害児が「進化」だって

馬鹿じゃん?

513 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 20:55:37 ID:XVJ/tVVt0
親が必死に社会のルールを身につけさせ
一見適応している状態まで頑張れば頑張るほど
周囲にはただの躾の出来ていない我侭な子供に見えてしまう
このむくわれない思い。

514 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 20:58:17 ID:0tjUeQwc0
自閉児の親仲間にきくと多いのは
・双子や予定日より早めの出産
・陣痛促進剤使用
だったな

515 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 21:12:57 ID:azN93dOb0
>513
わかるよー。適応してきたってだけで健常児とは明らかに違うんだよな。
自分の行動に規範とモデルを作って、合わせる事で何となく普通に見せるけど、
本来は空気読めてないから感情が伴わないロボチックになりかねない。

516 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 21:15:38 ID:QkH2QN7V0
>>458
そりゃ天才すぎねぇか?実はゴースト歌詠みが

517 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 21:20:56 ID:tCZITK1q0
育児板なんかいくとすごいよ。
まともな子の親と自閉の親との対立が。


518 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 21:23:48 ID:azN93dOb0
行くなよw親は子が叩かれたら好戦的になるから怖いぞww

519 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 21:30:40 ID:xgz8RMN50
>>33

軽度の自閉症ってどの程度?

って、幼児の自閉症ってどういう感じ?

姪っ子は2歳過ぎたあたりでひらがな全部読めて
数字が読めるんだが、問題有り?

言葉というか単語は豊富でよく出るが、
まだ2語文が出てないと姉が言っていた。


520 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 21:33:03 ID:qeKZ/HT+0
携帯電話の電磁波が影響している

521 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 21:33:09 ID:gnjdjFdR0
>>519
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BA%E9%81%94%E9%9A%9C%E5%AE%B3

522 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 21:33:54 ID:eEOVSvhM0
ITがふくらんでネトウヨこと馬鹿自閉が増えただけ

523 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 21:37:07 ID:EuJ8mola0
>>519
心配なら専門医にみてもらうのが一番

524 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 21:43:19 ID:azN93dOb0
本当に自閉なら、年を経るごとに顕著になるから判るよ。
早めに気付いてあげた方が其の先言い来にくくなるのは確かだけど、
思い込みでこの子は自閉ですとか決め付けるのは最悪だ。

因みにうちは一年生の終わりに九九が全部言えた数字好きな自閉w
そんな事より日常の躾をきちんと教えなさいとかさんざん言われたww

525 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 21:46:22 ID:azN93dOb0
言い来にくくなる→生きやすくなる かな。自分何いってるのかわからん…

526 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 21:46:32 ID:0dcAra/W0
>>296
雑誌で抱っこマンセーでも、実際にはほったらかし親多いよ

親に問題ある(放置、躾と称した暴力)子で多動っぽいのはいる。

「育て方でそうなることはない」と親を励ますために言うことが多いけど
親のせいなものもかなりあると思うね

いいなと思う対応してる親ってかなり少ない

子ども相手にヒステリックにキレて怒鳴ってるママ
理屈より先に手の出るパパ
多い

527 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 21:49:32 ID:l+Alqu8z0
どれも先天性?

528 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 21:52:09 ID:/Ex5fnvO0
高学歴、高収入の両親に池沼の子が多いように感じるのは、そうゆう親の元に
生まれれば、池沼でもちゃんと育ててくれるから。
DNQの元に生まれれば、池沼は育たない、乳幼児の時期に事故死か虐待死
する。

529 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 21:54:34 ID:um6EAmjP0
>>514
うちのサークルの親の会では、吸引とか、されたせいだって、ささやかれてる。
頭蓋骨がずれる状態で、外部からの力による脳の損傷説。
そんな統計調査、誰もやったことが無いかも。産科の医者は、当然安全な方法
だって、言い張るんでしょうけど、出産時の何らかの異常事例が多いとね。

ま、とりあえず、明日から泊りがけで発達障害者サークルと、遊びに行って
きます。

530 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 22:00:49 ID:oFk7Ae+Y0
吸引も関係あるんだろうか。。
私も吸引され、私の長男も吸引されて生まれたんだけど、ひょっとしたら
親子揃ってどこか障害があったりして。。
生まれる時には膣壁で圧迫されながら搾り出されるように出てくるので
ある程度頭蓋骨がずれるのは当然だとは思うけれど(赤ちゃんの頭蓋骨は
骨が固まっておらず、衝撃を吸収するために骨と骨のつなぎ目がゆるい)
内から外からの両方の衝撃には耐えられないのかも知れないね。

531 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 22:03:41 ID:aZaMng3X0
高機能自閉症(アスペルガー症候群)の奴。
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1146652361/901-1000
アスペルガーの奴は特定の事について詳しいとか才能があることがあるらしいが
おまえら2chやってる奴はアスペ多いだろ。おまえらどんな才能ある?
特定されない程度に教えてくれないか。
電車とか車とか多いのかな?俺は小学生のころから何故か射撃が異常に上手いよ。

532 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 22:03:49 ID:0Lga4xdYO
自閉症に限らず、精神障害や発達障害が蔓延してるな
多発する基地外のような犯罪や、放火しまくりの子供などはそのせい
根本的に現代人の脳が異常をきたしてるような

533 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 22:05:12 ID:Jop1vL8a0
自閉症=究極の男性脳って言ってる学者さんいたいな
自閉症の男女発生比率ってどんななんだろ
精神病系は女性が多そうだけど

534 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 22:05:43 ID:MWObt1Xm0
>>1
ひんと:隣国が世界最大の障害者輸出国

535 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 22:06:41 ID:qcYcys2p0
>>519
うちの子も2歳になる前からひらがなとか一桁の数字くらい読めたけど
それくらい教えたら普通読めるんじゃないの?

多分もう少し行動パターンで見るんだと思うけど。
自分の手でやらないで親の手をつかんで物を取らせるとか。

536 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 22:08:42 ID:Q9lIQcCqO
自閉症の人とか関わったことない
どんなんなんだろ

537 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 22:11:17 ID:aZaMng3X0
クラスに一人はいるだろ。あと100人に一人は精神分裂病(統合失調症)

538 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 22:11:33 ID:qcYcys2p0
職場の軽作業担当している人がよく一人で見えない誰かと楽しそうに
議論してるけど、すごく野球とかの自分の好きなことには詳しいらしい。
自閉とかアスペとか言われる部類の人なのかなー

539 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 22:11:36 ID:PcckF+Pk0
その辺の人にいきなり目隠しを付け歩かせると、パニックになるだろう。
叫んだりするかまでは、人によりけりだけど
まず、不安な気持ちになる事にはかわりない。
これがあるべき情報の欠落からくる状態で、自閉症者は、
こういう状態におちいる頻度がものすごく高いんだと思う。

その情報の欠落ってのが、よく言われる
先天性の脳機能障害って所で、脳指令を基本とする
眼球運動、聞き取り、触感など情報を得るべき所に
強力なフィルタリングがかかってる。
これらが、うまく働かないという身体障害的な面も強い。

家庭や親しい仲間内なんかでは、さほど問題がないのに
初めての事、学校の授業、複数の人間、他人の速度を
くみ取らない人などにあたると、状態は一変、パニックをおこす事もある。
ここの落差にみんな「アレ?問題あるの?ないの????」
と戸惑うが、キーワードは情報のくみ取りがちゃんと出来るか否か。
時間に追われたり、手順をすっ飛ばされたりしたら、とても追いつかない。

そして、彼らの中では、本当はこうしたいのにうまく出来ない。
情報の連結・構築が出来ないから不安やパニックにおちいる。
つまり、一番頭に書いた状態になる。
むしろ精神が異常でないから、そうなるのだ。

また、得る情報も少ない為、出す情報(反応・感情)も乏しく
手駒がないため、対応がとんちんかんだったり、泣く、怒るなど
パニックだったり…ってのはある。
この辺りは、手駒が増えてくると色々対処が出来てくるもの事実です。

以上、高機能自閉に対する私見ですが、どうでしょうか?
情報のフィルタリングが結構「鍵」で逆にここを狭める故の特異な能力の人もいる様。

540 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 22:11:53 ID:kHjB31Aw0
以前は軽度の障害なら黙殺されるか、
社会的訓練の結果目立たないようになって社会生活を送っていただけと
違うか?

最近の子供(幼児)はきーきー騒いでまるで自閉症みたいだが、
やつら全部が障害もちって訳じゃないだろう。
しつけがなっていないから自閉症と診断されるレベルの反応をしてる子も多いんじゃまいか?

541 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 22:12:23 ID:+gv3i1G10
2ちゃんは自称アスペ厨が多いからなぁ。

542 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 22:13:46 ID:r3ZLdQoF0
>「財政難」という言い訳は聞き飽きた。
>「財政難」という言い訳は聞き飽きた。
>「財政難」という言い訳は聞き飽きた。
>「財政難」という言い訳は聞き飽きた。
>「財政難」という言い訳は聞き飽きた。
>「財政難」という言い訳は聞き飽きた。

マスゴミ風情が何偉そうな事を?

543 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 22:14:08 ID:oFk7Ae+Y0
>>533
自閉症も学習障害も注意力欠陥や多動など、先天的な脳に関わる障害は
圧倒的に男児に多い。
そういえば、遺伝的にも男児のみに発症する病気が多いね。

アルツハイマーや老人性痴呆症(認知症)は女性に多いけどね。

544 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 22:16:24 ID:ESQVq/RY0
>>536
悲しいとか、さびしいという、普通の人が感じる感情をうまく感じ取れないというか、
地球人とは感覚がずれてるって感じだよ。
8割がたは普通の人間と同じなんだけど、残りが普通の人とずれてる。

あと、健常児でも個人差があるから、発達障害の人とうまく付き合える(あしらえる)人もいるけど、
まったく受け付けない人もいると思う。


545 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 22:24:04 ID:Eq9l/tlEO
もっと脳の解明が進めば更に細かく障害も区分されていくだろう
今は普通だと思われている人も、未来においては何らかの脳障害と
診断されてしまうようになるかもしれない。
そもそも「正常に発達した脳」という基準なんてあってないようなものだし。

546 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 22:25:21 ID:LXxO+Zpx0
>>544
あしらえる、ってのはまさに的確な表現だな。
ネタにしつつもコミュニケーション図るわけだ。
成熟した人なら大抵そういう対応取れる。

まぁ結局はそこまでの関係に終始するだけで、
障害者の人生に何の関わりもないわけだ。
仮に障害者からアクション起こしても、けったいなもん見せ付けられているとしか
思わないしな。

547 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 22:26:18 ID:RSDl7pOb0
IQテストってやっぱ小学生入学くらいのとき受けるもんなの?
親ってこどものIQ告知されんの?
だれか教えて〜!

548 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 22:28:38 ID:+tIFeMAEO
食物に問題はないのか!

549 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 22:31:01 ID:mgpRLyHc0
昔より病名が診断されるから、増えてるって言うのもあるんじゃないかな〜。
昔だとちょっと変なやつも普通の教室にいたよ。
突然キャーーとか叫ぶの。

550 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 22:34:27 ID:/ChtZTAp0
>>532 関係ないかもしれないが
深刻な食物アレルギーは新生児の3人に一人といった状況だっけ?
そういうのも何かの環境の重大な変化を表しているような気がする。

551 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 22:37:27 ID:/Lsy0IaV0
精神科医が増えてるからじゃないの?
暇な精神科医は、産婦人科か小児科に転科して、日本の医療を救ってください。

552 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 22:37:57 ID:1+Ke7wkZ0
落ち着いて考えろよ。普通に製品を同じように作っても
いくらか不良品は出る。たいしたことでもない。

553 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 22:38:53 ID:UjdCuntO0
>>531
のび太ハッケソ

554 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 22:39:37 ID:azN93dOb0
>552
不良品だからといって破棄できない

555 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 22:40:26 ID:oqKUy8Xx0
>>526
親のせいでそうなるのはただのDQNであって
発達障害ではありません

556 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 22:40:34 ID:wQ3be525O
ネットの影響だろうな

557 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 22:44:00 ID:vUc4+oyt0
>>549
そうでしょうね。
私が仕事で関わったアスペと思われる20代半ばの男性も、幼少時〜大学まで
全く通院歴は無かったようです。
こだわりが強く、気分にむらがあり、人の好き嫌いが激しいがために
就職→退職を繰り返し、最近になって心療内科へかかり始めたらしい。
抗うつ剤を処方され朝が起きられなくなり、体調は悪化しています。
この人の場合、数字にかなり強くIQも悪くないので、「ちょっと変わった子」として
育ってきたのでしょう。羞恥心が全くなく、人前でズボンをはきかえたりします。
幼少時の診断と療育はやはり大切だと思います。

558 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 22:44:09 ID:um6EAmjP0
>>536
うまく一言では説明できない。
最初は、とても理解できないかもしれない。予測の付かない行動、
原因の分からないパニック。
そのうち、人間的な繋がりが出来てくるとね、自分の中にある、
同じものが、彼らの中にもあって、それが、全然別の形で組み合
わさって、表に出てるんだって、分かってくる。
それには、時間が掛かるし、本気になって向き合わないとだめ。

普通の人間は、そういう自分を苦も無く覆い隠して、バランスの
取れた人格ってのを演出できるんだけど、彼らは出来ない。
個人的な感覚では、彼らの障害っていうのが、まさにその部分な
んだろうと思う。

自閉症の人と接するってのは、普通の人にとって、パニック起こ
してる自閉症の人って場合が多いと思うけど、彼らは、知らない人
に体に触れられるのを、嫌がることが多い。
やさしく声掛けするだけにして、手を持って制止したりするのは、
周囲や本人が危険な緊急の場合にとどめた方がいい。

559 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 22:46:05 ID:aZaMng3X0
遺伝だって分かってるけどそうすると差別が起こる。

560 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 22:46:27 ID:42uuVQFqO
俺障害児の保育する仕事だが
もうだめだ。
人手たりずいつ事故がおきても
不思議じゃねぇ


多動とかマジ多動。
女の母性技には勝てねえし


561 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 22:47:56 ID:HmY0b0mR0
自閉症とかA級戦犯とか勘違いしやすいネーミングが多いよな。

562 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 22:49:18 ID:Y27XjeE7O
弟が自閉症です。
社会の中では病気としての認知度が低いから、親の躾が原因だとか「ひきこもり」や「ニート」と混同され、まだ誤解されてるんですね〜
重度の自閉症の方って行動のパターンで一目見てわかりますよ。自慢じゃないですが(笑)
ちなみに原因はまだわかっていません。
一昔前は「自閉症」の診断が難しく(医者も知らない)、耳が聞こえてないんじゃないか?とか、愛情豊かに育てれば治るとか言われたり(保育士に…笑)しました。
自閉症は「親の育て方」という誤解は、病気の名称のせいかも知れませんね。
「自閉症」と「自閉的」は全然違うものです。
障害を理解して欲しいというわけではありませんが、一応「知識」として知っていただきたいなぁ…と思いました。
長文スマソ

563 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 22:49:48 ID:4CrsEKWX0
昔は落ち着きがない子で済まされてたのが
今は何でも病名付けるから増えたって感じるんじゃまいか

564 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 22:51:40 ID:xVLyPjuz0
自閉症を命名したヤシは死刑だな

565 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 22:52:03 ID:efMl03NN0
自閉症ってよくわからん。
映画「マーキュリーライジング」で出てきた少年も自閉症だったな。
映画の中では
・親とのコミュニケーションは何とかできるが、他人とはほとんど出来ない。
・感受性が強すぎて、些細な刺激で取り乱す
・知能はある。映画では暗号を即座に解読できるなんてずば抜けた特技も。
という設定だった。
自閉症と精神統合失調症とは違うの?

