2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【宗教】"ユダはキリストを裏切ってない?" 幻の「ユダの福音書」写本を解読★3

1 :ままかりφ ★:2006/04/08(土) 10:05:21 ID:???0
米国の科学教育団体「ナショナルジオグラフィック協会」は6日、
1700年前の幻の「ユダの福音書」の写本を解読したと発表した。

イエス・キリストの弟子ユダがローマの官憲に師を引き渡したのは、
イエスの言いつけに従ったからとの内容が記されていたという。

解読したロドルフ・カッセル元ジュネーブ大学教授(文献学)は
「真実ならば、ユダの行為は裏切りでないことになる」としており、
内容や解釈について世界的に大きな論争を巻き起こしそうだ。

13枚のパピルスに古代エジプト語(コプト語)で書かれたユダの
福音書は、「過ぎ越しの祭りが始まる3日前、イスカリオテのユダとの
1週間の対話でイエスが語った秘密の啓示」で始まる。イエスは、
ほかの弟子とは違い唯一、教えを正しく理解していたとユダを褒め、
「お前は、真の私を包むこの肉体を犠牲とし、すべての弟子たちを
超える存在になる」と、自らを官憲へ引き渡すよう指示したという。

同文書は3〜4世紀に書かれた写本で、1970年代にエジプトで
発見され、現在はスイスの古美術財団で管理されている。同協会が
資金援助し、カッセル元教授らが5年間かけて修復、内容を分析した。

福音書はイエスの弟子たちによる師の言行録で、実際は伝承などをもとに
後世作られたものと見られている。うち新約聖書に載っているのは、マタイ、
マルコ、ルカ、ヨハネの4人分だけ。ユダの福音書は、2世紀に異端の
禁書として文献に出てくるが、実物の内容が明らかになったのは初めて。

詳細は、28日発売の「ナショナルジオグラフィック日本版」に掲載される。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060407-00000301-yom-soci

※前スレ:http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1144401394/

2 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 10:06:11 ID:31SDyjlg0


3 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 10:06:31 ID:dX+di/4a0
キリスト・キリシタン。

4 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 10:06:39 ID:eqszyPgb0
テーレッテー

5 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 10:06:53 ID:rFohALgx0
キリスト儲涙目?

6 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 10:07:28 ID:phtc359I0
騙されたー

7 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 10:07:35 ID:anklrHMJ0
>ユダの福音書は、2世紀に異端の
>禁書として文献に出てくるが、実物の内容が明らかになったのは初めて。

こんな早くに異端だの禁書だのあったのが驚き

8 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 10:08:37 ID:zylAWrUe0
 1年半ほど前に「キリストの再臨とアメリカの政治」という記事を書いた
http://tanakanews.com/e0721secondcoming.htm )。「聖書には、イスラ
エルと反キリスト勢力との最終戦争(ハルマゲドン)が起きるとき、ローマ時
代に昇天したキリストが再び地上に降臨し、至福の時代をもたらしてくれると
いう預言が書かれているが、この預言を早く実現するため、イスラエルの拡大
や、中東での最終戦争を誘発しているキリスト教原理主義の勢力が、アメリカ
政界で強い力を持ち、ブッシュ政権を動かしている」という主旨の分析だった。

 ネオコンとアハマディネジャドは、奥義の面でも共通点が感じられる。ネオ
コンは「世界を民主化する」と言いながら、イラク戦争を自滅的な失敗に変質
させたり、民主化の結果イスラム原理主義を跋扈させたり、中東や欧州の人々
を怒らせて反米にしたりして、隠された真の目的として何か別のことが存在し
そうな感じがする。私は、真の目的は「資本の論理に基づく世界の多極化」で
はないかと推測している。
http://tanakanews.com/g0221iran.htm

9 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 10:09:23 ID:3zDzdpqC0
キリスト教には散々の数日だな。

ユダの新説
進化の新たな証拠
キリストの奇跡の否定

10 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 10:11:01 ID:QiDJRzED0
ここでイエスが一言
     ↓

11 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 10:11:34 ID:G1F48PLh0
いえーす

12 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 10:12:48 ID:m0cZNffe0
ヒャハハハ
切れろ
切れろぉ


13 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 10:13:35 ID:JtxwBCj60
つまり、2ちゃん流に言うと
「ただの釣り師だったわけだ」

14 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 10:13:52 ID:ng2oMsG+0
1970年代に発見されてたって…
すぐに解読しろよ! 

15 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 10:15:29 ID:D7jIwQLB0
>>14
じゃあお前が読んでみろ

16 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 10:15:31 ID:ejt1PsAu0
キリスト双子説

17 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 10:15:36 ID:EwMKT0G30
信仰してないから  ふーん  で済むけど
ガチ信者にとってはどえらい事なんだろな。
何を信じていいかわからなくなって自己崩壊する奴とか出そう。

18 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 10:15:44 ID:hS7a2n9u0
そう、俺はこの世でだれよりも強く・・・そして美しい!

19 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 10:17:18 ID:JtxwBCj60
>18
オナニーはやめれ

20 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 10:17:44 ID:ONFD6i30O
え〜びばでパッション!

21 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 10:18:26 ID:SWERiIte0
いままでキリスト教を信じてた人っていったいってなっちゃうな

22 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 10:19:43 ID:/Qx9Kv+j0
ジューダスプリースト

23 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 10:20:35 ID:KTQRjxZi0
バチカンの見解はどうなんだろうね

24 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 10:21:30 ID:ng2oMsG+0
>21
進化論全否定で、人間は神が創ったと本気で信じてる人達でしょ?  バカの自業自得

25 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 10:21:37 ID:qw4MT+QG0
一神教はガチガチに硬い。
やはり多神教が心豊か。

26 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 10:22:02 ID:EWmzqWr90
>前スレ 568
>んじゃ、おまえは、信じてもいない宗教の教義をよく知ってるのか?
>深さと幅をもってな。
>ゾロアスター教とか、ヒンズー教とか。

私は信じていない宗教の教義について、全然知りません。
日本ではキリスト教と同様にゾロアスター教もヒンズー教もイスラム教も
それらの教義や歴史・文化は一般常識といえるほど認知されてはいないとおもいます。

>なんでキリスト教だけが理解されていないような反応を示す?

キリスト教「だけ」が理解されていない、とは思いません。
キリスト教「も」理解されていないというのが実情でしょう。
私たちは身の回りの便利な機器を使いこなすかもしれませんがその仕組みを深く理解しているとは限りません。
人間関係においても人が「他者」を理解するというのは議論のあるところでしょう。

>なんでキリスト教のことを知らない日本人を見下すようなレスをする?

自分についてのみ述べれば、「キリスト教のことを知らない日本人」という理由で
同胞の日本人を見下しながら書き込んだ事はありません。
書き込みを見た人の感情を私がコントロールすることはできません。
読んだ人がどのような感情を抱きどういった理解をするのかは私の関与できる範囲を超えています。
私自身は日本人全般を理由なく見下す書き込みをしたいとは全く思いません。

>心の奥ではキリスト教徒だけが特別だと思ってるんだろ?

私にとっては、イエスへの信仰を持つことは特別な意味を持ちます。
イエスをキリストであると信じる人たちには親近感を含む特別な感情を抱きます。国籍・年齢・性別関係なく。

>うぜーんだよ。

そうですか。

27 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 10:23:38 ID:O2kyPvpp0
別にイエスは「自分はキリスト(救世主)だ」なんて一言もいってないしな。
ユダヤ教の宗教改革をしようとしてただけだしな。
ローマ人をうまいこと操って処刑させたのはユダヤ教の教会上層部だったわけで。
異端視されてはいたけど、異教徒ではなかったのにな。

弟子どもと酔狂な信者が勝手に新興宗教であるキリスト教なんかを
作っちまっただけだろ。


28 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 10:23:41 ID:ejt1PsAu0
>>25
うん。八百万の神を仰ぐ日本の古代神道とかね。

29 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 10:24:16 ID:gwa9lK950
あの世で…

イエス「ごめんだお(´・ω・`)」

ユダ 「いいお( ^ω^)」

30 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 10:25:56 ID:O2kyPvpp0
あの世で・・・

案内人(案内天使?w)「はいはいはいみなさーん、キリスト教徒のみなさんはこちらにならんでくださーい
ざんねーん、ハズレでしたー。地獄行きでーすwwwww」

じゃー、次はー、ユダヤ教徒のみなさーん、こちらこちらー


とかやってんのかね

31 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 10:27:23 ID:JbG5xj0k0
ナショジオめ、早速特番組むようだな。
見てやろうじゃねーか

32 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 10:27:30 ID:SAkYMT2w0
言い方は悪いが


ヨハネとイエスの関係って、浅原と上優の関係みたいなもんじゃね?




33 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 10:27:54 ID:ng2oMsG+0
>25
イギリスで魔女狩りが起こったのもキリスト教をはじめとする一神教のせい。
多神教はその性質から排他性も無く、自然崇拝が基底でカルト化する要素もないし、自然に(誰それに強要されることなく)人々の生活に溶け込んでいたのにな。
キリスト教を初めとする一神教はそれら全てをぶち壊した。 宗教間、宗派間で戦争まで起こすし。


34 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 10:28:13 ID:LVs03gmV0
人間をとる漁師になれと言われた漁師がいまいち頼りないから
一番学があるやつに一芝居うってもらったんだろうな
この一芝居がないとキリスト教はここまで広まらなかったもんなぁ

35 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 10:29:25 ID:popKnp2r0
今の内に太宰の駆け込み訴えをヘブライ語に翻訳して
金庫にでも保管しておけば何千年か後には…。

36 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 10:30:38 ID:r1VG7+mf0
北斗の拳も内容修正しないと。

37 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 10:31:50 ID:KP0YrEiA0
このキリストに出てくる『使徒』ってエヴァと関係ありますか? 
どっちが先ですか? 

38 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 10:32:36 ID:tQ514k7G0
キリストはあなたを見ている


    <●>    <●>


       


39 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 10:35:34 ID:W/k37RCI0
どうでもいい

40 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 10:36:31 ID:gRZLa4Be0
      _______
    /         \
  /            ヽ
  /   /VVVVVVVVVVVi
  |    |           ノ
  |    | ■■■ ■■
  |    | < ●> <●>
  | ヘ /         ヽ、
 (δ.V::...   .:/(⌒ヽ  ノ
  ゝ:::::::::::...:::i:::::::::::::::::::::::    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    \:::::::::::((━━━━)   < クズども、神のスレを汚すな!
     ヽ::::::::::::::::::::::T::::::/   \____________
       \::::::::::::::::::::::ノ


41 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 10:39:27 ID:hJxLwnlo0
何をいまさら。
この世の全てはキリストを通して行はれる神の計画と信ずれば、
ユダの行為を裏切りと見る方がおかしい、ユダはキリストの思うままに
事を運んだ。後世、反ユダヤが聖書を曲解させたに過ぎない。



42 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 10:39:42 ID:P6DN3MI+0
これどこのありがちヤオイ少女漫画ですか?

43 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 10:40:31 ID:z0uiGqLK0
キリストの予言はデキレースだったわけだ。
信者にとっては大問題だな。


44 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 10:41:56 ID:VHWWb9zj0
へー、このスレまだあるんだ?N+にしては、教養ありげな話ね。

45 : :2006/04/08(土) 10:42:45 ID:cI5WLvEL0
どうでもいいなw

46 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 10:43:01 ID:fTkheiUr0
このスレ、密かに人気スレだなw
とりあえずユダをウホッと考えるとつじつまがあうとおもうよ。いや、マジで。
キリスト教徒も内心そう思ってる奴はいるんじゃないの?

まあ、せっかく主からの命令だったっつうネタが出てきたのに
ウホッとなったら、新たな迫害ネタになりそうだが。

47 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 10:43:30 ID:EWmzqWr90
Baruch haba b'shem adonai

48 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 10:44:10 ID:4GOlgNyW0
             |                                     /        ヽ,
   強 だ こ お |                   ,,,(ゝ'"""~~~ ~ ヽ-、,        |    そ    t
.   く. れ の. れ |                 ,r'""''rriii、iiri ii、、 ji t "'-、      |.          i
    :. よ 世 は ,ゝ                J r,,",、,,,,i(|t,,、、-、i,、::::、-、~'z     i    う     |
    :. り. で.  /                ,ミゝir:リrzッ) 、'-≠手t:::::ツリ' |,,,、,,    t         リ
      も.   / ,、-''"~~ ''ーー-、         j(( i|〉:|  'iヽ,    ::::j_riツ'}::: ""'')) ,,、  ヽ       /
ヽ、_____/ ,r'~:'"::/"::" ii:::::ー、 ~''ー- 、   ,r'"ー((ミii| '=;;;=- ::::::::{,ツXノ、_::::: ~~)リ   ~'-、  _/
        ,,、-"/~ ::'"ー、 ノ:::   ~''' 、  ~ ''''ー"、('ii)i|i: ,,,,,   :::/Kリ|了/、):::::iiii `=マ))  ノ/
     ,,、-'" ,,、z'__ ji,,, r、 十、:: ::::      ,,   ,,,,~' 、ヽ":::::~'''ー''"::4"(iヱイ~|ヽ::::jjj   ''''t_
    '--ー''フ ,/  ルー/j|. /  ~'' 、 :::     :::::  :::: ヽヽ`:::::::::'"ノ:: {itiijjj}||≧z、、}ヽY''Y''Yヽr、ミ-)
       / ル-/ j j (,/     '、 :: ::    ::: :::: ヽ~'~、~~'''ー 、 ,/::::::::::::::::::~'' -)~)Z入(~ヽ、)ヽ
      'ー ' | ,ノ |,ノ   、- ''''' ーヽ ::  ::    :: :::::::    ~''ー―、~' 、:::::::::::::   ~''::ヽ"マー芒iー、)
.         ~    ,、 '"  ::::::"  ヽ ::、  :::    '':::::::'"":::  .....       ::....:::::  ::::ヽ、iiii ら⌒)、
            /  ,,,::::'''"    ~'-、' 、,, ;;;;::::''";;;; ''''''::::::::::::::::::::     "'':::::::::::'''" |ijjj|| (~'i⌒))
.           i' ::  ,,        :::r~'''ー-- 、'''" :::::...........  ::::::      `'::......::::::リr'"i、'' ))'i⌒))

49 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 10:46:31 ID:oWeDiL8i0
鯨統一郎の「邪馬台国はどこですか」を思い出した

50 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 10:46:56 ID:O+KgPhQh0
まだヘルシングの話題が出ていないことにびっくりだ
前スレとかで出てたのかな
記事にはイスカリオテのユダ、とかまんまな表記があったりしたが

51 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 10:48:00 ID:2tlnDXE70
>>48
       ツツ、,,,(((rレ"イ彡-''""rr'',、-ー//ー-、~'''-,r''" ̄ ̄ ̄~ヽ
       ≧从从((、、,""(((ア;;;;;;;((彡    彡 /  美 そ
     ,、'"~ヾヾミ三⌒;;;;;;;;ミ(;;;;((、r"ヽ(;;;;;;;; 彡"|   し. し
   ,、'""(''"((((( r''"~~フ;;;;;;;;r'ヽr"iii""、、二ー、シ |.   い て
  r"/ノ"((",、(;;;;r''",、-'"r'"tit(;;iii:::::..."":::~'-、) |.   ! !
  ツ"r'"ヽソi'",、-'"" ((yi(((::::入::::ii;;;; iii  :::::::、、,ヽ、.
 " {、√" ,,(((ーi:::::ii:::::);;rrrリ),',))iiiiリ||,,,::::::: ヽ::::ii|人|i,`''――― '''"
  ノミ リ ((ii"ii" j (;;;|iii,/  ノ(、 i,,Y(リソサヽ、、;;;;;; t;;;;"ミ ≡"""
  (、::::  (~'フY iii彡;;/rYiii(ヽ,リti( iitt))))りii('|ii、彡ii |ミt、アー''三""
   )j,  てjj ノ " iit(((Y"ノ,,レ ::::(,,r'"tt i'i、 j))tii 彡ii |(:: "1__シミ
  (""  ら((Lii ミツ、〈〈リ( り:::::::::j(  Y)人)iリ ゝ彡r、ミii)(、、、,,,
 ,、ゝiii:  (~ i~~'r)"''-,((,,yリ::::::::::ミ ソ:::ttリ((ii,,,,,t...t:/::::|、ii|''ヽ;;;t三
'" (,、-'ii  ゝ:::r、Y'tこ'''=リ、,,, ::::、:ミ:;;;;;;;;;、='''"""`:::/、::リ ~''、 リ;;;;ミミ
))ノ (((リ|y(:::'~it、't ヽ;モtッチミ,ヽ シ;、-tッチヲ'''" :::/:ノ:,':::__Yヽミ ミ
ノ   ::::::::iit  リ"ヽ,t:: "`"""":|  '''"""'''''"  :::リ,,,,/;;t::::  ヽ|シ彡ミ
,、-'",、 '"( `''i、,、、'"i::t    :::i  ............   :::::/:/":/;;リ'''ー-、 )'' `'
,、 ''"彡""t  |'" ノ(ii|::ヽ :::::'"、i 、 )-、:::''' :::"リ::|| jjjj 'ゝ、,, i、''ヽミ
 シツ"",r'''''Y⌒): i|::::ヽ  、・ヽ、;;'"__ ,,r   :/:: ヽ( ii/|t、;::::~'ヽノ、;;
 iii::::: ,(:: ヽ",,ノiリi,,i:::::::ヽ, `ミ'ーー'''"    、 ':::  サツ, ツ::t:''' ー-、ハ
:::::::  (:: ヽ ノ,ノ""iiリリi"'':::::ヽ, `""~   /:::    ::'((iii:::::::ゝ、,,,, i )
  (:''ヽノ":::):::::シ(((t  ::::::ヽ, :::::: ,、 ':::    ::: ::'" ヽ;;::::/ii(:::: ヽ|ヽ
. ,r⌒人ノ'ー"ii彡'" ))''リ  :::::::::: ̄ ̄:::'"    :::""  (((~'''ー-~''ヽr
"ヽノ  ):::リリ;;、-'''~iijj(  `'' 、::: :::::::     リ":::     :::::::::: ~'-、

52 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 10:51:20 ID:O9tKn3ZD0
ナショジオchでも、これやるんだね。

53 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 10:51:48 ID:ykamI6gz0
おお3スレ目かw
でも、まともな論争・北斗ネタ・エヴァネタと一通り出たと思うから
あとはループするだけだろうなー。

>>37
たぶん関係ない。イエスの弟子の十二使徒のほうが先だと思う。

54 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 10:52:35 ID:s5TGbdfW0
>>30
最後の審判で各宗教団体の教祖サマ達が一律に審判下されたらどうなるのかねー。





55 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 10:54:21 ID:2tlnDXE70
おれは神がこの世に創りだした最も美しく最も強い至上の男!!
そのおれを愛する資格をあたえられるのは完璧に美しいものだけだ!!
おまえにはその資格がなくなった 消えうせるがいい

56 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 10:54:56 ID:FhU1Ahb40
おまいらに真実を教えてやる
米国の科学教育団体「ナショナルジオグラフィック協会」は6日、
1700年前の幻の「ユダの福音書」の写本を解読したと発表したのは
キリストがそう指示していたんだよ
なぜ今?という疑問も払拭できただろ

57 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 10:59:55 ID:NGSryCG90
10 名前:名無しさん@6周年[] 投稿日:2006/04/08(土) 10:11:01 ID:QiDJRzED0
ここでイエスが一言
     ↓

11 名前:名無しさん@6周年[] 投稿日:2006/04/08(土) 10:11:34 ID:G1F48PLh0
いえーす


58 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 11:01:14 ID:o9hPC6RT0
フリーメイスンの闇も次第に明るんできたようだ。

59 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 11:02:11 ID:ynNjhLeT0
こんなスレがよく3つも続いてるな

60 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 11:04:55 ID:J370NgQq0
そうか、ここに竹中の消費税8%説が記載されていたんだな。



61 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 11:05:11 ID:gIE4pRD40
どうせバチカンは沈黙するんだろ。
科学調査にケチつけるわけにもいかないし、
風化させて「無かった事」にするのが得策。

もしくは異端派の創作にでもするのかね。

62 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 11:05:31 ID:Ukr/Rhqq0
>>15
実は解読できたのは80%らしいね。

残りの20%の一部が一番最後の部分で、
「以上、実はぜ〜んぶ冗談でした」とか書いてあったらどうするんだろう。

63 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 11:05:57 ID:CJcE+Enw0
イエス・キリスト、ジーザス・クライストと白人は呼んでますが本名は
サダム・フセインですた。

64 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 11:06:16 ID:XCDkfDkZ0
>>30
そのネタ、どこかで見たことあるな

65 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 11:07:03 ID:O2kyPvpp0
神が万能で、すべてが神の御手にあるなら
神の解釈を人間が間違うことも
すべて神の予定した行為なんだろw

66 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 11:08:42 ID:2tlnDXE70
あの世はすでに死者の中を勝ちぬいた権力者が支配していて、
今は死んだら即捕まってその支配者の奴隷になるシステムになってます。

67 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 11:10:01 ID:UcUd7+pv0
聖書によればウホは天国に行けないらしい。

68 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 11:10:39 ID:8l7WbmfFO
<<27

キリストという言葉そのものが持つ意味は
油をかけられた者


69 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 11:13:24 ID:ywRjFdYx0
ユダの裏切りをも神が救いのご計画にお用いになった、と信じているので
これが明らかになろうがなるまいが、少なくとも漏れは別に。南斗も。

70 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 11:13:37 ID:1tBcHM+n0
>>61
数ある外典の一つとして扱うだけ。
時代を経て正典から外典に格下げされた文書もあるから、
分類はけっこう恣意的。

71 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 11:15:08 ID:tbKabRm30
なんでもかんでも神様にしちゃう、おおらかな日本に産まれてよかったよ
あー、お気楽ご気楽。

72 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 11:17:42 ID:tlD3usaT0
志村けんまで神様にしちまうのはどうかと思うが
とんでもない、あたしゃ神様だよ

73 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 11:17:54 ID:jAuavM4d0 ?
>>24
お前進化論なんて信じてるんだ


74 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 11:18:02 ID:FR7DNVW30
キリスト教ってエホバとかユダヤとかとはちがうん?

どれもキモイんですが

75 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 11:18:38 ID:7xEU3xeG0
最後の晩餐の絵も書き直される模様

76 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 11:18:39 ID:6GYBDAWr0
きもければきもいほど宗教的には強い。

77 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 11:20:00 ID:O2kyPvpp0
キリスト教の神 = ゴッド
ユダヤ教の神= ヤハウエ
イスラム教の神=アッラー

全部唯一神で、同じものなんだけど
解釈が違うだけで2000年殺し合いをしてるわけだw

で、エホバはヤハウエを読み間違えたって聞いたけど
マジ?w


78 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 11:21:18 ID:UrPngT6m0
>>76

創価学会は世界宗教ジャン。

79 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 11:23:50 ID:tlD3usaT0
日本人は宗教ほとんどなしでも問題ないのに、キリスト教やイスラム教が蔓延した国から宗教を取り除くことは絶対に不可能なんかね
日本人の感覚だと、毎日祈りを捧げて神を信じて生活の何割かを宗教に割かれてなんてちょっと我慢できない

80 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 11:24:27 ID:51sZ83ND0
>>77
ほんとの読み方は、あまりに恐れ多くて隠してたらほんとに分からなくなっちゃったんじゃなかったっけ

81 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 11:27:36 ID:n2ZGyc0B0
>>61
「ユダの福音書」自体、実はアンチ・キリストが作ったものかもしれん。

82 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 11:30:30 ID:ykamI6gz0
>>74
「ユダヤ教もうメシアは現れたよ派」がキリスト教。
で、「まだ現れてねーよ。てか三位一体ってなんだよw」が今のユダヤ教。

ついでに言うと「イエス?ああ、そんな預言者いたね。でも最後にして
最高の預言者はムハンマドですが何か?」がイスラム教。

基本的に拝んでる神様は同じ。

>>80
神の名はアルファベットにすると「YHWH」。
子音がないのでなんと発音してたかわからんのです。
で、便宜的にエホバだのヤハウェだのと読んでる。
「エホバ」は「主(アドナイ)」の母音を無理矢理あてはめたもの。

83 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 11:30:32 ID:TlznWoZb0
北斗の拳、全部一挙に見てみたくなった。

84 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 11:31:01 ID:ImVSXxcoO
口伝は音による間違いは多い
イエス自体架空ですしね
http://homepage3.nifty.com/m_and_y/genron/hatsugen/religion-jesus.htm
参考に

85 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 11:31:44 ID:O2kyPvpp0
実はイエス自体が当時の萌え同人作家による創作でした、とかならんかなーw

86 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 11:33:02 ID:ykamI6gz0
>>82
自己レス。
×子音がないので
○子音しかないので

スマソ・・・orz

87 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 11:34:33 ID:O9tKn3ZD0
一神教だと、なんとかの神様って概念はやっぱりないのかな。
安産の神様とか、交通安全の神様とか、ゲレンデの神様とか。

88 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 11:34:43 ID:hJxLwnlo0
ヤハウェの正体は、文字にも言葉にも出来ないならない
只そこに有るものという意味で、誰にも判らないものです。

尊敬しましょう

89 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 11:35:28 ID:O2kyPvpp0
>>88
それって八百万の神様の概念に近づいていかねえ?w

90 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 11:35:38 ID:BgvjCMIQ0
つまんね

91 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 11:36:09 ID:N78pjihb0
大日如来?

92 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 11:36:21 ID:oZLFs71W0
エボバと言えばこれだな・・・
[仁義なきキンタマ] くのまさひろ(83111D1F)のドキュメント.zip

93 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 11:36:38 ID:gwa9lK950
>>88
ダークマターみたいな存在だな

94 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 11:38:03 ID:tlD3usaT0
一言で言うと、空気

95 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 11:38:15 ID:O2kyPvpp0
そして水

96 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 11:38:21 ID:O9tKn3ZD0
>>93
いや、胡散臭さから言ったらエーテルみたいな存在。

97 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 11:39:29 ID:cMxXzjfT0
>>82
>神の名はアルファベットにすると「YHWH」。
>子音がないのでなんと発音してたかわからんのです。
wktk,ktkrみたいなもんか

98 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 11:39:42 ID:ImVSXxcoO
神は仏の産み出した願望にすぎない


99 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 11:40:18 ID:JUNbDh240
キリストが死んだころは、だいたい異教徒は救われるのかといったことが、
論争になったくらいの素朴な集団。どうみてもユダヤ教の一分派。

世界宗教にしたのは、ユダヤ戦争のとばっちりをうけずにローマで布教したやつら
が勝手にキリストを神格化した結果。どうみてもキリスト本人のものとは、別物。
新約という概念も後知恵。

100 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 11:40:31 ID:ykamI6gz0
>>87
その辺は「天使」とか「聖人」が担ってる。

101 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 11:42:46 ID:O2kyPvpp0
>>97
ユダヤ人vipper説か!w

102 :99:2006/04/08(土) 11:43:36 ID:JUNbDh240
誤記 キリスト 誤 イエス 正 

103 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 11:47:46 ID:feKO4Rt80
「汝、神を信じなさい」
「・・・」
「神を信じなさい」
「いや、先に神の名を明かせよ」
「神の名前は、最大限守ってあげたい」
「存在しないんじゃねえの」
「どのようにして、その先入観を打ち破る事が出来るのか。本当に悩ましい」
「悪魔なんじゃねえの」
「この一方的な攻撃。この風景。こんなところに神の名を明かしたらかなわないと感じるのは当然」
「だったら信じなさいなんて言うなよ」
「一言聞いただけでガセだと決め付ける、言論封殺、もっとも恥ずべき行為」
「いいから証拠を出せ」
「どのような条件をクリアすれば、真性なモノと認める事ができるのか、知恵を貸してください」
「おまえが明かせないって言ってんだろが」

104 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 11:48:35 ID:FPZjztvx0
>>77 仏教で言ったら大日如来
神道で行ったら天照大神かな。

105 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 11:52:14 ID:wcG5UCZh0
つかさー、ユダだかニダだか知らんけど、半島人は出てくんなよ!!

106 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 11:54:46 ID:gwa9lK950
<丶`∀´>呼んだカ?

107 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 11:54:47 ID:ZBOdSTeBO
ここでアンデルセン神父から一言

108 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 11:56:02 ID:3zDzdpqC0
異端として焼かれたって、誰に焼かれたんだろう。

109 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 11:56:34 ID:Dal2rEuf0
こういうスレって匿名なのに俄か知識をひけらかして
得意になってる馬鹿がいて面白いから好きだ。


110 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 11:57:36 ID:hJxLwnlo0

止めた、地を這う虫達に創造主を理解させる事は不可能だ。

断りきれない恵みを以って、達者に暮らせ

111 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 11:57:50 ID:DFfBmQYM0
>>103
エロヒム、またはエロフィン

知っている信者でもあまり口に出したがらない

112 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 11:58:44 ID:pH3XKoU40
ユダが裏切ったことにしないと、
キリストが政治家に思えたのは漏れだけでつか〜?

113 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 12:03:10 ID:sv9MTzqN0
>>87
甲子園のマモノとかね

114 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 12:04:33 ID:r2Dl7i3M0
>>29
∩( ・ω・)∩ ばんじゃーい

115 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 12:07:22 ID:6kVfmPRX0
この事が、封印された第三の予言だったりして。

116 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 12:07:47 ID:DFfBmQYM0
http://nobu.bokushi.jp/archives/2006/04/08105150.php
俺のブログにトラックバックしてきた人の記事
もうね、あんた頭硬すぎるよと

まぁ、こういう人もいると

117 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 12:09:55 ID:aOBLH4fe0
紀元前2000年頃、名古屋出身の矢部氏が中東を歴訪し、
日本の技術を伝えたことが「ヤーヴェ信仰」になり、
ユダヤ教キリスト教イスラム教が生まれた。

ちなみに、6億5千万年前にカンブリア爆発が発生したのは名古屋であったし、
ハイギョの祖先は初めて陸に上がったのも名古屋であった。
猿は名古屋で木から地面に降り立ち、河村たかしになった。
日本を代表する料理である天むす、きしめん、土手煮は名古屋発祥であるし、
名古屋でベニヤ板が発明されなければ、世界の文明の発展は3千年は遅れていたと言われている。


118 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 12:10:02 ID:EWmzqWr90
アドナイ
  主
エロヒム
  創造主としての神の御名
エル・エルヨーン
  いと高き神
エル・ロイ
  ご覧になる神
エル・シャダイ
  全能の神
ヤッハウエ
  わたしはあると言われるお方
ヤッハウエ・イルエー
  主が備えてくださる
ヤッハウエ・ムカデシュ
  主は聖別される
ヤッハウエ・ニシ
  主は私の旗
ヤッハウエ・ローイー
  主は私の羊飼い
ヤッハウエ・ラファー
  主は癒す方
ヤッハウエ・ツェバオット
  万軍の主
ヤッハウエ・シャロム
  主は平安である
ヤッハウエ・シャマー
  主はここにおられる
ヤッハウエ・ツィドゥケヌー
  主は私たちの正義
カナー
  ねたみ

119 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 12:12:09 ID:MV5TULX90
2000年間も濡れ衣・・・

120 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 12:12:41 ID:hHG8PnNc0
TRUE AUTHORSHIP OF THE NEW TESTAMENT(新約聖書の真の作者)
ttp://members.tripod.com/~ReuchlinA/
ROMAN PISO FAMILY WROTE THE NEW TESTAMENT, INVENTED "JESUS"
ローマ貴族のペソ・ファミリー(親子孫)が新約聖書を書いて、キリスト像を創作した。
"We Jews and Church Leaders have known since the beginning of Christianity that it was
synthesized by the Roman Piso family for the purpose of maintaining control over the masses and to
placate slaves. And, this is why we Jews are the "Chosen People" and why we have endured so
much for so many years; we are witnesses to the lie. Our ancestors wrote what they could about
this in our texts."