566 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 22:58:05 ID:42uuVQFqO
>656


ジヘイの能力にはたまにビビるよ。
しゃべれないのに
あいうえおのブロックで「アカサタナハマヤラワ、、」と
最後までならべたり

あいうえおの声がでるキーボードで
超高速で歌の歌詞を打ったり。



567 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 23:02:03 ID:1jokddpJ0
>>565
>自閉症と精神統合失調症とは違うの?

統合失調症って幻覚見たり幻聴聞いたり
妄想激しくなったりするらしいから
そういうのが自閉には無いんじゃないの?

ただ周囲に適応できる幅が狭くてパニック起こしやすいから
まともな社会人としての人付き合いが難しい、って感じなのかな・・?

568 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 23:03:58 ID:X6EjQjR5O
つ「レインマン」のダスティン・ホフマン


569 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 23:05:19 ID:Jv9Xwe/e0
>>565
自閉症   ア○コ様
総合失調症 マ○コ様

570 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 23:07:00 ID:azN93dOb0
判りやすい所謂自閉=カナー
一見普通で判りにくい自閉=アスペルガー

これふたつ、見た感じじゃぜんっぜん違う物。

571 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 23:08:44 ID:oqKUy8Xx0
>>570
でも根っこの根っこは同じなのよね。

572 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 23:11:05 ID:ECpO7iER0
自閉症とか多動性とかなんて便利な病名?が出来たから増えたとか感じる。
それらの症状をみると、あんがい昔から居たじゃん、そんな奴。
落ち着きがねー奴とか、授業中に騒ぐ奴とかさ。
でも昔は先生がマジで怒ってたから皆釣られずに静かだったけど、
今の先生はガキの親が怖いから大人しくなっちゃって、
ガキ共が調子に乗って一緒に騒ぐんだろ。これが学級崩壊。
急に増えたんじゃなくて、
増えたように見える現在の世の中のもろもろの仕組みが問題だ。

573 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 23:12:27 ID:XVJ/tVVt0
>>544
感情を感じ取れない短所も、ある程度の知能がある子だと
マンガみたいなものを通して図として学び取ってなんとかやっていける。
でもささいな日常会話の中でおきる、善意からの嘘とか
比喩とか謙遜みたいなものは理解がむずかしいみたいで
行き違いがおきて落ち込むみたいだ。

574 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 23:14:03 ID:lzFm33HY0
神奈川県には県立こども医療センターという医療機関があって
かなりの臨床例を持っているから遠方(県外)からの来院者も多い。
そして児童福祉や障害者福祉にも力を入れているから集中しやすいんだろう。
子梨県民としては税金をそっちに持って行かれているのかと思うとモニョだな。

575 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 23:30:00 ID:Jwhp5Jvs0
>>565
自閉症=脳に問題がある。先天性。治療は不可能。知的障害を持っている事がほとんど。
内気や陰気等の性格的なものとは全く違う。
飛んだり跳ねたり頭を振る等の動作を繰り返す+乗り物に異常な興味を示す奴も多い。
駅のホームで電車に向かって雄叫びをあげながらビョンビョン跳ねてる池沼はたいてい自閉症。

統合失調症=ただの精神病で、治療が可能。

576 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 23:36:33 ID:azN93dOb0
>575
はずれてはいないが当たってもいない。把握してる症状の範囲が狭すぎる。

577 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 23:41:43 ID:Jwhp5Jvs0
>>576
うん、詳しくは知らん

578 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 23:49:39 ID:bAqQ+cx+0
>>514
陣痛促進剤か…ビンゴかも
あと貧血気味とか…

579 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 23:52:18 ID:auOd8Cep0
>>575

統合失調は治療しやすくなったの?
治し難いって聞いたけど。

580 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 23:56:43 ID:vVlZz5dK0
ADHDはドーパミンが関係してて薬で抑えられるよ。
また、多動性も思春期に近付くにつれて減少するよ。


581 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 23:57:15 ID:bAqQ+cx+0
自閉で辛いのは周りよりも本人なんだろう。
体温調節ができなかったり、バランスが取れなかったり。
でもそういうのは体が大きくしっかりしてくれば改善してくることも多い。
あきらめるな。親は将来の心配で嘆くより、出来るだけ子の体をしっかりさせる生活に気を配るんだ。
成人する頃にはぐっと楽になるぞ。

582 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 23:58:08 ID:mTm9btuq0
日本に蔓延するこういうのはなんなんだろう。


583 :名無しさん@6周年:2006/08/25(金) 23:59:17 ID:Y27XjeE7O
画家の山下清も「自閉症説」がありますね。アホだけど、一度見た風景は細部まで覚えてる。

584 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 00:03:14 ID:PRnBUh8x0

いや〜、福祉を手厚くしすぎて重税を課すから、DQNの遺伝子が増えてまともに働いてる遺伝子が子孫を残せないのが原因でしょw

さらに手厚い保護をしてDQNの遺伝子を増やす気か?



585 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 00:04:08 ID:F+GAUCsH0
山下清は後天性の知能障害。

586 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 00:05:57 ID:/TObMGtD0
自閉、多動、むかしはみんな平等に「バカ」と呼ばれていた。

587 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 00:06:57 ID:VxDFJWkcO
>585

おにぎりの食べ過ぎでね

588 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 00:09:00 ID:jVaNhcQQ0
>>565
もともと幼児にみられる精神分裂病(=統合失調)の一種と発見者が考えて報告したのが始まり。
分裂病の1症状である自閉症状と似ていることから、まんま自閉症と名づけてそのままひきずってるだけ。
その後の研究で、「何コレ全然別の病気じゃねーの」という理解に至り
今では「広汎性(or広範性)発達障害」という大きなカテゴリになってる。
偏った知能の発達や奇妙な言語用法、コミュニケーション障害(共感能力の欠如)などが特徴。
精神遅滞(知恵遅れ)を合併しやすいがIQ70(ボーダー)以上の場合は、
高機能自閉症(アスペルガー)として分類され、中にはIQ140に届く「一般以上」の人もいる。
こういう人は数字に強かったり、博覧強記であったり、異常にマニアックな傾向がある。
アインシュタインなどの歴史上の奇人にして天才たる人物は、このアスペルガーではなかったかともいわれる。

映画などの題材としてとりあげられるのは、自閉症というよりその中に稀に現れる
サヴァン(白痴天才)症候群――常人では到底真似できない特異なスキルの持ち主。
ただしサヴァンは重篤な自閉症者がほとんどで、社会的には役に立たないヘンテコスキルが多い。
憧れるような種類の物ではない。

治療不可能ってちらほらみるけど、根治が不可能なだけ。
療育の成果や歳とって周囲へ対応を経験則で判断することで
周囲に適応できないという意味での「障害」は軽くなる。
そのため重度の場合を除き、病名も年々重いものから軽い物へ変遷することが多い。
段々に軽くなるこの変化ゆえに、自閉症スペクトラム(連続体)とも呼ぶ。

適当にまとめると大体こんな感じだ。糞長いけどこれでも簡単に書いた。
詳しく知りたかったら専門書でも読んでネ。

589 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 00:09:48 ID:nTAQQ1ES0
>>585
山下清はサバン症候群の可能性が高いのでは??


590 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 00:10:16 ID:x7icxuEoO
激辛ブームキムチだとか食ってた香具師の遺伝子が変異したんだろ?

韓国を見てみろよ!
障害者だらけだろ?
あんなもの食ってるから未熟児出産になるんだよ!

それとゆとり教育の成果だな!

591 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 00:10:46 ID:OL5F0Sed0
天才型の自閉は手厚く保護してその他は施設へGO!

592 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 00:11:05 ID:zBJ+SEcK0
「光とともに」の主人公みたいなバリバリの自閉っ子が増えてるんだろうか
それとも高機能自閉症みたいなのも含めてるんだろうか

光きゅんみたいな子ばっかりが新入生の半分を占めてたとしたらもうそこは
ただの障害児学校だよなあ
普通の子がお受験して私立行くわけだよなあ
でも行けない普通の子にとってはドグラマグラかドクトルマブゼの世界だな

593 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 00:12:14 ID:80pwOlfP0
知的障害が伴わないと施設にすら入れて貰えないんだ。
障害者としても半端なんだよなようするにww

594 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 00:13:40 ID:OL5F0Sed0
障害者の基準を変えればおk

595 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 00:19:20 ID:Xg9BrqJoO
おまえらさぁー、先天性だとか躾だとか病気だとかワケのワカラン
個人の資質の問題にしてんじゃねーよ!!
自分達の不安な事、未知な事、理解出来ない事が起こればすぐに病気か?
排除扱いか?ハンセン病の時と同じ事してるって気付けよ・・・
精神・心理の医学なんて現代社会システムの無根拠で勝手な都合で
作られた危うい詐病だっていう根本的な認識を持てよ・・・
「病」なんて人間だけの勝手な概念だぜ?生物学的・動物的には
外傷でさえ、それは唯起こったという事象だけで、一番大事なのは
その先に生があるか死があるだけの事だ。

ここで問題になってるのは、所詮多少の性格の違い・個体差ぐらい
の事なんだよ。
マイノリティを排除し続けてるっていつの時代の話しだ?
ただ単に感情的にヒステリックに反応してるだけじゃー、質の悪い
ご近所飲み井戸端会議レベルだぞ?そんなんじゃ何の解決にもならん・・・

問題は社会の側にこそあるんだよ!

596 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 00:22:06 ID:1+N6tPKY0
愛子内親王殿下も自閉症の疑いがあるくらいだから、確かに増えている実感あり。

597 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 00:22:22 ID:jO31UzBw0
>>580 実際は、薬でうまくいかない場合もあるみたいですよ。
お泊り会で、薬を飲ませ忘れたら、症状が改善されたとか。

598 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 00:29:52 ID:eDwDyEhY0
このままカップラーメン食い続けてみろよ、
環境ホルモンで「女性化」する男がますます増え続けるぜ。
わずかな化学物質で脳の機能が変わってしまうってことは、
「女性化」だけに留まらないだろう。
自閉症その他の子供が生まれる率も高くなっているのかもしれない。

599 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 00:30:24 ID:nLqpxd270
出来婚が急増し始めた時期が10年前くらい。
ちょうど一致するな。。

600 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 00:31:27 ID:QhtL7kKJ0
>>595
そしてスカートの中へ手を…
まで読んだ

601 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 00:34:02 ID:4EwPm2/J0
>>539
数週間前、夜中に NHK-BS でドイツ国営テレビが作ったサヴァン症候群のドキュメンタリー
をやっていた。そのなかでは原因はむしろ「フィルターかかって自閉症的になる」ではなく、
健常人には存在する「簡約化というフィルター」が自閉症患者には存在しないのが原因
と、仮説を唱えていた。

すなわち、健常人は普段、五感から入ってくる情報を重要なものと重要でないものに
無意識的に振り分けて重要でないものは無視するような情報処理をするが、
自閉症の患者は、すべての情報がフィルターなしに入ってくる。
それで少しでも変わったことがあると情報処理のキャパを超えてしまいパニックを起こす。と。

602 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 00:36:07 ID:BWTms/GF0
>>595
タテ読み? ナナメ読み?

603 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 00:36:39 ID:OL5F0Sed0
それぞれ症状が違うんだから一般論で語ってもしかたないんじゃね?

604 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 00:37:20 ID:Xr5MyKI30
>>595
で、キミはどうしたいのかね?

605 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 00:37:33 ID:rWgV6QrtO
>>592
それ読んだことがあるw
あの漫画はある意味衝撃を受けたよ。
頭は普通だけどいる世界が違うとか書いてあったなあ
かなり勉強になったよ

606 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 00:38:03 ID:mdAF5qWa0
>>601
それだといよいよ「自閉」という語がにつかわしくないですね。

607 :今日も雲弧 ◆bKaGbR8Ka. :2006/08/26(土) 00:39:05 ID:oEspa+Ly0
原因はイジメですよ。日本全国で、大人も子供もイジメで自閉ですよ。

10年ほど前から、日本全国で統合失調症に追い込んでからリストラする
手法が使われたため、子供のイジメにまでそれらの手法が真似られて
いるのですよ。

もうか学会員の経営コンサルタントあたりがこの手法を人事部や総務部
向けの雑誌に紹介したのが発端だと妄想しています。




608 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 00:42:03 ID:jFfZg04R0
>>596
オランダでの様子の写真を週刊誌で沢山見たけど、メチャクチャ笑ってたよ。
手を振って。
何でも、日本に居た時はお母さん(雅子さん)がいつもつらそうな顔してるから
愛子様も笑えなかったんだろう、とか。
別人のように笑顔だった。

609 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 00:42:42 ID:q/KjFFi60
まーたこんなニュースか。
これ聞いて、子供生む勇気くじかれる人が全国で100人は出るよ。
中学2年生が家に放火とかのニュースもひどかったし。
子供生んで欲しいっていいながら毎日こんなんばっか。
もっと明るい話題無いのか、おい。

610 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 00:43:10 ID:XavC9Hs50
俺の弟も大学卒業後に就職もせずに変だと思っていたら自閉症になってしまった。
親も甘やかすから、一日中ゲームやってる。
結局は自閉症なんて親の教育が悪いからでしょ。


611 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 00:45:23 ID:TlW8N/ji0
寝るときに頭のすぐ近くに携帯電話を置いて寝てるけどやばいの?

612 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 00:47:07 ID:OL5F0Sed0
>>608そうか?かなり不自然な笑顔だと思ったが。
合図されたら笑顔にする訓練受けてたまたま成功したんじゃね?