FROM CHAPTER I (The True Authorship of the New Testament)
"The New Testament, the Church, and Christianity, were all the creation of the Calpurnius Piso
(pronounced Peso w/ long "E") family (a), who were Roman aristocrats. The New Testament and
all the characters in it--Jesus, all the Josephs, all the Marys, all the disciples, apostles, Paul, and
John the Baptist--are all fictional."
"The Pisos created the story and the characters; they tied the story into a specific time and place
in history; and they connected it with some peripheral actual people, such as the Herods, Gamaliel,
the Roman procurators, etc. But Jesus and everyone involved with him were created (that is, fictional!)characters."

121 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 12:14:14 ID:PNvXGQLv0
このスレは何でこんなに伸びてんの?おまえら隠れキリシタンですか?

122 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 12:14:28 ID:rs/JwFEI0

ちなみに、ワシが通っていた学校の名前はユダ(湯田)だった・・・・・


123 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 12:15:31 ID:O2kyPvpp0
次はナチスによるユダヤ人虐殺の真偽の検証ですかねw


124 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 12:18:19 ID:DFfBmQYM0
>>121

長崎人だからダチの中に隠れキリシタンを先祖に持つヤツがいっぱいいる
住民の10lはキリシタンだし

俺は代々島原の村長の家系だったけど、
天草の乱で傍観したおかげで生き延びましたよ

125 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 12:19:03 ID:FPZjztvx0
隠れキリシタンと言えば学生時代徳川幕府はひでえと思ったけど
当時のキリスト教って布教=侵略を目論んでたんだよね。
それを知って禁止して鎖国した幕府は賢明だったのかもしれん。

126 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 12:19:11 ID:ot94cS/60
しかし、こういう聖典ってのは偽典との争いがすさまじい。
ユダヤとかキリスト関係はもう、わやくちゃ状態。ワケワカメ

127 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 12:19:19 ID:U6+KAiii0
妖星

128 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 12:19:31 ID:CJcE+Enw0
イエスは当時から多くいた預言者のひとりに過ぎません。
彼はユダヤ教の改革に失敗して、偽預言者として処刑されたと言われています。

その後、彼の弟子と呼ばれる男たちが、イエスの意思を継いでユダヤ教をもっと
多くの人々に受け入れられる宗教へと発展させたのです。
彼らはイエスの理念を基礎として、その他多くの預言者、土着宗教、慈母信仰などの
良い点を取り入れて、キリスト教というまったく新しい宗教をつくりだしたのです。
新約聖書のキリスト像が、ところどころ別人のように感じるのは、様々な預言者の
教えが混ざって、それがすべてイエスの行動として書かれているためだと言われています。

なんちゃって

129 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 12:20:12 ID:wh25Iay1O
勤め先の社長の苗字が湯田だった

130 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 12:20:58 ID:XCDkfDkZ0
なんちゃってかよ

131 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 12:21:02 ID:r2Dl7i3M0
伸びない方がオカシイ

旧新約聖書の正典・外典・偽典なんてネタの宝庫だろ

コーランは舗装された道路と同じで読む価値なし

一切経は多過ぎて読む奴なし

132 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 12:22:04 ID:hHG8PnNc0
>>120
リンク切れでおました
ttp://web.archive.org/web/20050307035727/http://members.tripod.com/ReuchlinA/

133 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 12:22:26 ID:+Q91bkqL0
ポンティウス・ピラトゥスの在位期間中に30歳くらいの大工が処刑された。
これは史実なんだよね。

134 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 12:22:29 ID:ObpKjMdT0
>>122
やあ、山口県民。

意外に妖星のユダ様が話題に出てこないんだな、このスレ。

135 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 12:25:52 ID:gwa9lK950
ユダ「裏切ってないっすよ。俺裏切らせたらたいしたもんだよ」

136 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 12:26:04 ID:IMKb7kvZ0
「バチカン」がパッと見「バカチン」に見える。

これも偶然ではあるまい。

137 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 12:26:23 ID:40iCpGBMO
侵略目的っていうのを成る程と思ったのは、「布教」は英語で「ミッション」って言うってとこかな。
ミッションスクールとかかーへーって思った。

138 ::2006/04/08(土) 12:28:30 ID:uVNwN7ie0
なんでも願いを言え。
聞いてやるから。

139 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 12:29:37 ID:O2kyPvpp0
ギャルのパンティ、おくれ〜

140 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 12:29:57 ID:DFfBmQYM0
全裸で絶叫しながら
渋谷を駆け抜けてください

141 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 12:33:36 ID:IMKb7kvZ0
結局今回の一件で、反キリスト認定されたのは、
これまで2000年に渡って捏造した宗教を布教してきた、
バチカンを中心とするキリスト教会だと言うことか。

142 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 12:36:29 ID:O2kyPvpp0
新ルネッサンスの到来じゃあ〜

143 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 12:36:55 ID:DFfBmQYM0
>>141
マグダラのマリアの娼婦説を撤回した前例がある

144 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 12:37:35 ID:ykamI6gz0
>>131
まあ、コーラン(クルアーン)ってのは元々「読誦」されるもので、
韻とかも含めての翻訳は事実上不可能だからねえ。
特に前半は長い文章がだらだら続いて読む気が失せるw

けど後半は結構「詩的」でおもしろかったりする。

145 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 12:40:02 ID:ot94cS/60
>>144
クルーアンは覚える時は最後の章から始めるらしいな

146 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 12:40:48 ID:atL0Gi7V0
「○○の福音書」とかってさ、当時のイエス伝説を元にした
2次パロ同人誌だったんじゃね?

147 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 12:51:49 ID:G9eqcNx30
海外の信者の反応が見てみたい

148 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 12:51:50 ID:hJxLwnlo0
カソリックはマグダラのマリアの娼婦説は耐えられないだろうが、
プロテスタントにとっては彼女が下賎な女であった方がキリストの
愛を理解するのに都合が良い。撤回は迷惑だ

149 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 12:53:10 ID:JxCTO8nJ0
今北産業
無宗教だが、ユダの福音書には非常に興味がある。やっぱ双方の立場から書いた記録がないとね。
>>146
人物像、メインプロットだけ決めておいて、後は不特定多数の人がそれぞれに枝葉の伝記を書き上げる
今やっても面白そうだな

150 :Phoeni10 ◆5UZJGuAJjk :2006/04/08(土) 12:58:06 ID:FR9VCMdM0

記述年代がバラバラな福音書を「内容が驚くほど一致しているので信憑性が高い」
と素で言う連中の感覚が解らん…。
後の福音書が当時既存であった福音書を参考にして書かれたという普通の発想は
浮かばんのだろうか…。

151 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 12:59:10 ID:Evjyqagj0
>>148
>カソリックはマグダラのマリアの娼婦説は耐えられない
あはは。何言ってるんだか。最初から認められているよ。
マグダラのマリアは列聖されている聖人(プロテスタントに聖人の概念はない)
カトリック国では、娼婦たちの守護聖女として信仰を集め
娼婦達の保護再教育施設はマグダラのマリアの名が使われていたりする

152 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 13:00:06 ID:+8yUDvmA0
ちゅーか神様は『わるさすんじゃねーよ 人頃すな 全員仲良く汁!!!』

て言ってるのになんで頃し合いなんかするの?

そんなヤツラが天国に逝けるわけがねーwwwwww

153 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 13:01:41 ID:MUlEwyjR0
だって一回偽書と認定されてるんだもの。
いまさらどうってことないしょ

しかし3まで続くとは暇だな。
無宗教なら無宗教らしくほっとけばいいのになんで首突っ込みたがるかね?
オカルトと宗教は違うお

154 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 13:02:15 ID:DFfBmQYM0
>>152
神の正義のためというお題目で
大抵のことが許されてしまう社会

イスラム教も、また然り

155 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 13:03:39 ID:O2kyPvpp0
>>152
同じ宗教間でのころでしょ、その定義は。
異教徒は該当せず。


156 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 13:03:46 ID:hJxLwnlo0
>>151

どうでも良いよ、撤回したと言うから

そうかいなと。

157 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 13:05:00 ID:MUlEwyjR0
>>152
戦争の原因は宗教じゃありません。
大体、多くのクリスチャンは戦争してません。
少なくとも俺は天国にいける予定。

君は無宗教かもしれないけど、虚無に消え去ってね。

158 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 13:07:26 ID:EhpULL6h0
んー、戦争の半分くらいの大義名分は宗教絡みじゃないのん?

159 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 13:10:14 ID:DFfBmQYM0
>>157
実際に手を下したことはないだろうさ
ヨーロッパ中世史を学んでその発言ができるなら天晴れだ

最近ではバチカンは平和主義的な側面が見えるけど
それは昔と違って権力と結びつきが薄いから

160 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 13:10:48 ID:JxCTO8nJ0
>>153
俺かな?
俺は別に教義がどうとか、信憑性がどうとか言う気はないよ。宗教に対する偏見もない。
俺が興味を持っているのは、人の方。
神が何をしたか、何を教えたか、より、それを受け取った人間の方に興味がある

161 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 13:15:39 ID:SqbAM/F30

宗教は麻薬

162 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 13:17:05 ID:ejt1PsAu0
マグダラのマリア熾天使説

163 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 13:20:44 ID:EhpULL6h0
やっかいな宗教ほど蔓延しやすくてしつこいな
少しくらい仏教やゾロアスターを見習えってんだ

164 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 13:21:59 ID:ykamI6gz0
>>153
> 無宗教なら無宗教らしくほっとけばいいのになんで首突っ込みたがるかね?
うーん、確かにw
「知的好奇心」を満たすためっていう理由じゃだめ?
あと現実社会でこんな話すると間違いなく変人扱い(下手すりゃ
危険人物w)されるので、ここで思いっきり話してる(書き込んでる)
人が多いんじゃないかと。

あと「外典・偽典」は「偽書」ではないお。

165 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 13:22:22 ID:hJxLwnlo0
>>157 さん。

私も、プロテスタント・クリスチャン、迷惑なのよそう言う言い方は。

歴史上に宗教が絡んだ殺し合いは無かったとでも、きのうか今日修道院から出てきた

お方ですか。嘘つきは行けないと思います

166 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 13:24:21 ID:DFfBmQYM0
>>165
禿げしく読みヅラい

167 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 13:25:35 ID:O2kyPvpp0
仏教はやっかいじゃないのかいな。

168 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 13:27:53 ID:QRHWEDCi0
>>97
漏れらも
kwsk kwskとか言ってたら

詳しくって言う単語忘れちゃうかもな

169 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 13:29:19 ID:Evjyqagj0
>>157
>大体、多くのクリスチャンは戦争してません。
キリスト教国である欧州列強がアフリカ・南米・北米大陸に
名目は「キリスト教の布教」本音は「侵略」であったことを忘れないでくださいね。
非キリスト教徒の異教徒は存在するだけで罪であり悪の存在で
異教徒を惨殺したところで罪にもならない。
この論法で北米ではネィティブアメリカンたちを拷問し酒の味を覚えさせ
部族同士の争いを煽り、惨殺し、キリスト教徒として生き残ったネィティブたちを
隔離し女性からは子宮を取り、民族撲滅を図りましたね。
南米ではインカの皇帝を捕らえ黄金と引き換えに解放を約束し
黄金があつまると皇帝の処刑を決め、異教徒として生きながら火あぶりになるか
キリスト教徒に改宗すれば斬首にしてやると究極の選択をさせ
皇帝は斬首=キリスト教に改宗、を選びましたね。
こうしたことを歴史は忘れません。

170 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 13:30:10 ID:mhiON8Zl0
>>157さんが天国に行けますように-人-

色即是空
空即是色
受想行識亦復如是
舎利子
是諸法空相
不生不滅
不垢不浄
不増不減

171 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 13:30:47 ID:EhpULL6h0
kwskと見るとどうしてもカワサキと読んでしまう

>>167
仏教がよその国は邪教を信仰してる異教徒の国だから、攻め込んで改宗してしまえ、ってことあったっけ?

172 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 13:31:09 ID:NGSryCG90
>>157
ヒトラーの教皇、とか知ってる?


173 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 13:31:41 ID:eg2EXmMI0
キリスト教などどうでもいい。
ただのイスラエルの民俗宗教じゃねえか。
だいたいこのリークも、『ダヴィンチ・コード』のプロモーションの一環だろうがw
釣られてんじゃねえよ。

174 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 13:32:05 ID:3zDzdpqC0

 十 字 軍


175 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 13:34:10 ID:NGSryCG90
天国にいける予定。   ×

もう行っちゃってる。

176 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 13:37:50 ID:Dm8M6x1g0
>>157
スペインの英雄ピサロがインカ皇帝アタワルパを捕らえる時なんて言ったか知ってる?

アタワルパに、神とスペイン王の名において主イエス・キリストの教へに従い、
スペイン王陛下に仕へることを求め、聖書をアタワルパに渡したんだけど、
インカ帝国の宗教的象徴、つまり神だった皇帝は、文字も読めないから聖書を投げちゃった。

ピサロ
『クリスチャンたちよ! 出てくるのだ!
出てきて、神の御業をしりぞけた犬どもと戰ふのだ!
あの暴君は私の、聖なる教への本を地面に投げ捨てた。
出てきて戰ふことを私が許す!』

そして、その場に居た何万人ものインカ人を虐殺した。

177 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 13:37:51 ID:mhiON8Zl0
>>157の言うところのクリスチャンてのは、何かの団体員じゃないの?
ほら、妙な政治・反日運動してるようなところ。

178 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 13:40:13 ID:O2kyPvpp0
>>171
ああ、その点「だけ」に限定して「やっかいではない」と言ってるだけで
宗旨や慣行・運用システム等に、多々問題を抱えてる点は把握しているってことね。

「やっかい」の定義が実にあいまいだったのでね。
失礼しました。

179 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 13:41:08 ID:Evjyqagj0
>>157
日本にキリスト教をもたらした
イエズス会の神父たちも、もしかしたら本人たちは
純粋に異教徒たる日本人の魂をキリスト教徒にすることで救うために来たかもしれません。
しかし、彼らを派遣したバチカンとカトリック強国たちに侵略の意図がなかったかというと怪しい。
日本がキリスト教の布教という名目で侵略されなかったのは
・侵略するための兵を送るには遠すぎた
・神父たちの手紙で「サムライ」という存在を畏れた
・カトリック国スペインが英国との戦争に負け、
 アジアの島国に派兵する余裕などなくなった
・カトリック国フランスは王権争いで内戦が続き派兵する財力がなかった
 (新国王アンリ4世は元プロテスタント)
・カトリックの拮抗勢力であるプロテスタント国の英国とオランダは貿易立国で
 貿易相手が異教徒であろうと意に介さなかった

180 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 13:41:43 ID:sY9+y7Wx0
信者にはショックだろ。
仕事一筋で頑固な父親が実は妾かこってたと知ったときのショックなんて
比べ物にならないくらいの。

181 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 13:42:10 ID:NGSryCG90
>>157
29 名前:名無しさん@6周年[] 投稿日:2006/04/08(土) 13:37:24 ID:gHqc0ufe0
「徳富蘇峰の『近世日本国民史』の初版に、秀吉の朝鮮出兵従軍記者の見聞録が
のっている。『キリシタン大名、小名、豪族たちが、火薬がほしいぱかりに女たち
を南蛮船に運び、獣のごとく縛って船内に押し込むゆえに、女たちが泣き叫ぴ、
わめくさま地獄のごとし』。ザヴィエルは日本をヨーロッパの帝国主義に売り渡す役割
を演じ、ユダヤ人でマラーノ(改宗ユダヤ人)のアルメイダは、日本に火薬を売り込み、
交換に日本女性を奴隷船に連れこんで海外で売りさばいたボスの中のボスであつた。

キリシタン大名の大友、大村、有馬の甥たちが、天正少年使節団として、ローマ法王
のもとにいったが、その報告書を見ると、キリシタン大名の悪行が世界に及んでいる
ことが証明されよう。

『行く先々で日本女性がどこまでいっても沢山目につく。ヨーロッパ各地で50万と
いう。肌白くみめよき日本の娘たちが秘所まるだしにつながれ、もてあそばれ、
奴隷らの国にまで転売されていくのを正視できない。鉄の伽をはめられ、同国人
をかかる遠い地に売り払う徒への憤りも、もともとなれど、白人文明でありながら、
何故同じ人間を奴隷にいたす。ポルトガル人の教会や師父が硝石(火薬の原料)と
交換し、インドやアフリカまで売っている』と。

日本のカトリック教徒たち(プロテスタントもふくめて)は、キリシタン殉教者の
悲劇を語り継ぐ。しかし、かの少年使節団の書いた(50万人の悲劇)を、火薬一樽
で50人の娘が売られていった悲劇をどうして語り継ごうとしないのか。
キリシタン大名たちに神杜・仏閣を焼かれた悲劇の歴史を無視し続けるのか。

【社会】ザビエル生誕500年祝う〜山口市の記念聖堂で記念のミサ
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1144464723/

182 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 13:46:19 ID:4fIZrxCqO
チベットじゃ仏教への信仰が厚すぎて
中国に侵略うけても無抵抗に念仏となえるだけで
やりたいほうだいされてるからな。

キリスト教みたく他を攻撃することはないが
これも宗教の招いた悲劇だろう。

183 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 13:47:47 ID:IjS/MC0P0
オウムの末端信者が悪業を積むことを恐れて
ゴキブリもネズミも殺せなかったのと同じだな。

184 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 13:49:33 ID:3jBlVISjO
カルトになるのは、間違いなく一神教ではないか?



185 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 13:52:05 ID:Evjyqagj0
ユダヤ教=イスラエルの民、ユダヤ人たちの土俗の宗教
キリスト教=ユダヤ人の大工の倅イエスが興した新興宗教
イスラム教=アラブの商人マホメットが起こした新興宗教

186 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 13:53:08 ID:MJo5a5D00
>>137
仏教系の保育園はミッションスクールと言えなくもなかろう。
小さいうちからナムナム礼拝させてる訳で。
まあ、ぶっちゃけ目的はお寺の銭稼ぎだけどねw

187 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 13:54:33 ID:KcACPNyH0
キリスト経の「聖書」が実は「偽書」だったことがばれてしまったな
クリスチャンも真っ青だな
宣教師が布教した地域に麻薬が広まるという不思議
愛と平和を説くキリスト教が誕生してから世界は戦争続きという不思議
も、説明してもらいたいものだ
「偽書」を信じる馬鹿日本人クリスチャンには困ったものだ
オウム経とたいして、変わらんな

188 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 13:54:41 ID:d55gS2KM0
私が言うべきことじゃないんだけれど、「ポアされた人はもともと事故や病気で
死ぬ運命だった」なんてレベルの論理で正当化するアーレフ信者のことは心配で。
だったら関わる意味はどこにあるのと。

かといって、もっと別の論理で正当化するのはもっとたち悪いんだけど……。

「ユダの福音書」ですか、人間がある物事を納得する一つの論法としてこういうのも
あっても不思議じゃないとは思います。

189 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 13:59:00 ID:d55gS2KM0
>>184
そうではない場合も想定可能では。多神教の宗教体系が反社会的である場合……ですか。

190 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 13:59:56 ID:IMKb7kvZ0
しかし、2000年も偽物に気付かず信じてきたキリスト教徒は、
北朝鮮並にアフォだな。

191 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 14:05:14 ID:EhpULL6h0
まあ事実にしてもなんにしてもキリスト教の偉い人が色々と圧力かけて潰しに来るでしょ
学者に宇宙の始まりを調べるのは良くないとか言い出すくらいだし

192 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 14:08:35 ID:uHYsmiUz0
>>189
創価やオウムは分類上多神教だろ

193 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 14:08:36 ID:CupJ1NNvO
ゾロアスター教の俺がきましたよ

194 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 14:10:04 ID:MJo5a5D00
>>187
人によってまちまちな「正義」の定義を一本化、またはお互いに大いなる理解ができない限り、
争いは無くならない。という意味では、永遠に争いは無くならない。

神が悪魔に勝つ事が正義であるには、悪魔の存在がなくてはならない。
キリスト教とイスラム教なんて、立つ位置が違うだけで目糞鼻糞だと思いますがね。

195 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 14:11:00 ID:Evjyqagj0
>>191
宗教の名の元にかつて科学者たちを断罪したことについては
先代法王が声明を出して詫びていますが。

196 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 14:12:53 ID:4fIZrxCqO
>>189
多神教は色んなモノに神様がいて、みんなに感謝しましょう。
みんなで力を合わせましょう。
と、共存のための教え。

一神教は全て唯一神のおかげで感謝しよう、唯一神が絶対だ。
と、支配のための教え。

自然が豊かで仲良くしてれば暮らせた地域と
自然が乏しく厳しい掟と規律が必要だった地域の差が
宗教に出ているらしい。

197 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 14:14:04 ID:Yt2mQqM/0
300年後に書かれた書物に何の意味が?

198 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 14:16:56 ID:AALwYw460
>>197
現代のキリスト教が確立した年代と同じくらいかちょっと古いくらいだから。

199 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 14:18:09 ID:Yt2mQqM/0
>>198
だから何?

200 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 14:20:24 ID:AALwYw460
なんだバカか。レスして損した。

201 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 14:20:51 ID:Ju9PIs11O
200は俺のもの

202 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 14:21:14 ID:NGSryCG90
>>195
その次の現在の法王

「もし仏教に魅惑があるなら、それは仏教が具体的な宗教的義務なしで
無限と至福とに到達可能のように見えるからだ。
その意味で仏教はエロチックな霊性である」と言う。
 枢機卿は、仏教は西暦二〇〇〇年までに教会が受ける最も大きな挑戦としてマ
ルクス主義に取って代わるであろうという数年前に行った予想を繰り返した。

◎仏教は『エロチックな霊性』
http://www.gospeljapan.com/skj/970407.htm

マルクス主義の次の敵は仏教ですかそうですか。

203 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 14:21:39 ID:Yt2mQqM/0
>>200
すまん、煽ってるわけじゃなんだが、
>>198が意味する事がわからんので聞いた。

204 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 14:21:51 ID:EW9N6Un+0
>>193
うはw俺もwww
乗ってる車はマツダ

205 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 14:22:22 ID:VnnvNM6L0
キリストはみじめな死に方をした(しかもほとんど意味がない)
人生の失敗者だよ。

それを裏切ったか、味方したか知らないがユダがどうしたのよ。

結局おまいら、キリストが好きなのかね。

206 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 14:24:05 ID:/tEe3MyE0
うほっ

207 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 14:24:54 ID:qu59EWHc0
つかユダが裏切ってないとかそういうのは有ると思うよ、実際。
真実の伝わりづらい時代だし、誰か別の人が自分を守るために
嘘を流して相手を追いつめるなんて、真実の伝わりづらい時代
では良くあった手法だし。
その被害者がユダであっても別段不思議でもない。
つか別に裏切られようがなんだろうが、キリストなんて今の
麻原みたいなもんだろ。時代が時代だから凄い人だけど、今で
てきたら麻原みたいなもんだろ。イエス・麻原。

208 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 14:25:27 ID:LoDvA6yN0
>2世紀に異端の禁書として文献に出てくる

なんだ禁書なのか

209 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 14:29:05 ID:kEQUuXIC0
勉強しろ、あほなこといってないで。

210 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 14:31:47 ID:AALwYw460
>>203
現在のキリスト教の元となっている福音書と出所が同じ可能性があるから、
新約聖書を信じるなら、当然この300年後の写本も本物と信ぜざるえないことになり
ユダは裏切り者でないという事実が、聖書に書いてあることを同じくらいの意味を持つことになる。

211 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 14:33:25 ID:dR1jK2IB0
このネタって3スレ目まで行くほど注目度があるんだな。
キリスト教圏ならともかく。

212 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 14:34:01 ID:no73TII70
今日の最高の真理・・・ありがたや〜



>10 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 10:11:01 ID:QiDJRzED0
    ここでイエスが一言
     ↓

>11 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 10:11:34 ID:G1F48PLh0
    いえーす


213 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 14:34:57 ID:Yt2mQqM/0
>>210
つまり信者には大事件って事かねぇ。

214 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 14:35:02 ID:EhpULL6h0
>>211
キリストじゃなくてユダだからじゃないかと言って見る
そう俺はこの世で誰よりも以下略

215 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 14:36:36 ID:lhdya7oC0
会計士のユダに正義があったら不透明な決算したがる教会にとっては面倒だからなあ
ってことじゃないの>ユダの福音書異端化

216 :キリスト:2006/04/08(土) 14:38:28 ID:k5dDiP040
むしゃくしゃして命じた。今は反省している。

217 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 14:39:38 ID:AALwYw460
>>213
福音書に書いてあることを信じきってるひとほど大事件のはずだが、
そういうひとたちはたぶんユダの福音書の存在を否定するはず。

218 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 14:41:57 ID:870grkU20
>>217
キリストはユダの裏切りを知りながら
ユダに自分を裏切らせてるからなぁ。

キリストもユダの裏切りを望んだということだろ。
今までこうゆう考えがなかったというほうが不思議だ。

219 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 14:43:32 ID:KDgmKgLW0
余談だが、聖書にいろいろ外典偽典があるってこと意外と
一般知識じゃないのだなとこのスレ見てて思った。
オカルト系やファンタジー小説の隆盛で、昔にくらべればそういう話題
一般化してるものだと思ってたわ。近代以前の西欧絵画にもよくテーマに
なってるから、知らないで題材を見てる人も結構居ると思うんだけどね。

220 :ユダ:2006/04/08(土) 14:45:09 ID:CupJ1NNvO
うふふ

221 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 14:48:36 ID:Yt2mQqM/0
なるほど
ユダの裏切りを知っていたなら何故諭さなかったか?
>>1の通り裏切りを言いつけた(依頼した)なら、何故ユダの今後を案じなかったのか?
おかげでユダは2000年も呪われ続けた。今後も呪われ続けるであろう。

って事だよな?
どっちにしろ酷い。
自分の物語のために利用した事になる。


222 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 14:49:13 ID:zUCwDka50
日本も早くキリスト教化しろよ
神の存在はどうでもいいから
一神教を手に入れないといつまでたっても馬鹿なままだぞ

223 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 14:51:46 ID:lhdya7oC0
嘘つき宗教の片棒担ぐのはいやだなあ

224 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 14:51:53 ID:EhpULL6h0
一神教はマジ勘弁

225 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 14:51:56 ID:zUCwDka50
>>221
自分の物語じゃなく全人類のために必要ってことでしょ
自分は命を投げ出して
弟子に裏切り者の汚名をきてもらう
普通に美談だと思うけど

226 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 14:52:13 ID:MUlEwyjR0
@ 異端の人たちとは、できるだけ交際をしないことがよいでしょう。 
             (1テモテ6:3-5 2ヨハネ9-11)
A 異端の人たちとの論争は避ける。どうしても議論しなければならない
  時には、 教会の牧師に同行していただくのもよいでしょう。
B 教会生活をきちんと守り、正しい聖書の知識を身につける。間違った
  教えに 惑わされないためにも、日々の祈りと教会などでの聖書を学び
  が大切です。

227 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 14:54:23 ID:zUCwDka50
2chで宗教スレで必ず見る一神教批判って何の影響?
一神教こそが人類最高の発明だって言うのに

228 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 14:56:11 ID:8Zhw/eX80
死海文書などの研究で
初期の教会では
ペトロなど直接の弟子だった人間のグループ
パウロのグループ以外に
マグダラのマリアを中心とする女性がリーダーシップを取っていたグループが
あってそれぞれ派閥争いをしていたんじゃないかという説があるらしいね。
外典偽典ってのはその権力闘争の中で何が正統かって論争されてできた結果

229 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 15:00:20 ID:lhdya7oC0
イエスとユダが共謀してたのならユダはマグダラ派かな
裏切り、磔、復活までが1セットでしょ

230 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 15:01:01 ID:870grkU20
>>221
イエスは、ほかの弟子とは違い唯一、教えを正しく理解していたとユダを褒め、
「お前は、真の私を包むこの肉体を犠牲とし、すべての弟子たちを超える存在になる」
と、自らを官憲へ引き渡すよう指示したという。


↑が真実だとしたら、イエスは俺は死んで神になるから
ユダは俺の後継者となって、他の弟子を率いる存在になってくれと頼んだんじゃね。

で、イエスはユダが役人に引渡しで死んだ。
だがイエスの死で他の弟子たちが自分たちが権力を握ろうと暴走し始め、
唯一イエスの教えを理解し、後継者に任命されたユダが邪魔になった。

だから協力してユダを裏切り者として追放、抹殺した。
で、真実が書かれたこの本は禁書として封印した。

231 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 15:04:18 ID:zUCwDka50
>>230
普通に考えたら
後継者じゃなくて裏切り者になることでキリスト教を完成させる役目を負うってことだろ

232 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 15:04:23 ID:ofFevWyj0
>>180
それって実話?w
俺ならまじで憤死しちゃうかもw

233 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 15:04:34 ID:ZH66RYUp0
詳しくないんだけど
1番の弟子って誰なの?
ユダってのは破門されたってこと?

234 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 15:05:52 ID:NGSryCG90
異端

異端 (いたん、Heresy)は、主として宗教用語。
正統を自負する教派が、自己の教義に対立する教義を排斥するため、
そのような教義をもつ者または教派団体に付す標識。

異端の概念
「異端」は、「正統」との対概念として定義される。
正統でないものが異端であり、同じシステムの内部で派閥に分裂している場合は、
互いに自己を正統と主張し、相手を異端と断罪するのが一般である。
このように正統と異端は相対的概念であり、客観的真理として決まっている正統や
異端はない。

歴史的に「異端」分派が決まるのは、相対的な正統と異端の争いで「世俗的勢力・権力」
の支持を獲得した特定の分派が、他の分派を政治的・軍事的・経済的に殲滅したり追放
することで、「主流」の地位を確立する過程で生まれる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%95%B0%E7%AB%AF

235 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 15:07:00 ID:EhpULL6h0
>>233
ペトロとか言う人じゃないの
ユダは13番目だかなんだか。 でキリストが死んだ日も13日で13が縁起悪い数字って言われてる

236 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 15:07:44 ID:kr8PP/p80
ダム決壊!ダム決壊!