613 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 00:47:15 ID:z/Dsc001O
>>610
それただの怠け者

614 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 00:47:40 ID:jFfZg04R0
>>610
それ自閉症じゃないんじゃ?
自閉症って、大きくなってから「なってしまった」り
甘やかすからなったりするもんじゃないよ。

615 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 00:49:00 ID:uP7sOgo50
自閉や多動も問題だけど、注意欠陥もひどいぞおまいら。
現実生活ではかなりのハンデになる。おれはそーとー苦労した。

616 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 00:49:09 ID:U97vMzSEO
>>610
後天的な自閉症など存在しない。
教育の問題などではない。

617 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 00:50:36 ID:XavC9Hs50
>>614
育て方が悪いから自閉症になるんでしょ。
そもそも個室を与えるのがまずよくない。
後パソコンとゲーム。
家に一日中いてもすることがなければ普通は外に出るはずだが、
今はパソコンとゲームがあるから一日中家にいても楽しめちゃう。
それでだんだんと図にのっちゃうんだよね。


618 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 00:51:32 ID:xsHanJY40
スレも610迄来てて
まだこんなレスをつける人がいるのか・・・・

619 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 00:51:34 ID:q/KjFFi60
>>610 >>611
自閉症を勘違いしてます、キミら。

620 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 00:51:56 ID:NEcFgXvp0
>>610は釣りなんだよねぇ?

621 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 00:52:04 ID:80pwOlfP0
>617
大きな勘違いだから早めに気付いてね

622 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 00:53:37 ID:z/Dsc001O
>>610
昨日トステムEVスレにいた構ってちゃんですか?

623 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 00:53:48 ID:XOZFlQzT0
おまいらいくらなんでも釣られ過ぎだろ・・・

624 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 00:54:03 ID:XavC9Hs50
ごめん上のレス読んだ。
自閉症って引きこもりのことじゃないんだね・・・
28年間ずっと勘違いしてました。


625 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 00:55:41 ID:n65ZfqD50
まず字へ司法tえていう名祖父かえろよ

626 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 00:56:50 ID:jWcTgmws0
>>327
うちの近所にいる子も重度の障害なんだけどこういう傾向あり
年齢的にはもう中学生なのに道を女性が通ると
ズボンを下げて下半身丸出してぎゃあぎゃあと声をあげてる
大人になってもこの癖が直らなくて近所の小さい子が被害にあったりしたら…
と考えると今から頭が痛い

627 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 00:56:51 ID:SrDH/YfxO
怖いな。
子供つくるの。
親が過去に服用していた抗生物質とか関係あるんかな?

628 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 00:57:15 ID:NEcFgXvp0
育て方が悪いから自閉症になるんでしょ。
そもそも個室を与えるのがまずよくない。
後パソコンとゲーム。



と言いきる辺りがトステム製EVだねぇ。
つーか、マジで知らなかったのか。
それも驚き。

629 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 00:58:41 ID:y8+iudXQ0
>>624
素だったことに驚いたけど、回りに自閉症がいなかったら
興味もなく、知ることもないわな。

630 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 00:58:56 ID:XavC9Hs50
>>628
いや普通知らないでしょ自閉症なんて。
普通聞いたら引きこもりだと思わない?
いやまじで釣りとかじゃなくて。


631 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 00:59:16 ID:q/KjFFi60
>>624
わかればいいってことよ。
けっこう見かける勘違いではあるしさ。
>>628
まあまあ。

632 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 00:59:42 ID:rWgV6QrtO
>>610
釣りでもあえて言おう。
お前は阿呆

633 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 00:59:54 ID:taARLpTKO
*自分で
*閉じこもる
*症状の病気

だと勘違いしてるヤツ多くないか??

634 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:00:46 ID:mdAF5qWa0
>>630
同意する。このスレ見て良かったね。

635 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:00:55 ID:Xg9BrqJoO
>>604
議論の方向性を示したいんだよ。
はっきり言って今の社会・世間・専門家までも原因追求の
方法がズレてるんだよ。
自閉症にしろ、精神医学にしろ、ニート・ひきこもりの諸問題にしろ。
俺はそれを問題提起したいんだよ。

社会に原因があるって意見をする俺は異常か?そんな俺を
異常扱いする世間・社会は異常じゃないのか?
どうなんだと。

636 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:01:06 ID:80pwOlfP0
引き籠もりと自閉を勘違いするような人は、自閉って言葉が判らなくても検索して見もしないんだね。

637 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:01:28 ID:NEcFgXvp0
いや、今時は知ってる方が当然じゃない?
勘違いしがちなジジババ世代ならともかく…。

638 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:02:01 ID:FJYisIn40
>>633
なんか自閉症を勘違いしている奴が多い。
と偉そうに大したことのない知識をひけらかす奴が多い気がする。

639 :町田在住:2006/08/26(土) 01:02:16 ID:YP02GTWHO
ただでさえ町田は多いのに相模原に新設ですか・・・
彼らは奇声を発してたり、暴れながら歩いてたりするから
子供を連れてると恐くて仕方ない
必要な施設だとは思うけど、本音を言えば近所にあるのは嫌だな

640 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:02:28 ID:z/Dsc001O
>>630
よく知りもしないことを、スレも読まずに書くおまえは>>632

641 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:02:49 ID:y1UyAoec0
>>617は普通の感覚ではある。俺の母親だって似たような(例:
昔は番長みたいのがちゃんといて、どのぐらい殴ればいいかわかっていた
今の子供はアニメ世代でどのぐらい暴力を振るったら人が死ぬか
わかっていないので少年犯罪が起こる。あな、キレる子供恐ろしや)
感覚だよ。むしろ大衆掲示板に情報求めにくる人間のほうが
まだまだ特殊

自閉症はむしろ「友達欲しい病」が酷いのすらいるぐらい・・・
もうネーミングのほうがお引取り願えばいい

642 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:03:09 ID:bssdKMdv0
神奈川県の公的機関は全く信用出来ん
ヒント:神奈川県警の過去

>抜本策を講じることが急務である。
まとまった金が欲しいのかね

643 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:03:19 ID:q/KjFFi60
>>633
まあ正直そう考えていた時期が
俺にもありました・・・
調べて先天的な脳の疾患と知って驚いたクチだ。

644 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:03:20 ID:4IDQ031U0
凄まじい無知がいるスレだな・・・。

645 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:03:50 ID:3j8gDOk20
引篭るって事は他人に危害を加えないためという香具師もいるだろうからなぁ。
街中出でればいいって訳でもない気がする。
たむろってるやつらが増えても困る。

646 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:04:22 ID:80pwOlfP0
無知に振り回される自閉。どっちも社会のお荷物仲間ww

647 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:04:42 ID:n65ZfqD50
次から次へと勘違いしてる奴が来るのね

>>645

648 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:05:03 ID:WaggsZ5AO
>>66
怖いっ

649 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:05:30 ID:2rFhtBMY0
>>633
主にガンダムのせいだ。
アムロは自閉気味の若者って設定だからね。

650 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:05:52 ID:6J371G5w0
自閉症とニートがイコールになってるw

651 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:06:26 ID:Qfvx6SKb0
>>649
むしろカミーユが自閉症と自称しちゃってたのがまずかったような。

652 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:07:40 ID:nTAQQ1ES0
>>649
別にアムロがアスペルガーなり高機能自閉だという設定でも
おかしくないと思うけどねぇ。

最も、当時はそういう分類は不完全だっと思うけど。


653 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:08:35 ID:4EwPm2/J0
アメリカの精神医学者が書いた「天才と分裂病の進化論」という本では、
統合失調、自閉、サヴァン、アスペルガーといった精神疾患は国や人種に
関係なく人類のある一定の割合で生じると。

過去の数多くの「天才」と呼ばれる人の多くはそういう精神疾患の傾向が見られる。

人類の文化や芸術を発展させたものには、人類特有のそういう精神疾患が大きな
役割を果たした。

みたいなことが書いてあった。

654 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:11:08 ID:rWgV6QrtO
ニート=怠け者
好きでやっている
後天性

自閉症=脳に異変あり
好きでやってるわけではない
先天性

これで分かったか無知どもめ

655 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:11:13 ID:JnQM8b5t0
実は人類の進化の大きなステップとみた。
普通人には感知することの出来ないテレパシーとかすごい

656 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:11:47 ID:6J371G5w0
全国で謎の急増ってなんでだろう。



657 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:13:01 ID:FJYisIn40
>>654
だからその程度のことを偉そうに語んなよ。

658 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:13:06 ID:xsHanJY40
自閉症だけの世界があったら
自閉症の人は幸せに生きていけるのだろうか?
自閉症の人同士は気が合うの?

659 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:13:17 ID:zxMYKTR90
電磁波とかは?

660 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:13:43 ID:LmOHcwOTO
中国の毒野菜のせいだろ
中国人は日本に輸出する野菜は死んでも食わない
食べたら障害もちになってしまうからな
未知の薬品が戦争の兵器として使われる現実
未知の薬品には制限かからないしもちろん輸出入だって自由
いくらでも日本人を毒殺できるんだよな
困ったもんだ
中国

661 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:14:12 ID:nTAQQ1ES0
つうか>>657の認識が間違いというのが
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060824i101.htm
だったりするわけだが。


662 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:14:13 ID:80pwOlfP0
自閉症にも色々と種類があるので一纏めにしても解り合える世界は出来ないよ。

663 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:14:13 ID:T2jm9drV0
>>7
多分な。これははっきりいって医療現場のデータだけでは分析は
できないと思うよ。

晩婚化もあるだろうし、PC機器の普及も影響あるだろうな。つまり
男側にも問題があることが考えられる。いや、本当のところわから
ないだろうけれど、間違いなくここ数年の流行物に関連があるのは
間違いない。蓄積されたものではない。

664 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:14:24 ID:jFfZg04R0
>>656
不思議だよね。
遺伝でもないみたいだから、お腹にいる間に何か良くないものが…
とかなのだろうか。
アレルギーの子も昔よりずっと多いしねえ。

665 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:14:25 ID:2rFhtBMY0
>>653
それって疾患じゃなくて
人間という種のバラツキに過ぎないとってことなんだろうね。
でも画一的な労働力を求める資本社会では都合が悪いから
自閉症なりアスペルガーという分類を行って
異分子として扱っていると。

666 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:14:48 ID:Ey4henVn0
水銀じゃなかったか?しかも実験的だが、自閉症を改善する医師がいるらしい。
水銀を体外に出す薬があるんだと。しかしながら人間に必要なミネラルや金属も
出すから補充しないといけないんだと。

667 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:14:53 ID:4EwPm2/J0
>>656
これは不思議。これまで、自閉症は、複数の遺伝的子要因が偶然に一致したときに
生じると考えられていたはず。

全国(というか世界的に)最近増加しているということは、遺伝的要因だけでなく
環境的要因の寄与率がある程度ある可能性がでてきた。

668 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:15:39 ID:EPUHNTb3O
ニュータイプwww

669 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:16:06 ID:uod5U8it0
>>656
上の方にも書いてあったけど、知識のある親が増えたのも一因では?
このスレ読んでも、「先天性の病気、脳の異常が原因、躾・家庭環境は無関係」と
わかっている人が多い。
以前は芸能人が「私、小さい頃引っ込み思案で自閉症だったんです〜」とか
テレビで言ってたからね。

670 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:16:19 ID:80pwOlfP0
だから、水銀説はその医者だけが儲ける為の与太話なんだってw
自閉の子を抱えた親は藁をも縋る思いだけど、与太までは信じたくない。
頭蓋骨に穴開けて直そうとか、トンデモナイ事始める人達もいるからねぇ。

671 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:16:42 ID:VxDFJWkcO
ヒント→チェルノブイリ

672 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:17:23 ID:4EwPm2/J0
>>666
>>456 参照

673 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:17:43 ID:SmocnbYD0
自閉症も4:1くらいで男のほうが多いんだよな。自殺者数の歪みも関係あるのかもな

674 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:18:28 ID:FJYisIn40
>>658
あまりお互いの存在を気にしないで好き勝手やると思う。
健常者とでも仲良くはなれるけどね。

>自閉症の人は幸せに生きていけるのだろうか?
どこら辺まで自閉症に入れるか知らんが、基本的にみんなで仲良く餓死すると思うよ。

675 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:18:46 ID:Qfvx6SKb0
>>670
頭蓋骨に穴って三角頭蓋とかの話だろうか

676 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:19:45 ID:LmOHcwOTO
あんな国いずれなくなってるさby中国
こういうことか
環境ホルモンで男をメス化して少子化
んで生まれてきても障害者
皆さん最近ぺニスのたたない男がいっぱいいるの知ってますか?

677 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:20:43 ID:YcqCxaZ4O
晩婚化は一端にありそうな気が
奇形やダウンとかの遺伝子疾患は30前半の出産からかなり
確率が上がるんじゃなかったっけ?

678 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:20:46 ID:taARLpTKO
100人〜200人に一人は高機能型自閉症(アスペルガー症候群)
がいる訳だから怖いな
妙なこだわりとかもってるんだろうなぁ

679 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:20:49 ID:nTAQQ1ES0
>>673
自閉症の極端男性脳説ってのが、そのあたりから出てきてるな。


680 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:21:23 ID:jVaNhcQQ0
>>666
自閉症そのものに有効な薬はないが
以前それが存在するかのように吹くインチキ専門家を素晴らしい研究と
褒め称えたNHKというイカス放送局が問題になった覚えはある

ちなみに水銀うんぬんは超高額浄水器売るための文句じゃなかったか

681 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:23:20 ID:Z0srE5gZ0
結局、自閉症への取り組み具合と自閉症患者数は比例すると。

驚くことじゃない。それだけ世間の認知度が低いんだ。

682 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:23:38 ID:80pwOlfP0
基礎も知らない馬鹿な事言い出す人達は、ある意味障害者なので可哀想です。

683 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:25:22 ID:SmocnbYD0
社会のほうが間違ってる。
健常者と呼ばれる人の中にも
鬱とかメンヘラーが山ほどいるわけで。
障害者も健常者も対して変わらない気が・・・
健常者の中に、まともな人間がが一体どれだけいるのかと。


684 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:25:43 ID:4EwPm2/J0
水銀云々は、水銀が含まれた某予防摂取の製造元製薬会社に対し、自閉症の子を持つ
某親が賠償請求をするため、某研究者がグルになって(キックバックをもらって)
水銀原因説を唱えたという節もある。1990年頃のアメリカでの話し。

とりあえず、現段階では否定されている。

685 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:26:11 ID:dJjVoypQ0
自閉症かそうでないかを
昔より正確に判断できるようになった
ただそれだけのこと

686 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:27:34 ID:FJYisIn40
>>683
スマソ。
メンヘラーというのは、どこら辺まで含むんだ?

687 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:29:49 ID:F+GAUCsH0
エバンゲリオンの主人公が自閉症というのは大嘘。

688 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:30:20 ID:q/KjFFi60
>>683
自閉症の困難さは、鬱や統合失調の比ではないらしいぞ。
鬱も統合失調もそれはそれでずいぶん大変だけど。

689 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:32:38 ID:0DIKngO90
こんな原因不明なニュースを
見たら、ますます少子化に拍車がかかりそうだ

690 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:33:32 ID:FJYisIn40
>>605
無知じゃない貴方に聞きたいんだけど、
漫画以外で何人くらい自閉症の人にあったことある?