237 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 15:09:33 ID:40iCpGBMO
>>219アダムの最初の妻が騎乗位したのが原因で離縁されて魔族になったのは、
エヴァのファンの人はみんな知ってるって言ってたよ。
自分はエヴァのほうを知らないけど。

238 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 15:12:27 ID:Yt2mQqM/0
「逃げ回って捕まって生き延びた」「逃げ回って捕まって死んだ」・・・普通すぎ。ぜんぜんダメ
「弟子の裏切りを知りつつ黙認して死んだ」・・・まあ、深く考えなきゃ絵になる(でも弟子の今後は案じない?)
「弟子に裏切りを依頼して意図的に殺された」・・・なんだ自作自演か

239 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 15:15:41 ID:yfqnMue00
宗教のことで熱くなってて気色悪いスレだな
まあ日本にもいるからな

240 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 15:18:53 ID:IMKb7kvZ0
>>233

これ見れば分かる。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000E6GB12/qid=1144477083/sr=8-1/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/503-7351368-4876768

241 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 15:19:34 ID:gRZLa4Be0
長岡菩薩行深乙拝波羅密多時照見女体皆空度一切乙拝
慈誉瑠寿乳不異空空不異乳乳即是空空即是乳柔張巨貧亦復如是
慈誉瑠寿是諸乙拝空相不生不滅不垢不浄不増不減
是故空中無乳無柔張巨貧無眼耳鼻舌身意無色声香味触逝無淫界乃至無恍惚界
無童貞亦無捨童貞乃至無絶倫亦無精力尽無乳首乳輪無幸亦無得
以無所得故乙拝星人依乙拝波羅蜜多故心無圭礙無圭礙故無有恐怖遠離一切顛倒妄想究竟乙拝
三世長岡依乙拝波羅蜜多故得阿耨多羅三藐讃乙拝
故知乙拝波羅蜜多是大神呪是大明呪是無上呪是無等等呪
能除一切寂真実不虚故説乙拝波羅蜜多呪
即説呪曰
乙拝乙拝可愛乙拝大大乙拝無量乙拝
乙拝心経

魔訶乙拝波羅蜜多心経                 駕板乙拝法師長岡訳

242 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 15:19:59 ID:gRZLa4Be0
魔訶乙拝波羅蜜多心経                 駕板乙拝法師長岡訳

長岡菩薩は深く乙拝波羅蜜多を行じし時、おにゃの子は皆空なりと照見して一切のおっぱいを救いたもう。
ジョルジュよ。乳房は空に異ならず、空は乳房に異ならず、乳房即ち是れ空、空即ち是れ乳房、
柔らかいのもハリのあるのも巨乳も貧乳も亦復是の如し。
ジョルジュよ。これら諸々のおっぱいは空相にして生ぜず滅せず、
汚れたものでなく浄いものでもなく、増えることなく滅ることもない。
この故に空なる性質の上に乳房はな.く、柔らかおっぱいもハリのあるおっぱいもな.く巨乳も貧乳もない。
ジーッ(・∀・*)と見ることも、(´д`*)ハァハァの声も、クンクンすることもペロペロちゅぱちゅぱすることも、
ぷにぷに(*´д)σ・)・) さわさわ(*´д)っ))・)・)することも、キモチ(・∀・)イイ!!ということもなく、
形も声も香りも味も触感も快感もなく、エロイこともなく乃至恍惚の世界もなく、
童貞もなく亦童貞を捨てることもな.く、絶倫もなく亦精力の尽きることもない。
乳首や乳輪もなくシヤワセというものはなく、亦シヤワセを得ることも無い。
シヤワセを得ること無きを以ての故に、乙拝波羅蜜多に依るが故に、おっぱい星人は心に迷い無く、
迷い無きが故に恐怖あること無く、一切のしょうもない妄想を遠離して、おっぱいおっぱいする。
三世の長岡は乙拝波羅蜜多に依るが故に、阿耨多羅三藐讃乙拝を得たまえり。
故に知るべし、乙拝波羅蜜多は是れ大神呪なり。是れ大明呪なり。是れ無上呪なり是れ無等等呪な.り。
能く一切の寂しさを除き、真実にして虚妄ではない。故に乙拝波羅蜜多の呪を説くのである。
即ち呪を説いて日く

おっぱい!おっぱい!かわいいおっぱい!おっきいおっぱい!おっぱいいっぱい!

おっぱい心経

偉大なる おっぱいの完成の要の経          ガ板乙拝法師長岡訳

243 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 15:22:24 ID:pcCwTLYN0
クリスチャンじゃないからよくわからんのだが
これって、キリスト教徒にとってそんなにショッキングな事なのか?

キリストが嘘ついてたわけじゃなくて、キリストの後継者や聖書編纂者、後の教会が嘘ついてただけだろ?

244 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 15:25:01 ID:ejt1PsAu0
往ける者よ、往ける者よ、彼岸に往ける者よ、彼岸に全く往ける者よ、悟りに栄光あれ

245 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 15:28:25 ID:EhpULL6h0
そりゃ魂までユダは裏切り者〜背信者〜と刷り込まれたのが、実は一番のイエスの理解者だったなんて言われたらねえ
日本人が、ノムヒョンやコキントウが実は対外的にはあんなこと言ってましたが、じつは超が付くほどの親日派だったんです、って言われたようなもん?

246 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 15:29:13 ID:36lrlg8v0
ユダと聞いて、北斗の拳のあの人しか思いだせない俺ってダメだな・・・・orz

247 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 15:31:26 ID:ot94cS/60
宗教なんてリターンがあるかどうかわからない
投資みたいなもんだからな。

俺は掛け金の少なくて済む真宗にしとくわ。ナムアミダブツ

248 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 15:31:58 ID:MUlEwyjR0
>>239
南無妙法蓮華経

249 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 15:32:32 ID:ykamI6gz0
>>243
> キリストが嘘ついてたわけじゃなくて、キリストの後継者や聖書編纂者、後の教会が嘘ついてただけだろ?
それこそがショッキングなんじゃあ・・・。

250 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 15:33:28 ID:ot94cS/60
>>245
馬鹿野郎、そんなことになったら法則が(ry

251 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 15:34:45 ID:MUlEwyjR0
だってこれってグノーシス主義ポイじゃん。
異端だよ。
ちなみに異端ってのは勢力争いじゃないからね。勘違いしないでね。

252 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 15:34:55 ID:AALwYw460
ちなみに仏陀は癌で死にました。

253 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 15:36:22 ID:hu3mfRC10
死海文書とかこういうのは定期的に発表されるな
向こうの人は聖書で遊ぶの大好きだから

254 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 15:40:05 ID:4uz2emfoO
キリスト様、俺を救って下さい

255 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 15:40:51 ID:MUlEwyjR0
>>254
クリスチャンじゃない人はだめです(><)

256 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 15:40:58 ID:ot94cS/60
>>254
そんな人、元々いません。

257 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 15:41:21 ID:ykamI6gz0
>>251
>>1にも書いてあるし、そもそも正典に含まれてないわけだから、
そら異端だわな。
グノーシスかどうかはわからんけど。

258 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 15:44:21 ID:vH1CerR70
>>251 嘘ついちゃいかんよ あ、権力争いだった

259 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 15:45:20 ID:40iCpGBMO
グノーシスってキリスト教に入るの?ってくらいエキセントリックというか、何というか…。

260 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 15:46:26 ID:J67NZuSJ0
知っていても何の役にも立たない中途半端な知識をひけらかすスレはここですか?

261 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 15:55:22 ID:ykamI6gz0
>>259
死人たちは生きていないのであり、生きている者は死なないであろう

                ――トマスによる福音書第11章2節


これはもはや今の「正統」キリスト教とは絶対に相容れないわな。
「復活」を否定しちゃってるもんw

262 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 15:59:43 ID:MUlEwyjR0
>>258
キリストの肉体性を否定し、肉体の悪徳を許容するからでしょ。
それに信徒間にも救われない層が出てきたりね。
だから異端にされたわけで、そのままほっといたら教会めちゃくちゃよ。
それが本質で権力争いは現象にすぎんね。

263 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 16:00:30 ID:cTJokshx0
おまいらアメリカに釣られすぎてるなw

黙示録の記述を読めよ。反キリストみたいなのが現れてどーたらこーたらと書いてある。

アメリカ人だったら、イラクとの戦争を「ハルマゲドン」とみなして、

こういう「演出」をすることもあり得るぞ



264 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 16:01:53 ID:IMKb7kvZ0
608 名前: 本当にあった怖い名無し Mail: sage 投稿日: 2006/04/08(土) 04:48:54 ID: 7eJQvLeJ0
ナショナル・ジオグラフィックのロゴマークは黄色の長方形。
(参考:http://www.nationalgeographic.com/

フリーメイソンのマークである、
コンパスと直角定規を組合わせても四角になる。

「」 → □

やっぱり関係あるのかな?

265 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 16:08:34 ID:X1CtF2sJ0
これは、新しい宗派誕生の予感?

266 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 16:12:33 ID:cTJokshx0
まーいかにも後からでっちあげたものっぽいな。

まずユダ本人が書いたわけではない。(自分が書いていてイスカリオテのユダ、などと自称しない)

明らかに既存の福音書の存在を意識して書いてる。

従って、あり得るとすれば、自殺する前のユダから誰かが聞いていて、

それを書き残したということになるが

わざわざ後世の人間が映画化して楽しめるように

インタビューするような真似をするだろうかw





267 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 16:18:34 ID:n1tT6k4S0
ま、こんなアジ文書一つで何かキリスト教勢力に深刻なダメージを与えられるかっつーと、
結局なんも変わらんだろう?

268 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 16:24:55 ID:Ipthk42v0
>>266
イエスの12使徒のうち誰かが書いた福音書は一つも存在しないよ。
現在ある福音書を書いた4人(マルコ、マタイ、ルカ、ヨハネ)は誰もイエスを直接知らない。

269 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 16:25:35 ID:CMOO9Lwy0
キリストみたいな極悪詐欺野郎なんざどうでもいい死んどけ

270 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 16:26:23 ID:VnnvNM6L0
>>268
ヨハネも?

271 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 16:27:07 ID:yI79fsBr0
南斗紅鶴拳のユダ
                   /\        /\
                   /:::::::ヽ____/::::::::ヽ、
                  丿 ::.__  .:::::::::::::  __  ::::ヽ_
                 / /。 ヽ_ヽv /: /。ヽ  ::::::ヽ
 -┼-   丿~~~|     / / ̄ ̄√___丶  ̄ ̄\  ::::|            ■ ■
 -┼-   /~~~~/ ━━━ | .:::::::::: / / tーーー|ヽ     ..::::: ::|━━━━━━  ▼ ▼ 
  .|       丿      | .:::::.  ..: |    |ヽ        ::|            ● ●
                | :::    | |⊂ニヽ| |      :::::| \
              / /| :    | |  |:::T::::| !      .::| \ \\
             / / \:    ト--^^^^^┤      丿 \\\ \\\


272 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 16:31:36 ID:2bbUjfMh0
300年後に出回った永田メールみたいなもん?

273 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 16:40:42 ID:B4UQbJ3i0
無神論者でNEETこそ、人としてあるべき姿だ!!

274 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 16:45:52 ID:lhdya7oC0
>>267
目的達成の為には信徒も騙すってのは今も変わぬ教義だからな

275 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 16:51:21 ID:UnrQBhS8P
望んで磔刑になったのなら、
「神よ、なぜ私を見捨てたのですか」という
最後の言葉は変じゃない?

276 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 16:55:54 ID:G5umG/1V0
カトリックは未だに毎週のミサで最後の晩餐の再現をしている。
つまり会衆にキリストの肉であるパンとキリストの血であるワインが配られる。
ほとんどはパンのみで、実際にワインまで配る教会は少ないけど。
会衆は司祭や助祭の前まで並んで、受け取ったらその場で口にする。

277 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 16:58:03 ID:lhdya7oC0
磔にされる前に奇跡が起きて助かる予定だったんじゃないの

278 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 16:59:07 ID:EzXRU1LR0
>>275
かっこつけてほぼ自発的に磔になってみたものの、思ったより痛かったんじゃない?
人っていざとなると本性が出るから。

279 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 17:14:45 ID:ofcEJnJW0
今さらどうしようもないよ

280 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 17:17:07 ID:oMcOT1Fo0
今新説を考えた
「キリストとは上島竜兵である」

281 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 17:21:44 ID:zP3XaLY7O
>>278
まあ磔は残酷な処刑法だからな
そりゃ痛いし苦しいわ

282 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 17:23:55 ID:VWBPizNv0
鯨統一郎の小説だかなにかで
イエスとユダは処刑前に入れ替わっていたなんて説があったな


283 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 17:27:59 ID:VnnvNM6L0
>>275
そのへんはゲッセマネを見るとわかりやすい。
キリストは、自分の運命を望んではいない。

十字架はイヤだから、計画変更にしましょう、と神に三回祈って
全部拒否され、あきらめた。

あとは死ぬまで、この挫折感から脱出していない。

284 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 17:36:43 ID:gQj2E6V70
イエース  

















                                                  高須クリニック


285 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 17:45:50 ID:gOc1N01x0
>>284
( ´д)ヒソ(´д`)ヒソ(д` )

( ゚д)(゚д゚)(д゚ )


286 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 17:51:43 ID:cTJokshx0
13枚のパピルス、という辺りがネタっぽいのですが



287 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 17:57:17 ID:MUlEwyjR0
>>275,283
その辺りは旧約詩編22章を引用して、自らの十字架が預言されていたものと解釈するのが常識的解釈。

288 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 18:00:22 ID:cTJokshx0
>>270

ヨハネの著者は知っていた可能性がある。

というのは、ユダが裏切るとき同席していた弟子が書いたとされているから。

ただし使徒ヨハネではないらしい。



289 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 18:18:10 ID:SUZ2d2Nc0
>>288
そもそも各福音書はいつ誰が書いたかわかってないでしょ?(学術的に)
特にヨハネによる福音書なんて後代に編集されまくり(とされてる)。
もちろんそれぞれマタイ、マルコ、ルカ、ヨハネが書いたとする
「信仰」は否定しないけど。

290 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 18:21:07 ID:BYbkRSy30
>>1

ユダは裏切り者にされたのは
イエスを神格化するための
惑星開発委員会の陰謀だと結論は出ている

291 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 18:24:52 ID:JdkilGsa0
すると、ユダは自殺したのではなくて、ローマ人によって自殺にみせかけて
殺されたということになるな。
 今のキリスト教の聖典は、キリスト教の教義はローマが世界支配をするための
宗教兵器なのだから、ローマは悪くないんだよ、わるいのはユダヤ人だったんだ
よ坊や、という主張を植え込まれている、改竄されているのだ。

292 :(゚д゚)ウマー ◆UMAAgzjryk :2006/04/08(土) 18:25:38 ID:4vSUXFML0
アジョラー

293 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 18:25:51 ID:p0VylEdL0
まあ、俺もクリスチャンだが、ユダをそれほど悪く思ってないよ。
あれは必然だと教えられているからね。

294 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 18:26:40 ID:/QIy0evp0
申し上げます、申し上げます、旦那さま。

295 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 18:27:31 ID:r9NAZmZu0
というか、マタイの最後の晩餐シーンをよくよく精読すりゃあ
(「行間読む」を含めてだ)
当然のようにこの筋書きが出て来る訳だが、
ショックだといふ人は、ちっとも考えなかったのかねえ?
おれはむしろその方が不思議だよ

296 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 18:28:29 ID:p0VylEdL0
>>283
この辺からも三位一体説を唱える宗派は異端と言えるね。

297 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 18:29:13 ID:P+u1SLcy0



       /\ \
   __/  / ̄/
  /\  _\/ /_\
  /  / ̄ ∧_∧   全人類とユダの罪を背負って
  \/__( ;・∀・)    ゴルゴダの丘を登っていくんだ
   /  と    ノ ハァ
   /  人  Y ハァ
   \/し'(_)


一粒の麦 地に落ちて死なずば 唯一つにて在らん。 もし死なば 多くの果を結ぶべし。



298 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 18:32:21 ID:3zDzdpqC0
あれも必然。これも必然。



全てはアラーのおぼしめし。

299 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 18:32:56 ID:KAZu1aqg0
信じるものはすくわれるってあるけど、今回は足元をすくわれたのかな。

300 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 18:32:57 ID:cTJokshx0
>>289
通常、パウロ書簡->共観福音書->ヨハネ福音書、の順に書かれたと考えられている。

およそ1世紀後半には、ある程度成立していたらしい。

イエスの死後数十年、イエスを直接知っていた弟子から聞いて書かれた可能性が高いから、実際弟子の誰かが目を通したことも完全には否定しきれない。




301 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 18:33:13 ID:srY0Lmj/0
ユダヤ差別反対工作の仕上げじゃねえの?
ついに宗教の根幹まで手が伸びたってわけじゃん?

302 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 18:35:15 ID:37AsJvck0
>>292
(゚д゚)FFTぃー!

303 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 18:35:19 ID:tgV82V8J0
>>290
それ、道原かつみの「ノリ・メ・タンゲレ」だっけ?

304 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 18:37:21 ID:ZudK4Mfn0
>>300
完全には否定できないことを根拠にあったが如く言うのはどうかと

305 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 18:37:43 ID:Z9cLMBPT0
Aくん 「あなたはイエスですか?」
Bくん 「ノー」

爆笑した?

306 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 18:39:06 ID:JV8d9AFx0
この事実にファビョっているのはキリスト原理主義の奴だけだろ
プロテスタントにとっては『あっそう』程度の解釈

307 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 18:39:46 ID:d55gS2KM0
信じるって何なんでしょうね。脳の発達の過程を考えたら、やっぱり親子の関係
が出所なんだろうけど。

308 : ( ´д)ヒソ(´д`)ヒソ(д` ) :2006/04/08(土) 18:40:45 ID:MUlEwyjR0
>>296

>>287

309 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 18:40:49 ID:4MHbwlyG0
結局、ユダって他の弟子から妬まれて、嵌められたって事か。

310 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 18:42:39 ID:3zDzdpqC0
>>307
世の中のしくみを知りたいと言う知的欲求を「とりあえず」満たす、知的オナニみたいなものだ。

311 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 18:43:09 ID:KhtZlj+O0
結局、ユダ派がイエス死後の教団内部抗争で敗れ、他の「聖人」達が主導権を確立していく上で生まれたお話ってことだろう。

312 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 18:43:51 ID:BYbkRSy30
>>303
光瀬 龍 no
百億の昼と千億の夜
だお

313 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 18:47:42 ID:u4Z2rBK30
あーん!ユダ様が死んだ!
ユダさまよいしょ本&ユダさまF.Cつくろー!って思ってたのに…
くすん…美形薄命だ…

・゚・(ノД`)・゚・うっうっう…ひどいよお…ふえーん!!
この間「今、時代はイスカリオテのユダだ!」の葉書きを出してまだ2週間じゃないですか!
どーして、どーして!?あれで終わり!?嘘でしょ!?

先生のカバッ!!え〜ん・゚・(ノД`)・゚・

314 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 18:47:42 ID:MUlEwyjR0
愛を信じることも知らないやつは可哀想だな。

315 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 18:49:07 ID:fcnJNc5w0
キリスト教はあらゆる欲求を慎み神を信じなさいと言っている。知識欲もしかり。
だから厳粛なキリスト教徒ほどユダが裏切り者かどうかなんて気にしてないよ。

316 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 18:51:23 ID:SUZ2d2Nc0
>>314
愛ゆえに人は苦しまねばならぬ!
愛ゆえに人は哀しまねばならぬ!
愛ゆえに・・・。


あ、これはユダじゃなくサウザーか。

317 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 18:51:29 ID:WMrgOVtJ0
グノーシス派の文書ってのは結構あるけど
>>311の言う通り、2000年前の当時から主流派に異端扱いされてたから
現在のキリスト教に影響はない

318 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 18:52:08 ID:MUlEwyjR0
>>315
嘘付くなよw 聖書のどこにそんなことが書いてある。
バチカンの図書館がどれだけのものか知らないのか?

319 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 18:58:38 ID:hCC1/p9c0
キリストの使徒たち

シモン・ペトロ
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F:Petrus.jpg

アンデレ
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F:Icon_02100_Apostol_Andrej._Konec_XVIII_v._Ukraina._Kievschina.jpg

ユダ
ttp://tutihoko.hp.infoseek.co.jp/sin14.JPG

320 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 18:59:09 ID:NVW9GHTBO
知略なのだよ!!

321 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 19:01:21 ID:fcnJNc5w0
>>318
ばか?

322 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 19:03:09 ID:+8yUDvmA0
もうメンドくせーからタイムマシンで過去にいって『ほんとのところマジでどーなのよ?』って

誰か聞いて恋

323 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 19:04:27 ID:3zDzdpqC0
>>313
ユダってかっけーな。だけどキリストがローマ兵に殺されていった どうなるんだろう

324 :307:2006/04/08(土) 19:06:28 ID:d55gS2KM0
>>310
なんて答えたらいいんだろ……。

親子の関係が出所以外に、もっと根本的なところ、食べ物を食べてみたら
それは食べ物であるとか、物をこうすればこう動くとか、そんなレベルの
世界への信頼感も、実は生物の心理の根底でがっちりと固まったものだと
ぼ〜っと考えてたんですが。

325 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 19:06:34 ID:iPn/VHJM0
EVEバーストエラー、この世の果てで恋を唄う少女YU-NO、
エクソダスギルティー、探偵紳士・・・
菅野ひろゆき(剣乃ゆきひろ)の超難易度推理ゲーがPS2でとうとう出るぞ!

女装する少年探偵「ミステリート」 CVは緒方恵美にケテーイ

『ミステリート』デモムービーをファミ通.comで独占公開中!
http://www.famitsu.com/game/news/2006/04/07/103,1144383125,51316,0,0.html
公式HP
http://www.abel-jp.com/

CAST
八十神かおる 緒方恵美
氷川マイ ゆかな
南条深雪 根谷美智子
悪行双麻 子安武人
アルゲリーチ 雪野五月

326 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 19:09:06 ID:+8yUDvmA0
>>325  中の人が無駄に豪華だな オイ・・・・・・・・・・・・・・・・・

327 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 19:11:26 ID:1ZTfUYdY0
信じる者はすくわれる











足元を

328 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 19:12:38 ID:v5IY7tlQ0
「National Geographic」って、
フォトショップ使いまくりの写真雑誌だっけ。
これもユダヤ人の捏造なんじゃないかな。

329 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 19:16:50 ID:MUlEwyjR0
>>321
馬鹿はお前だ。
知識欲を抑えろなんて聖書のどこにも書いておらんw
あくまで神の教えを第一におけとしか書いてないわ。

330 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 19:19:27 ID:T2HizpDJ0
光秀みたいだな

331 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 19:22:18 ID:3zDzdpqC0
>>328
いや、普通に自然系というか、サイエンス系というか、リアル系というか、、、そういう雑誌でしょ。
この前も、「進化はあった(もういい加減にしろよ馬鹿アメリカ人)」っていう特集やってたし、
宗教がらみでは無いと思う。

332 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 19:27:43 ID:fcnJNc5w0
>>329
おれの発言のどこに聖書には知識欲を抑えろと書いてるといってるんだ?
聖書なんて読んだことないから知らないよ。バカ。
そして教会が知識欲までも禁止したのも事実だ。バカ。

333 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 19:33:08 ID:MUlEwyjR0
>>332
それは失礼しました。
ではどこの教会ですか?
私は初めて聞いたもので。

334 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 19:35:13 ID:fcnJNc5w0
>>333
頭悪いな。それくらい自分で調べろ。

335 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 19:36:50 ID:v5IY7tlQ0
>>331
確かにある程度は科学的なんだろうが、
編集の仕方は昔から何となくヘンな気がする。
自然の写真とかでも加工して物の配置換えとか
色を変えたりとかそういう修正がいっぱいあるし。

336 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 19:38:49 ID:zDO6QwBd0
>>328
別にこの雑誌が主体になって解読してるわけじゃないから。
ジュネーブ大学かどっかの研究チームでしょ?
この福音書の記述が史実かどうかということは別にして、
普通に信頼できるやり方で翻訳を作ってると思うよ。

337 :333:2006/04/08(土) 19:42:21 ID:MUlEwyjR0
>>334
私は生まれてからのクリスチャンですが、プロテスタントにおいてはそのような知識欲の抑制をいわれた事はありません。
一部のカルトでは伝道行為を重んずるあまり、子弟の上級学校への進学を止めさたりする例はあるとききますが。
カソリックは知りませんが、そんな教義があるともおもえませんねえ。

まあいずれにしても建設的な議論でもないのでこの辺でやめます。

338 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 19:43:54 ID:drhWmjxB0
あれ?ものみの搭への攻撃きた?

339 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 19:45:35 ID:zLbkkQ080
>>332 中世の頃の話か?

340 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 19:48:30 ID:ixSHR2el0
別に預言書でもないからたいしたことじゃないと思う
新しい黙示録が発見されたら話は別だと思うけど

341 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 19:50:06 ID:fcnJNc5w0
>>337
プロテスタントと一括りにしてるとこで、あなたのお里が知れますね。統一協会も自称プロテスタントでしたっけw

342 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 19:51:40 ID:MUlEwyjR0
>>337
これ以上関わりたくないので詳細は伏せたまでです。
それではまたどこかで。

343 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 19:53:33 ID:PNvy1RHJ0
>>318
バチカンってwwwwwwwwwwwwww

344 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 19:53:46 ID:tgV82V8J0
>>312
あ、そっちか!ありがとう!
どっかで聞いた名前だと思ったんだ。>惑星開発委員会
「シ」の命にて…っちゅう話ですな。あの壮大なスケールと、無常観は
日本人にしか書けないドラマですな。素晴らしい小説だ。
ノリメタンゲレも面白いですよ。漫画ですが。
おまけに、キリスト教徒が読んだら怒りそうなキリスト像だけど。

345 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 19:54:53 ID:fcnJNc5w0
>>339
中世にはもっとひどいところもあったらしいけどね。

346 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 19:55:01 ID:mjsZVtcD0
>>337 スレとは完全に無関係だが
>子弟の上級学校への進学を止めさたりする例はあるとききますが
層化学会員の子弟で、
東大合格、同時に層化大学合格
東大蹴って層化大学へ。
埋け田怪鳥大喜び。エリート幹部として抜擢された後
女性問題で失脚というような有名な人がいるみたいね。

347 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 19:58:36 ID:MsJlm/1u0
ゲーセンにある格ゲーの北斗の拳、ユダの技が半分以上ネタ系なのはなぜ?
「ダム決壊」ってもやは拳法じゃないだろ!

348 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 19:59:58 ID:MJiImqKg0
俺も裏切られた覚えはないしな。

349 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 20:02:21 ID:fcnJNc5w0
>>342
先に関わってきたのは貴方ですよ。まったく。
まあ、貴方の信仰を侮辱した発言があったのなら謝ります。
では、さようなら。

350 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 20:03:51 ID:NaIzSAw60

299 名前: 名無しさん@6周年 投稿日: 2006/04/08(土) 18:32:56 ID:KAZu1aqg0
信じるものはすくわれるってあるけど、今回は足元をすくわれたのかな。


GJ!!!><b


351 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 20:06:34 ID:JmWCexfo0
ユダは自殺した。故にユダは決して許されない。
と考えているクリスチャンは多い。

352 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 20:08:01 ID:cmLcun7X0
キリスト教なんて壮大なデッチアゲ
キリストを利用して金儲けを企んだやつが、捏造した妄想話
「信じるものは、騙される」これが教訓


353 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 20:12:13 ID:MD4+oBZx0
キリスト自体絵空事なのに

354 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 20:14:40 ID:VnnvNM6L0
>>352
禿同。

じつはキリスト教の牧師なんかにも、たんに信者を増やして
有名になりたいだけの人がいる。

信者が増えれば寄付が増えて、牧師も金持ちになる。

まあ十字架上のキリストが泣くわな。

355 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 20:15:09 ID:4/7c0D/r0
>神の名はアルファベットにすると「YHWH」。
>子音がないのでなんと発音してたかわからんのです。
NHKみたいなもんか


356 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 20:20:36 ID:oUUUpXnU0
元々、ユダの裏切りって根拠がないんだよね。
銀貨もらったとはいうけど、計算したらはした金だったそうだし
イエスの彼への信頼は高かったらしいからなあ。

パウロとかが、自分らの功名と罪の意識からでっちあげたんじゃねえの?

ネロも国民に愛されたらしいし、キリスト教ってずいぶん迷惑な嘘まきちらしてんなあw


357 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 20:21:02 ID:870grkU20
>>354
そもそもキリストは俺は神と三身一体だとか言ってない。
あくまでユダヤ教イエス派だったからな。

イエスの弟は兄が神だなんてトンでもないと、怒ってるし
パウロ達がかってにイエスを神に祭り上げて金儲けに利用した。

358 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 20:22:39 ID:Ibk7AC8g0
「お前は、真の私を包むこの肉体を犠牲とし、すべての弟子たちを超える存在になる」
……か。

このくだり、神秘主義の二ホイがプソプソするんだけど。

359 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 20:23:49 ID:uv4Y01Kf0
一神教なのにイエスを祭ってる教会が苦し紛れに三位一体とか言い出したって聞いたことがある。

360 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 20:24:34 ID:JmWCexfo0
パウロがイエスを金儲けの為に利用したって…本気で言ってるのかねw


361 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 20:24:54 ID:QiDJRzED0
いえ〜す

362 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 20:25:28 ID:pfAh26Ny0
スペインの異端査問官はもう派遣されたのか?

363 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 20:34:10 ID:fR9YDPX40
>>356 >ネロも国民に愛されたらしいし、
そこらなんだけど、そういう偏向は除外したとして、
ローマの帝政時代の爛熟や腐敗というのは、どの程度信憑性があるの?
なんだかんだ言っても、文化的・経済的蓄積が極めて豊富な状態となっていたので
かなりデカダンスな倫理にもとる出来事も頻出してたのではないかと思うけど。
それを道徳的に非難したいのではなく、人間というのは恵まれ過ぎると
このようになってしまうという事例として知りたいと思ってしまう。

364 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 20:35:55 ID:lDg9zJ0H0
>>362
ああ、お前の後ろにな。

365 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 20:40:11 ID:Z9cLMBPT0
歴史の真実なんていうのはね、どこかで時の権力者などによって都合の良いように
変えられてしまう事はいくらでもある事で、ユダが本当は裏切ってないと言う話も
別に驚くべき事ではない。
それが真実であってもおかしくないし、ユダの自殺も実は殺されて自殺と言うよう
に時の力のある人に捏造され、悪役にさせられた可能性だってある。
歴史なんてそんなもんだ。
実際タイムマシンが出来たとしてキリストを見に行けば、ただのこきたないオッサン
で、さらになんか変なこというヤツ、みたいな程度にしかとらえることができないか
もしれないぞ。
キリストを否定するわけではないが、もしかしたらキリストの行った言葉や行為など
も実は全て後の人達によって都合の良いように作られた存在なのかもしれないし。
ところで関係ないんだけど、今日の午前中に車盗まれた。なんかガッカリするよりも
悲しくなってしまったよ。怒りすらわかなかった。

366 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 20:42:48 ID:pJNQ8f+50
イエスが復活したのなら・・・イエスが死んだ日はいつ?

367 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 20:44:19 ID:v5IY7tlQ0
>>365
それを言ったら、今の世に生きている人間だって
本当にその人のことを100%理解できるのか、
そもそも自分や他人をはっきりと正しく理解することが可能なのかは疑わしい。

368 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 20:44:49 ID:BiHrbZ5u0
Q資料は何か関係ある?

369 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 20:45:29 ID:37AsJvck0
>>366
イエスは死んでないよ
今裸で俺の隣で寝てる(´・ω・`)

370 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 20:47:15 ID:1W3dpGV20
>>369
タオルケット見てみ

顔型が浮かんでるだろ

371 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 20:48:06 ID:uv4Y01Kf0
今日の出来事さえニュースで正確に伝わることは難しい
これは当事者になってみれば本当によくわかるよ

372 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 20:49:09 ID:YhO6NtLz0
みんだでぱらいそさいくだ

373 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 20:52:35 ID:O5j8n50E0
阿見の福音書

374 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 20:56:15 ID:cPLXKNUu0
「ところがこれには後日談があってね。正確にはヤーベ、
あるいはヤハウェと発音するのが正しい。エホバってのは
誤って広まった呼び方なんだそうだ。それを聞いた帆場は
狂喜したそうだよ」

375 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 20:59:27 ID:lgMsQ3560
パッションは作り直し?

376 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 21:06:40 ID:VnnvNM6L0
>>374 パト乙

ヤハヴェでも完全ではなく、そもそも神の名前(すでに謎)を
みだりに口にしてはならない、という厳格な教えがあったので

イニシャルで Y とか H とか書いたのが結局読むしかなくて、
それではヤーベだろとか、エホバではとかいったのが語源。

結論からいうと、宇宙と生命の設計者の名前はいまだ不明。

377 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 21:09:15 ID:47WQPUuG0
バチカンの図書館はエロ本の宝庫らしい。
意外なところに意外なものがあるのが世の中なのかもしれない。

378 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 21:11:06 ID:9VzKSDvo0
バチカンはバチアタリだ!