691 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:33:50 ID:3TGpqpji0
新生児医療の発達で
昔なら途中で死んで
淘汰されていた部分が
そのまま大人になってゆくんだよ。

692 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:34:57 ID:zqWv5dwe0
LDやADHDなど発達障害という新たな分野は
集団適応や効率の問われる現代において、従来の障害ではくくれなくなったということです。
障害というのは、社会のあり方との相対的位置付けだから、
時代が変われば中身も変わる。今、そのれ歴史的過渡期てわけでしょう。
実際問題として、コミュニケーション能力に欠ける発達障害は、
知能も体力も四肢の動きも問題にもかかわらず、現代社会では就労不可能の道に行く。

まぁ、かの皇太子の一人娘の愛子さんが体現しているようなので、
微妙な雰囲気は認知されるに役立ちそう。
親が、子どもの障害に不適切に対応している例ではあるけどね。
あの親たちのやり方じゃ、愛子さんは壊れてしまうね。

693 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:35:50 ID:SmocnbYD0
>>686
視線恐怖とか対人恐怖とか自殺願望とか
うつ病とか引きこもりとかリスカとか
とにかく精神的に病んでる人たち

694 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:37:58 ID:+0rIhjZvO

ネラーも精神が病んでるよね

695 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:39:00 ID:T2jm9drV0
>>694
それは通称2ch病という

いつだったかまとめたことがあるんだが、まぁ、みな頷くようなものさ。


696 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:39:42 ID:zqWv5dwe0
>知能も体力も四肢の動きも問題にもかかわらず
訂正、悪い。


○知能も体力も四肢の動きも「ない」にもかかわらず


697 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:41:07 ID:FJYisIn40
>>696
植物状態だな。

698 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:42:53 ID:6J371G5w0
>>692
ハウス!

699 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:43:16 ID:zqWv5dwe0
>>696
最悪。何やってんだてアップ。再訂正。

○知能も体力も四肢の動きも「問題ない」にもかかわらず

です。


700 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:43:44 ID:SmocnbYD0
いじめをする奴も、殺人をする奴も
健常者と呼ばれてる中に山ほどいるが
どこが精神が健常なのかと。

701 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:44:52 ID:mHIHXzUQ0
>>432
一見、退化に見える進化


702 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:47:44 ID:eOTx3mOK0
>>1
実際に病で苦しんでる人たちはともかく

病は医者に作られるものだってゆー側面を思ったよ


703 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:48:51 ID:pIohIXjd0
女は早期からやったり複数と性交渉をもったりすると
確実に子宮系の病気のリスクが上がるんだが・・・
それを医師が警告したりすると、例えば「子宮ガン=ヤリマン」
という偏見(でもかなり真実に近い)が拡がるって患者から
非難されちゃうんで、テレビの医学バラエティでもあんまり言わないな。
でもガンの本にはしっかり子宮ガンの原因として書かれてるぞ。

704 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:49:36 ID:HbxjgN2n0
裏金作ってる役人達も異常だよな。
燃やしたとか嘘ついてまで誤魔化そうとするんだから。

705 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:49:56 ID:6J371G5w0
>>703
子宮頸がんじゃなくて?

706 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:51:09 ID:apVrW40Q0
横文字使わずに「変わった子病」と呼べばいいんだよな。
ASなんてそれ以上でもそれ以下でもない。

707 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:56:55 ID:mHIHXzUQ0
キーワード

ヒトラー最後の秘儀
永遠の未成年集団
東方が実験場
超人 神人
消えたユダヤ十支族

708 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:58:18 ID:qHNvcU8oO
食品添加物のせいでは?

709 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:58:31 ID:b7/UVpiL0
もうね。
ほんの少しでも頭のイカレた子供が生まれたらね。
親は地獄ですよ。
近所にいますけどね。ほんと哀れですわ。
本当なら死んでる子供なのに医学の力で生かしてしまうからね。
ありゃアキマヘンわ。
特に赤ん坊で40度以上の高熱とテンカン引き起こしたらね
それだけで大切な脳細胞死ぬんですわ。
壊れた脳は戻りまへん。

>>703
子宮ケイ癌は性病と同じですわ。
だいたいは男が商売女から貰ったウィルスが女に移って発症するんですわ。
子宮タイ癌はまあホルモンの関係なので恥ずかしくない癌ですわ。

710 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 01:58:42 ID:FW3lXjKh0
何言ってるの
ネトウヨどもって全員自閉症だろw

711 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 02:00:23 ID:4eK4KBaf0
現在40代前半の世代がテレビゲーム第一世代なんだよな。

712 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 02:01:12 ID:MIT8MfDZ0
自閉症は重度でない限り普通に生活できるし障害って程じゃない気がするな。
数が増えたのは情報が増えたから軽度でも気付く親が増えたんじゃないかしらん。

713 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 02:01:47 ID:b7/UVpiL0
>>710
自閉症ってのは精神病ではなくて立派な脳細胞の病でおま。
ヒキやニートとは別物やで。

714 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 02:01:53 ID:pI78TGgbO
上手く行く奴は上手く行き ロリに神経掻き乱され 淋しいオバハンたちのヒステリ 信用出来ない大人と教師 自分勝手な同級生


715 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 02:02:00 ID:6J371G5w0
>>706
中年になったらどうするのw

716 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 02:03:09 ID:hyIpy/Eq0
全ては食い物と親の愛情と地域社会。
つか、もう手遅れ。あきらめれ。

717 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 02:06:40 ID:hwpQSCsd0
自閉症の意味を分かってないやつ大杉

718 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 02:06:45 ID:xsHanJY40
ループして同じ話が何度も出てくる
ボケ老人としゃべってるみたい・・

719 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 02:08:23 ID:80pwOlfP0
まぁ、このスレで一人でも正しく自閉症を理解して、ボケ老人レベルから脱してくれたら有り難い。

720 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 02:09:02 ID:b7/UVpiL0
>>712
いやいや、自閉症は大変やで。
軽度も重度もあまり関係ないで。
脳が壊れてるんやから一生治らないしな。
機嫌が良い時はいいが、ほんの少しでも機嫌損ねると凶暴なサルになるで。
ストレスに耐える能力がダダこねる赤ん坊のままなんよ。

>>717
同意。

721 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 02:09:44 ID:SBljKNQQ0
>>717-718
本当だね。
他人のレスなんて興味ないんだろうね。
どっちが自閉なんだか。

自分ADDなんで不注意は良くあるけど
その分必死で人の話を聞くよう努力してる。
そういうの解って欲しいとまでは言わないけど
せめて正しい知識を持った上で批判して欲しいよ。

722 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 02:15:32 ID:cDR5xFhnO
>>721病気を理解して大目に見て欲しいのか?

迷惑かけとるのに?

723 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 02:16:34 ID:80pwOlfP0
出来るのにやらない
出来なくて出来ない

結果は同じでも、一緒くたにされたら健常者も困るでしょ。

724 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 02:17:45 ID:q/KjFFi60
>>722
本人努力しているのに厳し杉ですよ、それ。

725 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 02:18:06 ID:A0JKPmKk0
少子化なのに障害児急増、運良く健常児が生まれても、行く末はニートか派遣で人生お先真っ暗
日本終了の悪寒

726 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 02:19:35 ID:lZjj9Max0
単に、昔は「変な奴」で済まされてたタイプの餓鬼が、
最近は精神科医の商売拡大努力で病名が付いただけだろ。

727 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 02:20:32 ID:LZW+Jiwc0
中国の毒野菜のせいである

728 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 02:22:25 ID:XhHDMpF2O
バッテン食った連中が多いからだよ

729 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 02:23:16 ID:b7/UVpiL0
>>722
721は別に迷惑はかけてないんじゃないけ?
メンヘラやニートや対人恐怖症とか言ってる連中は嫌いだが
本当の脳の病を自覚して頑張ってる人間は責める気にはなれんのう。

730 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 02:25:13 ID:MIT8MfDZ0
>>720
脳が壊れてるんじゃないよ。
若干、情報処理の構造が一般人と異なるだけ。
軽度自閉症のアスペルガーと呼ばれるような症例の場合、
家族と本人が努力すれば成人する頃には一般人になじむことも出来る。
自閉症というと知性の重篤な欠陥が併発することが多いので大変なイメージがあるが
個人個人のスペックと場合による。

731 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 02:25:59 ID:SBljKNQQ0
>>722
いえ全然。
多動が無いタイプですのでジーッとしてますし
迷惑をかけているとしたら行動の遅い私にイライラさせられる家族でしょうか。
私は、このスレの中の脊髄反射で書き捨てする人の事を書いただけですよ。
私を理解して許して下さいなんて書いてもいませんし思ってもみませんでした。


732 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 02:26:50 ID:BWTms/GF0
>>708
あとチェルノブイリ

733 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 02:28:52 ID:80pwOlfP0
軽度自閉症=アスペルガー=症状が軽度 じゃないよ。勘違いしてるね。
「知的な障害がない」自閉がアスペルガー。自閉として軽度な訳ではない。

734 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 02:31:28 ID:MIT8MfDZ0
>>733
そうなんか。すまんかった。
自閉スペクトグラムというのの上にアスペがあるのかと思ってた。
勉強になったよ。サンクス。

735 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 02:32:39 ID:ha+7SrUC0
自閉症については以下参照↓
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E9%96%89%E7%97%87

ただし、全部遅れている自閉症と、知能や言語能力は健常者並なのに
コミュニケーション能力の遅れの自閉症と2通りある模様。

736 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 02:34:37 ID:q/KjFFi60
>>732
そんなら、ロシアで自閉症が増えているはずだが・・
っていうか、ヨーロッパや中国でも自閉症が増えているはずだ。

737 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 02:36:13 ID:jVaNhcQQ0
なぁ、以下参照といいつつ思いっきり調子っぱずれなこというのはどうなのよ?

738 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 02:37:17 ID:SmocnbYD0
>>729
本人が努力してようとしてまいと
実際、学校や社会に出ると
いじめたり馬鹿にする奴らが多すぎる件

739 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 02:37:36 ID:iI9M73k20
自閉症ってエレファントマンみたいな奴のことだろ

740 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 02:42:23 ID:BWTms/GF0
>>739
燃料にするにしても粗悪杉だってばさ

741 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 02:42:37 ID:b7/UVpiL0
自閉症は脳神経外科で看てもらえる本当の病。
ニートやメンヘラは精神科医。
ここが決定的に違うね。

>>738
本人に勇気があれば病名を言って欲しいね。
そうでないとわざとやってるのかと思うし。
病名知って本人も自覚していて努力してると分かれば馬鹿にはしないなあ。


742 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 02:47:24 ID:80pwOlfP0
病名、言わない方が良いと医者から言われた。
自閉症って名称から来る勘違いと、それによる排他的な感情はこのスレだけの話じゃないからね。

あの子自閉症なんですって。親の育て方が悪いのよね。躾も出来てないしね。
大人になったら引き籠もりになるんでしょう?子供のうちは暴れて人を傷付けてばかりなのよね。
そんな子供とうちの子を仲良くなんかさせておけないわいっそ席替えもして欲しいわ。

みたいな例は後を絶たないんだそうだ。

743 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 02:48:18 ID:SBljKNQQ0
ttp://www33.ocn.ne.jp/~osamu/
>>738
ここはAD/HDのページだけど
真ん中の一番下にある「資料: あるADHD児の事件」を読んでみて下さい。
特にお母さんの書いた手記のところ。
親御さんの苦労と脳機能障害がどれほど認知されていないかが解ります。

744 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 02:50:49 ID:SmocnbYD0
>>741
今二十代の人らは自分でも病気と知らずに
変人扱いされてきた人もいるわけよ。
努力してるにもかかわらず。
あと親は知ってるけど本人に伝えてない場合もあるよ。

745 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 02:54:43 ID:guIO5UUq0
これは、やはり中国産の食物が多大に影響してるよね?

746 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 03:16:19 ID:SBljKNQQ0
>>743ですが
この自殺してしまった9歳の子と同じような苦しみを
今まさに味わっている人達がいると思うんです。
知能に問題が無い場合、自分がどういう事をしてきたのか、
自分の脳に問題があるんだ、と理解した時に
やはり愕然とすると思います。
私は自分で診断を受けに行きましたが小学生の頃、先生に
「お前は口が無いのか!」「泳げないなら泳げるようにしてやる。」←プールに落とされる
など経験があり自分を何とかしたくて今も工夫しながら生きています。
もし出来る事なら、同じような障害を持つ者同士、こういう人間が生き易い環境を作る
そんな事が出来たらいいなぁと思っています。

>>742
本当にそうですよね。
カミングアウトして学校内でどういう障害なのかを皆に知ってもらって・・・
なんてことが出来たらいいのに。

747 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 03:23:42 ID:b7/UVpiL0
>>746
文面からはとてもそう思えないよ。
傷害を理解してくれる友達が増えるといいね。

748 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 03:25:29 ID:lZjj9Max0
晩婚化で、高年齢出産が増えたからなぁ

749 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 03:43:32 ID:SmocnbYD0
いじめや差別をする奴らが擁護学校に行ってほしい。
>>746みたいに教師からしてそんなだから救いようが無い。
情緒や思いやりに障害があるとしか思えない。
自分が出来ることが、皆同じように出来ると思う方がおかしい。
人間は1種類しかいないとでも思ってんだろうか。




750 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 03:55:32 ID:GXC9h1AP0
>>490
氏ね!!!!!!

751 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 03:56:49 ID:HLGBGUyf0
シリコンバレーで自閉症スペクトラムに属する子供が急増したという話がある。
それで両親を調べてみるとやっぱりそーゆー素質を持っている。
似たもの同士での結婚が増えたってことじゃないか?

752 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 03:57:44 ID:wIwPZ7ey0
やっぱり自閉症という名称が悪いんだろうな
誰だって字づらで決めつけちゃうもんね
オーティズムに変えた方が「なにそれ?」になって
きちんとした説明ができるからいいと思う

753 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 03:58:43 ID:BNxnC9UcO
逆に考えるんだ
人類が次の段階に進化する兆しだと考えるんだ

754 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 04:01:08 ID:C3IqkZmc0
720じゃあLDはどうなの?詳しく知ってそうだから教えて

755 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 04:03:09 ID:Pz1+/+tv0
これ謎でもなんでもないよな、
そういう人でも生活できる環境になっちゃったから増加しただけだよな。

以前は生活できなかったんだからさそういう人は。

756 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 04:05:53 ID:HLGBGUyf0
>>753
自閉症的な素因は条件によっては繁殖に有利に働きうるから、
そっち方向に進化する可能性はゼロではない。
今のところ生殖隔離も自然淘汰も弱まりまくって
進化そのものが起きそうにないが。

757 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 04:06:33 ID:SmocnbYD0
>>755
ごめん意味が分からない

758 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 04:09:35 ID:kKvddNuYO
未だに自閉症が脳障害だと知らない奴の脳が、障害抱えてるんじゃね?

759 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 04:14:57 ID:kBSqsu4V0
>>758
>>1にしても機能障害起因だけ指して言ってる訳じゃないし

後天性のストレス疾患もあるだろ

760 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 04:16:32 ID:y8+iudXQ0
>>756
昔だったら生まれる前に淘汰されたor産まれても生き残るチャンスが
少なかった(積極的に口減らし、障害があるので事故に合いやすい)
現代はきちんとケア、擁護されるので生き残る障害児が増えた。
結果、なんだか障害児が続々誕生しているぞの印象になった。
と言いたいんだとおもお。

761 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 04:21:23 ID:LEeaYrMC0
>>760
たしかにADHD(多動タイプ)なんかは昔なら幼児期に相当減ってそうだもんな…
いろりとか竈に頭から突っ込んだり、崖下に転落したり、ふらふら外に出て行って
神隠し状態になったり…

762 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 04:23:21 ID:SmocnbYD0
知り合いに高機能自閉症者がいる人いる?
いたら具体的にどんな感じなの?


763 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 04:29:26 ID:GXC9h1AP0
>>762
>>490
見たいな感じ

764 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 04:33:34 ID:LEeaYrMC0
>>762
直接の知り合いにはいないけど、チャットで話したことはある。
なんていうか、すごくルールとか法則を気にする。
逆に言えば、何事も法則で細かくラベリングしてカテゴリー分けすることで、
対人スキルもある程度は対処可能みたい。

でも言葉尻とかすごく気にして一つの話題から別の話題に何となく「そういえば…」
で分岐したりとかが許せない(今その話は関係ないのにどうしてそんな話題を出す
の?と思うらしい)ってタイプ。

765 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 04:34:35 ID:4aUepivw0
実は食いもんに入ってる混じり物のせいじゃね
粉ミルクとか

766 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 04:34:59 ID:H4sEp4BF0
>>756
過敏反応もちの自分は、大きな音や直射日光下でのデートが不可なため
繁殖には極めて不利な状況に置かれてるです。
そういうシチュエーションに置かれると、パニック状態に陥って
愛だの恋だの言ってる場合じゃなくなってしまいます。
事前にしっかり説明しても、理解が得られることは非常に稀。

あと、「空気が読めない」と呼ばれる傾向のなかでも
お世辞を言うタイミングが読めないというのは
繁殖行動においては相当のハンデだと思います。

少なくとも自分は絶対に自然淘汰されると思う。

767 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 04:36:53 ID:OFJ3AeDv0
>762
高機能といってもIQ80位のゆるいタイプなのだが

振ってかけてね、とドレッシングを渡すと
ふたを開けて振りながらかけて、皿の周りにもこぼす。


フランス料理屋で
食べ終えたら、4時の位置にナイフとフォークを置く様に言ったら
ナイフを12時の位置、フォークを4時の位置に置いた。

中学2年の長男


768 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 04:39:00 ID:kBSqsu4V0
ミスタービーンはどっちなのか

769 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 04:42:16 ID:y8+iudXQ0
>>767
ごめんね、一つ聞いていいかな?
お子さんは小さい時に熱痙攣の発作が何度かあったり、小児性癲癇を
持ってないですか?

770 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 04:42:55 ID:ZohmNzAx0
>>732
カップ麺のスチロールとかは?
あのあれって35周年なんだよな…
時期サイクル的に符号

771 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 04:45:40 ID:1bCEHvUjO
ヤコブじゃ、ヤコブのしわざじゃ

772 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 04:46:04 ID:OFJ3AeDv0
>769
767です。熱痙攣の発作も癲癇もありません。


773 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 04:47:17 ID:3FlN//hQ0
彼女いない奴とかやっぱり何らかの障害なんだろうな。

774 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 04:47:33 ID:ZohmNzAx0
>>767
見事なまでに丁度4時じゃまいか

775 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 04:48:36 ID:LEeaYrMC0
>>773
やりたいとは思っても惚れないのは何かの障害かな…
初恋もまだな25才の夏(´・ω・`)

776 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 04:50:14 ID:y8+iudXQ0
>>772
ありがとう。。

友達の子が熱性痙攣をよく起こしていて、次に小児性癲癇だと診断され
次には自閉症圏にあると診断されたので、自閉症と脳性からくる痙攣は
関係あるんじゃないかなと、ちょっと思っていたので。
考えすぎだったみたい。。

777 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 04:50:35 ID:kKvddNuYO
>>767
自閉症の人って、耳で聞いてもあまり関知しないらしい
逆に目で認知することは得意って聞いた

ホワイトボードで伝えれば効果あると思うよ


でもフランス料理屋の話は普通に面白いw
多分、普通の人でもやらかすかもw

778 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 04:52:18 ID:Pz1+/+tv0
いちおう時計が4時にはなってるからなw
ナイフが長針 フォークが短針

779 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 04:53:55 ID:3FlN//hQ0
芸術とか芸能のほうにいかせるといいね。

780 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 04:55:04 ID:T30L0gGJO
マジレスすると、高齢出産が一番の原因。
しかし、この症状の研究は最近始まったばかりだから、原因についての結論は10年以上先になるだろうな。


781 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 04:57:50 ID:H4sEp4BF0
>>777
知能指数に問題がなくて、ほかの障害を併発していないタイプでしたら、
言葉による指示でも全く問題ないですよ。

ただ、指示を出す時はきちんとした日本語で出してもらわないと困ります。
「あそこのあれをちょっとあれしておいて」みたいなのはダメです。

782 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 04:59:22 ID:OFJ3AeDv0
>772
ウチは癲癇はありませんが、癲癇持ちの自閉症の方はいらっしゃいます。
何パーセントだったか覚えてなくてスマソ。

>777
誤りを指摘したら
(4時20分に置けと言ってくれれば分かる)と言われましたw

かなり伝わる様になったので言葉で指示を出しがちです。
たまにビックリする様な反応をされ、ああ、障害だったの忘れてたと思う。


783 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 05:00:45 ID:kciaS0GE0
仕事に燃えてて、実際使い物になってる女なんか一部に
巣銀だろうに、なんでまた30過ぎまで子供産まないんだ?
わけわかんね。

784 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 05:04:29 ID:xtEEWNX6O
5時フォー。

785 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 05:05:25 ID:dO8gTA5W0
自閉症は脳の病気。治らない。ダウン症と似たようなもんと考えるといい。
性格上の暗いとかおとなしいではないんだよな。だから治療や改善は無いの。

問題なのは健常者として能力が低く、さりとて障害者で無い微妙なのがいること。
これの認知や対処の方が問題だ。ケアが全く無いのはこの人たちに対してだよ。

走る早さに差があるように、IQにも差がある。通常100が普通で、130あたりで秀才だったかな。
ここからはうろ覚えだが、障害者が40から60あたりかな。90からその辺までの、ギリの人間が混同
されてるだけだと思うんだが。


786 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 05:10:04 ID:LEeaYrMC0
>>783
それまでできないってこともあるんだよ、と24で結婚して第一子の俺を産んだのが
38の母を持つ俺が言う。
何度も流産してようやく38でできたんだ。

必ずしもバリキャリだから遅くまで子供を産まないとは限らない。産めなくてようやく
ってこともある。
それに、そこまでひどくなくても今だと普通に大学卒業して社会に出て数年で結婚、
でも結婚年齢は普通に25過ぎるからそのあとすぐにできなかったらやっぱり初産は
30過ぎるだろ。

787 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 05:12:54 ID:kKvddNuYO
>>782
4時20分でも微妙に長針と短針はずれるぞって、言ったら怒るなw

治らないと言ってもリハビリとかでも絶対無理なのかな?首から下が不随でもなんとか上半身は動くようになった人がいるように

788 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 05:14:46 ID:+rOEn56lO
脳を鍛える自閉症のためのDSトレーニング
とか出ないのか

789 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 05:17:12 ID:LEeaYrMC0
>>785
IQが100超えてても発達障害って奴はいるぞ。
要するに、発達障害ってのはものの見方、世界の認識の仕方が普通と違うとか、
周囲の刺激に対する反応が普通と違って情報の取捨選択がうまくいかない。
脳の構造っていうか配線っていうか、そういうのが普通と違うんだ。

>>787
リハビリってのはもともとあったけど失われた機能を訓練で元に戻すことだろ?
もとからない機能だから、リハビリってのは当てはまらない。
でも、幼少期からのトレーニングはある程度有効だよ。
要するに普通と違うように世界が見えてるわけだから、普通の人には世界はこんな
風に見えてるよ、だからこういう風に対処しよう、とかそういうの。
他に過敏に反応してしまうのを薬物である程度抑えて普通の人が感じる世界を見せて
やって、普通と同じようにこなせる体験をさせて少しずつ「普通」に慣らしていくとかね。
大人になってからどうやらこの手の障害を持ってるらしい、と気付いた人のための
ケアをできる医療機関ってのが今は全然足りないんだけどさ。

790 ::2006/08/26(土) 05:21:33 ID:XHOxkCcq0

子供の頃からコンビニ弁当喰ってきた世代が親になりだしたからだよ




791 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 05:23:33 ID:OFJ3AeDv0
>787
怒るだろうな〜wwww
笑うかな。

自閉症は治らないです。
でも療育によって、社会に適応するスキルは身に付くと思います。



792 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 05:25:59 ID:H4sEp4BF0
>>787
>4時20分でも微妙に長針と短針はずれるぞって、言ったら怒るなw

微妙にずれた長針と短針を
いっしょうけんめい再現しようとすると思う。
自分なら絶対そうする。

793 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 05:27:18 ID:dO8gTA5W0
>>789
そうだね。症状はピンキリだから、こうっていうものが無いよね。
池沼も教育で制御できるレベルから、もう無駄なレベルまでいるからね。

脳のオトタケ君だな。遺伝子コピーがそこだけ失敗。オトタケ君はすぐに
わかるしが、こういうのは見えない分わからないし理解されない。

794 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 05:28:21 ID:lvDJmiafO
>>790
どうだろうね。
研究が密になされるようになってまだ20年と経ってないから、埋もれてる世代を検査したら偉いことになるんじゃないかと思うよ。

795 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 05:32:08 ID:6PevFU3y0
>>768 あれは完全にわざと。
大学はオックスフォードかどっかの滅茶苦茶いいところ出てるそうだ。
ところで専攻と卒論は何だったんだろう?

796 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 07:08:09 ID:a4C8ZSC20
カップラーメンやお菓子ばっかり食ってる女から生まれる子供がまともなわけないよな。

797 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 07:15:16 ID:AbK/QLxKO
>>783
相手が居ない

798 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 07:18:21 ID:tjkC3p0F0
べつに子供は変わっちゃいないよ。
社会の要求水準が上がって、不適応=病気に分類される子供が増えただけ

799 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 07:20:39 ID:ko2Jd6f40
精神科医の「病名つけたがり病」のせいだろ。


ゲーム脳なんてのをありがたがってるバカもいるし・・・


800 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 07:25:05 ID:oV6CYy9l0
>>38
日本一の高機能(IQ的には問題ない)自閉症病院が神奈川にあるのが、
原因の一端だと思う。

801 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 07:29:25 ID:SmocnbYD0
学校や社会が厳しすぎるんだとオモ
ついていけない奴が急増

802 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 07:30:23 ID:oV6CYy9l0
で、おれが思うに、先生が馬鹿だからIQ100以上の自閉症も
それ用の学校が必要なんじゃねーかなと思う。

障害者教師を見つけ出して、それようの教育施設が必要なんだと思う。


803 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 07:38:36 ID:SmocnbYD0
馬鹿な教師の方を隔離してほしい・・・

804 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 07:42:14 ID:te4rgYbfO
IQ140のアスペルガーの子を知ってるが
やはり変わってる
小3なのに中学校の教科書を読むのが大好きで
本の内容が頭に入ってる

805 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 07:47:09 ID:5BjeFYn2O
「普通の選択肢」なんてとっくに理解した上で、自分と周囲との問題を鑑みて最良と思えば、たとえ異常な選択でも選ぶ。
特に好きな人が1番幸せになれる選択肢が有れば、自分の事なんてそっちのけで躊躇無く選ぶ。
相手に相談できない状況なら、自分だけで考えて選ぶ。

それを障害だと言われても、変えるつもりは無い。


ただ、前もって「普通の、利己的で打算に満ちた選択をして下さい」と言われていれば、ワザワザ余計な事は考えませんよ。
プラスαのもっと上の段階まで考えるのは疲れるのに。取り敢えず、集団ストーカーは死んで下さい。

806 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 07:51:10 ID:SmocnbYD0
>>804
コミュニケーション能力はどう?

807 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 07:55:32 ID:gm3XSu5W0
うちも自閉症の兄がいるんだが
小さいころは本当いやだった。ゲームしても負けるとないて母さんに
言いつけるし、旅行とかいけなかったし・・。

808 :名無し:2006/08/26(土) 07:56:32 ID:8MddFJwgO
謎の急増って…
神奈川は、よこはま発達クリニックがあるし、
横浜市なんかは知的障害無くても療育手帳が交付されるらしいから、
自閉症スレでも引っ越したいって人がよくいるよ。
評判聞いて、自閉症児のいる家庭が集まっちゃったんでしょ。
実態は知らないけど。

809 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 08:12:33 ID:sY6Zwgpe0
DSMが原因


810 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 08:18:31 ID:qWbswXLb0
自閉症の美少年を抱きしめたい。

811 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 08:24:46 ID:iW6d8u9s0
軽度のアスペルガーなんて会社でも学校でも普通にいるみたいだよ。
でも本人も周りも気付かない位軽いから問題ないんだって。
本当に少しおかしいな、って感じる程度で、性格で片付けられる場合が殆んどだよ。

812 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 08:28:33 ID:SmocnbYD0
自閉症でも、障害もってても
美形だと全て許される世の中


813 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 08:30:04 ID:F8NaPyd80
>>810
マジレスですごく悲しいお知らせをしておこう。

自閉っ子はすっげー神経過敏だから、たぶんそれやったら発狂される。

814 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 08:32:02 ID:sY6Zwgpe0
パニックパニック♪


815 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 08:36:14 ID:ljaKThJc0
>>813
おれの知り合いの知的障害をともなう自閉症の子は、
落ち着かない時にアタマをなでで上げたり、抱きしめてあげると落ち着く。
俺とは同性で無茶苦茶不細工で太っているけどな。良い奴だ。
まあ付き合いが長いから信頼されているんだろうけど。

816 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 08:36:49 ID:u3tcFcRoO
>>768
ヤツは博士号持ってるはず。演技をはなれたインタビューとかでは、非常に知的な印象。

817 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 08:40:17 ID:sJqTitVu0
ミスタービーンとして演じているのは自閉症っぽいでしょ
アトキンとしての本人はとっても知的な人だけどw

818 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 08:41:08 ID:GvOjhJpj0 ?2BP(500)
>>778
これは天才

819 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 08:43:47 ID:F8NaPyd80
>>815
それはどう考えても、めちゃくちゃ懐かれてるからだろw
いい奴なんだろうなあんた。

てか自閉傾向の人は懐くってなったらもう命がけの勢いでべったべたに懐く
らしいね。だからもうホント全身全霊で信頼されてるんだろうな。

820 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 08:56:56 ID:oV6CYy9l0
>>811
てか、IQ90以上のアスペや高機能が混じってるだけで、教室を運営できなくなる
教師がなんらかの障害抱えてるんだと思う。

821 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 08:58:08 ID:sY6Zwgpe0
積極奇異型
孤立型
受動型


822 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 08:59:31 ID:ZK/cp5X80
数日前、日本テレビ深夜に気になるドキュメントやっていた。
無人ヘリで有機リン農薬を散布するようになって、子供の多動症とかが増えたと言う内容。
本来空気の良いはずの農村に化学物質過敏症が激増。濃い農薬をヘリで撒いて、
それ吸って子供がおかしくなるというもの。民間研究では有機リンは神経の発達を阻害するらしい。
散布されたものを吸うほうが害があり、子供や妊婦や女性が吸っての被害
が心配されるといっていたが、農林水産省は関係ないっと突っぱねていた。
ちなみに、フランスでは有機リン農薬の害が解ったので、使用禁止だそうです。
薬害エイズ等の教訓は生かされてないと。大体あんな深夜にやらないで、
夕方の主婦が見る時間帯にやるべきだ。

823 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 09:04:14 ID:YG6+Glda0
親の遺伝子に問題があるということ?
間引かないと!