379 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 21:13:15 ID:ejt1PsAu0
ピンキリでググって味噌

380 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 21:22:15 ID:oMcOT1Fo0
このぶんだと謎の福音書もnyで発見されるかもなw

エホバの証人がWinnyでまた資料流出、近所の奥さんをキチガイ呼ばわり
http://live22x.2ch.net/test/read.cgi/news/1144486568/


381 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 21:25:01 ID:ejt1PsAu0
スイスの旗は赤地に白の十字架

382 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 21:30:47 ID:QQfxtfRP0
>>372
諸星大二郎かよw

383 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 21:31:33 ID:wRQepvWD0
しかし、こういう禁書の内容を含むスレに書き込むキリスト教徒って、禁忌犯してるんじゃね?
踏絵踏絵

384 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 21:39:14 ID:9VzKSDvo0
日本人のクリスチャンてのは、単なるファッション、エエカッコだろう
砂漠の厳しい宗教のユダヤ、キリスト、イスラムなどの宗教を
水の豊富な、人間に優しい、揉め事も水に流す風習のある日本で育った
日本人に理解できるとはとうてい思えない
仮に理解できたとしても、ほんの表面だけのことだろう

385 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 21:39:43 ID:VWVtxswI0
>>302
ゲルモニーク!!

386 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 21:39:59 ID:VnnvNM6L0
>>383
踏んだよ。

何度も、キリストの顔を、このキタナイ足で踏んだよ。

そうして、ときどき夢に現れるよ、その人が。
カラカラと、笑っているよ。

387 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 21:41:05 ID:fR9YDPX40
>>372 そもそもあれは極めて反キリスト的でしょう。
一神教の神(いわば死を規定するものと言えなくもない)が
やって来ないまま、宗教となったような生命の木を礎とした教えなのだから。

ところで映画は面白かったのですか?
もしかしてトリックよりもダメだったりして・・・

388 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 21:49:58 ID:S4oV7TNc0
「目には目を」の社会で、
「右の頬を打たれたら左の頬をさしだせ」は革命的だったと思う。
偽善ではなく、不遜と解釈すべきだと思う



389 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 21:51:01 ID:wx+pxmIF0
福音書自体200以上もあったそうだから
別の福音書を見つければ良くね?

390 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 22:03:00 ID:40iCpGBMO
>>275それは旧約の詩扁の冒頭。
冒頭を言うと全部言ったことになる。
その冒頭で始まる詩扁は神への信頼がテーマ。

391 :ゴキブリ渡邊:2006/04/08(土) 22:10:17 ID:P+u1SLcy0
なぜ宗教に嵌るのか理解できない。

392 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 22:13:16 ID:MykjQFTE0
>「お前は、真の私を包むこの肉体を犠牲とし、すべての弟子たちを
超える存在になる」

このへんに戦慄を覚えた。首を吊ったはずのユダが本当は
当分の間は生きていて、この書を残したと考えると、
ある時点を境にしてキリスト教の中身は、
ごっそりとニセモノに摩り替わったと考えるのが妥当かもしれん。

本当のキリストの教えはどこまでも反社会的で
ほとんどの者には永遠に理解されないものなのだろう。

393 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 22:17:15 ID:ejt1PsAu0
>>391
政治や商売に利用される宗教は嫌だな。

394 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 22:21:39 ID:uOh4FKh/0
笑う大天使(ミカエル)のユダはスルーですか。そうですか。

395 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 22:21:59 ID:9VzKSDvo0
想像だが、原始キリスト教はフリーセックス教団だったように思う
日本でも新興宗教が伸びる場合、そういうことがあることが多い
いまあるキリスト教諸派の教えとは、たぶん正反対のことをキリストは
言ってるように思う 
これは日本の新興宗教でも見られる現象、教祖の言ったことと正反対の
ことを言ってる宗教が多い 教祖は優れていても、その後はボンクラが
引き継ぐからどうしてもそうなることが多いようだ
キリスト教もたぶん同じだろう

396 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 22:31:31 ID:NLFG7rXU0
俺のユダのイメージはそんなに悪くないけどな。
ユダはイエスの奇跡には懐疑的だったが教えは理解してたよ。


397 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 22:35:07 ID:TaFAa/XQ0
>>396
教えをあまり理解してない+イエスの奇跡を利用して一儲け企んでた連中から見れば、
そういった人物が一番危険視されてたのかも知れんな・・・
奇跡に群がる民衆に、奇跡のネタばらしでもされたら終わりだからな。

398 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 22:35:36 ID:40iCpGBMO
原始キリスト教以外にあの辺にあった宗教って
ローマ兵のミトラ教とかユダヤ人のユダヤ教とか土着のバアル教とかで
たしかフリーセックスはバアル教だったかな
キリスト教に駆逐された後のバアル神はキリスト教の中では魔族のバアルゼブブ(ベルゼバブ)と決め付けられた

399 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 22:36:53 ID:nes2OcbY0
一神教は政治的理由で作られたもので
自然発生的に生まれる宗教は多神教。

400 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 22:39:29 ID:pLbVWX9Q0
これで鯨の『邪馬台国3』決定だな

401 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 22:42:13 ID:lP3Bw/mz0
>>355
>NHKみたいなもんか
NihonHousouKyoukai

YHWHはじゃあ何の略?

402 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 22:42:58 ID:s7Jb+8XK0
外典なんてくさるほどあるんだから今更そんなんでてきても
カトリックもプロテスタントもギリシャ正教も無視するだろ
へんな新興宗教に利用されるくらいのもんだな
ただ大手で正典に入れるとこが出てきたらおもしろいな

403 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 22:43:43 ID:0HNCQbSp0
>>388
当たり前と思われている事を違うと言えば、それだけで注目されるからな…

>>391
難しい事を考えなくてもいいよ。
スレに沸く自治厨と一緒で、単に自らの思い通り(教義)にならないと気に入らない(布教活動)連中ってだけだから。

404 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 22:47:46 ID:ZudK4Mfn0
>>401
それが解らんからこまってるんじゃないか
やはあは かもしれんし 
いひうひ かも

405 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 22:47:51 ID:z+9A4PSk0
宗教を客観の歴史の照射に何の意味があるんだろう。
過去の人間を嘘つきだと罵りたいんだろうか。
人と人の間にあるものは客観的なものの見方ではないのだから
宗教に関して歴史を糧に過去を照射しても意味はないと思うのだけれど。

歴史学の成果を見るのは楽しいけれど
これを糧に宗教に対する懐疑を挟もうとする人にはいつも首を傾げてしまう。

406 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 22:50:02 ID:3VS2F3T3O
ヤハウェ

407 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 22:52:46 ID:Z9cLMBPT0
過去50レスを見ての判断だが、まだ誰も言ってなさそうだからオレが言ってしまおう。
北斗の拳のユダを思い出した。
ついでに南斗水鳥拳も。

408 :じこれす:2006/04/08(土) 22:52:51 ID:z+9A4PSk0
>>405
宗教を客観の歴史の照射に何の意味があるんだろう×
宗教を客観の歴史の照射に当てて何の意味があるんだろう○

私が何を言ってるんだろうって感じだなw

409 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 22:54:04 ID:cRxf60+Y0
これでアメリカ人は情緒不安定になって
第三次世界大戦へと雪崩れ込むのですね!!!!1!!!11

410 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 22:54:53 ID:f/MKz2RV0
キリスト教をまんまと拝借した知恵者は誰だ?


411 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 22:55:42 ID:EzXRU1LR0
一応、キリスト教主義の中学から大学までいってた。
8時から礼拝が毎朝あったんだが、牧師の話が面白くない。
気がつくと聖書を読破していた。あくまで読み物として。
読めば読むほど矛盾だらけと思ってたんだけど、捏造されてたと考えれば説明がつく。
ユダヤ教では、エデンを追い出されたのは女のせい。(もしそれがなければ自分たちは存在しなかったわけなのだが)
キリスト教ではキリストが死んだのはユダのせい。(それがなければキリストはそこまで神聖化されなかった)
人のせいにばかりする宗教だよな、どっちも。

412 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 22:58:19 ID:TaFAa/XQ0
牧師と神父の違いってなんだっけ?

413 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 22:58:58 ID:pLbVWX9Q0
>>412
カトリックとプロテスタント

414 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 22:59:47 ID:BiHrbZ5u0
763 :名無しさん@3周年:2006/02/14(火) 15:22:57 ID:bIyfrhyM
■ポイント
・ムスリムは多くの場合、「聖書はもともと純粋な神の言葉であったが、人々は
それを改竄してしまったため、現在私たちの手元にある聖書は改竄されたもの
である」と信じています。そのため、「コーランは聖書のこの箇所と矛盾しています」
と指摘しても、「それは聖書のほうが改竄されたのだろう。故に、コーランは間違っていない」
となってしまいます。そのため、聖書から言葉を引用して「キリストは十字架に
架けられたと聖書には書かれています」と述べても無駄です。
そのため、もし聖書をイスラーム反駁の根拠にしたいのであれば、
聖書は改竄されていないことを疑問の余地なく説明する必要があります。
ttp://homepage3.nifty.com/mirandaris/religio.html

・ムスリムはイエス・キリストが処刑されたとは信じていません。コーランには
このように書かれています。

【コーラン婦人章の157,158】
「わたしたちはアッラーの使徒,マルヤムの子マスィーフ(メシア),
イーサーを殺したぞ」という言葉のために(心を封じられた)。
だがかれらがかれ(イーサー)を殺したのでもなく,またかれを十字架にかけた
のでもない。只かれらにそう見えたまでである。本当にこのことに就いて
議論する者は,それに疑間を抱いている。かれらはそれに就いて(確かな)
知識はなく,只臆測するだけである。だが実際にはかれを殺したのでもなく,
いや,アッラーはかれを,御側に召されたのである。アッラーは偉力ならびなく英明であられる」。
ttp://www.isuramu.net/kuruan/


415 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 22:59:49 ID:bvtT83b3O
>1
宗教板に立てろ

416 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 23:00:14 ID:o6u0H6q50
>>401

いやーん えっち わあ えっち

417 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 23:01:20 ID:1tBcHM+n0
>>401
略じゃなくて、ヘブライ語では子音文字だけで、
母音を表記しないから、昔の発音がわからない。

418 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 23:01:24 ID:yzBya3EE0
>>404 ちょっと待ってくれ。


        「くとぅるふ」と読むのかもしれんぞ。



419 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 23:04:53 ID:zDO6QwBd0
>>405
捏造の歴史にそって作られた教義だから、信じるのはバカと主張するタイプは
実は一番洗脳しやすいタイプ。


420 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 23:09:09 ID:azSN8xM80
自分から憲兵に捕まったって自己犠牲のシナリオ、欧米人はどう思うんだろ
日本人は好きそうだw

421 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 23:09:11 ID:MykjQFTE0
>>411
罪は罪であって罪では無く、
それに気づくことこそが許されることであり、
許しは盈虚の幾時にもありてありえるものなのだと思う。

人のせいは自分のせい。イエシュアはそのどちらともに成り、
それを同時に捨てさることで真の自分=キリストになったのだと思う。

422 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 23:14:35 ID:EpQpxXn+0
宇野正美や太田竜たちの次の新刊が楽しみだよwwww
今度はどんなユダヤ陰謀説を出してくるんだろうwktk

423 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 23:14:57 ID:Q8VpN0cV0
むちゃくちゃだな。
整理しようかな。

424 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 23:16:50 ID:+8yUDvmA0
もうしょうがねーからホンダラ教をたてるか

425 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 23:18:32 ID:OxtOcSwO0
正典の福音書にも、
「ユダの裏切りはイエスが計画したもの」
って内容はちゃんと書いてあるよ。

正典を、『神は実在せず、イエスには超能力がない』という前提で読めば、
ユダの裏切りが神の計画であるとは、それは宗教指導者の計画、
即ちイエスの計画であることを正直に述べていることになる。
イエスがユダの裏切りを事前に知っていて、
それが実現するように行動していたことも正直に書いてある。

布教のため、オカルトを信じたい人たちのニーズにも応えられるように
ワザとオブラートに包んだ書き方になっている。

処女の出産もそう。
イエスがヨセフの子であることは書いてある。
でも、オカルト好きの欲求にも応えるようにも書いてある。



>>288
マグダラのマリアかな。マグダラのマリアの発した言葉
「ラボニ(ヘブライ語で先生の意味)」とか記憶して書き残せる人って少ない。

426 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 23:18:50 ID:q2dxWEDN0
ヨハネはアツいけど空気の読めない熱狂的信者。
マタイは可もなく不可もなくな真面目な人。
パウロは時代のトレンドをいち早くつかむ政治屋。

なんとなくこんな印象。

427 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 23:21:35 ID:YhO6NtLz0
けるびん

428 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 23:22:06 ID:bvtT83b3O
>1
宗教板に立てろ

429 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 23:22:38 ID:fhxtTEsq0
朝鮮半島にはもっとすごい福音書があるニダよ。

430 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 23:22:46 ID:Q8VpN0cV0
>425
>正典の福音書にも、
>「ユダの裏切りはイエスが計画したもの」
>って内容はちゃんと書いてあるよ。

無いよ。

>ユダの裏切りが神の計画であるとは、それは宗教指導者の計画、
>即ちイエスの計画であることを正直に述べていることになる。

破綻している。意味を成していない。

>イエスがヨセフの子であることは書いてある。

正典の四福音書にはそのような記述はない。

431 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 23:23:20 ID:Z9cLMBPT0
>>426
お前はよくも何千億年も前の人を昨日見てきたかのように言えるな。
オレならこういうね。
ヨハネ アホ
マタイ タコ
パウロ ハゲ

432 :火の鳥:2006/04/08(土) 23:23:44 ID:k4RffBun0
 
伝達の不確実性で無理解は壁で争いの元だけど
 
その裏返しは 個と多様性を作り出すのに必要なもの だよ
 
 
完全な理解と統一は世界の終わり
 
まぁそうやすやすと解けないだろうけどね

433 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 23:26:20 ID:OxtOcSwO0
>>430

君みたいな考えの人の欲求をも満たせるように、

正典の筆者は知恵を絞って真実を刻み込んだんだよ。

上手にオブラートに包めなかった福音書は
正典として採用されなかった。

434 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 23:27:43 ID:2elBVoO90
>>429日本の福音派教会のほとんどにキムチ臭の吐息がかかってるそーじゃないか。

435 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 23:27:45 ID:DQrg5VwB0
これはやっぱキリスト圏にとっては未曾有の大事件なんだよね?

ダビンチコードとかもう興行ダメになるんだろうね
リアルのこの件の方が大事件なんだから

日本は関係なさそうだけどw

436 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 23:27:48 ID:edT1U3GeO
>>431

>何千億年

吹いたwww
入力ミスだよな?



437 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 23:28:05 ID:1xnbu5/qO
どれも捏造

438 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 23:28:30 ID:Q8VpN0cV0
>433

正典の四福音書に記述してあると主張するなら出典を示し、根拠を提示したらどうか。

439 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 23:30:35 ID:Q8VpN0cV0
聖書正典を信仰する人間を馬鹿にしつつ、真贋不明なソースを検証なしに信じ込むのはなんと愚かしいことか。

440 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 23:30:56 ID:lW/ZNYOM0
まぁなんだ、コレでより一層殺し合う事にならない事を祈る。

マジで祈る。迷惑だし。

441 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 23:30:57 ID:pJNQ8f+50
孫悟空の冠が見つかったようなものだ

442 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 23:31:49 ID:vf8PcWfS0
「駆け込み訴え」のユダは一度怒って銀貨を拒否してるんだね
やっぱり本心からではなかったってことなのか

しかしまぁ、このニュースのはじめのスレ読んでからイエスの外見のイメージ変わったよ
まさか長髪ヒゲもじゃムキムキの大食い大酒のみ中東系大男だったとは…

443 :火の鳥:2006/04/08(土) 23:32:12 ID:k4RffBun0
 
全てをエネルギーとして感知出来る昆虫がいたら













この世界があの世に見えるかもね

444 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 23:32:48 ID:yzBya3EE0
ま、ネクロノミコン最強だけどな。

445 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 23:35:40 ID:Q8VpN0cV0
イエスのDNAも頭蓋骨も無いのに人相を正確に推測できる合理的手段は存在しない。
現時点での日本人男性の顔に限定した場合でも、個々人の顔には相当な多様性が存在する。
2000年前の特定の男性の顔を正確に再現するには手がかりが無いだろう。

446 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 23:37:31 ID:m3l8Tqnq0
ドラキュリアは本当だったのだ。

447 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 23:39:15 ID:Q8VpN0cV0
>435

全然大したことじゃない。
旧約聖書に記述されている時代、使徒たちの生きた時代、教父たちの時代、現代に至るまで
いいかげんなものは絶えず存在し、いつの時代も人を迷わしている。
これに限った話じゃない。

448 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 23:40:06 ID:OxtOcSwO0
>>438

まあ、冷静になって考えてみてください。

ユダの裏切り・十字架刑・復活が、神の計画である
ということが正典に記述されているということは、
何章何節であるかは調べなくても良いでしょ。
誰でも知っていることだから。

で、ぶっちゃけ、神って実在しないでしょ。

計画した人間がいるってこと。
福音書著者が嘘つきでないならば、そういうことなんだ。

この場合、神と呼ばれる人間は、イエス以外ありえないでしょ。
正典著者が神と呼ぶ人間は彼以外ありえないでしょ。

449 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 23:41:19 ID:Q8VpN0cV0
>448

>430の回答にはなっていない。

450 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 23:41:40 ID:NLFG7rXU0
正直、キリスト教は「山上の教え」だけあればいい。


451 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 23:42:13 ID:MykjQFTE0
磔、聖書の矛盾とみえる記述、
イエスの最後の言葉、人の子、神の子。

このへんの相克に高みに上る鍵が隠されていると思うんだけどなあ。
ユダの裏切りもこのへんに関係がありそう。

452 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 23:43:37 ID:NJ8NHIJJ0
おらといっしょにぱらいそさいくだ

453 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 23:43:46 ID:FG/Mca8s0
>>442
長髪ヒゲモジャは当時のファッション
30まで大工やってたんだからマッチョでしょう

454 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 23:45:46 ID:C916bIr00
ユダちゃん正直すぎ。
あんたの言ってること残しちゃったらマズいじゃんよー。
あとあとバレても異端の禁書ってことにしとこ。
それならいいよね?

でFA?

455 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 23:47:00 ID:OxtOcSwO0
>>449
これだけ説明しても判らないかなー。

まあ、君の欲求をも満たすように聖書は書かれている。心配しなくても良い。

そして、私の欲求をも満たすように聖書は書かれているんだよ。

456 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 23:51:51 ID:Q8VpN0cV0
>455

聖書を切り刻んでいるのはあなたの願望がそうさせている。
聖書の何を取り上げ、何を捨て去るかの基準はあなた自身に、あなたは置いている。
あなたにとって、あなたの神はあなた自身になっている。

457 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 23:52:34 ID:Lesv160+0
宗教を信じる人間の脳構造はどうなってるんだろう?

458 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 23:55:04 ID:o6u0H6q50
>>453
親父の与世兵衛が大工仕事を仕込もうといたしますが、八十吉の奴はとんと覚えが悪くて
いつまで経っても釘一本打てやしない。
こうなると当人も面白くないもんですから、大工道具を質ィ入れちまって、その金でバクチ場ヘ
入り浸る。与世兵衛もカカアもこれには頭を抱えておりましたが、やがて八十吉の歳も三十に
なろうかというある日のことでございます。

459 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 23:55:51 ID:Q8VpN0cV0
被造物を超越し、人に自己を啓示する神がイスカリオテ・ユダの裏切りを予知しているということと、
受肉した神がユダに裏切りをさせる計画を立て実行させたという主張を同義であると主張するのは浅はか。

460 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 23:56:52 ID:HFjS6HwgO
せめてその腕の中で・・・

461 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 23:57:00 ID:TaFAa/XQ0
>>458
それ全部聞いてみたいwwwww

462 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 23:57:25 ID:ImVSXxcoO
イエスキリストなんて空想上の人   
http://homepage3.nifty.com/m_and_y/genron/hatsugen/religion-jesus.htm

ローマ総督の記録にはない。
口伝を後に編纂した聖書にしか文章はない。
ペトロやパウロのが教えです。弟子の弟子と伝承される人達
改革者として居たかもしれないけど、イエスなんて名称は記録には無い
史学、考古学ではなく聖書学。
地中海史の専門も、ユダヤや地中海史の歴史には触れ正しいとしても、キリストの記録と当時の記録をごちゃ混ぜにはしてない。
一緒にしたがるのはカルト
例えば歴史で日本に豪族が1800年前に居たからといって、有ったからと言って、日本語が有ったと限らない


463 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 23:59:27 ID:PVsQtxlg0
この記事一つで何かが革命的に変わることはないと思う。
でも大きな変化の中の一つではあるように思う。

多分精算の時期になったんだと思う。
キリスト教、キリスト教的価値観、道徳が終わり
新たな時代の幕開けが始まりつつある。

俺達は最高にエキサイティングな時代に生きている。
俺の人生は退屈極まりないがw

464 :名無しさん@6周年:2006/04/08(土) 23:59:49 ID:EpQpxXn+0
>>458
続きうぷしる!

465 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 00:00:26 ID:Mj8aDbf4O
>>455
自称血の付いた服で時代が近世の鑑定になったのならある


466 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 00:03:05 ID:zpVg2Nvm0
>>459
浅はかなのは君の考えだ。
君はオカルトを信じているんだよ。

福音書著者は、布教に役立つように
そういうオカルト好き人たちのニーズにも応えられるようにして
自分が真実だと思うことを記したんだよ。

超能力のない普通の人間であるイエスが、
ユダが裏切ることを知っていた。
これはどういうことか。

正典はユダ福音書と同じ内容を、
オブラートに包んでカッコよく書いたんだよ。

467 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 00:04:00 ID:MwgXgxyB0
あー朝刊で見たなこれ
ほんとなのかね

468 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 00:05:05 ID:HsS9Xotp0
神はいるよ
人間の脳では感知出来ないだけ


469 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 00:05:51 ID:mj8WfAqf0
毎日新聞では「金魚すくいチャンピオン失格」の記事よりも小さい扱いだった。


470 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 00:06:16 ID:/OfYwRwE0
>466

イエス理解が私とあなたでは異なるというだけのことです。
私は正典福音書記者たちの記述と主張を信頼する道を選びました。
ただ、それだけです。

471 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 00:07:46 ID:IsVwijxX0
>>470
なら2ちゃんになんかいないほうがいいんでないの?

472 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 00:08:10 ID:E3Dln2qz0
計ったな孔明!
事実ならイエス・キリストもやり手だったんだな

473 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 00:08:27 ID:2bgKQgHo0
>>463
本来、宗教の秘儀に属することが今になって
こうもやすやすと衆目の面前にさらされるということは、
なにか意味があることと考えることが妥当かもしれん。

474 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 00:08:42 ID:MwgXgxyB0
キリストも思春期にはオナニーしまくってたのかな

475 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 00:09:00 ID:Vv5/rshzO
暴力を使っていいのは悪魔と異教徒にだけ

476 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 00:09:46 ID:aYPyq2Je0
>>466
処女が妊娠する
死者が復活する

こういうのがオカルトなんだけどな。

477 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 00:09:55 ID:IwopBrpO0
>>474
夢精しまくってたんじゃね?

478 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 00:09:59 ID:QrFEMFQW0
>>467
俺は信じるよ。
というか、ユダ=裏切り者じゃないって説はかなり昔からあったから。



479 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 00:13:37 ID:HlZy06vQ0
>>472
それは正典福音書の記述からでも
ところどころから読み取れる。

480 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 00:13:41 ID:2bgKQgHo0
>>470
なんかそういう問答が新約聖書にもあったような?
たしかパリサイ人がイエスに怒られてる場面だった気がする。

2000年前と議論の中身が変わっただけで、
その態様としてはなんら変わってないのかもしれんな。

まあそれと同じくして、
2000年の時を超えても聖書の記述は現代人の胸を打つわけだが。

いくら時が経とうとも、人間の威徳にはなんら変わりは無いし、
キリストを理解している人間もほとんど?だれも?いないことに変わりは無い。


481 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 00:14:41 ID:G1X2CrZQ0
宗教の完成のためには殉教しなければならないとキリストは
理解した。弟子の中で唯一ユダはこのことがわかっていると
キリストは語りかける。自分を殉教させるように指示した。
ユダは裏切ってなどいない。そういうこと。これを異端の書として
排斥しなければならないのは当然。舞台裏をさらしている。
まずい。

482 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 00:15:39 ID:/OfYwRwE0
>471
そうかもしれませんね。どうなんでしょう。
面白いので来ないのは難しいかもしれません。頻度は変えられるでしょうが。

2世紀のアレクサンドリアのクレメンスという人はギリシア神話さえ用いて同時代の人にキリストのことを語ったそうです。

483 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 00:16:28 ID:IwopBrpO0
>>480
所詮人は人を理解なんてできない

484 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 00:16:56 ID:Wvl9vbnj0
JUDAS

485 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 00:18:59 ID:MwgXgxyB0
古い宗教って史学みたいなもんで
新しい発見があるたびに歴史が変わってくんだろうな

何が真実かなんてイエスしか知らない

486 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 00:18:54 ID:iGZYwlAb0
しかし、
ユダ=裏切り者じゃないって話になると、聖書の魅力
ひいてはキリスト教の魅力をかなり削ぐことになると思うけどねえ。

矛盾に満ち、事実とは到底思えない非科学的記述の連続であったとしても
それなりに感情を重ね合わせ、なんらかの感慨を抱けるのは、
そこに取り返しのつかないような悲劇が内包されていると感じられるからなわけで。

演出された予定調和を説明し裏づけるような
この福音書が葬り去られたのも、ある意味分かるような気がする。



487 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 00:19:26 ID:2bgKQgHo0
>>483
現代のパリサイ人が宗教を語る。
ああいやだいやだ。

488 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 00:20:27 ID:Mj8aDbf4O
説もなにも後世の罵倒口伝でしかないんだけど

裏切りもなにも記録に弟子があるわけではないし

あくまで聖書上なんだから聖書を離れて歴史で説とか馬鹿ですよ


489 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 00:22:06 ID:oCi2gtby0
>>485
当人も死んだ後こんな事になってるなんて思いもしなかっただろうよ

490 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 00:25:37 ID:zpVg2Nvm0
>>476
処女の妊娠に関しては、かなり判りやすく
真実(ヨセフが父親)が書かれているよ。

新約聖書の冒頭は、
『脂ハムの子孫、ダビデの子孫、イエスキリストの系図。』
の一文から始まる。

で、脂ハムからヨセフまでを説明したあと、
ヨセフの婚約者マリアの紹介に入る。
そしてマリアが懐妊した話題に移る。

最初の一文を忘れていなければ、どう繋がるかは明らかでしょ。

それにマリアは聖霊によって身ごもったと正直に書いてある。

聖霊がヨセフさんちを意味する理由を説明すると長いんだけど、
まず、脂ハム・イサク・ヤコブって人が、父・子・聖霊を象徴する人なんだ。
理由は適当に検索したここで見て。
http://www.fgtc777.com/sermon/sermon20040725.htm

で、脂ハム・イサク・ヤコブは、
ユダヤの3人のリーダーである大祭司、預言者、王をも象徴している。
これも検索かなんかで調べて。

で、ヨセフの系図はダビデなど歴代ユダヤ王を経由する
「王=ヤコブ=聖霊」の家系。
まだ結婚してないのに、ヤコブさんちの子を身ごもったってことだ。

死者の復活は、判りにくいね。
破門(当時の儀式は葬式)からの回復宣言という説はあるけど。
破門者は死んだものとして扱われていたってことらしい。

491 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 00:26:15 ID:MwgXgxyB0
>>489
だね

ただ、ある程度予想してただろうけどね
生きてるうちから取り巻きがウザかっただろうし

492 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 00:29:58 ID:/OfYwRwE0
>489
キリストの復活が無かったのなら、イエスのことを命がけで伝えなかったろう。
紀元40年代の頃にはキリストの福音を語る社会的政治的経済的メリットは無かったのだから。
キリストが事実、受肉した神であり、人のために死に、聖書の語る通り聖霊を信ずる者に送り
神の恩寵に生きる者とされるのでなければ、これだけ絶えず聖書が各時代の言語に翻訳され続け
キリストの福音が民族国籍性別年齢関係なく広まっていかなかったかもしれない。

493 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 00:30:02 ID:oKvlJxJQ0
>>483
それを自覚した上で
ささやかでも他人に共感したり優しさを示すことが
できれば素晴らしい事だと思う。

人間は無能で無力だけど、だからこそ優しさが
光り輝くのではないだろうか。

全知全能の人間なら他人を助けたり優しくするのは
息を吸うことと同じくらい簡単だろう。
でも痛みや損失を伴わない親切なら誰だってできる。

俺達は全知全能でないが故に神を越える優しさを
この世界に示すことが出来うる存在なのかもしれない。


494 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 00:31:03 ID:FKqf71XJ0
キリストの最後って 21世紀少年の「ともだち」みたいな自作自演の
復活劇をしようと思ったけど、間違って死んじゃったって感じ?

495 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 00:31:41 ID:2bgKQgHo0
>>486
そういう魅力を感じる人間がキリスト教を押し広めて、
多数の人間を救うことになる。

だが、当の本人達はキリスト教の中身のウワベだけしか理解できていない。
なんというか神の計画の聡さにただ感じるいるばかりだよ。


496 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 00:32:28 ID:Iedvsg5U0
なぜ、愛の宗教、無抵抗の宗教をローマ帝国が国教としてローマ神話を捨てて
まで異民族であるユダヤ人の宗教を持ち上げたのかといえば、
それは、当時世界帝国を築いていたローマにとっては、植民地の反乱が
おきること、奴隷が反乱を起こすことを心底では恐れていた。
キリスト教は、やられたらもっとやられよ、とか、敵を愛せだとか
そういった反抗心を奪う洗脳に満ちた宗教として作り上げられている。
(おそらく本当のイエスキリストは正反対であったろうと思われるが。)
反抗心を奪い、統治者に従順な人畜無害な奴隷や殖民地人に仕立てることで
ローマの圧制や支配に反乱を起こさせないようにしようという教育である。
 アメリカが二次大戦後に日本に対して行ったことがまさしくそれである。

497 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 00:33:00 ID:MwgXgxyB0
>>492
ところでキリストは経典を作ることを望んでたの?