824 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 09:07:45 ID:a4C8ZSC20
>>822
それがマスゴミクオリティー。
どうでもいいことは大層に喚き立てるが
重要な情報は隅に追いやるか、極力短く扱うか
あるいは酷い時は無かったことにする。

825 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 09:09:16 ID:8QPxfS5R0
>>822
根拠もないのに変なこといわないほうがいいよ
訴えられて困るのは君だろう

826 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 09:10:23 ID:SmocnbYD0
自閉症が増えれば何か問題あるのか?

827 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 09:14:21 ID:ZtXrV/DP0
うちの兄も自閉症だよ。
幼いころは、本当に死んでしまえと思った。
学校のプリントは全部破くし、成績表はペンキ塗られるし。しかも怒っても、それを理解できる頭がない。
今は、たった一人の兄弟だししかたがないなあと思ってるけど。
一番苦労したのは、俺の婚約者にそれを伝えるタイミング。
いや、苦労したというか、こっちが神経過敏になってるだけで、意外と彼女は平気だったんだけど。
今は保険適用で施設に入っているけど、もし将来保険が止められたら、俺の生活も大変だなあ。

チラシの裏スマソ

828 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 09:15:53 ID:sJqTitVu0
自閉症が増えれば社会福祉のために多額の金がかかる。
で、高機能の自閉症程度ならかつてのように働いて欲しいわけだが
社会要求が高い最近の日本では、受け皿がなくて病名をつけられ
はじかれてしまって、仕事を得られない人も多く出てくる。

829 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 09:19:34 ID:9oSkNtFBO
晩婚化による高齢出産が原因では?

830 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 09:20:02 ID:SmocnbYD0
悪いのは社会の方では?

831 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 09:20:34 ID:aDxEtgpzO
>825


832 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 09:20:42 ID:sY6Zwgpe0
>>828
逆だよ逆
仕事からはじかれた人が、
アスペルガーとか高機能自閉症とかの診断名を求めてくる
成人してから診断名がつく人はたいがいこういうパターン


833 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 09:21:59 ID:/vVZTJjU0
まずは 冷凍野菜(中国産が多い)、コンビニのサラダ、中国産うなぎ、吉野家の牛丼を食わないようにすることから。


834 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 09:22:01 ID:ro/OHno60
ID:SmocnbYD0の人はいじめにあって辛い思いをしてきたの?

835 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 09:27:28 ID:m+H5N/MXO
自閉の最大の原因は、インターネットと
携帯電話です。

既に分かっている事ですが、とある所からの
圧力で発表できません。

836 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 09:27:52 ID:wveIdz+CO
>825
の反応によって、信憑性が高いとみた。

837 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 09:28:48 ID:F8NaPyd80
>>835
お前自閉症を何だと思ってるんだ?

838 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 09:28:53 ID:UIPRsOuT0
自閉症者がいる家に電話をした時のこと、

「もしもし○○さんのお宅ですか?」
「はい」
「お母さんはいますか?」
「います」ガチャ・プーッ・プーッ
「…」

実話です

839 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 09:29:48 ID:QD5QYuFZ0
>>838
お前嫌われてるんだよ。

840 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 09:30:00 ID:SmocnbYD0
>>834
うん

841 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 09:33:23 ID:jbflZyUL0
つうか、一時期流行ったインチキ心理学の影響で食い扶持に困ったカスの為に
無理やり自閉症児扱いされる子供が増えただけじゃないの?

842 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 09:33:34 ID:oC1EyYhgO

人間という種の次なる進化では?

高年齢出産が原因なら親の年齢調べれば一発でわかるよ。
関連性がないから原因不明なんだろ。

843 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 09:36:33 ID:sBXLhIJr0
たくさんの因果関係が絡み合ってるだろうが、その一つに
「アメリカ産の牛肉」があるのは間違いない。


844 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 09:37:09 ID:UIPRsOuT0
>>839
そうか


845 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 09:42:27 ID:X778uauJO
でも俺の学生の頃にくらべると明らかに増えてる
障害児や奇形児や未熟児などのカタワが増えてるのには
医療や食品や電波などの影響がありそう
昔なら死産だったのが生まされてる


846 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 09:45:19 ID:VADEIMRw0
>>835
森センセイハッケン

847 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 09:47:29 ID:WMFO2zn20
最近の母親たちを見ていると、子供によその子と同じことをさせたがる親が多い。
同じことをできない、したがらない、と不安に陥るようだ。

よその子が三輪車にのって遊んでたら、自分の子に三輪車の練習をさせようとする。

無理に子供にやらせようとして、子供との信頼関係ができないからさらに悪化する。



848 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 09:48:17 ID:jbflZyUL0
>>845
病院の中の人ですか?

849 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 09:50:26 ID:k50dvcqn0
自分ちの子供に電話した時のこと

「もしもし○○さんのお宅ですか?」
「はい」
「お父さんいる?」
「いらない」ガチャ・プーッ・プーッ
「…」

ネタです

850 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 09:56:11 ID:SRLKxvaJ0
どうも怪しい数字だな
児童虐待件数の急増 社会保険庁の数字 厚生労働省関係の数字は、意図的なマジツクがある

851 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 09:58:56 ID:3FjX3vlG0
>>850
心理的にますます少子化傾向になるのを狙っているとしか思えないんだな。

852 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 10:01:00 ID:XgjSLsjS0
>847
>同じことをできない、したがらない
うちの自閉っ子(知的障害を併せ持たない「アスペルガー」)はまさにそんな感じ。
で、運動系の神経と、感覚系の神経が上手くつながらなかったりするから、
例え同じ事をしたいと思っても出来なかったりする。

まぁ、人より数年遅れれば、「身体」の問題ならば出来るようになる事もあるんだけど
(自転車とか縄跳びとか逆上がりとか)
「感情」の問題は出来るようにならない。パターンを学んでそれをなぞる事は出来ても。
(空気を読むとか、比喩や嘘泣きなどの建前を理解するとか)

同じ自閉でも、知的障害も併せ持つ「カナー」だとまた別。症状も悩みも。
そしてアスペルガーとカナーはひとつの線上にありつつ両極端にいるから、相互理解も難しい。

所謂知的障害のみだとまたそれも別なんだよ。
見分けられずにひとからげにすると、した方は頭悪く見えるし、された方も災難。
何でも一纏めにして語りたがる人は、昔のまま知識を増やしていない老人となら話が合うと思う。

853 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 10:02:09 ID:/rlEMuCK0
>>822
ああいう硬派のドキュメンタリーは
視聴率取れないから、
あんな深夜の時間帯に追いやられてるわけで。

採算取れなくてもあの番組を続けているという点で、
日テレは評価している。

854 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 10:05:09 ID:Z0V9IfkMO
>>847
それは昔からです。
農耕民族の日本人は、隣が田植えしたらうちも、隣が刈り入れたらうちも、という、
「隣稲作」(「隣百姓」ともいう)の癖が染み付いているのです。

855 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 10:07:24 ID:Zm17EXCS0
公安警察の電磁波のせいだよ。


856 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 10:13:44 ID:sBXLhIJr0
正直に言わせて貰うと、昔は淘汰されていたレベルの劣性要素を持った人間を、無理矢理保護し続けた結果、
日本人の劣性要素が濃縮されてきただけの話にも思える。


857 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 10:19:56 ID:q6wa9NOH0
>>46
亀だが、ソースplz

858 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 10:21:48 ID:XgjSLsjS0
>昔は淘汰されていたレベルの劣性要素を持った人間
でも生まれてしまうし生ませてしまうし、育ってしまうからね。

DQN家に生まれてしまえば、それが自閉なんかの障害だと気付く前に
「すぐ泣いてウザイ」「口答えする」「言ってもわからない」って理由で殺されたりするけど、
普通の家に生まれれば、どれだけ育てにくくても何とか頑張る物だよ。
で、頑張った挙げ句の障害児認定。

859 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 10:21:52 ID:omS7YbWc0
少子化対策の情報操作は今後も行なわれると思う

860 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 10:22:10 ID:WMFO2zn20
>>852

気にさわったようだね。申し訳ない。

でもあまり必死になるのはよくないよ。



861 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 10:24:13 ID:XgjSLsjS0
>860
子育て自体は慣れてきたから、子供に対しては必死になってないよ。
ただ、子供を無理解と無知で傷付ける人には、必死で心を砕いて真実を説明していきたいと思う。

862 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 10:24:23 ID:sJqTitVu0
どうして少子化を促進するような政策ばかり
出すんだろうね?

863 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 10:31:55 ID:Tl5YFEGk0
>>856
おまえが何時淘汰されてもおかしくないということだな。

自閉症は数年前からアメリカ(カリフォルニア州)で増加が指摘されているし、
全世界的に増加している。

自閉症のこどもたちの多くは早期診断と適切な介入があれば社会適応できるが、
養護学校でも専門家は少ないし、そこらへんの小中学校や保育園には専門家はいない。
小学校に入ると、担任からも他の保護者からも露骨に排除される。
文部科学省も本腰を入れて取り組みをするつもりはないようだ。

日本はおまえのようなDQNが多い国家だからだが、
無知や偏見に起因する二次障害のがよほど深刻だ。

864 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 10:34:07 ID:lHSPkUZgO
少子化の原因は未婚者が増えたためです
既婚者はちゃんと子を平均二人生んでますから

865 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 10:37:08 ID:J8Ciz+6rO
牛乳のせい?

866 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 10:38:24 ID:XjiC1G/Y0
>>838
>自閉症者がいる家に電話をした時のこと、
>「もしもし○○さんのお宅ですか?」
>「はい」
>「お母さんはいますか?」
>「います」ガチャ・プーッ・プーッ
>「…」

それってお母さんの在不在ではなくて、存在の有無を問われたと
考えたからじゃないの?自閉症って機械的な思考をすると聞いた
ような気もするし。


867 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 10:42:34 ID:sBXLhIJr0
>>863
俺は、お前みたいな偽善者が淘汰されればいいと思うよ。
今の日本の福祉バランスは完全に狂ってる。


868 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 10:46:33 ID:UIPRsOuT0
>>866
たぶん、そう

電話で「お母さんいますか?」の裏の意味が
「電話をかわって下さい」だということが理解できない
言葉通り受け取るとはこういうことかと思った


869 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 10:46:53 ID:XgjSLsjS0
ID:sBXLhIJr0に、アメリカ牛肉と障害児の因果関係のソースと、
>863の文章のどの辺に偽善を感じたのかと、
日本の福祉バランスはどうしたら整うと思っているのかを、素直な気持ちで聞いてみたい。

煽りじゃなく。色んな考え方があるんだなぁと思ったから。

870 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 10:47:27 ID:BWTms/GF0
>>863
やっぱりね。俺ボストンの大学出たんだが
その頃、SpecialEducation、つまり発達障害児用クラスの教師が
対象児童の増加に追いつかない、って話聞いたし。

911テロ以降あらゆる部分で削減されてる教育費が
SpeEduに限っては予算が増えてるから
外国人として就職するならそっちが有利だ、とかね。
向こうは診断もきめ細かくするらしいから
それで一見そういう障害児が多いように見えるのかな、と思ったけど
実際に増えてるんだろうね

あとダイオキシンが胎児に影響するから
妊婦は週何回以上は魚(種類は忘れた)を食べちゃいけない、っていう
ガイドラインとかあるそうだ。あれマグロだったのかも

871 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 10:47:43 ID:rkWT40PE0
>>867
べつに喧嘩するつもりはないが、どこらへんが狂ってると思うの?

872 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 10:49:55 ID:WMFO2zn20
>>867

863が偽善者というのは同意するが、
それで、「アメリカ産の牛肉」なのか「劣性要素」
どちらなんだい?




873 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 10:50:20 ID:Tl5YFEGk0
>>865
いままで多くの研究がなされたが、牛乳も重金属も環境汚染も原因ではない。
誰かが上で書いていたが、遺伝子の生き残り戦略(進化)かもしれない。

874 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 10:51:41 ID:rkWT40PE0
>>870
判断基準は米国も日本もかわらないよー
DSM-W基準

まあ自閉症には確定診断がないのも原因の一つだよね。
病理学的に、病変や異常部位が診断できるようになればまた状況は変わると思うが。
医者が、自閉症って言葉を知ったのも急増原因の一つかな。

875 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 10:53:52 ID:rYWOBrgn0
俺も言葉通りに受け取ったり言葉の意図が理解できないことが多々あるわ・・・・

876 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 10:55:15 ID:mmvhoHAE0
25年ほど前に自分自身がLD障害だと診断されたことがある。
しかし小学校は普通学級だったよ。中学校のときも普通程度だったし・・・。
けれどトロイわりに気性が激しいせいか、学生時代はよく苛められた。
空気が読めてなくて、失言を繰り返してたのもあるわな。
あと女だけれど暴力も振るってた。
それらのことを考えると、自分自身、軽いアスペかな?と思うときがある。
現在人間関係はすこぶる良好だけど、たまに昔の人間関係のことで悩むときがある。


877 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 10:55:54 ID:AOtFHsjy0
高齢出産の影響だろ。
難産だと増えるから。
厳しそうなら、さっさと帝王切開した方が良いよ。

878 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 10:57:54 ID:SmocnbYD0
>>868
その電話切った子は何才なの?