498 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 00:36:03 ID:XWvROjEL0
ユダってアレでしょ
水鳥拳に見とれて死んじゃった人でしょ

499 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 00:40:31 ID:2bgKQgHo0
>>493
キリストは請われなければ救わなかった。
助けた優しくしたとの感情も無かっただろう。

むしろ、キリストは愛するものには冷徹ともいえる態度で接し、
そのために多くのものから反感を買っただろう。

愛と優しさは似てるようで違う。


500 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 00:41:09 ID:zpVg2Nvm0
>>492
メリットはあった。

信者にとっては、戒律で雁字搦めの生活より生活しやすいし、

ローマにとっては、ユダヤ戒律原理主義より治めやすいし、

旧約のユダヤ人男性健常者しか救わないっていう教えにorzってた人たち
(異邦人、女性、盲目、らい病人)は宗教的に救われた。


ただ、萌え処女が登場したり、摩訶不思議にみえる復活劇があったりしたから、
よく広まったのは事実だろう。

501 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 00:42:02 ID:/OfYwRwE0
>490

マタイの福音書ではヨセフにつながる系図、ルカの福音書ではマリヤにつながる系図が記述されている。
マタイの福音書では、イエスはヨセフの子である、とは書いていない。

ヤコブにマリヤの夫ヨセフが生まれた。
キリストと呼ばれるイエスはこのマリヤからお生まれになった。
(マタイ1:16)

マタイの系図にはエコニヤ(あるいはエホヤキン)という人物が出てくる。(マタイ1:11)
旧約聖書のエレミヤ書にはエコニヤから王位を継ぐ者は出ないとの預言がある。(エレミヤ22:28-30)

502 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 00:42:56 ID:iCVvvKw90
裏死海文書が出回ったか・・・しかし
問題ない、すべてシナリオとおりだ。
 ―――――――――――v――――――――――――
         /;;;;;;;;  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   ,,,;;;;;i
         i;;;;;;;;;;;;;;;,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;; ;;;;; ,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
         ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;li;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
          i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/l;;;/l;ソ;;/ |;;;;;;/| l;;l゙ヾ;;;ト、;;;;;;;;;;;;;i
          |;;、;;;;;;;;// /,'' / l/  |/|/   ゙l  ヾ、゙i;;;;;;::::/
          /ヾ;;/ソ       ,  ,      ヽ l;;l"゙l 
          '、 (ヾ,,===;;;;;;;,,,,,_`il,i゙__,,,,;;;;;=== ,/|lヽ l 
            ヽ、`||ヾi;'(:::::゙'゙:::/;;i=i;;;ヽ:::゙'゙::::)゙i;/ |l'ノ/
           /ヽ|l、 ゙i::;;;;/⌒⌒).ヾ..;;;;;;;;;;..ノノ/l.,/\
          /;;;/::ミヾ、./ / / )     '゙ /ミ"i;;;;;;;;\_
       _,.-;;'";;;;;;;;r‐ ミ/゙ ,/ /  /_!/`   /,,l;;;ミ/;;;;;;;;;;;;;;;;~\
  _,、-‐;;'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| / /  /   /.__,,,..-/ヽ /;;;ミ/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;,,、_
‐'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ノ / .ノ  / ,,, /  ノ/';;;;ミ/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙'';;;,,、_
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ/ ノ  /  /,,,,/   /;;;;ミ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /  /;/ /;;;;;;ミ ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ   ,    `゙  /―''':::::::::::ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


503 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 00:44:45 ID:wxb+z5mV0
>>500
復活劇はエジプト人を取り込むために政治的に盛り込んだものだと言われているね。
エジプトには古来より偉人(ファラオなど)は復活するという土着宗教があったから。

504 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 00:45:13 ID:zpVg2Nvm0
>>494
違う。復活までちゃんと計画してました。

ピラトも協力者だし、十字架に架かったのはトマスだし。
ユダヤ最高法院にも協力者がいたから、
死んでないうちに、死んだとして下ろせてもらったし。

うっかり、計画が失敗しても、死ぬのはトマスでイエスではない。

505 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 00:49:11 ID:WbEav2Ot0
なんかパンドラの箱を開けてしまったっぽい?

【国際】 ブッシュ政権、イランへの核攻撃を検討か…米誌報道★2
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1144506710/


506 :真実:2006/04/09(日) 00:49:23 ID:mX/aSuQZ0
聖書の疑典など、五万とあるんだけどな。

507 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 00:50:05 ID:IwopBrpO0
イエスは0歳のときに処女膜ぶちやぶったわけか・・・・やるなあ

508 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 00:50:12 ID:u89WZpNu0
またベストセラーの種が出来たニダ!
つーか、死海文書は何年たったら正式に公開されるニカ?


509 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 00:50:28 ID:54i4VouV0
キリストに纏わる話自体、布教の為に作り出した創作だろ?

510 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 00:51:29 ID:xnMra/a40
>>415
原語|ミY|ミ’の発音はやはりわからないが
現在のラテン語とヘブライ語とペルシャ語との発音の違いとして
エホバ(ヤハウェ)=ユッドヘーハフヘー=ヤハ
エロヒム=アーレフラマッダヘーユッドミーム=アーフラーフミーム
となる。このあたりが手掛かりになりそうだな。


511 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 00:52:15 ID:iGZYwlAb0
>>504 それが事実として、生き伸びた
キリストはどうやって残りの人生を過ごしたの?

512 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 00:53:36 ID:oKvlJxJQ0
>>511
青森県まで旅をしたんじゃないだろうか?

513 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 00:55:29 ID:EOVrSKXX0
読売クラブでサッカーのプロになった

514 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 00:56:05 ID:MwgXgxyB0
青森に墓(笑)もあるしダビデの星も残ってるんだよな
赤ん坊の着物に付いてたり

515 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 00:56:10 ID:IsVwijxX0
>>513
それラモス

516 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 00:56:37 ID:iCVvvKw90
アダム・・・神様が創りし神様のコピー最初の人間アダム。
そのアダムから造られたのがエヴァ。
そのアダムの妻たるがリリス。そのリリスから作られたコピーが
我々人類よ。そして問題のアダムのから作られた神様の直接のコピーが
イエスと知った委員会がユダを使ってロンギヌスの槍で『第0使徒』
たるイエスを沈黙させた。これが事実よ
――――――――――――――v―――――――――――――――――
            _, -‐ ''' ー 、-‐‐ 、_
          /      _、      ̄\ _
        /´      /      ̄ヽ =ニ二 \
       l      /   /  /  ヽ _.、- ニ'、
        |        | i / //  / /ヘ |'´ _   ヽ \
         レ  /  |イ|イ /| /| / /ヽ:l,_イ-r''' l 、ヽ. l
      /   / _,.ィ'' ン!∧トkz|〈|/      |,/ l l  i/
   /  / ィ'‐'',1|;'     ィi'=ッミヾ=、    ./i| |/| /
  /   //  ヽ、ヽ!′   └'く、 ′   ,ィ二ツ'ノノ シ′
  /,イ //  i  <ij>           il;リ/{
  |!| /'7   |  i ト          :l ソ'|
  ! |' レヘ ,」 j l           `=zx ¨´イ  l
       '´ レ'V     \       ,.ィ´ ;| |/
           /      \ __ /|/イ/'|/
     ,. ―ァ′      |
    /   ̄`ヽ、        !`ヽ、_
    了`'‐ 、    \    { \、ヾ、‐- 、 _
   ノ  ̄`¨ニヽ、  \ _   ,ノ''\ \   `ヽ、
   /        ヘ   \ `    \ \    l\


517 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 00:57:24 ID:zpVg2Nvm0
>>511
普通に。
たいした山場もなく、じゃないかな。

518 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 00:57:58 ID:IwopBrpO0
>>511
東京拘置所ジャマイカ

519 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 00:58:15 ID:zUGiqqHn0
>>490
聖書を象徴として読み解く人は、聖書の原理主義者というわけじゃないんですよね?
恣意的な解釈をしている可能性も考えないといけない。

個人的には人のこと言えないし、仏教なんてもっとバリエーションがありそうだし。

>>493
親切の難しさというのは身にしみてる人間なので、こういう話には寄り添えなくて。
「神を越える優しさ」ってのはどういう「神」感なんでしょう。
まぁ私は人知を越えるものに対するイメージは恐れや畏れ第一なので、そういう
言葉は出ないですけれど。

>>499
>キリストは請われなければ救わなかった。
>助けた優しくしたとの感情も無かっただろう。

そ〜なんですか?

520 : ◆U2PL4Eu0f. :2006/04/09(日) 00:58:52 ID:vF04XJWq0
>>511
新興宗教を開いた。

521 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:01:19 ID:/OfYwRwE0
>490

どこのキリスト教系新興宗教団体ですか、そのような『解釈』を説教するのは。

522 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:01:35 ID:felH1nzx0
>>516
おまえ進化論て知らないの?

523 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:04:16 ID:2bgKQgHo0
>>519
>キリストは請われなければ救わなかった。
盲目や足萎えの治癒の奇跡のとき。
自分から進んで治して回ったわけではない。


524 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:05:32 ID:iCVvvKw90
第壱話・使徒、襲来
第弐話・見知らぬ、天井
第参話・鳴らない、鐘
第四話・雨、逃げ出した後
第伍話・レイ、心の向こうに
第六話・決戦、第三ローマ帝国
第七話・人の造りしもの
第八話・マリア、降臨
第九話・瞬間、心、重ねて
第拾話・マグマダイバー
第拾壱話・静止した闇の中で
第拾弐話・奇跡の価値は
第拾参話・使徒、侵入
第拾四話・皇帝、魂の座
第拾伍話・嘘と沈黙
第拾六話・死に至る病、そして
第拾七話・四人目の適格者
第拾八話・命の選択を
第拾九話・男の戰い
第弐拾話・心のかたち、人のかたち
第弐拾壱話・元老院、誕生
第弐拾弐話・せめて、人間らしく
第弐拾参話・涙
第弐拾四話・最後のユダ
第弐拾伍話・終わる世界
第弐拾六話・世界の中心でアイを叫んだけもの

劇場版第25話・Air

劇場版第26話・まごころを君に

525 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:05:56 ID:uQq1hOF10
>「お前は、真の私を包むこの肉体を犠牲とし、すべての弟子たちを
> 超える存在になる」と、自らを官憲へ引き渡すよう指示

キリスト「この中の一人が私を裏切るであろう」


(・∀・)ジサクジエーン!

526 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:06:42 ID:FEem5brH0
>>500
そういった神話的道具建てはペルシャとかバビロニア起源。あの一帯に普通に信じられていた
救世主の条件だろう。あんまりキリスト教の本質的じゃない。

527 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:06:43 ID:oKvlJxJQ0
>>519

>「神を越える優しさ」ってのはどういう「神」感なんでしょう。

金持ち(神)が1万円寄付するのと
貧乏人(人間)が1万円寄付するのでは
貧乏人の行為の方がはるかに尊い。

価値観は人それぞれだけど
俺的には全知全能と言う時点でもう
そいつには価値がないけどね。

もちろんキリスト的一神教の神ね。
この世の物理法則やら巡り合わせやら
森羅万象の比喩としての、多神教的な神
の事ではないよ。

528 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:06:58 ID:w1YeYBvg0
歩けない、見えない・・・どちらもいかさま出来る。米のドラマの中で教会でそんな
いかさまをやっているところがあった。

それより、映画「博士の異常な愛情」で、最後に博士が立つのはなぜなんだあああ。

529 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:08:44 ID:Fq9JDmCB0
3スレ目か、意外と関心高いんだな。
このニュースはスルーされるとオモ他。

530 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:09:54 ID:nBlk0UDL0
>>514
重箱の隅で申し訳ないが、それを言うなら「ダビデの盾」だね。

531 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:10:41 ID:EzkuO1IY0
>>529
いやあ、2ちゃんねらって物知り多くてびっくりだよ・・
歴史系くわしいやつ多いなあ

532 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:10:55 ID:IwopBrpO0
>>530
あれって盾だったの? ただの紋様だと思ってたけど。

533 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:11:36 ID:2bgKQgHo0
これだけのスレ数があって、
なぜ裏切りがユダをすべての弟子たちを超える存在にさせるのかの
議論がなされてないのが不思議でならない。

534 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:12:06 ID:oKvlJxJQ0
>>528
お約束だよね。
車椅子で来た人が帰りは自分の足で歩いて帰るから
使われなくなった車椅子や杖が一杯です。
みたいなw
健康器具とかのマルチでもよくやってる。

535 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:12:31 ID:zpVg2Nvm0
>>490
聖書をオカルトではなく象徴として読み解くのは、極めて常識的・知性的な行動だと思うんだけど、
福音書著者だかイエスだかは、それは違うんだってことを言ってるよね。

例えば種をまく人の説話で、イエスの言葉として、
「あなたがたには、神の国の奥義を知ることが許されているが、他の者には喩え話で話します。
彼らが見ていても見えず、聞いていても悟らないためです」と記述されている。

ちゃんと秘密を書いておくけど、普通に読むと比喩や象徴に読めるように書いておきますってことだね。

ユダの裏切りにイエスが関与していたということなどはまさにこれだね。

536 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:12:58 ID:Hm5IdFLB0
ユダを裏切り者に仕立てること
裏切り者としてユダは自殺すること
(自殺しなければ他の弟子が殺す)
自分の死の意味付け・贖罪
復活を意味する最後の言葉
これ全部キリスト演出だったらすげぇな
天才だよ

537 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:13:04 ID:MwgXgxyB0
>>533
え、イエスがユダに頼んだってだけじゃないの

538 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:14:17 ID:7nkYrTFG0
>>532
「星」というのは俗称なんだ。まあ、ググれば分かると思うけど。

539 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:14:55 ID:vF04XJWq0
>>533
ユダを信頼していたからこそ、汚れ役を任せられたのでは。

540 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:15:25 ID:IwopBrpO0
>>538
ふむ、アリガトン。気が向いたらググってみる。
しかし盾だとしたらえらい形だな・・・

541 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:17:10 ID:zpVg2Nvm0
>>526
だから、>>500で本質じゃないって言ってるでしょ。
処女や復活劇は。

デコレーションだよ、上手く売るための。

あくまでも重要なのは雁字搦めの戒律から人々を開放し、
異邦人や女性などに宗教的な救いの手を広げたってことだ。

でもデコレーションがなければ、
他の宗教の方が魅力的に思うオカルトファンが多いから必要。
なければよく広まらないよねってこと。

542 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:17:12 ID:MCBrkyXb0
「ユダは自殺しないで逃げ延びました。」
という話になってないと福音書ができるわけがない。
それをやっちゃうと他の福音書との違いがあまりに大きすぎるので
どんなに正確に事実を伝えた福音書であっても異端の烙印を押される。


543 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:17:26 ID:/OfYwRwE0
メディア戦略に簡単にかかりそうな人間が多いな、案外。

544 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:17:31 ID:2bgKQgHo0
>>537
普通、イエスがユダの受けるだろう苦しみを理解した上で言った言葉だと考えないか?


545 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:17:33 ID:vF04XJWq0
巨人の盾

546 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:17:38 ID:IwopBrpO0
しかし・・・真に全知全能の神だったら、わざわざ天使だとか預言者だとか派遣せずに、
全世界にいっぺんに自分のことを知らせて、あがめさせられそうなもんなのになあ・・・

547 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:19:14 ID:mj8WfAqf0
>535
そのイエスの言葉すら、福音書作者の創作かもしれない。
正典とされる4つの福音書の間にも、齟齬や矛盾が結構ある。

548 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:19:33 ID:2bgKQgHo0
>>539
そうじゃなくて裏切りの霊的な意味だよ。
宗教の話なんだからちょっとは宗教的な話がでないのかなと思う。

549 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:19:36 ID:oKvlJxJQ0
>>533
後継者としてのご指名だったと俺は思う。

俺は官憲に追われてる。
組織を根絶やしにされないためにも俺は自首する。
後は頼んだよ。

まぁその後の教団内部の権力闘争にあっさり負けて
裏切り者として処分されちゃったけど。

550 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:19:43 ID:MCBrkyXb0
>>546
自分の創造物をもてあそんでるんだろ。

551 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:20:22 ID:MwgXgxyB0
>>544
裏切りじゃないって新事実のニュースだしねぇ
こっちは宗教って学問に疎いもんで

552 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:20:23 ID:/OfYwRwE0
>546
それでは人は自発的に神に感謝し神を賛美し神を愛すことにはならない。
強制でなく自発的に神を愛すことを神は望まれているからだと、私はおもう。

553 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:22:29 ID:zpVg2Nvm0
>>535のリンクは間違い。

>>535>>519

554 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:22:41 ID:2bgKQgHo0
>>549
。。。いや、そういう解釈ならそれでいいんだけどさ。

555 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:22:50 ID:IwopBrpO0
>>550
そうかもwww でもその場合、もてあそばれてるのは信者だけっぽいけどなwww

>>552
神ってツンデレなのかも・・・

556 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:22:58 ID:FEem5brH0
裏切りはユダ個人ではなく人全体だということでしょ。掟が万能な世界で
自由と人類愛を求めたイエスは時代そのものから飛びぬけていた。
でもそういう人がいなければ今も二千年前と同じだっただろう。

557 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:23:29 ID:9uaZqFGO0
イエスは超人的な預言者だったんだよ
だから、自分の運命もユダの行うことも分かっていた
マムシのすえも分かっていた
トカゲ人と戦っていたんだよw


558 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:23:48 ID:taXkQs9a0
ユダもこれで溜飲が下がっただろうね。
本当はユダとキリストはすごい仲良しで、磔にされたあと一緒に旅をしたんだよ。
そして日本にたどりついた。東北地方にね。だから東北には白人の遺伝子が残ってる人が多いの。

それなのに悪者としてずっと描かれて、悔しかっただろうと思う。

559 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:25:37 ID:pZ3K888l0
>>512
代りに殺されたのはイスキリなのです

560 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:25:47 ID:iGZYwlAb0
>>517 あれだけ天邪鬼な苛烈な人生を生きた人が
余生があったと仮定してだが、普通の平穏な人生が送れたとは到底思えないんですけどね。
環境がそれを許しても、自己の性分が安穏な生活を許さず
自ら危険を求めて自らの全存在をかけて
何かせざるを得なかったように思えてならないのですが。

561 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:25:57 ID:IsVwijxX0
どーやって東北まで辿り着いたんだろう。。。

562 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:26:45 ID:7nkYrTFG0
>>540
そんなことだから「日本人はユダヤについて誤解している」と揶揄されるんだよ。
彼等の重要なシンボルなんだから正式な呼び方くらい覚えてあげよう。

ちなみにこのヘキサグラム(六芒星)はイスラエル国旗にも記されているけど
厳密にはユダヤのシンボルというよりはダビデ王のシンボル。
民族的象徴(ユダヤ教の象徴)はメノラ(七枝の蜀台)になります。

563 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:28:00 ID:jHGD+0m50
>>548
現代日本人が異文化圏の、それも肌になじまない一神教をネタに暇つぶししてるだけですから^^

564 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:29:13 ID:MwgXgxyB0
>>561
そこで海割りですよ

565 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:29:17 ID:uFeEUg3H0
青森にキリストの墓があるらしい。

566 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:30:20 ID:Lcw6e7tG0
http://anthill.hp.infoseek.co.jp/Holocau$t/hexagram.html

567 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:30:44 ID:N6LCdw800
で、信者を騙してたのはイエス?聖書編纂者?

568 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:31:28 ID:IwopBrpO0
>>552
オイラに言われてもなー(´・ω・`)
でも実際、誤解してる人が大多数なんだろうから、揶揄と言うよりはむしろ正当な評価だと思うんだけど。

「気が向いたら」って部分に反応したんだったら、的外れなレスかもしれんな・・・

569 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:31:45 ID:9CqpfGH60
>>558
kwsk


ていうか、もしかしてYHWHってktkrとかkskとかと同じだよな?
ユダヤ人ってVIPPERだったんじゃね?

570 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:32:03 ID:taXkQs9a0
>>561
主に船旅。
別にてくてく歩いてたどりついたわけじゃないよw

正直、聖書なんてでっちあげもいいとこ。

571 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:32:06 ID:MwgXgxyB0
>>567
カっとして経典を作った今は反省している

572 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:32:45 ID:FEem5brH0
古代においては価値観と神とは同一だということを理解すべき。
価値観は論理的必然によりただ一つの真なるものの存在を仮定せざるを得ない。
よって多神教は議論を経る毎に四元論二元論と収束し最後には一神教になる。
これ当然。多神教が生き残るのは議論を拒絶するからでしょうな。

573 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:33:03 ID:sG4z+8oP0
今回の発見でわれわれの方が、むしろ裏切られた気がしてきたよ。

574 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:33:27 ID:+d/tXbAm0

ユダはダイの大冒険のポップ

575 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:34:34 ID:dvzh+xx50
>>569
ttp://www.page.sannet.ne.jp/tsuzuki/crist.htm
ttp://www.sukima.com/12_touhoku00_01/11christ.htm

576 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:34:40 ID:Ow4IYjEe0
今まで死んだ人が皆天国か地獄に行ってたら、すげー数じゃん
物質じゃなく質量もなくてもいっぱいいっぱいにならないの?
・・・と、基督教の子に良く聞いてた小学生時代

577 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:34:50 ID:MCBrkyXb0
お釈迦さんは80歳になるまで
布教し続けて病気で死んだ。自分の教えなんか1000年もたてば
忘れ去られちゃうけどそれでもいいや、って。
ムハンマドは疑り深くて実利的な人々の信仰を集めなければならないのに
あいにく超能力がなくて神が存在していることを納得させるような奇跡を起せないので、
詐欺師みたいに「お前らが生きていること自身が髪の奇跡だ」といいつづけてだまくらかした。
キリストは自分の死を演出して奇跡を作った。

578 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:35:49 ID:IwopBrpO0
イエス&ユダ「釣りですた」

579 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:36:22 ID:FEem5brH0
>>576
するどいね。針の上で何人天使がダンスを踊れるかってやつだね。

580 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:37:15 ID:aLdKk5cP0
>>555
> 神ってツンデレなのかも・・・
これ、あながち間違ってないと思うw

あんたはどんな像も作っちゃダメだからね!
なんでって・・・、私がヤキモチ焼くでしょ・・・。
と、とにかく私さえ愛してくれたら恵みを施すわよ!

               ――出エジプト記第20章5-6節

581 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:38:58 ID:MwgXgxyB0
なるほどねキリスト教の神様は寂しがり屋だから
みんなに側に居て欲しいんだね

582 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:39:06 ID:oKvlJxJQ0
ちなみに昔読んだインディジョーンズの元ネタになった
人について書かれた本を読んだことがある。
その本によると失われたアークの場所は既に
分かってるし現物も確認したらしい。

場所はエルサレムの地下。
キリストを磔にしたと思われる杭の穴の
何十メートルか下の地下。
アークには旧約聖書の預言通り
救世主の血が注がれたらしい。

イスラエル政府が試験的にアーク発見の報道をしたら
ユダヤ教原理主義者が第三神殿建設の為に
岩のドームを取り戻そうとデモをして
イスラム教徒と大規模な衝突をやらかしたんで
報道を取り消して現在も保留中とかw

583 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:39:52 ID:pZ3K888l0
>>579
あー書こうと思ったら先を越された

584 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:39:59 ID:otCMWVAe0
仏説摩訶般若波羅蜜多心経観自在菩薩行深般若波羅蜜多時照見五蘊皆空度一
切苦厄舎利子色不異空空不異色色即是空空即是色受想行識亦復如是舎利子是
諸法空相不生不滅不垢不浄不増不減是故空中無色無受想行識無眼耳鼻舌身意
無色声香味触法無眼界乃至無意識界無無明亦無無明尽乃至無老死亦無老死尽
無苦集滅道無智亦無得以無所得故菩提薩捶依般若波羅蜜多故心無罫礙無罫礙
故無有恐怖遠離一切顛倒夢想究竟涅槃三世諸仏依般若波羅蜜多故得阿耨多羅
三貌三菩提故知般若波羅蜜多是大神呪是大明呪是無上呪是無等等呪能除一切
苦真実不虚故説般若波羅蜜多呪即説呪曰羯諦羯諦波羅羯諦波羅僧羯諦菩提薩
婆訶般若心経

585 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:40:26 ID:eyJJQZVfO
>572 の頭が悪すぎる件について

586 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:40:45 ID:VYPhv3NrO
そろそろ太宰治「駈け込み訴え」が張られる予感

587 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:40:53 ID:IwopBrpO0
>>584
ウイルスコード貼るな

588 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:41:09 ID:2bgKQgHo0
>>556
>裏切りはユダ個人ではなく人全体だということでしょ。

ユダは人類を代表してキリストへの裏切りを行ったことになるな。
その人類の罪を代表して贖罪の磔で贖ったイエス。
ここからもユダは霊的にも相当に重要なポストにいたことがわかる。

その後のユダの動向(死後の)が記された聖書があったら興味深いのだけれども。

589 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:41:28 ID:YdPe5m6J0


で、これ欧米で話題になってんの???




590 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:42:19 ID:gwsFAlb+0
>>577
ゴータマさんは道に落ちてた食い物拾って食べて
食あたりで死んだのでは?

591 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:42:36 ID:SQ9Tw0gA0
東北にあるキリストの墓の話については
その起源から、捏造から何から
うまく解説してあるサイトがあったと思ったけど、
どこだったか忘れちゃったよ。

592 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:43:02 ID:czFYQ8kn0
時代が時代だとはいえキリスト教は完全にインチキ宗教と同じだもんなー
弟子までも病気どころか死者まで蘇らしてしまうわけで・・・
そんな明らかにインチキなのを売りにして信者募っていたんだからな。
思想や哲学的な深みもゼロだし。信者さんには悪いけど。

593 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:43:20 ID:MCBrkyXb0
>>572
普通の日本人なんか欧米人や裕福な一部の日本人と違って
ただ一つの真なるものを追求し議論するほど暇ではない。
その日その日の暮らしに追われているんだから、
議論するより目先の利益、研究するより何とか伝統を維持するのが
やっとなわけだから、多神教で不自由を感じる暇がない。

594 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:43:42 ID:MwgXgxyB0
真理って響きが素敵やん(笑)

595 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:44:16 ID:pZ3K888l0
>>590
誰かのキノコ料理で当たって死んだんじゃ
運命だから罪を感じるなよと言い含めて
きのこるには。

596 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:45:03 ID:JhE4bwBx0
やっぱ一神教は肌に合わんな・・・
何の感動も無い

597 :577:2006/04/09(日) 01:45:52 ID:MCBrkyXb0
>>595
確かに病気ではないね。

598 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:46:12 ID:dvzh+xx50
>>589
"Gospel of Judas" 1700 の検索結果 約 110,000 件中 1 - 10 件目 (0.13 秒)

599 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:46:40 ID:taXkQs9a0
キリストも仏陀も素晴らしい人物だが、凡俗が勝手に作った教義や経典は正直糞。
燃えるゴミに捨ててしまいなさい。
ただの同人誌レベルどころか、悪意を持って都合よく教えを捻じ曲げてる時点で、もはや別物。

600 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:47:01 ID:Hm5IdFLB0
キリ「ユダちゃん、これおいしい役だから、絶対。いい人なんて、すぐ忘れられるけど、悪役は記憶に残るよ」
ユダ「でもなんか乗り気がしないんですよね。俺ぼっこぼっこにされるんじゃないっすか」
キリ「じゃあ前渡で銀貨30枚でどう?」
ユダ「えっ、まじっすか?」

キリ「ユダが俺売ることになったから」
ペテ「!」
キリ「俺が捕まったら、ユダ殺しといて」
ペテ「!」
キリ「ただ一応忠実な弟子だったから、自殺ってことで・・・」
ペテ「わかりました」
キリ「で、俺の替わりに処刑されるダミー見つかった」
ペテ「それがそのう・・・」
キリ「使えねえな、復活するところがクライマックスなんだぞ。
   しっかりしろよ。お前は俺の1番弟子なんだぞ」
ペテ「命に換えても」


601 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:48:02 ID:mULNKrIy0
東北にキリストの墓があるとか、
つがる文書etcのトンデモ本狂信者が必死だなwww
諸星大二郎の話まではギャグだが、
つがる文書とかになるとただのホラだぞ。

602 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:49:43 ID:MwgXgxyB0
信じてると本気で思ってるお前が怖い

603 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:49:49 ID:oKvlJxJQ0
>>601
みんなネタで書いてんでしょ?

604 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:50:15 ID:zpVg2Nvm0
>>592
だから、死者を蘇らせたとかの超常的表現は、

「あなたがた(弟子たち)には、神の国の奥義を知ることが許されているが、
他の者には喩え話で話します。 彼らが見ていても見えず、聞いていても悟らないためです」

と説明されている通り、弟子たちには本当の意味がわかる言葉なんだよ。
イエス以外にも簡単に出来る行為。
破門(当時は葬式を出したらしい)からの回復と一説には言われている。
ただ、これは聖書の文章からだけじゃハッキリしないところだね。

605 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:50:46 ID:2bgKQgHo0
多神教の神と一神教の神は違うだろ。

多神教の神は、一神教の神の天使、精霊、悪魔にあたると解しているが。
多神教を一神教が禁じるのは、信仰の矛先がずれるのを防ぐためだろうし、
一神教を突き詰めれば、多神教も許容できると考えている。

この考えでなにか不都合があるなら教えて欲しい。

606 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:51:32 ID:taXkQs9a0
トンデモとか言ってる奴は、電通あたりに簡単に騙されてるよ。
真実をギャグにすることで陳腐化させ、ネタとして刷り込ませる。コマーシャリズムの基本。
もと情報機関だけあって、連中の洗脳術はかなりのものだから仕方ないが、そろそろ気づけ。

607 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:52:15 ID:Hm5IdFLB0
キリ「死んだとみせて奇跡の復活っていう筋書きはいいんだけど、なんかまだ足りないんだよな」
ユダ「では人類の罪を購うために権力者によって処刑されるというのはどうでしょうか?」
キリ「ユダ、GJ!じゃあ後は俺を売る犬を作り上げるだけか」
600へ続く


608 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:52:21 ID:/OfYwRwE0
>582
その話、サイトで見たことある。
もしその人物の主張通り、契約の箱の蓋にイエスの血がついていたなら神学的にも意味が大きい。
レビ記等にある祭儀の予型的表象と歴史的事実の重なる徴として。
生物学的にもその血液から性染色体を調べることで父親のDNAが無いことを検証できる。
政治的にはメシアニックジュー、第三神殿建設派、イスラム、軍事産業、思惑がさらに混線しそう。
シャロンが岩のドーム内に入ろうとして揉めたことがあった気がする。あれもこれと関係あるのかな。
ゴードンのゴルゴダの丘の中にアークがもしあったなら、カトリックの聖墳墓教会等の伝承がいい加減である、
ということになる。バチカンはそれを好まないだろう。


本当に何処にあるんだろうね。
アークの所在については詮索しても仕方ないが。

609 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:53:33 ID:SmAGC/GSO
ヨブ気は涙無しには語れないぜ。もっとも健気な心をとーちゃんだとおもふ。

610 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:54:39 ID:zUGiqqHn0
>>572
多神教の神と一神教の神って、神という同じ単語で呼ぶのは本当は適当でないから、
多神教の体系もあれば、一神教の体系もあるという考え方はどうでしょうか。

611 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:54:54 ID:HsS9Xotp0
イエスは日本にきたよ

612 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:55:28 ID:mULNKrIy0
>>602>603

>>606こういうことネタじゃなくて本当に信じてる奴がいるんだってw

613 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:56:32 ID:N6LCdw800
>>612
キリスト教徒みたいな連中だな

614 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:56:43 ID:gYpuVAbd0
>>590
鍛冶屋のチュンダが供養した食べ物に当たって病気になったとある

615 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:57:22 ID:1NqhxwCW0
>>572
価値観ではなく森羅万象でしょう。
世のめぐりを統括する存在を設定するのが一神教であり
世のめぐりを業の輪廻とするのが仏教でしょう。
多神教においてはそれぞれの神々の怒りや慈しみという直情があり
また神話では合議制がとられていたりもします。

宗教にはそれぞれその世界観の体系があるので、どれが正しい、あるいは間違いとは言えないと思いますよ。


616 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:57:28 ID:pZ3K888l0
>>612
いねえって
お約束で遊んでるのに

617 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:57:30 ID:/OfYwRwE0
>606

>1のニュースの2chでの反応を分析することで、日本国民を対象とした情報工作に関するデータが取れるとおもう。
それをインテリジェンスに昇華させるのが各機関の腕の見せ所なのでしょう。

618 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:59:22 ID:IwopBrpO0
>>610
多神教の神様ってのは、それぞれが○○をつかさどってるから、
一神教でいうところの天使に当たるっぽい。

でもまあ昔の人間が世界を認識するときのことを考えると、
最初に絶対神があって、その手下として各現象をつかさどる天使がいるってよりは、
それぞれの現象に対して自分たちの理解できない力を発揮しているもの=神様(精霊)が存在してる、
と感じちゃったほうがより自然だよね。

619 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 01:59:26 ID:semABH7n0
旧約聖書って誰が書いたの?

620 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:00:18 ID:2bgKQgHo0
>>615
>世のめぐりを統括する存在
仏教にもダルマ(真理)という言葉があるじゃないか。
おれは一神教も仏教も突き詰めれば一つだと考えてる。


621 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:00:47 ID:/OfYwRwE0
>619

1000年以上の期間に渡り、数十人の様々な職業・地位の神を畏れる人物たちによって。

622 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:01:39 ID:semABH7n0
あと、キリスト教の信者が何語かわからない言葉をごにょごにょ言ってるのは何?

623 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:01:48 ID:9uaZqFGO0
マジで生命の樹のなぞを解いたら
永遠の命が・・・
ゆけ!ユダ!

624 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:02:51 ID:oKvlJxJQ0
>>619
いろいろ言われてるけど
聖書の暗号を読んだときには
神の直筆かもしれないとも思った。
まぁなんともいえないけど。

625 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:03:20 ID:FEem5brH0
多神教でも最高神あるからな。実のとこ一神教になるでしょ。

626 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:03:29 ID:MCBrkyXb0
>>619
俺が書かせた。

627 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:04:04 ID:zpVg2Nvm0
旧約聖書に出てくる神様は、厳密な意味での一神教の神じゃないよね。

「私はユダヤ人の民族神で、ユダヤ人は、数ある神の中で私だけを神として崇めなさい。」
っていうニュアンスが強い。
神様も基本的にユダヤ人しか相手にしていない。

神々には平気で娘とかいるし。人間と交わって子孫とか残しているし。
ここら辺は極めてギリシャ神話っぽい世界観だ。


旧約には神様の呼び名がイロイロある。旧約聖書も様々な伝承や文献の継ぎはぎだからで、
呼び名によってどこが古い文献でどこが新しい文献かがある程度推測できる。

天地創造やアダム&エバ作成は一神教的要素が強く、新しい文献らしい。

神々の娘たちと人間が交わったりする多神教的要素があるところは古い伝承らしい。


ユダヤ人は「名前をむやみに唱えるな」という神の教えを
バカ正直に守って発音を忘れるくらいだから、
「私だけを神と崇めよ」という神の教えをバカ正直に守って、
他に神様がいたことを忘れてしまって、
一神教という境地にたどり着いたのかもね。

628 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:04:37 ID:aYPyq2Je0
>>619
ペテン師(MAXパワー)

629 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:04:40 ID:MwgXgxyB0
イエスと対話する機会があったら教えを請うたかもしれない

630 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:04:57 ID:N6LCdw800
天災は多いけど無駄に豊かでそれぞれの集落が勝手に生きていけた日本と
何にもない不毛の地で統制を取らないと生きていけない砂漠じゃ
宗教観も違って当たり前

631 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:05:41 ID:semABH7n0
>>621そうなんだ。神様が書いたんだと思ってた。
でも神様は見えないしねえ。不思議だった。

632 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:06:02 ID:pZ3K888l0
>620
ダルマは一神教のように(へんな表現だけど)つかめるものかな
神秘主義の領域にならないと両者は遭わないと思う

633 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:06:37 ID:oKvlJxJQ0
>>625
問題は他宗教の神を認めるか認めないかでは?
認める=多神教
認めない=一神教

他宗教を容認できないと中世のキリスト教のような
虐殺や戦争の原因になる。

634 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:08:28 ID:/OfYwRwE0
>622
異言と呼ばれる現象のことを言われているのでしょうか。
キリスト教界の中でも見解が様々です。
異言を強調する団体は、キリスト教の歴史的正統的教えから逸脱しているという見方が多勢です。

私個人も異言派と呼ばれる教派は、一概には言えませんが聖書から逸脱しカルト化する危険が強く
中にはキリストの教えとは無関係なカルトも既にある、とおもいます。

635 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:08:32 ID:2bgKQgHo0
多神教の神はしんだり生まれたりするからな。
一神教の唯一神の定義の永遠不滅、アルパでオメガからは外れる。

一神教の信者でなぜ一神教が多神教を許さないかの意味を解さない者も
多神教の信者で一神教の唯一神の意味を解さないものもどっちもどっちだと思おう。

636 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:09:59 ID:QMsxWnV00
地蔵とかキツネとか怖くて粗末にできないとかわらんべ。

637 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:10:42 ID:IwopBrpO0
すごく昔の人
「おい、昼だぜ。太陽めっちゃまぶしくね? すげえぜ」→太陽の神様ハケーン
「おい、夜だぜ。暗いのに月だけめっちゃ明るくね? すげえぜ」→月の神様ハケーン
「おい、海の水が増えたり減ったりしてね? こんだけの量の水動かすなんてすげえぜ」→海の神様ハケーン
「おい、いま地面揺れてなくね? こんなでかい大地動かすなんてすげえぜ」→大地の神様ハケーン

昔の人
「で、結局どの神様が一番すげえの?」「そりゃお前・・・多分あれだよ」→最高神ケテーイ

ちょっと新しい人
「最高神が一番すげえんなら、こいつだけが神様で残りは手下なんじゃね?」「おまい頭いいな」→一神教ハケーン

                      ・・・・てことじゃねーの?

638 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:10:53 ID:2bgKQgHo0
>>632
ダルマも唯一神もつかめたら意味がない。
というか、唯一神がつかめると思ってる時点でやばい。


639 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:11:12 ID:MwgXgxyB0
一神教=神というワードに畏怖
多神教=神というワードに親近感

640 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:11:59 ID:FEem5brH0
イエスは日本に墓がある、とかいう話しはまさに古代において
アフロディテ、ディオナ、イナンナ、イシュタルが同一視されたことを
思い出させて興味深い。相当古代人が今でも生きてるっぽい。

641 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:12:30 ID:semABH7n0
>>634多分、それ。ホントに何語かわからないんだけど、お祈りしてる風な、神様と交信してる風な言葉。
キリスト教信じたら神様と話できるの??って不思議だった。

642 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:13:13 ID:eaEarqIqO
てか早く円周率を全桁発表して神の実在を証明しろよ!!

簡単な事だろ?

1/3(0.33333・・・・)の割り切れた最後の桁の数字でもいいや


できないんなら神はいないからくだらん議論は辞めろ

643 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:14:14 ID:2bgKQgHo0
>>639
それは違う。
神社の中に神の身内のように
どかどかと上がりこむことが許されるわけがないように。

644 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:14:23 ID:FEem5brH0
>>633
戦争になることもあるし、ならないこともある。
どっちにしろ真実を追うと一つになってしまう。
真実でないなら最初からいかさまとゲロしてるわけだし。

645 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:15:25 ID:1NqhxwCW0
>>620
一神教では神=善との考えがあるようですが
仏教では仏=真理ではないでしょう。
真理を得たものが、真理そのものになるというのは論理的におかしいと思います。

体系の違いは私自身まだはっきりとは学びきれてはいませんが
異なる世界観をもつ宗教を同一のものと見るのは誤謬を招くだけだと思います。


646 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:16:44 ID:/OfYwRwE0
>631

人が書きましたが、神様が不思議なかたちで関与された、と私は信じています。


それから、イエスは、モーセおよびすべての預言者から始めて、聖書全体の中で、
ご自分について書いてある事がらを彼らに説き明かされた。
(ルカ 24:27)

さて、そこでイエスは言われた。「わたしがまだあなたがたといっしょにいたころ、あなたがたに話したことばはこうです。
わたしについてモーセの律法と預言者と詩篇とに書いてあることは、必ず全部成就するということでした。」
(ルカ 24:44)

もしあなたがたがモーセを信じているのなら、わたしを信じたはずです。
モーセが書いたのはわたしのことだからです。
(ヨハネ 5:46)

聖書はすべて、神の霊感によるもので、教えと戒めと矯正と義の訓練とのために有益です。
(Uテモテ 3:16)

647 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:17:01 ID:MwgXgxyB0
>>643
八百の神ってのはどこにでもいるじゃないですか

648 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:17:24 ID:w1YeYBvg0
第三の聖書が発見されたとして捏造した本を全世界に3億冊売るような才能のある
日本人の登場を期待します。

649 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:17:42 ID:zpVg2Nvm0
>>627は間違えだった。逆。


GEN06:01 さて、地上に人が増え始め、娘たちが生まれた。
GEN06:02 神の子らは、人の娘たちが美しいのを見て、おのおの選んだ者を妻にした。


息子が居て、人の娘と子供を作ったんだった。

650 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:18:03 ID:oKvlJxJQ0
>>644
真実が人を幸福にするとは限らない。
リンゴがいかなる物かを知っていても
腹は膨れない。

一神教がこの世の真実であったとしても
それが人々を幸せにしないのなら俺はそれを否定する。

651 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:19:11 ID:semABH7n0
偉い詳しい人達の集まるスレなんだなあ。
最後に、「人間の罪」っていうのは見えないものは信じないってことを罪って言ってるの?

652 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:19:14 ID:FEem5brH0
>>650
まさにそれがイエスの教えだとしたらどうするね?

653 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:19:29 ID:2bgKQgHo0
>>633
要は、一神教の唯一神の定義である永遠不滅、アルパでありオメガを
多神教のそれぞれの神に適用しなければ済む話だと思うんだよね。

それでも、戦争やら宗教観対立が起こるのは、単に民族間、集団間の
アイデンティティーの対立を神間の対立に置き換えているだけの陳腐なものに過ぎんと考えてる。

654 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:20:29 ID:oKvlJxJQ0
>>652
ギャフン

655 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:20:44 ID:MwgXgxyB0
やっぱキリスト教の人はノストラダムスとか信じてた?

656 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:21:31 ID:2bgKQgHo0
>>645
>一神教では神=善との考えがあるようですが
善やら悪やらそれは見たものの見方によって変わること。
>仏教では仏=真理ではないでしょう。
なぜ言い切れるのか?
>異なる世界観をもつ宗教を同一のものと見るのは誤謬を招くだけだと思います。
思い込み。

657 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:21:54 ID:1NqhxwCW0
>>650
宗教は信じるものにとってしか真実になりませんから
心配には及ばないと思います。
それぞれの人がそれぞれにとっての真実を持ってると解していれば
信仰を持たない人でも幸せでしょう。

ただ困るのは、自分の真実を他者に押し付けようとする行為なのだと思います。
自分も相手も傷つくだけなのに、なんで止められないんでしょうね。

658 :642:2006/04/09(日) 02:22:10 ID:eaEarqIqO



スルーすんなよ宗教キチガイども


解答まだ?

659 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:22:34 ID:IwopBrpO0
>>656
>善やら悪やらそれは見たものの見方によって変わること。
一神教ではそうじゃないみたい。神様は絶対善なんだとさ。

660 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:23:02 ID:zpVg2Nvm0
>>658
最後の桁というものは存在しないことが証明されている。

661 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:23:41 ID:8KJNvf6U0
キリスト教徒とでも何でもないんだけど、こんな写本一つで
今までのユダ=裏切り者の定説が揺らぐものなのか?
キリストが逝って300〜400年後に書かれた本なんでしょ
ガセの臭いがプンプンするんだけど・・

662 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:24:14 ID:MwgXgxyB0
神様はみんなのハートにいるんだぜ!

663 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:24:25 ID:2bgKQgHo0
>>647
神社は象徴。どこででも畏まってたら息が詰まるからな。
かしこむ場所を任意に設けただけ。

664 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:24:38 ID:IeJz9D3J0
>>642
なんで円周率の全桁がわからないと神が居ないことになるんだ?
そこが良く解らん。

665 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:25:04 ID:IwopBrpO0
>>663
それも人間の都合でな。

666 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:25:10 ID:NSsNdgkJ0
>>661
まあ、他の福音書も同じ時期に書かれたものだったら、
少なくとも同列に扱うべきということでは?

667 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:25:27 ID:pZ3K888l0
>638
んー、・・・・
掴めるの意味がちょっとずれてるのではないかと。
当然どちらも掴めるようなものじゃないけど、
ダルマはそういう概念も拒否する手掛かりのなさが少々違うんじゃないかな・・・・
まあエックハルトとか読むとこちも途方にくれるのが面白いけど。
(神秘思想というのはこの意味で)

668 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:25:39 ID:zpVg2Nvm0
>>661

2世紀に異端認定を受けているから、2世紀以前からあった本。

4世紀ごろの写本が出てきた。

669 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:25:42 ID:QMsxWnV00
神は存在する。存在するは動詞みたいなもんだ。

670 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:27:04 ID:1NqhxwCW0
>>656
キリスト教においては、神=善です。
みる人によって善が異なるから、無神論と有神論の対立はずっと決着がつかない。
あなたの言い分は、キリスト教の体系の外から論じている価値観なので
話は噛み合わないでしょう。

>>仏教では仏=真理ではないでしょう。
>なぜ言い切れるのか?
仏=真理を悟った者だからです。




671 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:27:48 ID:2bgKQgHo0
>>659
悪も見方によっては善だし。
唯一神の絶対善の見方に寄り添うことがキリスト教の本懐でしょ。
この本懐を満たせていないキリスト教信者の戯言に耳を貸す必要は無い。



672 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:30:12 ID:eaEarqIqO
>>660

じゃあ

「全知全能」の「世界の創造者」

はいないことになるけど






誰を崇めてるの?

673 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:30:13 ID:2bgKQgHo0
>>667
キリスト教は神が間接的に話したり書いたりするから語弊を生むんだろうな。
文字や言葉にした時点で見方に相違が生まれるのは自明なことなのに。

674 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:30:21 ID:EXSKyqvN0
原罪って概念でっち上げて、架空の罪を背負ってやったよと恩を全人類に着せる
すげぇよ、キリスト


675 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:31:42 ID:MwgXgxyB0
厨房の頃、キリスト教の信者じゃないのに
十字架のネックレスしてごめんねw

676 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:31:52 ID:IwopBrpO0
>>671
んー、別に俺はキリスト教信者でもない、ただの無宗教者なんだけど、
仮にキリスト教徒的な立場を想像して書いてみると・・・

「見方を変えるな」ってことなんだろうな、きっと。

677 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:32:18 ID:97kAJaT/0
多神教でユルユルマッタリな日本の宗教性は

日本の自然が厳しくも豊かだったからなのでしょうか?


678 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:32:23 ID:9uaZqFGO0
「神よ、なぜ私を見捨てたのですか」これはなー
神はイエスの復活を演出しないといけないんだよ
処刑人を雷で殺すのは簡単だが、それでは復活が無いので
永遠の命の証明にならんと思うぽ・・・

679 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:33:26 ID:EXSKyqvN0
>>670
仏って転生輪廻の業から解脱した者じゃないのか
仏=真理ではないと思うよ
うちに毎月来てるお坊さんが言ってたよ

680 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:33:30 ID:2bgKQgHo0
>>670
>前段
現状を話されても議論にならない。
>仏=真理を悟った者だからです。
そうですか。。。



681 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:33:58 ID:/OfYwRwE0
>651

神を認めないこと。それが根幹にあるのではないでしょうか。私見ですが。
ヘブル語とギリシア語で罪と訳される語の解説及び用いられる聖書箇所のリストのURLを、ご参考まで。

罪(ヘブル語:旧約聖書での使用箇所)
http://www.blueletterbible.org/tmp_dir/words/2/1144517211-311.html

罪(ギリシア語:新約聖書での使用箇所)
http://www.blueletterbible.org/tmp_dir/words/2/1144517254-596.html

682 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:34:23 ID:zpVg2Nvm0
正典にも、イエスがユダの裏切りを知っていたとは書いてある。

なんで知っていたかは書いてないが、
読者はイエスを神様みたいな者と思っているから、
勝手に想像して神通力みたいなもので知っていると思っている。

ユダ福音書には、イエスが知っている理由まで書いてある。

ただそれだけのこと。

683 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:35:05 ID:pZ3K888l0
>>679
何宗よ・・・・

684 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:35:29 ID:akORJH/P0
>>672
そもそも神と円周率の因果関係が分からない。

685 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:35:59 ID:2bgKQgHo0
>>676
>この本懐を満たせていないキリスト教信者の戯言に耳を貸す必要は無い。
これは676のことを言っているわけではない。
>「見方を変えるな」
こういうふうに考えるのは間違いだと思う。

686 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:36:08 ID:EXSKyqvN0
>>683
浄土真宗だよ


687 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:36:15 ID:IeJz9D3J0
>>677
単純に外との戦争の為に宗教で纏まる必要が無かっただけだと思う。

688 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:36:47 ID:IwopBrpO0
>>684
たぶん、

「全知全能」=全てを知ってる者=無限小数のすべての桁の数字を知っている

とか言いたいんだと思われ。

689 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:38:00 ID:2bgKQgHo0
>>679
そんなの悟った人にしか分からないじゃないか。

690 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:39:09 ID:eaEarqIqO
>>664


神が世界を創ったのなら

物質の根源

物理法則


なんかも創ったわけだから最後の桁を神が知らないわけがない


つまり、たった1つでいいので信者によって証明させれば全世界の人間が神の存在を信じるんだけど
いないからできないわけだよ

691 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:39:13 ID:zpVg2Nvm0
>>672
私はもちろん神は存在しないと思っているよ。

ユダ福音書を始め、数々の外典がいうとおり、
イエスは神通力の無い普通の人で、ヨセフの子で、
合理的な宗教改革をした人だと思っている。

復活劇は、ピラトやユダヤ最高法院の人の
協力の上で成り立っている芝居である。
ユダ福音書の言うとおりだよ。

神様や摩訶不思議な力なんて存在しない。
ただそれだけだよ。

692 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:40:09 ID:FEem5brH0
ユダヤ教は人類で始めて発明された一神教。当時他のすべての人類が多神教だった。
その強烈な教義、特異な掟。それを否定したのがイエスだった。

693 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:40:12 ID:1NqhxwCW0
>>680
現状??
有神論無神論の対立は今に限った話ではありませんよね。
それはともかく、キリスト教においては神=善ですから
この前提からはずれるとあなたは一神教側からのアプローチは出来ませんよ。


694 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:40:34 ID:IwopBrpO0
>>690
5分間ミステリーの読み過ぎじゃないのか

695 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:40:45 ID:/OfYwRwE0
>691
ユダ福音書の主張を真であると信じる合理的根拠はあるのですか。

696 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:41:43 ID:zpVg2Nvm0
>>690
神が知らなくても、人間は知っているんだよ。

最後の桁は絶対に存在しないということを。

697 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:42:19 ID:MwgXgxyB0
>>695
むしろ奇跡についての科学的根拠を聞きたいよ

698 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:42:21 ID:1NqhxwCW0
>>679
そうだと思います。
真理を悟ると業の輪廻からの解脱に到る。

699 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:42:34 ID:32mz90Wj0
>>695
それを言っちゃったら
聖書の主張を〜同上〜ってなっちまわねーか?

700 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:42:50 ID:NIUhv+Tg0
>>442
長髪ヒゲもじゃっつーかラモスみたいなキリスト像なら昔から一般的だったと思うけど。

701 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:42:56 ID:pZ3K888l0
>>686
ほう、妙に親近感は湧くが(信者じゃないけど)
仏="目覚めたもの"、なら"真理"へ微妙に意味を転換してもいいんじゃまいか
・・・といいかげんな俺。


702 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:43:08 ID:semABH7n0
>>681どうもありがとう。しかし、言語が(^_^;)
自分自身は信者ではないのだけど、キリスト=神で
人間が目に見えることしか信じないために神がキリストになって地上に降りて
奇跡を起こして人間に見せたと解釈してます。(勝手に)

703 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:43:27 ID:utd+MmSYO
>>671
絶対善…

恐ろしいねぇw
俺は家族や隣人を守るためで他に方法がなければ
悪を為すかもしれないからキリスト教徒にだけはなれんなw。
絶対善。
容赦なさそうなところがやだw

704 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:43:36 ID:IwopBrpO0
>>698
解脱しちゃった人ってどこいくの?

705 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:44:40 ID:97kAJaT/0
>>687
なるほど。となると地理的な違いもあるんでしょうね。
島国と地続きの違いを連想してしまいます。

最大の脅威は自然よりも同種である人間ということかな。
なんだか悲しい。

706 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:44:43 ID:EXSKyqvN0
「仏になる」とは報土に往生することであり
不安と苦悩とのない境地にいたること
なんだってさ
自力でのたうち回る世界からバイバイできるってこと
って言ってたような

707 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:45:08 ID:1NqhxwCW0
>>704
浄土でしょう。

708 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:45:16 ID:eaEarqIqO
>>694

これが一番てっとりばやい方法だから


宗教はただの互助会程度の物だと自覚するべき

神の奇跡なんか無いから代わりにアニメとハリウッド映画のCGでガマンしとけって

709 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:45:38 ID:Su1XYMgb0
「タシロの福音書」とか見つからないかな


710 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:45:42 ID:pxU4hdJR0
よく考えるとこれって今のキリスト教の解釈の延長線上にあるよね。

「メシアだったのになぜ十字架にかかっちゃったの?」という素直な疑問に対し、
「弟子の裏切りを知りつつ、神の使命のために死地に向かうキリスト」というド
ラマティックな筋書きで説明するのが聖書のキモなわけで。

これをさらに一歩進めたら「弟子にわざ裏切らせた」となるだろう。キリストは
メシアだから、弟子が裏切るほど人徳がないはずがないし、裏切りを知ってたの
に十字架を回避しなかった理由も説明できる。全部キリストの筋書きというわけ
でさすがメシア!となる。

でもまあユダはすぐ自殺しているから口述を残す時間もないはずで、後世の希望
の入り混じった偽作なんだろうな。

711 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:45:57 ID:2bgKQgHo0
>>693
ある人には悪に見えるようなこと。
例えば、裁きの日に滅ぼされる人間など。
これも神においては善なんでしょ?これはこれで理解してるよ。

キリストはこの神の善の方向性に完全一致した生き方のことでしょ?
で何がいいたいのか簡潔にまとめてくれ。
仏教の真理も全ての世の流れをそこにあるべきものとして許容しているのだから、
善という言葉で表してもいいような気がするけどなんか問題はありますか?


712 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:46:01 ID:32mz90Wj0
>>690
その主張は分かるようで分からん
第一、神でも何でもない人間相手にそれ聞いてもよ

713 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:47:24 ID:IeJz9D3J0
>>703
キリスト教はイエスの絶対善を説く割にはイエスが寛大だからな。
イメージ的には只の我侭社長みたいな物なんで好かれてるなら何しても許される。

宗教なんてヌルさが無いと信者なんて増えないしね。

714 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:47:30 ID:/OfYwRwE0
>697

この世界の創造主であるならば、被造世界に介入し、被造物である人の理解を超えていることに矛盾は生じない。
整合する。

真偽の証明不可能な命題に対しては、信じるか信じないか個々人の人格の決断があるのみ。
私個人は、聖書の指し示す創造主であり啓示し受肉し聖霊を信じる者に遣わす神は
永遠に心を向け神を探し求める人間に対して極めて個人的体験を通してご自身を明らかにされる方だと信じている。

715 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:47:50 ID:Su1XYMgb0
まあ、俺が神になればすべて解決

716 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:47:50 ID:pZ3K888l0
>>704
"自分"がないから"世界そのもの"になる

>>709
かなりいろいろ洞窟を掘らないとなあ・・・・

717 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:48:38 ID:2bgKQgHo0
>>703
仏教も全ての流れを許容するところから絶対善といってもいいような気もする。
仏も悪を滅ぼしはしないよ。

718 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:48:48 ID:EXSKyqvN0
>>704
如来さんと会えるみたいよ


719 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:49:21 ID:32mz90Wj0
>>715
キラ乙

720 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:49:33 ID:dQDNelPcO
>>690
>つまり、たった1つでいいので信者によって証明させれば全世界の人間が神の存在を信じるんだけど

ごめんな、お前アホやろ?

721 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:49:40 ID:/OfYwRwE0
>699

ユダの福音書に同調する人はご自身が思っているほど賢い選択をしている裏づけは何ら無い、と私は考えます。
キリスト者がキリストを信じるように、彼らはそういった偽典の主張を鵜呑みあるいは真実だと信じているに過ぎない、と。

722 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:49:44 ID:dvzh+xx50
>>710
自殺説はマタイ書でしょ。
使徒行伝では事故死。
ユダ書ではどういう最期になってるのかな。

723 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:50:13 ID:eaEarqIqO
>>712


えっ?神の声が聞こえる

とかぬかす奴に言ってるんだけど


>>715

それが新興宗教

724 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:50:53 ID:colg7kGW0
>>677
自分はその通りだと思っている。というより、

ガチガチの一神教でなくてはすぐに略奪をしてしまうような自然環境だから一神教が生まれたと思ってる。
女は黒い布で全身覆って目しか見えない状態にしていないと身の安全がはかれないということからも明らか。

725 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:51:00 ID:IwopBrpO0
>>707
>>716
>>718
あんまりいい特典つかないねwww

726 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:51:01 ID:MwgXgxyB0
>>714
それぞれが体感しろか・・・そうだよな結局なんの科学的根拠もないよな
そらそうだ

727 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:52:23 ID:pZ3K888l0
>>724
"砂漠の宗教"というね。
それなりの厳しさ・・・あかんわ

728 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:52:25 ID:utd+MmSYO
>>715
携帯で見れるやつにしてくれ。
できれば巨乳。

729 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:52:45 ID:2bgKQgHo0
>>725
そう考える人が大部分だから欲界、うちらが住まう人間界が賑わうんじゃないか。

730 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:52:49 ID:dvzh+xx50
>>721
それは単なる言葉遊びじゃないか?
知的好奇心と信仰を比べるなんて。

731 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:53:23 ID:IXMKuRxz0
太宰の駆込み訴え思い出すな。
最後の最後が最高。

732 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:54:30 ID:zpVg2Nvm0
>>695
ユダ福音書の内容を『信じた』んではない。

超常現象を認めないで、
正典や外典が言ってることを解釈すれば、
自然とユダ福音書のいう通りに
超常現象なしで解釈できるってことを主張しているだけ。

733 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:54:52 ID:mfA/9dbb0
ゴルゴダの丘で死んだのはキリストの弟。
キリスト本人は日本の青森県で死んだ。
証拠に墓も残されてる(笑)

734 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:54:59 ID:eaEarqIqO
>>720

てっとりばやい方法を言ってるだけであって
実際にそんなモン証明されてもそれが真実だと確認する手段が人間には無いから。


つまり


宗教バカをからかって遊んでるだけなんだよ

735 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:55:05 ID:SQ9Tw0gA0
>>708 本気で言ってるの?

神の知識を「神知」とし、人間の知識を「人知」とした場合
神知≠人知  であっても何ら構わず
神知>人知  であることも同様に考えられる。

従って、問題の「最終桁」が存在したと仮定した場合でも、
「神知」はそれを知っており、しかし「人知」はそれを述べることができないという状況が存在し得る。
よって、人知に基づく人の手が、ここにその「最終桁」を記すことができなかったとしても、
なんら神の能力のひとつである「神知」に欠陥が生ずるという証明にはならないと言えるだろう。




そういう論理展開ができると思うけど。
因みに私はキリスト教の神が存在するとは余り思ってはいないのだが。



736 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:55:59 ID:CE+5mwKV0
砂漠の宗教説は全然根拠薄弱



737 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:56:01 ID:pZ3K888l0
>>715
  _  ∩
( ゚∀゚)彡 できれば巨乳!
 ⊂彡       できれば巨乳!

738 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:56:14 ID:32mz90Wj0
>>721
そうすると、あなたも聖書は真実だと思い込んでて
自分が思ってるほど賢い選択してるわけではないってことにならん?
その上で、そこまで攻撃的になる理由は何?
キリスト者としての信仰ゆえ?

739 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:57:57 ID:eaEarqIqO
>>735


すまん100分の5秒速かったみたいだ

740 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:58:06 ID:1NqhxwCW0
>>711
仏教においては仏が人間に罰を与えるわけではありません。
仏の意思によって世が回っているわけではありません。
要は、救済と救いは似ていても一神教と仏教は違うということです。

人が救われればそれでいいという考え方に立てばあなたのいう事には共感も出来ますが
宗教はみなやがて一神教になるという考え方は間違っていると思います。


741 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:58:30 ID:/OfYwRwE0
>730

少なくとも私にとっての神は、その本質を完全に人が理解しうる存在ではありません。
人がその本質をすべて理解・把握しつくせる対象は、私にとって神ではありません。

あなたにとっての神は人が理解しつくせる、おもちゃや召使や道具のような存在ですか。

742 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:58:46 ID:colg7kGW0
”砂漠の宗教説”なんてのがあったのか・・・。
ちょっくらググってこよう。やっぱり自分が考えるようなことは他人が先に考えてるんだな。

743 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:59:16 ID:semABH7n0
同じキリスト教なのにいろいろ宗派が別れてしまうのは何故なの?
やっぱり権力が欲しいの?

744 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:59:30 ID:0BgoCNsq0
ぶっちゃけカトリック以外はカルト

745 :みかみ ◆5tPgTbun3s :2006/04/09(日) 02:59:32 ID:OyCT//ax0 ?
キリスト教徒の話で面白いなと思うのは、オーウェルが言ってるんだけど、
教会通いを欠かさないような信仰の厚い人に、
聖書に書いてある事をウソだと言うと怪訝な目で見られる。
なので聖書の通り聖者達が本当に空を飛んでいたのかと訊ねると、
よりいっそう怪訝な目で見られる、みたいなこと。イギリス人らしいジョーク。

真実性というものがどうあれ、信仰というのは必要なんだろうと思う。

746 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:59:57 ID:IwopBrpO0
>>741
正直、理解できんもの(もしくはできるはずがないと自分で諦めきってるもの)について行く気にはならんな。

747 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 02:59:57 ID:zpVg2Nvm0
まあ、超常現象を信じている人をアホと思うか、
超常現象を信じない人がアホと思うかの違いだけかもしれない。

ただ、聖書は超常現象を信じている人にも
超常現象を信じていない人にも面白く思えるように書かれている。

それが、
「奥義(秘密)は書いておくけど、分からない人にも喩え話に読めるようにしておく」
っていう種まきの説話での宣言だということだ。

748 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:00:08 ID:QMsxWnV00
宗教うんぬんいっているうちは欲のかたまりってことさ。

749 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:01:15 ID:32mz90Wj0
>>723
いやな、そこまで短絡せんでもと思うわけで

ちなみに1/3は循環小数だから3が無限に続くという
理解と処理で数学上も論理上も問題ない。
最後の桁は「存在しない」というのが答えで
あとは0の認識と同じようなもん

750 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:01:24 ID:MwgXgxyB0
>>741
仏教徒は理解できると信じて理解しようと苦しんでるみたいだけどどう思う?