879 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 11:01:03 ID:pJXFVbB/0
経験による知恵より情報による知識が上回って
うまく現実に対応できなくなった子供が増えたんだよ

880 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 11:02:55 ID:CQbUzi+VO
それはそれ。
障害は通院するような実際の病気。
一緒にすんな。オマエが障害か。

881 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 11:03:11 ID:UIPRsOuT0
>>878
何歳か覚えていませんが
子供ではありません
成人です


882 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 11:03:40 ID:BWTms/GF0
ここいろいろ読むと、とりあえず妊婦は中国産野菜に対して
タバコ並みに危機意識持って食べないほうがいいのかもね。

それ以前に大気汚染だとかで既に遺伝子が傷ついてたら
もうどうしようもないけどさ。
こりゃこれから子供作る選択は賭けみたいなもんになるのかな

883 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 11:05:06 ID:XgjSLsjS0
中国野菜のソースは?
何かひとつの原因による物なら排除も楽。
そんな簡単な問題じゃない。

884 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 11:05:42 ID:YePqkyjF0
>448
http://www.tokyo-eiken.go.jp/edcs/11097-69-1.html
http://www.mr.hkd.mlit.go.jp/kasen_info/suisitu/sui6.html

885 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 11:07:19 ID:UIPRsOuT0
そういえば自分のことを
「○○くん」とか「○○さま」って呼ぶやつもいたなあw
親や他人からの呼ばれ方をそのまま使ってるっぽい

もちろん成人ですよ


886 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 11:07:47 ID:bFNflBZ90
マサコを筆頭に自閉症の不良品を産んでしまうと地獄

887 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 11:08:03 ID:Tl5YFEGk0
>>870
アメリカのSpecial Education Teacher は非常に専門性が高い。
障害のあるこどもも貴重な人的資源となり社会貢献できることを前提に教育をしている。
ブッシュになってから特殊教育は後退気味ではあるし、自閉症への偏見はあるがな。

ボストンでも障害者があちこちで働いていたり、普通に一般社会で生活するのを見たでしょ?
社会の激変がないかぎり、日本でそういう光景を見られるとは思えないんだが・・・。

888 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 11:08:11 ID:Z6QizpMQ0
1000人に1人がダウン症
1000人に1人が自閉症
1000人に1人がLD(学習障害)
有名な障害の例だけ挙げても333人に1人が知障。
その他、視覚聴覚障害、四肢障害、脳性マヒ、小人症、水頭症、
更には、アトピー、食物アレルギー、ぜんそくなども含めると、
健常な子供が授かる確率ってそれほど高くない。


889 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 11:10:45 ID:BWTms/GF0
>>883
マグロのダイオキシン並みに残留毒性高そうだし
既にそれで輸入停止になった作物とかあったじゃない。

もちろん原因はそれだけじゃなく
いろいろ複合してるんだろうけど、とりあえずタバコが主原因でなくても
吸うよりやめた方が胎児に影響少ないもののひとつ、っていう認識。
まあ俺アメリカいた時から牛肉や成長ホルモン入り牛乳避けてたから
そういうのに過敏と言われればそうなのかもしらんが

890 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 11:12:48 ID:DmGSE68i0
この記事、これから子供が欲しいという人には、ちょっと怖いな・・。
子供を作る前に、添加物排除の生活をして、デトックスドリンクを
飲んでいれば、少しは違うと思いますか?

891 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 11:14:35 ID:SmocnbYD0
>>888
自閉症は高機能も含めると100人に1人
実際はそれ以上という説も。

892 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 11:15:46 ID:XgjSLsjS0
>889
有難う。一方的な意見じゃなかったので安心した。

>890
「自分はこれだけしたんだから原因は他にある」と思える点はいいんじゃないの。
根本的な原因が分からない物だから、それ以上の事は誰も何も言えないと思う。

893 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 11:15:47 ID:BWTms/GF0
>>887
>ボストンでも障害者があちこちで働いていたり、普通に一般社会で生活するのを見たでしょ?

スーパーなんかではそれらしき店員よく見たね。
あと意外に普通そうに見える学生なんかが
リタリン服用してて本人も気にせず話すので驚いた事はあった

894 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 11:15:55 ID:BUyai/IE0
「高齢出産だろ」の頻出度が高いが、これは自閉症児の出産時の母親年齢と、
健常児の母親を比較すればすぐに分かる事だな。

同時に父親の年齢との相関も調べる必要がある。
2chは童貞マッチョが多いので精子は何歳になっても大丈夫、と信じてる連中が多そうだが。


895 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 11:16:28 ID:0gHEOm5k0
毒野菜とか電磁波のせいじゃないの。うちなんか時計やゲーム機が誤作動するようになった。

896 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 11:16:34 ID:rYWOBrgn0
健常であること自体が奇跡みたいなもんなのか嫌になるな・・・・
普通であることが難しいんじゃ普通と言えないじゃねえか・・・・

897 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 11:16:52 ID:WG3oZLtH0
>34
> "障害"とか"病" ってのは社会の側が無根拠に概念付けたもの。

崩れ学者の失業救済が目的w

898 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 11:18:41 ID:Tl5YFEGk0
>>867
ヒトラーみたいな社会学的ダーウィニストより偽善者のほうがず〜っとマシ。
日本の福祉バランスがどう狂ってるのか説明ヨロ。

899 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 11:19:24 ID:jVaNhcQQ0
>>888
どれをさして自閉症としてるのかわからんが
カナーは数千人に1人、アスペで数百(300前後)人に1人、不定形は1%近くじゃねーの?

900 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 11:21:25 ID:rYWOBrgn0
>>897
もちろん根拠があるんだろうな

901 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 11:21:30 ID:BWTms/GF0
>>894
タバコ吸ってるだけで精子の遺伝子が傷つく、って何かで読んだけど。
まあ普通はそういう不良精子は卵子にたどり着く前にアボンするんだろうけど、
何かの拍子に受精しちゃう、なんてのもあるかもだからねー

902 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 11:22:37 ID:Zm17EXCS0
>>895
公安の電磁波(国民監視用)だよ
人体に与えるダメージは相当なものらしいね



903 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 11:26:27 ID:Zm17EXCS0
公安の電磁波攻撃

http://www.cleptocrat.com/cgi-bin/blosxom/blosxom.cgi

904 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 11:26:45 ID:BUyai/IE0
>>901
なんでもタバコ害を持ち出すのは好かんなぁ。
昔は男のほぼ100%は喫煙者、それもフィルター無しの強いタバコ吸ってたんだよ。

今は男の喫煙者は統計上5割を切ったし、ホワイトカラー職なら2割いってないんじゃないかという印象がある。
今自閉症児が増えてるなら、俺はタバコ以外の原因があると思う。


905 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 11:26:53 ID:WDppc1id0
>>487
検査してダウン症だとわかっておろせるものなの?

906 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 11:28:40 ID:JDs5G9hl0
子供は年々減ってるのに障害児は増えてるのか…

907 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 11:29:05 ID:3W3e2C710
ゲーム脳か

908 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 11:29:07 ID:XUrjHGSs0
国として現状把握・原因調査など、しっかりやってほしい。
友人の子も、LDとか軽度の自閉とか(医者により違うが)言われてる。
ある特定の分野が全然できない、でも、知能が遅れてるわけでもなく、国語や
社会は専門家並み。協調性や社会性が「定型発達」できない。いちいち教えないと
家への帰路もわからなくなる。25歳だが、温かい家庭で福祉機関に相談して職業訓練
受けたりして、今では障害者ということで「正社員」で働いてる。その子は多動でもなく
パニックもない。まじめで考え方もしっかりしてる。ただ、健常者と違って「初めての場面」での
コミュ能力・判断力がゼロだってこと。こんなに知識(雑学・学問など)あるのに
何で?って。因みに両親とも高学歴。下の兄弟は優秀。原因は不明。
母親に聞いたら「下の子の妊娠時との違いといえば、ただ一つ、妊娠中に痴漢にあって、一瞬、息が
できなくなった事あるけど、もしかして・・まさかね」と。


909 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 11:29:21 ID:WDppc1id0
ここ数年、昔と比べると乳幼児健診が厳しいからです。



910 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 11:31:11 ID:Tl5YFEGk0
>>893
リタリンが流行した時期あったからな。ADHDじゃなきゃやめといたほうがいいけど・・・。

実際の話、ADHDやアスペルガーは解決不可能な問題ではないのよ。
たぶん、このスレでアホな書込みしてるヤツより頭いい。
早期介入して二次障害を防ぎ、ソーシャル・スキルを身につけさせる。

まあ、アメリカと日本の違いは社会の許容度の違いに尽きるわけだが。

911 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 11:32:24 ID:QUH5qBT7O
こんなとこの食材食ってるから http://blog.m.livedoor.jp/safe_food_of_asia/c.cgi?id=50010839

912 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 11:34:25 ID:bFNflBZ90
いつのまにかミュータントに征服されるぞ

913 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 11:36:02 ID:SmocnbYD0
高機能が注目され出したのは1980年頃らしい。
それ以前は障害者扱いされてない。

914 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 11:36:56 ID:BWTms/GF0
>>910
いや、そいつはつまりADHDだったのだけど
大学あたりまで来るうちにかなり普通っぽくなったそう(本人談)

ちょっとイライラしてるような時に
「今日(リタリン)のんでないから」とか
いう話になって、それがわかった

915 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 11:37:02 ID:Rc+ghKXR0
>>741
おまいの認識はもっともらしいが、完全に間違ってるので、
言葉に注意した方がいいぞ。

916 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 11:38:42 ID:ndp8R/h00
妊娠初期の切迫流産は胎児の異常が多いのに
医療が発達したおかげでほとんど助けてしまうからね。
障害児が増えるのはあたりまえ。

917 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 11:44:45 ID:Tl5YFEGk0
>>914
そうなんだ。そいつ自分でコントロールできるのな。
うまく問題を切り抜けてきたんだな。

918 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 11:45:28 ID:BUyai/IE0
>>916
じゃあ、今の産科医不足は、産科医療の質を下げて優勢学的効果を謀ろうとする国家政策なのかもしれん。

919 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 11:50:35 ID:sW6Y71840
オレも軽度のADHD
でも昔だったら、落ち着きのない間抜けでズボラなヤツで終わったと思う
軽度含めたらかなりの数いるんじゃないかね

920 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 11:51:44 ID:6kMh4GaEO
みんな難しいこと言ってるけど、脳に異常があるヤシが増えてるのって単に
朝鮮人のDNAが混じってきてるからじゃね?

921 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 11:52:43 ID:rYWOBrgn0
>>920
無理矢理朝鮮に絡めるおまえが不安だ

922 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 11:54:48 ID:z0+ZKl6P0
DDTが検出されてるのに何も言わないで他の殺虫剤だけ問題視してる中国野菜が原因

923 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 11:57:03 ID:TI7F7EJS0
部落差別テロ集団の次はキチガイ障害者テロ集団かい。
差別利権で食ってるコジキ連中は仕様がないな。
健常者を障害者扱いして捏造してんだろ。信用できんな。

924 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 11:57:37 ID:TlW8N/ji0
地方に住んでるオレでも神奈川の発達障害児への施策が充実してるのは知ってるくらいだからなぁ
就学前に神奈川に転入する子が多い。これ以外に理由はないよ


925 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 11:58:06 ID:Og0ZMKZM0
いまどきのバカ親は、こどもをちゃんと育てることより
自分がやりたいことやって、遊ぶことをなにより優先するからな。
しかもそれができないと、やれ離婚だの心を病んだの言い出す。
精神科依存の風潮も良くないね。
金魚鉢の水が汚れて金魚の元気が無くなったのなら水を取り替えるべき。
病んでるのは社会なんだから、社会を治療しないと。

926 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 11:58:12 ID:WMFO2zn20
>>920

アメリカでも増えているらしいのでそれはちがうだろw

土曜日の午前って難しいこと考えられるし、いいよな。



927 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 11:58:57 ID:Tl5YFEGk0
>>919
有病率は3〜7%、10%とかいう結果もあるから、まわりに普通にいる。

ADHDと関連する遺伝子は、狩猟時代は群のリーダーに不可欠だった。
好奇心、行動力、探究心・・・今の社会でも成功につながる要素だね。

928 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 12:00:07 ID:5yN4fUXC0
「謎の急増」ってどういうことなのかな?


929 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 12:00:28 ID:fQGS+mui0
>>764
> なんていうか、すごくルールとか法則を気にする。

もしかして自閉症の人って、プログラミング能力は高いのでは?

> 逆に言えば、何事も法則で細かくラベリングしてカテゴリー分けすることで、
> 対人スキルもある程度は対処可能みたい。

情報整理の専門家にも向いてるかも。

> でも言葉尻とかすごく気にして一つの話題から別の話題に何となく「そういえば…」
> で分岐したりとかが許せない(今その話は関係ないのにどうしてそんな話題を出す
> の?と思うらしい)ってタイプ。

ルーズな思考やランダムな思考が許せないタイプですよね。
ディベートには強そう。

930 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 12:01:44 ID:4eK4KBaf0
障害者にやさしい県ということで良いでないか?


931 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 12:05:35 ID:Og0ZMKZM0
ストレッチマンの陰謀??