751 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:01:38 ID:pZ3K888l0
>>736
専門家じゃないのでどこで読んだかは忘れたよ
でもイスラムへの流れといい、いかにも奇妙なので覚えてる




752 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:02:34 ID:zpVg2Nvm0
何度も言うが、ユダ福音書を『信じている』んじゃない。

オカルト否定の立場で考えると、
当然、大筋ではユダ福音書みたいな結論になるでしょ。

考えて判断しているんだ。

信じるか、信じないかだけが全てではない。

753 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:03:02 ID:/OfYwRwE0
>732
ユダ福音書に賛同しているのはユダ福音書の主張が真であると信じているということです。

>738
私は自分が賢いとはおもいません。
十字架のことばの愚かさを私は信じます。
神の愚かさは人よりも賢く、神の弱さは人よりも強いと私は考えます。
私は自分に誇るものはありません。
キリストにこうべを垂れ感謝するのみです。

754 :739:2006/04/09(日) 03:03:06 ID:eaEarqIqO
じゃないや100分の6



>>745

それやったら銃で撃たれかけた奴がいる


>>749

神にとっては最後の桁が存在しないと世界を創ったとは言えない

755 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:03:21 ID:9uaZqFGO0
だけど、実際問題、核で全人類の2/3が死滅するような時、
イエスが再臨して、失われた12部族が復活したらおもしろいとおもうぽ
特に日本は原爆を食らったのに、シェルターが無いから相当死ぬ


756 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:03:30 ID:0BgoCNsq0
キリストはヒゲが生えていたんですかね(ピュア

757 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:03:34 ID:EXSKyqvN0
>>735
なんか家に来る坊さんも同じようなこと言ってたよ
如来さんは無限者、われわれは有限者
有限者の知識では無限者のあり方を決められんよ

758 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:03:38 ID:SQ9Tw0gA0
>>739 てか、普通に5秒強か。
最後の注釈2行入れないと面倒な方向に絡まれる可能性もあるとと思って
書き入れたのだが、書かずに発信しておけばよかった。
このレスも何か遅れて無様になるかもね。

759 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:04:07 ID:97kAJaT/0
ニーチェはキリスト教ネガティブ評価でしたよね。
すっぱいブドウだと…

入門書ちょっと読んだだけですが。

760 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:04:41 ID:1NqhxwCW0
>>750
仏教徒が理解しようともがいているのは真理であって
仏の考えている事ではないのでは。

761 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:05:34 ID:zpVg2Nvm0
>>753

賛同=信じる??

バカも休み休み言ってくれ。

あなたには自分で考えるということができないの?

762 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:06:04 ID:2bgKQgHo0
>>711
>仏教においては仏が人間に罰を与えるわけではありません。
つ仏罰。まあ言いたいことは分かるけどさ。ケースバイケースじゃないかな。

>仏の意思によって世が回っているわけではありません。
回っているという話を聞いたことはある。

>人が救われればそれでいいという考え方に立てばあなたのいう事には共感も出来ますが
いいたいことがわからんが、別に救われない人間もいてもいいと思うよ。
その人間が救われないことを望んでるわけだし。

>宗教はみなやがて一神教になるという考え方は間違っていると思います
やがてもなにも、別に見方の問題であって、その実は「神」の一言で片がつくんだし、
べつにどうでもいいやとの考えです。

なにがなんでも違う違うといいたいわけかな。
共通な部分を探す努力をした方が建設的じゃないのか?

763 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:06:08 ID:semABH7n0
聖書の内容理解できなくても神様の存在信じてれば天国に行ける?

764 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:06:47 ID:0BgoCNsq0
お坊さんが洗礼受ける事は可能ですかね?その場合どうなるんでしょうか

765 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:07:15 ID:MwgXgxyB0
>>760
そうなんだ、仏の考えと真理は関係ないんだ

766 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:07:22 ID:IwopBrpO0
>>763
多分その場合、「聖書の内容を理解している信仰者が信じている神様」と、
「理解してない信仰者が信じている神様」は別物になって無理なんじゃない?

767 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:07:24 ID:eaEarqIqO
>>758
すまん時間表示を見まちがえたww

夜中だし酔ってるしな

神が存在しないとわかってるアンタは偉い


ちなみに>>755の展開が見れるんなら地獄に堕ちても悔いは無い

768 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:07:36 ID:pZ3K888l0
>>750
その理解は>>741 さんの言うような種類の理解かな
人に理解できるのなら所詮そのなかに収まってしまうような神、
そんなものに意味はあるのかなあ・・・素人考えだが

769 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:08:29 ID:SQ9Tw0gA0
>>759 てか、   


                神は死んだ。


   

770 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:08:31 ID:1NqhxwCW0
>>757
無限の観念て面白いですね。
一神教の聖霊も、浄土真宗の法蔵菩薩も難しくて楽しい。

771 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:08:39 ID:uQq1hOF10


宗教とは、

心理に関するもの。
真理に関するものではない。




772 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:08:58 ID:/OfYwRwE0
>746

ねこや犬は飼い主の知識や彼らに対する真意をすべて推し量り理解することはできない。
しかし、彼らペットも飼い主の優しい眼差しやかける声の調子、撫でる手の暖かさから
自分たちが大切にされていること、守られていることを知ることはできる。

神と人の関係もそうだと私はおもう。
本質において三位一体の神は人の理解を超越する存在であると同時に
聖であり愛である神は、ご自分のかたちに造られた人に神を人格的に知らしむることをされるお方だと私は信じている。

773 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:09:10 ID:acjkjVuQ0
>>679
大当たり。 真理を得た得ないは関係ない。

774 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:09:31 ID:semABH7n0
>>766うーん。別なのかもしれないなあ。
自分では知る由もないから無理か・・・

775 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:09:56 ID:mnxRvatV0
神www

776 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:10:02 ID:IeJz9D3J0
>>765
釈迦が真理の全てを知ってるとしてだったら他の仏はなんなんだって話に成っちゃうし
そう言う部分は深く考え無いんじゃない?

宗教って一種の哲学みたいな面もあるし、価値観の基準を絶対的なものに出来る所まで
自分の中で辻褄が合わせられる状態になるのが真理なのかと思う。

777 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:10:10 ID:IwopBrpO0
仏教は科学なのかな?>突き詰められると信じて、突き詰めようとしている

778 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:11:00 ID:kDoZny9t0
>>759
ニーチェはキリスト教道徳と教会に対して人間を弱体化させるものだという批判を
展開し、ツァラトゥストラに代表される「超人」に新しい道徳の可能性を見たのだが、
ちょっと引いた視点からニーチェを眺めると、ニーチェほどキリスト教に徹底的に
こだわり続けた人物はいなかった。そういった意味で、「反キリスト(アンチ・クライスト)」とは
正反対のキリストという役割を自ら担ったニーチェそのものといえる。

779 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:11:04 ID:/OfYwRwE0
ユダ福音書の記述は数学的真理のように証明できる命題のみが記述されているわけではないだろう。

780 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:11:14 ID:1NqhxwCW0
>>762
共通の部分を探すのは「楽しい」のですが、「建設的」だとは思いません。
誤解を招くだけだと思っているので。
一神教の信者であるなら余計に迷惑がるでしょうね。ただしいのは「ゴッド」だけなのだから。

781 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:11:32 ID:v1vDmWec0
ゲルモニーク聖典か

782 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:11:46 ID:MwgXgxyB0
>>768
それを求めるのが信仰なのかと思ったら違うのね
救済を求めるのが信者だよね

783 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:12:12 ID:pZ3K888l0
フランスの哲学者と、仏教徒になった息子の対論の本があったな。
あれは息子のほうが結構優勢だった希ガスる


784 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:12:55 ID:2bgKQgHo0
>>773
そうすると、輪廻の鎖から外れても、
仏にも真理の理解の程度に応じて位階があると考えていいのか?

785 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:13:36 ID:YubAJkUD0
今来た
このスレの要旨を3行でお願い

786 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:13:40 ID:32mz90Wj0
>>753
ならば、「罪なき者、まず石を投げよ」って奴じゃねーの?
よく分かんないけどさ

787 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:14:29 ID:SQ9Tw0gA0
>>785 神に頼みなさい

788 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:15:18 ID:IwopBrpO0
>>758
仏教
円周率
ニーチェ

789 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:15:30 ID:eaEarqIqO
>>785

新しい福音書を発見
えっ?でもこれどーせニセモノでしょ??
宗教バンザイ

790 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:15:59 ID:kDoZny9t0
ところでロドルフ・カッセル元ジュネーブ大学教授(文献学)は火あぶりの刑ですか?
ユダの福音書にグノーシス主義の影響があるということから、異端者にされてしまうのかどうか
教皇庁の見解が気になる。
スペインの宗教裁判がはじまる。ジャジャーン。

791 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:16:28 ID:IeJz9D3J0
>>785
私は美しい
レイ
UD

792 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:16:33 ID:0BgoCNsq0
俺のイメージ

カトリック・・・バチカン総本山のベネディクトの面が強面
プロテスタント・・・パチモンくさい。教会名もなんか変なのがいろいろある
エホバ・・・完全なカルト。住宅地に古そうな服を着て男1人、女性数人組みが固まってたら逃げるが吉

793 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:18:14 ID:2bgKQgHo0
>>780
結論から言うと、おれは仏教も信じてるが、一神教のゴッドも概念として信じてる。
ほかの宗教においても宗教観の矛盾のそれすらも含めて全て許容できる。
世界の宗教の信者全てがおれのような存在だったらこの世界の宗教上の争いは消える。
これだけは確かなことだ。


794 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:18:39 ID:pZ3K888l0
>>784
いいのだろう・・・ヒンズー教の聖者の言葉なので参考にならないと思うけど
この世で悟るもの・あの世で悟るもの・うっかり輪廻しちゃうもの・・・・
の区分があるそうな。
となると輪廻と真理の理解とは別物かと思われ・・・・




795 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:18:54 ID:0BgoCNsq0
>>793
アラーは別ですか?

796 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:19:03 ID:1NqhxwCW0
>>790
最近、神はいない、牧師は私を騙したといって訴えた人がいたような。


797 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:19:13 ID:MwgXgxyB0
>>776
>価値観の基準を絶対的なものに出来る所まで
>自分の中で辻褄が合わせられる状態になるのが真理なのかと思う。

勘違いして空気読めない奴だと怖そうw
でも、そこに良い意味で到達できたら最高ですね。

798 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:20:21 ID:eaEarqIqO
>>796


それって牧師が訴えたんじゃなかった?

799 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:20:31 ID:zpVg2Nvm0
正典にも、

ユダの裏切りは『神の計画』とちゃんと書いてある。(宗教指導者によって/超常的存在である神によって)

マリアは『聖霊によって』身ごもったとちゃんと書いてある。(ヨセフによって/超常的存在である聖霊によって)

「奥義(秘密)は書いておくけど、分からない人にも喩え話に読めるようにしておく」

この宣言どおり、分からない人が楽しんで読めるように秘密の事柄が書いてありますね。

800 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:21:07 ID:kDoZny9t0
>>784
仏にもランクがあります。
菩薩って字面はカッコいいけど、最高ランクではないんだよ。

801 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:21:42 ID:EXSKyqvN0
無限者のあり方は人智を越えた真理から
俺らのところに現れ来るとしかいいようがない
だから如来って言うんだとさ
で、有限者の俺らがいくら頑張ったところで
如来さんと同証する世界「報土」には行けんらしい
真理は手に入らないと
如来さんのが手を差し伸べてくれるまで、ただ念仏申せと
毎月家に来る坊さんが言ってた

802 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:21:54 ID:1NqhxwCW0
>>793
宗教戦争は同じ神を違う価値観念で捉える故に起こっているものだと思うのですが・・・。

もしあなたが宗教の垣根を壊そうとすれば、思ってもみない方から砲弾が飛んでくると思いますよ。

803 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:22:22 ID:p6Visp1WO
ユダが裏切ったか否かより、その後のユダヤ人達の言動がキリシタン的には問題なんだよね?
ローマの祝日で、キリストか強盗かどちらかが恩赦されるって時に「キリストを赦すな」って
ピラト総督に迫ったのがユダヤ人だったっての。
あーエルサレム産の宗教は何でお互いこんなに面倒臭いんだ

804 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:22:53 ID:YubAJkUD0
神様がいるとかいないとか
宗教なんて前近代的だとかこれからの時代にこそ必要だとか
八百万の神とYHWHと輪廻は矛盾するとかしないとか

こんな流れ?


805 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:23:49 ID:pZ3K888l0
>>679
おまいのとこ、お坊さん来すぎ(笑

806 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:24:16 ID:uQq1hOF10
>>793
オナニ乙

807 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:24:35 ID:SQ9Tw0gA0
バラバの方を・・・

808 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:24:39 ID:kDoZny9t0
ユダの福音書、外典扱いにして別に収録してくれるとありがたいんだがなあ。
外典で一番好きなのは「ユディト記」
正典で好きなのは「ヨブ記」の第三章。

809 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:26:01 ID:eaEarqIqO
>>796

http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1139668940/


牧師が訴えられたけど裁判所が却下か

そりゃ裁判できんわな

810 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:26:21 ID:2bgKQgHo0
>>794
>うっかり輪廻しちゃうもの
笑った。いろいろあるんだな。

>>795
アラーも信じてるよ。つかアラーもゴッドだろ。
イスラム教がもっとも近しいはずのキリスト教やユダヤ教と対立しているのを見ると
嘆かわしいかぎりだ。客観的にみて、
イスラム教のそれがハルマゲドンで救われる側に近いとも考えているのに。

811 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:28:38 ID:IwopBrpO0
>>810
ドラクエシリーズでどれが最高かでもめてるようなもんだろ。
興味ない連中からすればどれも同じに見える。

812 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:29:20 ID:EXSKyqvN0
>>805
これマジ話なんよ
貧乏寺の坊さんなんだけど
(檀家のうちも貧乏orz)
不登校・ひきこもりの子を寺に引き取って
社会復帰させてあげたりとか
親父が死んだ時も大して金払ってないのに
結構長い戒名付けてくれたり
すげぇ慈悲深い尊敬できる人なんよ
だから俺もつい毎月来てくれた後の
話を真剣に聞いてるんだ


813 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:30:04 ID:IeJz9D3J0
>>810
むしろ近いからこそ自分達の正当性を守る為に争いが増える。
多様性を認められない一神教の弱さだね。

814 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:30:51 ID:mnxRvatV0
神なんていないよ
これは真実

815 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:30:59 ID:2bgKQgHo0
>>800
菩薩は仏ではないよね。

>>801
水をさすようで悪いんだが、浄土界、瑠璃界等々、
仏によって治める世界が違うよね。
これがどうもなじめない点なんだ。

これがキリスト教のゴッドをおれにどうしても意識させる。

>>802
ネットで吼えるだけです。。。

816 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:32:10 ID:pZ3K888l0
>>812
いや、(笑 って馬鹿にした意味はないよ
浄土真宗は珍しく教義もきついからそういう人もいるんだろうね。



817 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:32:11 ID:DW5VWX9c0
斜めに読んでると、キリスト教信者とオウムかかぶってきた。
妄信か盲信か、当てる言葉は選ぶと難しいが、排他的な歴史等見てると怖くなる。
イスラムにしてもそうだけど・・・
日本では、神=キリストって義務教育で教えないし、沢山の神がいて良かったと思う。
人を傷つける宗教は、宗教と認めないと日本人なら言えるはずだから、みんなで言えたらこれ国民性として誇れそうだね。
神ありきの宗教のキリスト教等より、人ありきの宗教の仏教の方が、科学の発展した現代には、必要な教えかもね。
反戦主義の神学者がキリスト教の改革を促してるか、自己否定してる感じな記事と読みました。

あと、自己の宗教観を書くと、信じてる人が居れば神として否定しませんが、宗教として排他的なものは認めれませんね。
やはり、日本人的八百万の神の土壌が今の信念になるのかな。
日本に居るキリスト教やイスラム教の信者の人が、その宗教世界に日本的考えをアピールできないかなぁと期待します。

818 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:32:12 ID:32mz90Wj0
>>803
宗教=共同体だったからじゃねーの?
教義上の相違よりも生活圏の衝突することの方が問題だったんじゃね?

819 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:32:47 ID:1NqhxwCW0
>>810
自分の信じる宗教の体系を壊そうとする「敵」がいることが、宗教戦争の原因だと思います。
ユダヤ教、キリスト教、イスラームの神は同じだからこそ和解は難しいのではないでしょうか。

宗教の垣根を壊すことが正しいとは、一神教の歴史を見ると思えません。

820 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:34:05 ID:0BgoCNsq0
>>793
さすがにエホバは別でしょう?

821 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:34:15 ID:EXSKyqvN0
>>815
全く俺の浅はかな知識ですまんが
なんかどの仏を重視するかで
宗派も分かれるとかなんとか
間違ってたらごめん
浄土真宗はとにかく
阿弥陀如来タン俺を救ってくれ、ナ〜ム
みたい

822 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:35:02 ID:1NqhxwCW0
>>815
ただのたとえです。


823 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:36:13 ID:2bgKQgHo0
>>819
まあ、最終的な裁きによってはっきりと決することだろうがね。
そのときには、当たり前のことだが、神は信じる宗教を見るのではなくて、
人を見て判断すると考えている。

はっきりいって何の宗教を信じていても何も信じていなくても
救われる人は救われるし、そうでない人は救われない。そう思う。

824 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:38:25 ID:uQq1hOF10
>>823
裁きなど無いし。

825 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:38:58 ID:/OfYwRwE0
>817
>宗教として排他的なものは認めれませんね。


宗教間の対立は無くならない。

826 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:38:58 ID:32mz90Wj0
>>821
何か浄土真宗ってキリスト教に近いな

827 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:39:25 ID:2bgKQgHo0
>>820
別になんでもいいよ。オウムだってエホバだってなんでもござれ。

>>821
余計な考えを吹き込んですまんかった。
仏教は一念専習が原則。
本当は、他の仏派の考えを聞いたりするだけも良くないらしい。
とりあえず、信心のほどをお祈りする。

828 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:39:27 ID:TJEbkUmn0
中国現政権による大虐殺?−「アウシュヴィッツ・死の強制収容所」に匹敵
http://www.epochtimes.jp/jp/2006/04/html/d12602.html
http://www.epochtimes.jp/jp/2006/04/html/d23596.html
http://www.epochtimes.jp/jp/spcl_sjt.html

http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-322.html#more


829 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:39:39 ID:eaEarqIqO
FFがいいかドラクエがいいかPSがいいかDSがいいかみたいなことでスレで論争してるみたいなもん

ソフト作った連中はあがめられたりけなされたり
だけど売ったモン勝ち
買う奴が悪い


830 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:40:16 ID:FtHsuwe30
今更そんなこと言うなよ。
北斗の拳がおかしくなっちゃうだろ。

831 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:43:06 ID:uQq1hOF10
個人的に、宗教については、
空海の思想観・密教観でFAだと思うんだけど、どうさ?>宗教に詳しい人

832 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:43:10 ID:0BgoCNsq0
>>827
ヤバ過ぎ

833 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:43:30 ID:eaEarqIqO
結論

ホンモノ→聖書書き換え→出版社の株を買う→ウマー
ニセモノ→はいはいスルースルー→一部マニアはファビョッてホンモノだと信じて疑わない

834 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:44:23 ID:MTqvMKnp0
>>826
悪人正機ってのがキリスト教とは一線を画すところだと思う。
あれって確か浄土真宗だよね?

835 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:44:47 ID:MCBrkyXb0
>>826
阿弥陀様のお慈悲が主題だから
似てるといえば似てる。
日蓮系になればイスラム教徒だからな。
池田駄作みたいなビンラディンが現れる。

836 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:45:01 ID:CY5ZgCHt0
神が人の理解を超えている存在なら、神が善であるとは限らない
遠大な悪しき野望のために、善を装っているのかもしれない。

人間の善悪の価値観には納まりきらないのかもしれない

837 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:46:23 ID:6kQLvXtn0
赤血球成分を輸血する場合の人造血液は、ほぼ完成に近いらしいが
実用にされた場合、それすらエホバの証人の信者達は拒否するのだろうか。

838 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:46:44 ID:EXSKyqvN0
>>823
なんか家に毎月来る坊さんと話してたら
つきつめたら
往生できるかできないかは
結局は如来タンが手を差し伸べるかどうかで決まることで
こちらがわの事情で決まることではないみたい
自力作善では涅槃には行き着けないと


839 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:46:48 ID:2bgKQgHo0
>>824
裁きはあるといえばあるだろうし無いといえば無いだろう。
説明がめんどいのでこれで失礼。

>>831
「虚空尽き、衆生尽き、涅槃尽きなば、我が願いも尽きなん」
性霊集より
とりあえず、これには感動した。

840 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:47:46 ID:ALe0xjoF0
>>834
浄土真宗でいう「悪人」は正しく生きたいのにそうできない人って意味で
単純に邪悪な人間が救われるってことじゃないぞよ。

841 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:47:49 ID:mj8WfAqf0
日本だってちょっとした宗教戦争はあった。
古代では蘇我氏(仏教派)と物部氏(神道派)
中世では一向宗と法華宗
比叡山や興福寺をはじめ関西の諸寺院は武装勢力(僧兵)をかかえていた。
外国が介入しないから小規模ですんだんじゃないの?

842 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:48:11 ID:IeJz9D3J0
>>836
そう言う見かたでなら一神教は「神は人を含め全てを創造した造物主」なので、そいつの機嫌を損ねると
人間なんてイラネと滅ぼされるから上手いこと取り入らないといけない。
だから奴が言うことは理不尽だろうが従わないといけないから結果的に絶対的に正しい事になる。

843 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:49:00 ID:eaEarqIqO
>>842

北朝鮮?

844 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:50:34 ID:LkaqZ118O
イエスではなくマリア

ここが浄土系の仏教とキリスト教との違いだって誰かが言ってた希ガス


845 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:50:43 ID:dx7UrRyx0
キリストを利用した詐欺師たちに、2000年たってもいいようにカモにされ
れている信者たち乙!!

846 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:50:57 ID:ELjJWiah0
>>817
> 日本的考えをアピールできないかなぁと期待します。

日本的キリスト教は、遠藤周作とか追究してたんだっけ?

847 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:51:00 ID:VzMRW9ko0
>>117
4月が始まったって以来の2ちゃんで
このコピペに一番ワロタ

848 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:51:12 ID:MwgXgxyB0
2chだと、ソニー信者と任天堂信者も深く突き詰めて経典でも作り出しそうだな
で、ハード戦争

849 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:51:13 ID:EXSKyqvN0
>>826
神による裁き?ってのがないよ
罰を与えるとか
そこって結構重要じゃない?

850 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:51:22 ID:pZ3K888l0
>>835
日蓮系、イスラム教徒とは言いえて妙。
ちょっと変だよなあ・・・まあ日蓮さんが(地域のせいか)異質で変なんだけど


851 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:51:33 ID:w1YeYBvg0
イスカリオテってのがまだ覚えられない。

852 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:51:43 ID:6kQLvXtn0
>>823 よくは分からないが、そもそもそういう考えにおいて
なぜ神の存在を前提としてるわけ?

簡単に無神論で神を否定するというのとは少し違った
そもそも神の不在を前提とした世界認識の構築などは
やってみようとは思わないの?

853 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:52:11 ID:32mz90Wj0
>>834
「善人なおもて往生す いわんや悪人をや」ってやつか
うーん。それも改心して念仏を唱えてりゃって前提が入るわけで
悪行を続けてもいいとは言ってねーよな。
キリスト教の場合でも娼婦が聖人になったりしてるからなぁ
改心すれば前科あっても許されますよと説いてる点は
同じと見なしてもよいのではないだろーか?

854 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:52:17 ID:mnxRvatV0
神はどこで生まれたんだ?
宇宙人?

855 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:52:21 ID:MCBrkyXb0
>>836
仏教では善悪を問うても意味のないみたいよ。
お釈迦さん自身「おまえの解脱に必要なことしか言わん」
ということだから。
「宇宙の果てはどこにあるの」
「わしはしっとるがお前の役に立たんから言わん」

856 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:53:31 ID:eaEarqIqO
>>854

頭の中

しかも空気感染するからタチがわるい



857 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:53:40 ID:MwgXgxyB0
>>854
そうだよ
月に乗って来たんだよ
そして、牛の神様と竜の神様に別れたのさ

858 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:54:04 ID:pZ3K888l0
>>855
善ならぬ禅じゃな・・・・

859 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:54:47 ID:32mz90Wj0
>>844
あーそれ興味あるなぁ

860 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:57:54 ID:HNvbsFTW0
というか、神が人間を造ったんじゃなく、人が神を創ったと
認識してれば、宗教なんざ、どうでもイイ。

861 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:58:11 ID:LkaqZ118O
>>853
「改心すれば」なんて条件はついてないでしょ
救われたいと思うこと=改心っていうんならその表現が当てはまるかもしれんが・・・
罪を告白してどうのこうのして→改心
みたいなイメージとは違うかと・・・

862 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:58:17 ID:2bgKQgHo0
>>852
非常に言い方が難しいんだけどさ。
神の不在すらも許容できるんだよね。
自分が神がいないと宣言をすれば、神はいないことになるし、
いることにもなる。客観的に主観的にのどちらでも世界を捉えることができる。
いわば、どちらでもいいのさ。一言で言うと、色即是空 空即是色 かなあ。

ニーチェの超人思想にも少々は興味があるよ。

863 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 03:58:38 ID:1NqhxwCW0
>>853
悪行を続けられる人というのは、本当の意味での苦しみを知らない人なのでは。
自力で解脱は無理じゃ!と悟った人は、苦しみぬいた挙句、弥陀の回向という他力を願うわけで。


864 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:00:21 ID:MTqvMKnp0
>>840
キリスト教でも悪人は救われるんだっけか?
キリスト教の経典とかそういうの読んだことないからわからんのだよねぇ。

>>853
娼婦が聖人ってのは「春を鬻ぐ行為」だからじゃないかなぁと思ってるんだが。
泥棒が聖人になりましたという例があったりすれば違うか。

865 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:01:21 ID:/OfYwRwE0
神無しで自己の存在することを納得しようと試みるのはナイーブすぎるように、見える。

866 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:01:45 ID:EXSKyqvN0
>>861
弥陀の本願を妨げる悪はないということらしいから
だって如来タンは無限者だから
浄土真宗的にはあってると思うよ

867 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:01:59 ID:eaEarqIqO
なんかキリスト教の話題なのに仏教の話だけしてるやついるけど



宣伝乙



あとで印刷して本部に送ったら経典でももらえるのか?

868 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:04:06 ID:2bgKQgHo0
おれは悪人だよ。みんなは違うの?

869 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:04:11 ID:mnxRvatV0
>>856
ほんとタチわるいよねー

>>857
おもしろいwww

870 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:04:38 ID:RjtWndcB0
>>864
キリスト教信者を迫害してた奴が聖人になりました、とか(パウロ)
マニ教なんて宗教にハマってた奴が聖人になりました、とか(アウグスティヌス)
面白いのは色々あるよ。

まぁ、浄土真宗に親近感を抱いてるキリスト教者は結構いるのは確か。

871 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:05:31 ID:EXSKyqvN0
>>868
何をもって悪人と判断してるの?


872 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:05:33 ID:6kQLvXtn0
>>862 >>865
誰かが無神教というのを作ってくれないかな。
自然科学や唯物論以外で。
神の不在を前提としながらも、それなりに世界観として納得がいき、精神の平安が得られるもの。

しかし、無理だろうね。
そもそも、物凄い自家撞着だもの。>無神教

873 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:06:32 ID:32mz90Wj0
>>861
そーなの?
懲りない悪行超人みたいなやつでも救われるってこと?

>>863
その理屈だと、念仏を唱えた時点で改心をしてるってことか?

救われるかどうかは分からん的なのが
祈れ、神を試すなというキリスト教とだぶって見えるわけだが

874 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:07:02 ID:IeJz9D3J0
>>864
キリスト教ではセクースは悪だからね。
マリアのダンナさんかわいそう過ぎる。

875 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:07:06 ID:LkaqZ118O
>>871
善悪なんてのは自明のもんでしょ


876 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:07:08 ID:uQq1hOF10
>>872
>自然科学や唯物論以外で
なんでこれらは例外なのさ。

877 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:07:46 ID:eaEarqIqO
>>872

普通に「こいつこんな良いこと言った!」て紹介するだけでいいんじゃない?

878 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:07:54 ID:2bgKQgHo0
>>857
知らないふりをして実は結構ディープにオカルトにはまってるようだな。

879 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:08:31 ID:/OfYwRwE0
>862
>自分が神がいないと宣言をすれば、神はいないことになる


自分を、自分の神とみなしているに過ぎない。

880 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:08:33 ID:MCBrkyXb0
>>867
みんな太宰の短篇を知っているから
ユダが見たキリストというフィクションは2番煎じ
で飽きちゃったんじゃないの。

881 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:09:22 ID:1NqhxwCW0
>>873
ただ一心に念じよ、ということだから
「適当に念じちゃえ」じゃ駄目なんじゃないでしょうかね。

すみません、自分は勉強不足でまだよくわかってないんです。

882 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:09:27 ID:32mz90Wj0
>>869
そんなあなたに「創竜伝」

883 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:09:55 ID:MwgXgxyB0
お前ら神様に感謝するのもいいけど親にも感謝しろよ
親が産んでくれなかったら宗教の話も2chでできないんだぞ

そんで、親の親のずっと親の母なる大地にも感謝しような

884 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:09:57 ID:ALe0xjoF0
>>872
仏教はもともとそういう考え方なんだけどね。>神なき宗教
仏というのも人間と同じような存在で、ただ一般人より少し
先まで行ってるというだけ。

885 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:10:26 ID:7gVcHd6j0
>>879
なんだその支離滅裂さ加減はw

886 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:10:35 ID:SO5osq7L0
僕はケルト宗教だけどね。

887 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:10:55 ID:/OfYwRwE0
>868
自分は、神の望む在り方からそれていく者だとおもっている。
だから私にはキリストが必要。
キリストとキリストを遣わされた神に感謝している。

888 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:11:15 ID:eaEarqIqO
創竜伝て何巻まで出てたっけ?
なっちゃんが幕府作ったとこまで覚えてるけど

889 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:11:36 ID:uQq1hOF10
>>884
全くその通りだとおもう。
で、そのなかには頭を働かせて世の中を理解する事というのが含まれるのだから、
自然科学を排除しては逝けない。

890 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:11:37 ID:LkaqZ118O
>>879
で、自分の力ではどうしようもないことはやっぱりあるし・・・結局神になりそこねる・・・


891 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:12:08 ID:MwgXgxyB0
>>878
小説一冊分の知識でハマってると言われてもw

892 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:12:27 ID:MTqvMKnp0
>>882
竜の柩じゃだめですか?

893 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:13:00 ID:pZ3K888l0
>>862
一方的ならともかく、いる/いないの前提での神がいないとの宣言は難しいかな・・・・思考実験なら良いけど。
んで、流れ的に色即是空 空即是色の意味は少々違うと思う。(自分も前に恥かいた・・・)

んではそろそろもやすみ・・・・





894 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:13:01 ID:MCBrkyXb0
>>873
捕まって裁判で有罪になって
骨をも砕く拷問を受けて鋸引きの刑になっても
阿弥陀様は救ってくれます。

895 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:13:03 ID:32mz90Wj0
>>876
似たようなことを先の世紀に考えた連中がいて
わりと頻繁に大虐殺を起こす宗教を作っちゃったから

896 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:13:13 ID:EXSKyqvN0
>>873
念仏を唱えたから救われるものじゃないみたい
自分がいいことしたから往生できると思ったら
それはかえって邪魔なんだって
あくまでも本願他力だから


897 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:13:33 ID:2bgKQgHo0
>>871
いっぱい悪いことをしてきました(´ーωー`)
いろんな生き物は殺すし、仏教の戒律の中で結構やぶったのがたくさんある。
これらを破る際に罪の意識を感じます。
自らが悪人だと気づいたときに改心の道が開かれるのではないでしょうか。

898 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:14:03 ID:RjtWndcB0
>>874
それは勘違い。まず、牧師(プロテスタント)は妻帯を推奨されてる。
カトリックでも、結婚するならば子供を持とうとすることは義務付けられている。
=子供が生まれない結婚は認めない→故に同性婚を認めない

聖娼についてはキリスト教以前に、ユダヤ教が否定してる。
聖娼ってのは、神殿にいる娼婦。
もし妊娠して出産したら、その子供が生贄に使われる。
(というか、生贄用の赤ん坊を製造するためのシステム)
カナンの宗教に存在した文化。

899 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:14:44 ID:7gVcHd6j0
>>895
ん? 共産主義のこと?