なわけないか・・

932 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 12:07:23 ID:taKbF5Yw0
昔はこういう子はただ単に落ち着きが無い子と言われてただけだったのに
今は個性とかないのかねぇ

933 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 12:08:27 ID:38tce7L/0
>>929
自閉症患者は単純作業に向いているそうだよ。
○○を1時間しなさいといわれたら、ずっと仕事してるらしい。
その代わり、急に○○をやめて××をしなさいって言われると、混乱するらしいよ。
byちちんぷいぷい

934 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 12:09:17 ID:Pmb0idsb0
自閉症の原因は、
予防接種に含まれている水銀のせい。


935 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 12:10:12 ID:pt2niMTR0
精神科医が仕事をがんばっているだけだろ。

弁護士が仕事をがんばれば訴訟が増える。
精神科医が仕事をがんばれば患者が増える。
ただ、それだけの事。

精神医学なんて自然科学じゃないから、社会の要求でどうにでもなる。
「発達障害者支援法」なんて法律が通って診断が出しやすくなったんだから、
患者が増えるのは当たり前の事だろう。
精神科医も商売なんだから、患者がいなければ始まらない。

936 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 12:12:12 ID:iXM/OZTL0
>>929
情報処理といえば、知り合い(ちょっと知ってるだけで友達とまでは行かないから
詳しくわかんないんだが)のそれっぽい人は、森羅万象をすべて図書館の本の
分類方法(NDLC)に従って分類することで世の中と折り合いつけてるらしい。
むしろそんな法則を把握したりきっちり分類する能力がスゲーんじゃねーかと思った。
結局弱点を補うためにそういう能力が高めなのかなとも思ったり。

目の見えない人の触覚とか聴覚が半端ないみたいな感じで。

937 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 12:14:02 ID:SmocnbYD0
>>919みたいな人が居たとして、
落ち着き無くて間抜けでズボラでも、別にいいじゃん。
>>929みたいに
ルールとか法則を気にする人が居たって別にいいじゃん。
何でそれをいちいち異常者扱いするのかと。

938 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 12:15:05 ID:2Asbz7fa0
ファミコンが原因とか・・・


939 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 12:15:32 ID:TG0NppKg0
コンビニ弁当とか危険な気がするな
控えよう

940 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 12:15:51 ID:Zm17EXCS0
キーワード

●公安 ●電磁波 ●集団ストーカー(集スト)●強姦 ●催眠スプレー



941 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 12:16:08 ID:3zauSWuj0
知らない人としゃべってはいけませんをかたくなに守ってるだけじゃないのか

942 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 12:16:28 ID:CQbUzi+VO
ゲーム脳信者は障害者以下ww

943 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 12:18:19 ID:jVaNhcQQ0
>>928
具体的な数値データをだしてないからどれくらい増えたか分からない="謎"の急増
よくわからないけど予算は羽振りよく頼むよという記事の締めくくり

944 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 12:18:56 ID:R82jTMmS0
自閉症や学習障害や多動って、ボーダーの子を入れると
だいたい1クラスに1人はいる。
ってことは30人に1人は何かしらの障害(ボーダー含む)あるんじゃない?
>>933
それも人によりけりだよ。
おとなしい子もいれば攻撃的な子もいる。
うちの子も発達障害もってるけど、同じ障害児学級にいる自閉症の子に川につき
おとされたし。頭がいいタイプの子だから知恵があるんだよね。
先生や大人の見てないところで攻撃するんだ。
学校から家に帰ったりするのは介助なくてもできるんだけど、突発的に攻撃モードに
入るタイプの子なら親は見極めてついてあげてほしい。
それが障害なんだから本人を責めるわけにはいかないけど、大人がついてないと危険
なこともあると思うよ。

945 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 12:19:12 ID:bffCdamA0
急増?
病名が増えたのと・しつけがなってないだけだろ
どんなガキでも調教すればどうにかなる

946 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 12:19:14 ID:iXM/OZTL0
>>937
正直ね、「別にいいじゃん」って思ってくれない人が多いんだよ。
ズボラで間抜けで時間配分がヘタクソだからやたら遅刻する奴を雇いたい会社があるか?
そんな奴を叱りとばさない教師がいるか?
そんな奴を育ててる親の気持ちはどうだ?しつけのなってない子そのものだ。

ルールとか法則を気にする人はまあ「別にいいじゃん」なのだが、本人側からしたら
世界中の奴らはあり得ないほどルーズで気まぐれで適当で曖昧なことばっかり言ってて、
なのにそれでコミュニケーションが取れる、取れて当たり前だと思ってる。
すげーストレス溜まるぞ?
ついでに健常者側からも、「何でこれぐらいのこと場の状況で判断できないんだ?」
とイライラするだろ。

今の社会じゃ悲しいかな、ダメな人、要らない人とされてしまう個性なんだ。
だから、本人にも周囲の人にも苦痛を与える「傷害」となる。

947 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 12:19:57 ID:gXEaxRpq0
医学の「進歩」によって「障害」のカテゴリーが広がって、
次々に新種の障害児が発見されてきてるんだろ。

948 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 12:20:46 ID:HrEP2ksL0
一人っ子でゲームばっかやってるからこうなる

949 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 12:20:52 ID:WMFO2zn20
>>936

> むしろそんな法則を把握したりきっちり分類する能力がスゲーんじゃねーかと思った。

精神病学者その人がADHDだったりしてね。



950 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 12:22:11 ID:iXM/OZTL0
>>945
ただ、その調教方法が特殊なんだってば。
普通のやり方で叱りとばしても、障害が原因でのミスや悪事の場合、
ASなら「どうして怒られてるのかわからない、じゃあどうすべきなのかわからない」
ADHDなら「怒られてる理由はなんとかわかるが、対処方法が皆目見当つかない」
だから、叱られても叱られても、どんなに本人がそれを悪い事だと認識できても、
まったく事態は改善しないんだね。

普通の子供は叱られたらだいたいわかって改善できるだろ?

951 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 12:22:55 ID:CQbUzi+VO
調教失敗例が>945

952 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 12:23:15 ID:rYWOBrgn0
こんなの医者が仕事作りたいだけだろとか言う奴を見ると悲しくなってくる
健常者であろうとなかろうと他者を思いやる気持ちがない奴ばっかだよなあ世の中

953 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 12:24:55 ID:iXM/OZTL0
>>949
その人はAS。
ADHDはむしろ分類とか法則とかてんでダメ。

ADHDの精神科医ってのはマジでいて、ADHDとかASとかの軽度発達障害専門医
みたいなことしてる人がいる。

954 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 12:31:20 ID:DpGi6EctO
>>185
2ch育児板自閉症スレまとめサイト
http://autism2ch.fc2web.com/
発達障害の基礎知識(発達障害様子見スレまとめサイト)
http://development.kt.fc2.com/

955 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 12:31:27 ID:xjI+9bOhO
自閉症を克服した奴ってめちゃめちゃ頭良いよな
まぁひとつのことに熱中する術を知ってるのかしらんが、まぁ世に出てた天才達も元自閉症っての結構いるしな
元自閉症の友達は現役で離散行った
正直ムカついた

956 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 12:31:52 ID:uVEgFcr7O
自閉症は悩の発達障害であって、引きこもりや登校拒否してるうつ病や対人恐怖症などの精神疾患とはまったく次元の違う病気なのに、一般的には、病名から間違った認識してる人が多い。

957 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 12:33:30 ID:EHnbKdnd0
>>955
自閉症は治りません

958 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 12:34:42 ID:sJqTitVu0
治らないけど適応は出来る

959 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 12:34:53 ID:SmocnbYD0
>>946
だから思ってくれない人が多いのが問題だと。
自閉症者の場合、
ストレスが溜まるのはお互い様でしょ?
どっちにも非があるのでは?
要らないって言われた人はどうすればいいわけ?
死ねとでも?

960 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 12:36:23 ID:rYWOBrgn0
死ねばあるいみ解決だよなあと最近思う
苦しみがなくなるなら幸せと似たような感じじゃんみたいな
あの世とか地獄とかあったら最悪だが

961 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 12:37:46 ID:WMFO2zn20
>>937

世の中、いろんな人がいて、それぞれが得意なことを分担して成り立っているはずなんだが、
合理化なのか、効率化なのか経営者の怠慢かわからないが、人間に均質性を求めるように
なっていると思う。均質なら容易に他人に置き換え可能だし、実際、派遣とかバイトとか
にしてるし。

でも、そんな社会は長くは繁栄しないだろうね。

あ、外国から人を呼ぶんだったか。



962 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 12:39:05 ID:S6HN9PYR0
アインシュタインも自閉症じゃなかった?

963 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 12:41:35 ID:VOerCMLm0
ずっと公害撒き散らしてきたから
今になって害児がわんさか湧いてるんじゃない?

964 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 12:48:09 ID:TQZJu5gS0
ADDだけど社会に適応するのは本当に至難の技だ
当たり前のことが出来ないんだからな
ぱっと見てわかる障害じゃないし
今は1社員に求められるグレードも高くなってるから余計に居場所がない

965 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 12:48:29 ID:SmocnbYD0
害児ってねぇ・・・
好きで障害持って生まれたわけじゃないのに。
これじゃ死にたくもなるね。

966 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 12:49:28 ID:rYWOBrgn0
普通であることが難しいんだから嫌気がさすよな
普通であるなら辛くもないことが辛いんだもんよ

967 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 12:52:18 ID:ivNK0qVk0
漏れもADDだけどバイトを転々として最近やった期間工も給料異常の損害を毎日出して事実上クビになっちゃった。

968 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 13:08:56 ID:CK48IH+S0
己の疑心暗鬼に原因を見つけ出そうとしてるんですな。

969 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 13:14:25 ID:SmocnbYD0
むしろ増えたほうが、それに対応した社会を
作らざるを得なくなるからいいのでは?
どんどん増えれば、
社会で求められる能力がユルユルになる。
山ほど増えたニートやひきこもりが
世に出て行きやすくする為の人類の進化では?


970 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 13:16:46 ID:Tl5YFEGk0
>>964
>今は1社員に求められるグレードも高くなってるから余計に居場所がない

やたらに高ければいいってもんじゃないですけどね。
成功するしないは、スキルってより運なのに、勝ったつもりの者が偉そうなだけ。

求めるほうは効率、金儲けだけなんでしょうが、
本来、国の基である人間を活かさない社会は衰退するし、
国の宝であるこどもを豊かに育めない社会もダメでしょう。

971 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 13:20:56 ID:BWTms/GF0
>>969
自然資源が多い国だとそういうのでもやってけるだろうけど
優秀な人的資源だけが唯一の頼りだった日本みたいな島国は
そうなったらそれこそ、何十年か後には他の大国から淘汰されちゃうオカン

まあそれが日本の運命なら仕方茄子なのかもしれないけど・・・

972 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 13:26:16 ID:iXM/OZTL0
>>959
だからさ、不自然だと思うけど「治療」がある。
今の「普通」に合わせるための訓練…。

973 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 13:28:35 ID:SmocnbYD0
>>971
そこは、今の社会体制が改善された頃に、
タイミング良く障害児の出生率は減って元に戻ると…。

974 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 13:29:31 ID:Tl5YFEGk0
>>971
すでに優秀な人的資源なぞ枯渇してしまってる
or 稀にいても日本から出て行く 

975 :217:2006/08/26(土) 13:32:24 ID:u5BPLlPi0
やべー
日本崩壊の序曲か?

976 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 13:33:30 ID:iXM/OZTL0
>>971
全部がユルユルつーより、単に認知が進むだけじゃないかな。
昔なら、そんな細かいことは言われずに雇われ、育て上げられ、能力がないならないなり
に、それでもできる仕事を与えられてた。
今は、細かいことを気にする会社が多いから、入社前にハネられる。
これから先は、足のない障害者に根性で自力歩行をを求めず、また障害者側も車いすを
使うように、発達障害者に根性や努力を要求するのではなく、発達障害者も社会に順応
するための訓練を受けて工夫しながらとけ込んでいくんじゃないかな。

たぶん発達障害者の本来の割合って変わってないんだと思う、昔から。
それが生きていく上で明確に障害になるようになったのが最近なだけで。

977 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 13:37:18 ID:BWTms/GF0
>>974
いや、海外生活して戻ってくるとDQNが増えたとはいえ
まだまだ日本人の一般レベルの優秀さ実感するよ

超優秀天才は海外逝く¥っちゃうかも、だけど
日本は労働者レベルが平均して優秀だったんだよな・・
だから生産物もクオリティタカスだったんだけど・・・

978 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 13:42:11 ID:Z/srNuA70
高齢出産が原因じゃないのかな

979 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 13:42:48 ID:u5BPLlPi0
名前欄は無視してくれ
>>975

980 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 13:43:06 ID:WMFO2zn20
>>971

組織に従順な普通の人間が優秀というわけではないでしょう。
くせのある特異な人でも分け隔てなく、うまく人使いできる度量のある人が
減ったのではないかな?



981 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 13:45:24 ID:jVaNhcQQ0
交霊出産と中五区野菜と水銀燈様の超原因説は禁止

982 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 13:46:44 ID:BWTms/GF0
>>980
>組織に従順な普通の人間が優秀

そういう意味で「優秀」っていうんじゃなくて
なんというか倫理観とか・・仕事への態度とかね。
言ってみれば自営工場のオヤジさんや寿司職人とかの
職人気質というか

まあこれ以上はスレチになるんで他スレ逝ってくる

983 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 13:46:52 ID:HLGBGUyf0
>>978
遺伝が一番大きい。
PGみたいな仕事が増えて自閉の遺伝子が残りやすくはなっているが、
実数が急に増えることは考えにくい。
暗数が減ったのと、施設が自閉症の子供を呼び寄せたんだよ。

984 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 13:46:54 ID:xh2+EJih0
「自閉症」のネーミングは
性同一性障害を「わがままオカマ病」というぐらいアホなもの

985 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 13:47:49 ID:iXM/OZTL0
>>982
そゆのは発達障害でも問題ないぞ。
ただ本気で一生懸命やってるのにうっかりミス連発したり、厳密な言葉で指示を
出されないとどうしても意味がわからなかったりする人たちなんだからさ。

986 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 13:51:06 ID:wfl/k+/m0
>>968 IDに、so ついてるよ。


987 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 13:53:35 ID:gRpWnKY10
要するに自閉症じゃない奴を面倒くさいから自閉症と言ってるだけ

988 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 14:00:40 ID:mpLg3cbu0
神奈川の福祉か療育あたりが手厚くて移住してくる人が多いってことはないの?

989 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 14:06:16 ID:SmocnbYD0
全国的に増加傾向って書いてあるよ

990 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 14:06:19 ID:lvDJmiafO
30前半のADHDです。ちょっとアスペ圏とかぶる傾向ももってます。
学習障害もなくて、たぶん軽度なのだろうけどそれでも、私が幼児だった時は全く認知もサポートもなくて、親は相当苦労したみたい。受診のために母子手帳その他子どもの時の記録を送ってもらったら、私にまつわる母さんの苦悩が延々と綴ってあった。
認知が広がって、親ごさんの負担が軽くなればと思う。

991 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 14:14:24 ID:WMFO2zn20
アメリカみたいに、多様、多民族を許容する反面、アイデンティティとか自身の位置付け、
にこだわる国なら、

まず、自閉症と認定 -> 特別レッスン -> 社会参加

が合理的な方法で、どんどん認定すると良いのだろうが、
これは日本でうまくいくのだろうか?



992 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 14:17:06 ID:lvDJmiafO
>>982
発達障害の人は専門職にめちゃくちゃ適性があるのよ。
何かを極めさせたら一流、けどそれ以外がてんでダメって特色が強いとゆうと分かりやすいかなあ・・・。

993 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 14:29:45 ID:Tl5YFEGk0
>>991
まず小学校段階で、周囲が撥ねだして、それがずっと続く社会だからな。
大きな価値観の変換が起きないと、企画倒れになる可能性高し。

994 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 14:33:26 ID:+IjWgDcl0

>>992
勿論、大半は一般人同様、特筆すべきところの無い能無しなのだが。


995 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 14:38:52 ID:lvDJmiafO
>>994
確かにそこは否定できんね。けど障害のない人にもそれは当てはまるしなあ。


996 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 14:39:39 ID:5BjeFYn2O
あの世とか地獄があれば嬉しいなぁ。
集団ストーカーされるまでは人類みんなの幸せを願っていたし、そう考えて生きて来た。
集団ストーカーされてからも、誰にも迷惑をかけずに死ぬ事を考えている。


地獄に堕ちる理由が無い。

997 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 14:40:52 ID:mvfBmq0j0
>>991
ヒント:ハンセン病

998 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 14:40:56 ID:QfPWiva50
貴方は自閉とかより精神科に掛かるべきだと思うスレ違い自分語りさんですね

999 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 14:45:14 ID:ivNK0qVk0
銀河鉄道999

1000 :名無しさん@6周年:2006/08/26(土) 14:46:09 ID:SmocnbYD0
1000

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

250 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)