900 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:14:52 ID:uQq1hOF10
>>895
ああ、たしかに。やはり、これら一辺倒ではだめだな。

901 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:17:00 ID:32mz90Wj0
>>896
そこよ、それ
祈っても救われるかどうかはアチラさんのさじ加減次第
何かをしたからといって救われることを期待するな
それってキリスト教の「神を試すな」ってのと似てねぇか?

902 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:17:13 ID:/W3n2jD+0
>>884
原始仏教は宗教というより哲学に近いね。つーか哲学と言いきっていいかと。
チベットや中国、日本と伝わるうちに死後の世界、極楽浄土とか胡散臭いものが
混じってしまったけど。

903 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:17:18 ID:/OfYwRwE0
>885

自己の他に絶対者の存在を認めない姿勢は、自己を絶対化することにつながります。
>862さんの主張に、そういうタイプの言説を見出したので指摘しただけです。

904 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:18:33 ID:2bgKQgHo0
>>879
それが、無神論に行き着くんじゃないでしょうか?
無心論者は自らの内部に力が内在すると考える傾向にあるように感じます。
この力を否定されないために、無神論に固執する。

仏教は自らを空と観ずることでこれを上手に回避している。

>>893
仏によっても位階によってその言葉から得られる解釈はまちまちらしいから、
人間風情が真言にこれこそが正しいと注釈をつけるのはナンセンスだと思う。

905 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:18:42 ID:6kQLvXtn0
>>876 世界を余りにも部分的にしか説明できず
世界認識に不足する分が多くて、心の平安が訪れそうにない。

科学は未解明の自然現象がまだまだ多くて、しかもどこで完成するだろうとかの
見込みは全然立たないので、焦燥感や不安感を招きやすいように思う。

唯物論は社会の経済事象すら説明し尽くせているとは思えず、
人の営為全般に渡っては殆ど説明できていないので、同じく世界観に欠落が多くて
およそ精神的満足から程遠いであろう。

また、科学も唯物論も死や死後の世界という宗教が担う最大ともいえる事象について
全くといっていいほど触れられていないという点も、宗教に代替できない要因のように思う。


>>877 なんらかの世界観が構築できたほうが良いような気がする。
逆に言うと、そういう世界観の欠落につけ込んで来るものがエセ宗教だとも言えるかも。
エセ宗教と書いたけど、それを宗教と置き換えても余り問題はないんだよね。
ま、宗教の代替にしたいなら、名言集や格言集では足りないように思います。


906 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:20:14 ID:IeJz9D3J0
>>898
それは単純にセクースを子作りの為の必要悪としてるだけでしょ。
子供の無い結婚は否定してるしな。

907 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:20:52 ID:SO5osq7L0
宗教は人間が幸福に生きれる道を提供するもの。

908 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:21:00 ID:EXSKyqvN0
>>901
そう言われればそうなのかな?
ただ、その他の世界観とか罰という観念の有無とか
いろいろ違うところも多いように思うんだけど


909 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:21:42 ID:1NqhxwCW0
>>901
それはありません。衆生を救う事そのものは法蔵菩薩の願いでもありますから。

悪行をする人=苦しみに気づいている人、とは限らないという事なのではないでしょうか。


910 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:22:30 ID:7gVcHd6j0
>>903
なんでこの世界に”絶対者”がいることが前提になってるわけ?

911 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:22:57 ID:2bgKQgHo0
>>903
>自分が神がいないと宣言をすれば
904にあるように私は無神論者ではありませんよ。
可能性として可能というだけで。このような宣言はできてもしません。

912 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:23:10 ID:LkaqZ118O
>>899
そういや昨日合コンで中国人留学生のカワイイ子と話してたんだが・・・
中国人ですら「宗教は大切だよね」って言うのなw
ムリあるのはやっぱ薄々気付いてるんだろうな

ちなみに党員にはなるつもりないらしい

913 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:23:16 ID:MTqvMKnp0
>>901
祈っても救われるかどうかはアチラさんのさじ加減ってよりも
祈ったらもれなく救われますよっていうのが真宗じゃなかろうか?
俗な言い方すれば空クジなしというか。

914 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:23:47 ID:eaEarqIqO
>>877

でも超越者を崇拝対象にしないかぎりそれは無理じゃない?

死んでも救われるとか神が言ったからやった

とか頭悪いとしか思えん

人間だってがんばればこんだけやれるんだ
一人じゃ難しいこともみんなでがんばろう


それでいいじゃん

915 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:24:16 ID:EXSKyqvN0
>>904
>人間風情が真言にこれこそが正しいと注釈をつけるのはナンセンスだと思う
気が狂うほど同意


916 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:24:25 ID:MCBrkyXb0
>>902
基本的にはインド人を救うために
インドの世界観にあわせて仏教を作ったわけだから、
インドでも大乗経典や密教化などなんでもありにしてしまったのだから
支那や日本で新仏教が発生してもおかしくない。
でも今新仏教を作ると金集めするのに非常に役立ってしまうので
そういうことに耐えられる図太い人でないと教祖は出来ない。

917 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:25:07 ID:/OfYwRwE0
>905

唯物史観に立つソ連が崩壊したのは、宗教を否定したその国にあって読むことができた
ドストエフスキー・トルストイの文学を通してキリストの福音に触れるチャンスが民衆にあったのが
少なからぬ影響を持ったのではないか。
ベルリンの壁が壊れるのに先立ち、古びた教会堂で祈る人たちの姿があったという。
その神への祈りの場が、東欧の神を否定する共産主義国家の崩壊への小さなそして確実な影響を
与えていたのかもしれない。

918 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:25:17 ID:uQq1hOF10
>>905
>>900でも言ったけど、これだけだとだめと言うのは同意。
しかし自然科学無くして安定した思想を作り上げるのは不可能でしょ。

919 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:25:58 ID:32mz90Wj0
>>908
まあ、ぶっちゃけ俺もそこまで似てるとは思わん
仏教の中では比較的近いかもね程度だから

>>909
それは念仏唱えると必ず如来様にサルベージしてもらえるってこと?

920 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:27:08 ID:EXSKyqvN0
>>913
それは違うと思うけど
むしろ俺はアチラさんのさじ加減のように感じているけど

だからと言って信心してないわけではないので


921 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:29:29 ID:OXzkvlQz0
>>912
今すぐ国に帰って欲しいんだが

922 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:29:47 ID:/OfYwRwE0
>910

無数の無秩序に存在する膨大な数の素粒子が偶然に、
このような我々知的生命体を含む秩序ある世界を構成したと信じているのですか。

私はこの世界の創造主の存在を信じます。

道端で自動車を見かけたとき、どこかの自動車会社によって製造されたものだと私は考えます。
偶然さまざまな原子がよりあつまって形成されたものだとは考えません。
わたしは自分自身と自己を含むこの世界を見て、神の存在を否定する気が全く起こりません。

923 :エセ教祖:2006/04/09(日) 04:29:50 ID:xNkeS98R0
無神教には、以下の3つの真実を知ることが重要です。

●一つ目の真実:
 この世の出来事は、人間の感情や精神の感覚と
合致することもあれば合致しないこともある。
 単なる一生物である人間の感情や精神と、宇宙に起きる出来事が
合致する理由はないから。
 しかも、宇宙に起きる出来事は人間的意味をもっていない。
この世に、善も悪も、悲劇も奇跡もないのです。
そればかりか、それらが起こる人間的な理由もないのです。

●二つ目の真実:
 人間には情動がある。生物としての人間の活動と情動を
切りはなすことはできない。
 人間は宇宙に起こる出来事に、あとから意味をつけたり
感情を持ったりする。

●3つ目の真実:
 人間には知性があり、ある程度、この世に起きる出来事のしくみを
理解することができる。 分析し予測することもできる。
 しかし、人間の知性には限界があり、そればかりか、
偶然というようなこともあり、どの道、すべてのことを
知性的に予測することは無理である。

-----------------------
以上3つの真実を「あなた自身の中で」整合性を持たせ、
日々を普通に幸福に、安全に苦しまず生きられる方法を自由に選ぶ。 
それが無神教です。

無神教では、神を奉じようが、仏を奉じようが、自分が神であろうが、
なんでもかまいません。上記3つの真実をしっかり認識していればよいのです。

924 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:30:01 ID:2bgKQgHo0
矛盾してるようで悪いんだけど、念を押して一言。
本当に救われたいなら、これと思う宗派に一念専習すること。
目には見えない体の中の構造がめちゃくちゃになって取り返しがつかなくなるよ。

925 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:31:03 ID:MCBrkyXb0
>>920
法増菩薩は阿弥陀さんになったんだから
いつ救われるかは確証はないがいつかは必ず
極楽キャバレーにご案内してくれる。

926 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:31:28 ID:6kQLvXtn0
>>884 仏教も長年の間に、随分と贅肉がついているので
本質を見極めるのは難しいかもしれないが、根本は
「輪廻からの解脱」なんじゃないの?

輪廻というものを、かなり拡大してあらゆる因果全般に広げて考えるというのもありかもしれないが、
基本的に生まれ変わりによる輪廻(当時のインドで強く信じられていた考え)からの
解脱なわけで。
そもそも、既に生まれ変わりによる輪廻が切実なくびきとして考えられてない
21世紀日本では、そのままでは到底有効とは言い難い思想・宗教なのではと
思ってしまうわけです。

927 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:32:52 ID:EXSKyqvN0
>>922
前々から疑問に思ってたんだけど
製作者がなんでイコール全知全能の神になるの?

928 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:33:43 ID:Jqf0JL830
キリストは仏教を学んでいた。なんてことはないの?

929 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:33:55 ID:1NqhxwCW0
>>919
無学な私がいうと間違った解釈を提示しそうで怖いのですが、
自力救済が不可能だと解る人は苦しんだ後にそう思うと思うんです。
悪人正機というのは、悪人が自己の置かれている状況に改めて気づいた時
一番苦しむ人間であろうというところから来ているのだろうと理解しています。

自力救済が不可能だと知ったときに唱える念仏は、ただ一心に仏の回向を願うものとなる。
これが他力で、阿弥陀如来=法蔵菩薩は、この念仏に反応して回向してくる。
私はそう解釈しています。

930 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:34:55 ID:uQq1hOF10
>>926
「輪廻からの解脱」=「ナンセンスな既成概念からの解放」
とすることもできるのでは?


、、仏教的に正しいのかは知らんけど。


931 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:35:13 ID:LkaqZ118O
>>924
いくつかある既存の山登りのルートを折衷したりして登ると遠回りだし危険ですよ、ということか・・・
でもそれをしたくなるのが人情というものw

932 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:36:19 ID:7gVcHd6j0
>>922
いや、あなたが”絶対者”を信じてるのはいいんだけど、それこそ信教の自由だし。
でも、あなたも”絶対者”のいない世界観の存在を認め、敬意を持つべきじゃないの?
例えばこの日本には八百万の神々っていう自然神(以外もいるけど)がいて、
日本人の多くは心象風景としてそれを信じているわけだ。
一神教が発生せず根付かないことからも、”絶対者”の存在がない世界観だよね。
なにしろ「無さ過ぎる」なんて言い回しがあるくらいだから、そもそも日本語の”絶対”は”絶対”じゃないんだし。

933 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:36:35 ID:32mz90Wj0
>>924
そこまで行くとオカルトだなぁ

934 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:36:43 ID:mnxRvatV0
>>922
それなら神は誰が作ったの?

935 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:38:46 ID:RJKJDs9J0
神も無常

936 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:38:55 ID:MTqvMKnp0
>>920
俺は信仰をもってるわけではないので本当のところどうなのかはわからんよ。
ただキリスト教の救い(神の愛ってやつ?)は「救いたいけど救えないやつもいる」という形の救いだと思ってる。
んで真宗の救い(阿弥陀如来の救い)は「全てを救ってあげますのでどうか私を呼んでください」っていう感じじゃなかろうか?
だから阿弥陀仏を呼ぶときには「一心に念仏を唱えること」が必要なんであって、罪状とか善行は関係ないという形になるんだと思ってる。

まぁその「一心に念仏を唱えること」自体がさじ加減ひとつなんだと言われればそれまでだがw

937 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:40:06 ID:CY5ZgCHt0
>>922
偶然さまざまな原子がよりあつまって形成されたものだからこそ
この世界ではいい加減な物の存在が許されているのだと思います。


938 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:40:30 ID:xCT9BDDR0
現物を見ないと何とも言えませんが、
鶏が鳴くまでの間に三回キリストを知らないと言ったヨハネも、それがキリストのせいだと言ってるし、
何か弟子たちにとってキリストっていうのは、ひょっとしたら都合の良い免罪符だったんじゃないのかなと。

939 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:41:28 ID:MCBrkyXb0
>>926
輪廻するというインド社会で生ずる諸々の苦から逃れる
ためにどうしたらいいか、という答えを人々に教えて回ったことが、
輪廻という思想をそれほど持っていない人々の苦しみを和らげる
のにどれだけ役に立つかはまあわからんな。
全然だめかもしれんが。



940 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:42:44 ID:LuQNCxin0
>>917 ていうか、ロシア正教会は
革命の初期の混乱期などは別として、ソ連内部でその存在を
実質的に認められていたはず。
ドストエフスキーやトルストイの文学の功績を認めるにやぶさかではないが
ろくに分厚い本は読まない、集団農場という新しい囲いに囲い込まれた
本質は大きく変わることのなかった古き農奴達は、露文豪の作品よりも
ロシア正教会にその心のありかも含めひっそりと身を寄せていのではないかと思う。

それからソ連崩壊を含む東側の体制終焉は、何よりも経済的・政治的・そして情報通信環境が
大きく影響したように思うけどね。信仰心よりも。

941 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:42:50 ID:2bgKQgHo0
>>931
そう人間は完全はじゃないし、全てを知ることは絶対にできない。
宗派等に関して、
縁があるなら向こうから寄って来る。そういうもんだと思います。


942 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:44:48 ID:32mz90Wj0
>>929
そういうもんか
わからんなぁ
救済ってどういうこと?

943 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:45:03 ID:LkaqZ118O
>>932
日本(というか東洋?)ってもともと混沌とした自然を秩序化してどうこうするって発想じゃないんだよね
絶対者を据えて世界観を統一するわけじゃないのな

カオスはカオスでそのまま受け取ってしまう
馬鹿みたいにたくさん神様がいても、ま、いっか・・・ですんじゃうw
自分の力ではどうしようもないものをどうにかして支配してやろうという発想ではなくて、どうしようもないものとどう付き合うかって発想なんだろうね

944 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:45:39 ID:LuQNCxin0
>>918 自然科学を完全除外という意味で>>905を書いた訳ではないです。
自然科学のみでは不完全だろうくらいの意味です。

それから関係ないけどID変わってる(多分)のは回線切れちゃったから。

945 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:45:43 ID:1NqhxwCW0
>>936
キリスト教の場合は、聖霊が常に人に囁いているそうです。
神の声を聴くようにと。救済の手は全ての人に添えられているんですが、
救われるのは聖霊に従って、神に従う人だと。

946 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:46:29 ID:eaEarqIqO
労働条件わるいから組合つくったら条件良くなったけどだんだん歯止めがきかなくなってストやったり組合費で遊んだり人数を盾に政治に口だしたりしだした

みたいのと宗教

どこが違うんだ?


最初は弱者救済だったかもしらんが今じゃ戦争の道具じゃないか

で、人殺しといて死んだら救われたいだと?

笑わせんな

947 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:46:55 ID:2bgKQgHo0
>>933
自らの全生命をかけて未知の領域に踏み出そうとする場合、
考えられる可能性はすべて考慮しないと、
もしそうだったときに後から気づいても後の祭りですからね。

とりあえず、半ば無責任な発言を連発したので、念を押しときます。

948 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:47:59 ID:1NqhxwCW0
>>942
苦しみ(=輪廻ですかね)から救われる事だと思いますが。

949 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:50:55 ID:LkaqZ118O
自然科学も発想としては「どう秩序化して支配するか?」ってところからきてる希ガス
まぁそれはそれでいいんだけどさ

950 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:53:51 ID:/OfYwRwE0
皆さんも、またイスラエルのすべての人々も、よく知ってください。この人が直って、あなたがたの前に立っているのは、
あなたがたが十字架につけ、神が死者の中からよみがえらせたナザレ人イエス・キリストの御名によるのです。
『あなたがた家を建てる者たちに捨てられた石が、礎の石となった。』というのはこの方のことです。
この方以外には、だれによっても救いはありません。天の下でこの御名のほかに、私たちが救われるべき名は人に与えられていないからです。
(使徒4:10-12)

私たちがまだ弱かったとき、キリストは定められた時に、不敬虔な者のために死んでくださいました。
正しい人のためにでも死ぬ人はほとんどありません。情け深い人のためには、進んで死ぬ人があるいはいるでしょう。
しかし私たちがまだ罪人であったとき、キリストが私たちのために死んでくださったことにより、神は私たちに対するご自身の愛を明らかにしておられます。
(ローマ5:6-8)

人は心に信じて義と認められ、口で告白して救われるのです。
聖書はこう言っています。「彼に信頼する者は、失望させられることがない。」
ユダヤ人とギリシヤ人との区別はありません。同じ主が、すべての人の主であり、主を呼び求めるすべての人に対して恵み深くあられるからです。
「主の御名を呼び求める者は、だれでも救われる。」のです。
(ローマ10:10-13)

ですから、私は、あなたがたに次のことを教えておきます。神の御霊によって語る者はだれも、「イエスはのろわれよ。」と言わず、
また、聖霊によるのでなければ、だれも、「イエスは主です。」と言うことはできません。
(Tコリント12:3)

951 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:55:15 ID:n2x+HeZG0
これあんまりニュースになってないけど世界的には結構大きいニュースなんじゃないの。

952 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:55:23 ID:OPe9aUT+0
まあ信じないだけで救ってくれないって、心の狭過ぎ

953 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:56:16 ID:eaEarqIqO
ちがう宗教は認めないってのも心狭いけどな

954 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:57:11 ID:/OfYwRwE0
もし、罪はないと言うなら、私たちは自分を欺いており、真理は私たちのうちにありません。
もし、私たちが自分の罪を言い表わすなら、神は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、すべての悪から私たちをきよめてくださいます。
(Tヨハネの手紙1:8-9)

愛のない者に、神はわかりません。なぜなら神は愛だからです。
神はそのひとり子を世に遣わし、その方によって私たちに、いのちを得させてくださいました。ここに、神の愛が私たちに示されたのです。
私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、私たちの罪のために、なだめの供え物としての御子を遣わされました。ここに愛があるのです。
(Tヨハネの手紙4:8-10)

神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。
(ヨハネの福音書3:16)

その永遠のいのちとは、彼らが唯一のまことの神であるあなたと、あなたの遣わされたイエス・キリストとを知ることです。
(ヨハネの福音書17:3)

955 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:58:16 ID:32mz90Wj0
>>947
理解はできないけど。
ご丁寧に。どうも

>>942
あー現世ってやっぱ苦しいもんなのかね?
この世以外を知らんからなぁ
極楽浄土にも行ったら行ったで
なんかそれなりの苦労がありそうな気がしてる俺は罰当たり
女の子も酒も好きだからなぁ無かったらやだしなぁ

956 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:58:45 ID:LkaqZ118O
そして、パッと見ではキリスト教も「どう秩序化し支配するか?」って発想からきているカンジがする
ホントのところは違うのかもしれんが・・・

957 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 04:58:57 ID:ALe0xjoF0
>>926
>926のレス内でも言及してるみたいだけど、もともとシャカは
輪廻というものを重視していなくて、でも当時のインドで受け
入れやすいような一般的な考え方を取り入れて、つまり方便
として輪廻の思想を使ったわけですよ。

後世に「六道輪廻は現世のことで、怒ったり、欲をかいたり
あるいは心が穏やかになるといった揺れ動きを比喩したものだ」
と言いきった高僧もいたけど、いろんな考え方は今でもちゃんとある。

シャカっぽく考えれば、宗教というのは目的地じゃなくて道だから、
はたから見て不合理な考え方をしているように見えても、それは
一つの方便ととらえればいいと思うわけですよ。

ただ、宗教も宗派よりも個人の力量による部分がずっと大きいから、
細かい考え方よりも良い先達にめぐり合うことの方がずっと大きい
部分を占めてるけどね。

958 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 05:00:23 ID:OPe9aUT+0
そういやキリストって罪のない豚を大量に殺すよね

959 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 05:00:25 ID:LuQNCxin0
>>953 でもそれは、心が狭いというよりも
一神教の根本理念なわけで。

解がひとつに決定されるべき2+3の答えが
二通りあると言われてるようで、耐えられないのだと思う。

狭いというよりも、最初から決定的に形が違う。

960 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 05:00:55 ID:mnxRvatV0
宗教にはいってる奴等は
自分で考える力がないんだろうな

961 :955:2006/04/09(日) 05:01:13 ID:32mz90Wj0
942× → >>948
自分にアンカーしちまったよ

962 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 05:03:27 ID:eaEarqIqO
>>959

自分の宗教が正しいんなら違う宗教信じてる奴もいつか間違いに気付いて自分とこの宗教を信じるようになるだろうからほっといてやりゃいいやん

それを強制するのはおかしい

963 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 05:07:07 ID:KTkTvMrf0
キリスト教なんて2000年前のカルトでしょ。

964 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 05:07:12 ID:9uaZqFGO0
日本で天皇陛下が「朕は神!」と宣言していたが、あっけなく原爆が落ちた
神が守るにあたいする人間がその場所にいなかったと思う
イランで核を作って、イスラエルにぶっ放した場合、古代ユダヤ12部族の
選民がこっそり生きていたら、「主の御手」が働いて、イランは滅びると
思うが・・・どうなるだろうか。戦闘的な強硬派のシャロンは病に・・・
イスラエルからユダヤ人を強制退去させようとしたが、あまりうまくいって
ないみたいだ、意外と選民の人がいるのかもな
日本的な考えだと理解は不可能だに

965 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 05:07:47 ID:32mz90Wj0
>>962
自分とこが正しいって主張するってことは
他が間違ってると主張してるのと同じわけで
間違ってると言われたら自分とこが正しいと信じてる奴は腹が立つ
コインの裏表みたいなもんじゃね?

966 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 05:10:06 ID:uQq1hOF10
ま、人間というのは、要は「幸福の追求」をやっているだけ。
それが宗教や、人格や、社会形態という形であらわれる。
ここで、問題は、「幸福」がいろんな形をとりうること。
それに気づかずに、真理だ、異端だ、などといっているのは、
視野が狭い。

まさに、仏の手のひらの上で踊っているようなもの。

967 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 05:10:17 ID:7gVcHd6j0
>>950
ということは結局、他の世界観、他の宗教は認めないってことだよね。

>>956
>>943も含めて同意。
なんでも秩序秩序で支配しようとしてる・できると考えているように見える。
神様も一人だから、土着の神はみんな悪魔に引き降ろす。
でもそれじゃあ無理があるからマリア信仰とか聖人信仰とかグレーゾーンが出てくるし。
まあ、動物を人間のための道具とみなす世界観は、もともと自然と言う言葉すらなかった日本には
なじまないだろうね。日本以外のアジア諸国でも似たようなものでしょう。
・・・って最後の方完全なチラ裏だね。スマソ。

968 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 05:10:54 ID:eaEarqIqO
>>965

それは心のどっかで疑ってるからだろ?ウソじゃないかって

本当に信じてるなら怒るのは頭おかしいか人として未熟

そんな奴は救ってくれないんじゃない?

969 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 05:11:29 ID:LuQNCxin0
>>967 >宗教も宗派よりも個人の力量による部分がずっと大きいから、
>細かい考え方よりも良い先達にめぐり合うことの方がずっと大きい

確かにそうなんだろうけど、近代的宗教もしくは宗教を近代化するなら
実はめぐり合う人が誰かなどのようなものに、余り大きく左右されない
宗教理論の構築が第一のように思えるんだけど。

せめて平易に書かれた経典・聖典から、自力で比較的容易に
その概念に到達できる方が、ずっと良いと思う。
またそれをある程度の目標とすべきだと思える。
簡単に言うと宗教のマニュアル化、ただし本質は失わず、形骸化しないということ。
とても簡単なはずなのに、日本国内の仏教を含む宗教の殆どはそれができていない。
マニュアル化は完璧に近い程に達成できているのに、ほぼ完全に内容を全て失って
しまっているのだから、始末が悪い。



970 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 05:18:35 ID:OPe9aUT+0
今の世の中

狂信者が一番悪いんじゃね

971 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 05:19:11 ID:1NqhxwCW0
>>955
苦しい、と感じていないのに連れて行かれるのではなく
苦しい、と感じて念じたときに連れて行ってもらえる、
ということで、余計な御世話をしない親切な宗教だなあと思ってますw

972 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 05:19:28 ID:32mz90Wj0
>>968
個人ならそれもありなんだろうけど
組織として考えたときにさ
うちは正しいから、他の宗教がどうこう言ってても
関係ありませんってわけにゃいかんでしょ
全員が全員できた人ってわけでもないし
それに対立の根ってはたから見るより奥深いもんでしょ

973 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 05:20:55 ID:eaEarqIqO
>>972

だからって殺すのは無しだろ

974 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 05:24:49 ID:32mz90Wj0
>>971
ああ、なるほど
御用の際にはお呼びくださいみたいなもんか
するってぇと念仏はさしずめフリーダイヤルってことになるな

書きながら思ったが
我ながら無茶苦茶な理解の仕方だw

975 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 05:27:11 ID:MCBrkyXb0
>>972
宗教問題を異教徒と議論してはいけません、
という宗教もある。
一方では折伏という行為を大事な宗教活動だと思っている連中もいる。

976 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 05:27:27 ID:Z5/UiDcs0
帝塚山学院大学の愛国心

香山リカは 生徒の思想信条を公開するのが好きだ 

1000万未加入、支払い拒否300万  昼のNHK

NHKはなぜ韓国人武装スリ団が起こした異臭騒ぎを隠蔽しますか

日暮里、韓国スリ集団を外国人だって

大阪生野、酒梅組の朝鮮ヤクザ、新大久保 

中国コミンテルの犬  ウイーン条約違反

悪の枢軸、売国奴、国賊画家 日本鬼子

世界人類の敵だ 平山郁夫会長は


977 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 05:28:32 ID:LuQNCxin0
ここまでで分かったこと。
神も仏も要らないが、布団はいる。その時が来た。もうねよう。

978 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 05:29:22 ID:eaEarqIqO
>>977

真理にたどりついたな

オメ

979 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 05:32:28 ID:LkaqZ118O
独断と偏見だが・・・

禅系:やたら頭いいから威張ってる
浄土系:やたらおだやか
日蓮系:やたらマッチョで元気いい


俺的なイメージでは自力によれば日蓮系、他力によれば浄土系で、その真ん中にいるのが禅系ってカンジ
山の登り方にも色々あるもんだ罠w
啀み合ってねぇで仲良くやってほしいもんだw


980 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 05:36:00 ID:FQ5gD7xe0
>>264
ライブドアのロゴって、もろ、定規とコンパスなんだが・・・
ttp://image.livedoor.com/img/top/05/logo.gif
誰が考案したのか、許可受けてるのかと

981 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 05:36:24 ID:32mz90Wj0
>>973
極論を言ってしまえば
ちん毛と本末転倒な馬鹿はどこにでもいるってことじゃねーかと

982 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 05:37:14 ID:1NqhxwCW0
>>974
そのかわり、滅茶苦茶な悪戯をした後に呼び鈴を押すには
相応ののたうちがいるって事でしょうけれどねw

その辺は自己責任みたいな感じかなと思ったり。

983 :湯田:2006/04/09(日) 05:37:52 ID:nRsWaXuB0
私は湯田と申します。実はユダの生まれ変わりです。
今こそ我が師イエスの真意をみなさんにお伝えます。

師は私に官憲へ引き渡す支持をされた際、こうおっしゃいました。

つづく

984 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 05:38:53 ID:2cIUxJsj0
1700年前の幻の「ユダの福音書」
そこに書かれていたのは・・・

「いいユダな、あははん♪」

そうか、ユダはいい奴なのかと早合点するナショナルジオグラフィックw

985 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 05:42:03 ID:mllawpuK0
うーん、、たかが西方の異教の古文書如きで、何でこんなに盛り上がってるのだろうか?

やはり2chには宗教系右翼が多いのだろうか、、、

986 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 05:44:59 ID:FQ5gD7xe0
>>980
勝谷のブルーリボンてのも、定規とコンパスを偽装した大衆普及版だと思うんだが
ヤシはメイソンなのか

987 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 05:45:22 ID:32mz90Wj0
>>979
同じく独断と偏見で

禅系:内省重視、どっちかって言うと上座部っぽい。自分に厳しい
浄土系:念仏だけでOKなんて楽すぎ。わりと自分に甘い
日蓮系:排他的、法華経最強とか狂信風味、他人に厳しい

自力は禅系、他力は浄土系、お経パワーが日蓮系
個人的な体験として永平寺はマジで死ねる

988 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 05:50:46 ID:eXFTgHKN0
もっと版を増やさないと聖書出版してる会社が儲からないんだよ

989 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 05:51:31 ID:S97AfIQvO
裏切りものはユダだ

990 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 05:57:23 ID:utd+MmSYO
この福音書が本物だろうと偽物だろうと間違いなく言えるのは
キリストが再臨したとしても彼がキリスト教の歴史を知ったら
自分の信者達の行いに絶望してもう一度磔にされたがるだろう事。
魔女狩りやら十字軍やら南米への侵略。
神の名のもとに多くの人々が犠牲になった事を深く恥じ入ることだろう。

991 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 05:58:07 ID:FQ5gD7xe0
突然ですが、フリーメーソンと上海租界
過去ログ61-90
http://www3.kiwi-us.com/~ingle/past/log12-3.html
先日、駿河台下の床屋で散髪したのですが、女性理容師(若くない)は小生の胸のブルーリボンを見て
戦友(comrade)と見て取つてか話しかけてきました。
当然、北鮮による日本人誘拐(拉致)の話から始まつたのですが、話は弾んでフリーメーソン、ユダヤの陰謀、
アシュケナジと進み、恐ろしいことに福田官房長官は統一教会だとか…

992 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 05:58:47 ID:LkaqZ118O
禅系は純然たる哲学だけど、浄土系日蓮系はそこからどう実践していくかということに重点おいてる希ガス
学究的なお医者さんと、患者を治すことに重きを置くお医者さんみたいなw
これもまぁ独断と偏見でw

993 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 06:01:49 ID:3KTcj3u0O
>>985
西洋文学を読んでいるとどうしても聖書の知識が必要になってくるから
宗教とは別に、読んでいる人が多いんじゃない?

994 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 06:02:18 ID:nELKWDEP0
ダビンチコードを読む

実はユダは裏切り者ではなかった←今ココ

妄想広がりんぐ

上映突入

興行収入

ウマー

995 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 06:03:33 ID:FQ5gD7xe0
おっきい発見があるんだと思うの

996 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 06:15:47 ID:zsa14VxO0
重太は善次を裏切ってない?

997 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 06:17:30 ID:s9owV8+B0
オラもつれていってくだせ・・

998 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 06:26:13 ID:isJDY6ZS0
このスレは1000に達していません
さっさと埋めてくださいです

999 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 06:27:23 ID:qjex7hIC0
1000なら自殺します。

1000 :名無しさん@6周年:2006/04/09(日) 06:28:46 ID:o3r9nb800


1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

280 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)